CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«河北×サポセン 市民ライター講座2016 2日目は「試す」 | Main | <応募期間2016年9月1日〜30日>トヨタ財団2016年度国内助成プログラムのお知らせ〜そだてる助成・しらべる助成〜»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2016年07月08日(Fri) デザイナーに学ぶ!アイディアをふくらませるコツ〜自分の発想を刺激しよう〜


こんにちは。スタッフの佐藤です。
宮城野区中央市民センターの若者社会参画型学習推進事業「まいぷろかべしんぶん部」では、壁新聞づくりを通じて若者が地域で活躍する機会を作っています。 サポセンでは、昨年に引き続き、事業企画や講師コーディネートなどでお手伝いさせていただきます。
7月2日(土)の午後、今年第2回目の活動が宮城野区中央市民センターで開かれました。サポセンからは、佐藤、平野が参りました。
今日は2人のゲストの方から壁新聞づくりの楽しみ方や、アイデア発想の方法を教えていただきました。

1人目のゲストは、多賀城市で活動する「たがじょうしきかべ新聞部」の松村さん。多賀城の新しいジョウシキをさまざまな地域から集まったメンバーが壁新聞で発信しています。

1.JPG

▲「壁新聞は、貼ってある場所に行かないと見ることが出来ない。壁新聞をきっかけに生まれる新たな人との出会いが楽しみです。」と松村さん。新聞とは一味違う、壁新聞ならではの楽しみ方を教えてくれました。

2人目のゲストは、美術家の木村良さんです。
部員たちは壁新聞づくりに欠かせないアイデア発想のワークショップを体験しました。

2.JPG
▲自身の120歳をテーマに制作した自画像で自己紹介をする木村さん。

さぁ、アイデア発想ワークショップの始まりです。

3.JPG
▲おもむろにリンゴを1つ机に置く木村さん。

「このリンゴを見て、興味を持ってもらえそうな、キャッチコピーを考えてください。」

4.JPG
▲直感で浮かんできた言葉でキャッチコピーを作ってみた部員たち

5.JPG
▲「この中で、“買いたい”と思わせるキャッチはあるかい?」
木村さんは部員たちのキャッチコピーを一つ一つ読み上げていきました。

より“買いたい”と思ってもらうためには…

6.JPG

「リンゴに触って連想する言葉を膨らませよう。」
リンゴを手に取り、触感や香りから連想できる言葉をどんどん書き出していきます。
ノルマは一人50個です。

7.JPG
▲50個ひねり出すのは一苦労。部員たちは真剣です。

8.JPG
▲部員達の頭を柔らかくしようと、アドバイスする木村さん。

80個近くの言葉を見つけた部員もちらほらいました。
次は連想した言葉から2つを組み合わせて、1つのキャッチコピーをつくります。

10.JPG
▲完成したキャッチコピー

意外な組み合わせで結ばれた、ありきたりの言葉達。
考えてもみなかったリンゴのキャッチフレーズが生まれました。
興味をそそりませんか!?
今回のワークショップは壁新聞の企画や見出しづくりに応用できそうです。

次回は7月18日(月・祝)、高砂市民センターで開催される2016平日フェスを取材します。
完成した壁新聞のお披露目はお盆明けを予定しています。
みなさんご期待ください。


第1回目の様子→