CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2018年04月19日(Thu) 5/12開催<お子さんのこと、ご自身のこと、一人で悩まず一緒に考えてみませんか>子どもの問題を考える会仙台


子どもの問題を考える会仙台より、ご案内をいただきました!


¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
5 / 12(土)<第204回子どもの問題を考える会仙台開催のご案内>
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

「学校に行かない、行き渋る」「引きこもっている」「過食、拒食を繰り返す」
「万引きをしてしまった・・・」「家庭内暴力的・・・」
「すぐ不安になる・・・」 「なんだか生き辛い・・・」

心身の安定を図る自律訓練法とグループディスカッションを通して、お子さんの心の叫びを一緒に考えて見ませんか?夫のこと、家族のこと、自分のことなど、自分ひとりで悩まず少し心の扉を開けて見ませんか?さあ、心もからだも軽やかになりましょう。
皆様のご参加を心よりお待ちしています。

日 時:平成30年5月12日(土) 13:30〜16:30
会 場:東京エレクトロンホール宮城 504教養室
講 師:千葉 伸子 先生(東京心理教育研究所専任講師、自律訓練法講師)
内 容:13:15〜 受付
    13:30〜 自律訓練法&グループディスカッション
参加費:初回の方    2,500円
    2回目以降の方 5,000円(2,500円×2ヶ月分)
主 催:子どもの問題を考える会仙台

<申込み・問合せ先>
・子どもの問題を考える会仙台 庄子まで お電話またはFAXにて。
・申込みは2日前までにご連絡ください。
・会員の方は、欠席の場合のみ5月10日(木)までご連絡ください。
・携帯 090‐2790‐6107(留守時はお名前、連絡先をお知らせください。
             後程こちらからご連絡いたします。)
・FAX 022‐268‐4042(仙台市市民活動サポートセンター レターケースNo24)
   (申込み要記入:氏名・住所 〒 ・電話番号)

*次回第205回は、平成30年7月14日に開催します。

2018年04月16日(Mon) ぱれっと4月号発行しました!


こんにちは。スタッフの菅野です。
ぱれっと4月号発行しました。今月のカラーは春らしいピンクですかわいい

DSC_0523.JPG

●今月のワクワクビト
森のようちえん 虹の森 代表
清水冬音さん

自然の中で、それぞれのペースで遊ぶ子どもたちと、傍らで見守る清水さん。
「森のようちえん 虹の森」をはじめたいきさつとは…?

 取材・執筆を担当したのは、市民ライターの佐々木眞理さんです。


●特集
マンションの将来設計は、住む人だけでなく、まちの未来を守る
一般社団法人宮城県マンション管理士会×仙台市都市整備局住宅政策課マンション管理支援係

毎年新しいマンションが建つ仙台のまち。新築マンションも年月が経てば当然、古くなります。住む人だけでなく、地域の安全のためにも、適切な管理運営が大事です。
「マンションの生涯設計」を考えてみましょう。手助けしてくれる人たちがいます。


●市民ライターが市民活動団体をご紹介!
ゆるく 新しく ふみだしませんか
ゆるてっく仙台

WEBデザインやLINEスタンプづくり。興味はあるけど、なんか難しそう…。
なかなか学ぶ勇気が出ない人もいるかもしれません。でも、同じような仲間と、ちゃんと教えてくれる人がいます。ちょっとだけ、ゆる〜く一歩を踏み出してみませんか?

 取材・執筆を担当してくれたのは、市民ライターの櫻井理記さんです。

 <市民ライターとは>
 サポセンが2014年から河北新報社と共催で開いてきた、
 「市民ライター講座2014・2015・2016・2017」を受講し、取材・執筆のノウハウを
 学んだ市民の方々です。
 これまでの活動、市民ライターの記事はこちらから→サポセンブログ@仙台


●他にも
活動に役立つ本の紹介や、サポセンのイベント紹介などなど情報盛りだくさんです! 
サポセン館内や市内公共施設、お店などでも配布中!ぜひ、お手に取ってご覧くださいね。

ダウンロードはこちらから→ぱれっと4月号


===========================================

ひらめき「ぱれっと」のご意見、ご感想おまちしております!
皆さまにより良い情報をお届けしていくため、「ぱれっと読者アンケート」を実施しております。→アンケートフォーム



2018年04月14日(Sat) 市民の仕事術I<市民のネットワーキング>サポセンブックレビュー


サポセン館内がリニューアルして、利用者のみなさんから「図書コーナなくなったの?」と聞かれることがよくあります。
安心してください。ございます。

スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。
さて、今回ご紹介する図書はこちらです!

