CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«これからも ともに、前へ〜3.11に寄せて〜 | Main | 5/10募集〆切<本好きな方、パソコンが得意な方、目の不自由な方の読書をお手伝いしませんか?>視覚に障害がある方のための点訳・音訳・編集ボランティア養成講座受講者募集»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2016年03月12日(Sat) 東日本大震災をテーマに、ハジマルフクラムプロジェクトを開催しました!


こんにちは。サポセンスタッフの宮崎です。
2月28日(日)10時半〜12時半。サポートセンター研修室5にて、今年度最後の「ハジマルフクラムプロジェクト」を開催しました。

ハジマルフクラムプロジェクトは、活動分野の異なる2団体をゲストにお招きして、活動者の貴重な「生」の声を聞くことができる企画です。
今回のテーマは「東日本大震災」。それぞれの団体が活動をはじめたきっかけ、震災から5年が経過しようとしている現在の状況などをお話いただきました。

社会貢献やボランティア活動に興味のある方、市民活動としてできることを探している方など20代〜60代の13名の方が参加して下さいました。ありがとうございました。

DSC09273 (640x480).jpg
▲最初のスピーカートークは、NPO法人ボランティアインフォ副代表の馬場隆介さん。

震災をきっかけに災害ボランティア情報を整理する活動に参加し、現在はボランティアを求めている人としたい人をつなげる活動をしています。


IMG_0039 (640x480).jpg
▲次にNPO法人子どもグリーフサポートステーション事務局長の相澤治さんのお話を聞きました。

災害や交通事故などで大切な人を失った子どもたちをサポートする活動をしている団体です。

IMG_0008 (640x480).jpg

参加者を交えたセッションでは「震災で傷ついた身近な人のために何ができるか」といった質問があったり、ゲストから「ボランティア活動に参加する際の心づもり」などについてお話があったりと、ざっくばらんに様々な対話ができました。
また、普段は聞く機会の少ない団体運営の裏話も聞くことができました。

参加された方からは
「ボランティア参加に対する敷居が思っていたより低かった」
「自分の出来ることからやってみるのが大事だと思った」
という感想をいただきました。
何か活動を始めるヒントを持って帰られた方もいたようです。

今年度のハジマルフクラムプロジェクトは今回で終了ですが、NPOやボランティア活動に興味のある方、実際に活動している方の声を聞いてみたいという方は遠慮なくサポセンまでお問合せ下さい。皆さんのご来館をお待ちしています!

ぴかぴか(新しい)過去のハジマルフクラムプロジェクト
Vol.1→NPO法人エーキューブ & NPO法人アマニ・ヤ・アフリカ
Vol.2→ARCT & NPO法人World Open Heart
Vol.3→地域生活支援おれんじネット & NPO法人キッズドア