--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん----------------

市民のネットワーキング
市民の仕事術I

09_市民のN.jpg

NPOなどが「社会をもっと良くしたい」と行動を持続させ成果を出すためには、周囲の理解や賛同、協力を得ることが重要です。
少人数でも、その考え方や発言が力を得て、影響力を発揮していくには、意見や立場が違う人を排除しないで、異質な人ともつながることが必要になってきます。
NPOの先駆者と言われた著者が、自身のネットワーキングのつくり方の知恵や工夫を「技術」や「方法」として伝えます。

---------------------------------------
著 者:加藤哲夫
発行者:大泉浩一
発行所:一般社団法人メディアデザイン
発行日:2011年6月30日第1刷
---------------------------------------


ひらめきサポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。お気軽にご利用ください。
2018年04月12日(Thu) 仙台市国家戦略特区フォーラム2018のご案内


仙台市まちづくり政策局からのお知らせです。
以下、概要です。

-----

仙台市は平成27年8月の「国家戦略特区」指定以降、「女性活躍・社会起業」の改革拠点として、様々な分野における規制改革に取り組んできました。
「仙台市国家戦略特区フォーラム2018」では、これまでに実現した仙台特区における規制改革事項や他の区域における事例の紹介などを通じて、事業者の皆様に社会課題の解決や地域活性化に関するヒントをご提供します。

○日 時:平成30年5月10日(木)18:30〜20:30(18:00開場)
○会 場:せんだいメディアテーク 1階オープンスクエア(仙台市青葉区春日町2−1)
○内 容:
(1)第1部 仙台市国家戦略特区フォーラム
 @プレゼンテーション
  仙台市長がこれまでの仙台特区の取り組み等を紹介します。
 Aパネルディスカッション
  仙台特区の規制改革メニューを活用している事業者と社会課題解決や、
  地域振興の専門家が、国家戦略特区制度を活用した地域活性化等をテーマに話し合います。

 【モデレーター】
 ・NPO法人都市デザインワークス代表理事 榊原 進 氏
 【パネリスト】
 ・一般社団法人RCF代表理事 藤沢 烈 氏
 ・一般社団法人みやぎ連携復興センター常務理事 千葉 富士男 氏
 ・株式会社アキウツーリズムファクトリー代表取締役 千葉 大貴 氏

(2)第2部 仙台市近未来技術実証フォーラム
 @事例紹介
  仙台市の近未来技術実証に関する事例を紹介します。
 Aパネルディスカッション
  NTTドコモ、東北大学未来科学技術共同研究センター、仙台市による、ドローンや
  自動走行等さまざまな分野における近未来技術の活用などをテーマに話し合います。
 
 【パネリスト】
 ・株式会社NTTドコモ東北支社法人営業部長 東北復興新生支援室担当部長兼務
  山田 広之 氏
 ・東北大学未来科学技術共同研究センター(NICHe)准教授
  大野 和則 氏

○対象者:規制改革によるビジネス活性化や、ドローン等の近未来技術に
     関心のある事業者の方など
○定 員:200名(事前申し込み)

○申込方法:以下を記載のうえ、Eメール、はがきまたはFAXでお申し込みください。
      折り返し聴講券をお送りします(応募多数の場合は抽選)。
      (1) 住所 (2) 氏名 (3) ご所属 (4) 電話番号 
      (5)Eメールアドレス (6) 参加人数
 Eメール:sendai-tokku@kahoku-ad.com
 *件名に「仙台特区フォーラム」と明記してください。
 送 付 先:〒980-0022
     仙台市青葉区五橋1−1−10第二河北ビル4階
     河北アドセンター「仙台特区フォーラム事務局」
 F A X:022-206-4358

○主 催:仙台市
○共 催:株式会社河北新報社、仙台商工会議所

詳細については、以下のウェブサイトをご覧ください。
http://sendai-tokku.jp/news/20180326-692/

○お問い合わせ
 河北アドセンター「仙台特区フォーラム事務局」
 TEL:022-227-6641
2018年04月10日(Tue) 4/29開催<勾当台公園でリユースマーケット>ACT53


新緑のよい季節になりましたね!
エコなお買い物に、家族揃って出かけて見ませんか?

------------------------------------
開催 <第54回 もったいない市>
------------------------------------
日時:2018年4月29日(日)
   10:00〜15:00(雨天中止)
場所:勾当台公園 市民広場
主催:◎ACT53仙台
後援:◎仙台市

<地球にやさしい人にやさしい>
●リユースマーケット
 家庭の不用品やリメイク品を楽しく販売!

●古布の山コーナー
 不用の衣類やシーツ・タオルなど、お持ちください。
 きもの・ふろしきや毛糸も集めています。
(透明な袋などに入れてください)

*持ちこめないもの
 ・わたの入ったもの(ジャンバー、キルティング、ぬいぐるみ等)
 ・カーテン、生地、ハギレ等
 ・フリース、ビニール、革製品
 ・制服、作業服
 ・洗濯していないもの、汚れのひどいもの

<ボランティアも募集中!> 古着の仕分け・販売
2018年04月09日(Mon) 実施報告<市民活動団体のかゆいところに手が届く講座>ファンドレイジングとWEBマーケティング入門


こんにちは。スタッフの鈴木です。
2018年1月14日(日)、市民活動団体の組織基盤強化を目的にした講座を緊急開催しました。
緊急開催にも関わらず、28団体30名のみなさんに参加いただきました。

内容は豪華2本立て!
「ファンドレイジング」と「WEBマーケティング」という、市民活動団体に関心の高いふたつの話題を提供いただきました。

@活動資金を集めるには
 〜ファンドレイジング「5W1H」理論〜
A効果的なインターネット活用術
 〜WEBマーケティング入門〜


講師は、株式会社PubliCoコンサルタントの堤大介さんです。
IT企業勤務の経験と学生時代から始めたNPO活動の経験を活かした実践的なコンサルテーションを行なっています。

かゆい講師.jpg
▲講師の堤大介さん

----------------------------------
@活動資金を集めるには
----------------------------------
資金調達は、市民活動団体の課題として常に挙げられます。
手段(how)は寄附や会費、助成金など多岐にわたりますが、取組む前に準備すべき「5W1H」について分かりやすく事例を交えておはなしいただきました。

<5W1H理論のポイント>
・Why(何のために)
 ビジョンと成果を明確にすることで受益者がどのように変化するために
 資金が必要なのか明確になります
・What(何を集めるのか)
 お金を集めるだけではなく仲間を増やすことがファンドレイジングです。
 「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」を集めることもファンドレイジングです。
・When(いつ集めるのか)
 ビジョン実現に向けた「中長期計画」にもとづいて「いつ」「何を」
 集めるのか明確にすることが可能です。
 資金が必要なのか経営リソースが必要なのか団体の成長フェーズで変わってきます。
・Who(誰から集めるのか)
 ファンドレイジングは既存支援者→過去の支援者→新規の支援者の順番に行なうのが
 寄附の鉄則です。
 支援者層の分類と分析を行なうことやペルソナ作りをすることが有効です。
・Where(どこから集めるのか)
 作ったペルソナの団体の典型的な支援者像にアプローチできる「マーケット」を絞ることで
 どこにリーチすべきかがわかってきます
・How(どうやって集めるのか)
 5つのWが明確になればどうやって集めるのかが見えてきます。
 決してHowから考え始めてはいけません。

----------------------------------
A効果的なインターネット活用術
----------------------------------
市民活動団体のWEBマーケティングという新しい話題を提供いただきました。
SNSやホームページなどさまざまなWEB媒体がありますが、効果的な活用方法は案外知られていないのではないでしょうか。
WEBサイトの役割はさまざまありますが、大きく4つが挙げられます。

@団体の信頼感を高める
A利用者を増やす
B取組む社会課題について知ってもらう
C支援者を増やす

WEBマーケティングで目指すのは「コンバージョン」の最適化です。
「コンバージョン」とは、WEBサイトの訪問者が顧客に変化することです。
具体的にはWEBサイトを閲覧後メルマガを申込んだとかサービスの利用申込みをしたなどのアクションを示します。団体にとって望ましい行動を定義することで改善の指標とすることができます。
計測可能にすることで、次の段階で何をするべきかを把握することができるのです。

かゆい参加者.jpg
▲自団体の状況を振返る参加者

参加者のみなさんは、講義で得た知識を基に所属団体の状況に照らし合わせて、どんなアクションを考えるべきか書き出すワークをしました。

参加者からは、「このようなテーマを深く掘り下げる講座をもっとやってほしい」、「今までになかった分野の内容で勉強になった」と感想が寄せられました。
2018年04月06日(Fri) 薬害被害者支援サークルballoons+新学生メンバー募集!専門的な知識は不要。

こんにちは。スタッフの鎌田です。
すっかり春らしくなりましたねるんるん
学生さんは新学期も始まり、また新たなことに挑戦したくなる時期ではないでしょうかexclamation&question

今回はそんな学生さんにボランティア募集のご案内です。

薬害被害者支援サークルballoons+(ばるーんず・とす)は宮城県仙台市を拠点に薬害の解決に取り組む学生サークルです。これまで、実際に被害を受けられた方との交流や実態調査を重ね、2014年の春から本格的に活動を開始しました。被害者の生活に寄り添いながら、薬害被害を無くし、本当に信頼できる医療を追究しています。

balloons+のメンバーになって、医療の現場で患者さんに寄り添うボランティアをしてみませんか?

ボランティア募集説明会詳細は以下の通りです ↓↓
________________________________________

教室説明会(東北大学の学生向け)

日  時:4月11日(水)C305 16:30〜
     4月16日(月)C405 16:30〜
     4月19日(木)C404 16:30〜



歓迎説明会(どなたでもお気軽にご参加ください)

日  時:4月13日(金)17:00〜
     4月28日(土)13:00〜
集合場所:フォーラス前



お花見(どなたでもお気軽にご参加ください)

日  時:4月22日(日)11:30〜
集合場所:大町西公園駅西1出口前


________________________________________

お問い合わせ先:balloons_toss2018@yahoo.co.jp (東北大担当 小野夏琳)
詳細リンク:http://balloonstoss.otogirisou.com/

今年はボランティアフェアという東北大学で行われる年に数回、学内のボランティア団体や学外のNPO等が一同に会するブース形式の合同説明会にも参加予定です。

専攻が医療系じゃないあなたもexclamation院生のあなたもexclamation×2
どなたでもボランティアに参加していただけますぴかぴか(新しい)
是非この機会にお話を聞きに行ってみてはいかがでしょうか。
2018年04月05日(Thu) 開催中<NPO法成立20年を迎えて>サポセンの図書資料大公開!


こんにちは。スタッフの鈴木です。
1998年にNPO法が成立し、今年で20年をむかえました。

a.jpg

サポセンでは市民活動や市民協働に関する資料を多数所有しています。
今、サポセン1階「マチノワひろば」にて、NPOの創世記から現在までにわたる活動の記録図書・資料を展示しています。
入手困難となっている当時の貴重な図書もあります。

b.jpg

NPO法が設立する頃の仙台ではこんな活動があったのか。
仙台のNPOはこんな活動もあるのか。
そんな発見があるかもしれません。

場 所:仙台市市民活動サポートセンター
    1階 マチノワひろば
日 時:2018年4月1日(木)〜30日(火)

開館時間 9:00-22:00(月-土)/9:00-18:00(日・祝日)

ぜひお立ち寄りくださいひらめき
2018年04月04日(Wed) 4/17開催<東北で一番うんまいドレッシングを決めます>うまいものNo1選手権参加者募集


こんにちは。スタッフの小林です。
おいしいものを食べて、被災地支援してみませんか?レストラン
被災した東北の食を応援する団体「U−MY・ONE(ウマイワン)」からお知らせです。

------------------------------------------------------------
被災地・ご当地の逸品一品を持ち寄って食べ比べしよう!
今回は、ドレッシングです!
〜大人の味覚(みかく)磨く(みがく)イベント参加者募集〜
------------------------------------------------------------

近所の埋もれた、まだ知らない逸品・一品を持ち寄って皆で食べ比べ、何がおいしいか、
No1を決めよう!
企業や生産者が選んだ品で無い、消費者自らが選んだ逸品・一品を掘り起こしてみよう、
という、いい歳した大人がやっている市民参加型企画です。
今回は、ドレッシングです。ぜひ地元東北のドレッシングを持ち寄ってご参加下さい。

日時:2018年4月17日(火) 18:30〜21:00
場所:カレーと野菜 香希
住所:仙台市青葉区国分町3−4−5 クライスビルB1F
  (晩翠通りと定禅寺通りの角、モスバーガーのあるビルの地下1F)
会費:2500円(ドレッシングサラダ15食、カレー、ドリンク2杯)
持参:会としてサラダ、お酒は用意しますが、それ以外に愛用しているお気に入り(My逸品)
   のドレッシングがございましたら、そちらも、ご持参していただけると、より楽しい会に
   なるかと思います。
参加対象:仙台市内のOLさん、ビジネスマン
     参加者多数の場合は、受付順となります。ご了承ください。

申込み:4月14日(土)まで先着10名程度
申込方法:芳賀浩之
     Mail haga-gi-hiro@ezweb.ne.jp/携帯 080−3145−5936(Cメールでも可)

主催:被災した東北の食を応援する団体
   U−MY・ONE(ウマイワン)代表 芳賀 浩之

「平成30年度 仙台銀行まちづくり基金 助成事業」
2018年04月03日(Tue) 4/9説明会開催<平成30年度宮城県NPO等の絆力を活かした震災復興支援事業補助金>


宮城県環境生活部共同参画社会推進課及び NPO・協働社会推進班
からのお知らせです!

----------------------------------------------------------------
平成30年度
「宮城県NPO等の絆力を活かした震災復興支援事業」及び
「宮城県NPO等による心の復興支援事業」の説明会について
----------------------------------------------------------------

1 補助事業名
宮城県NPO等の絆力を活かした震災復興支援事業
宮城県NPO等による心の復興支援事業

2 対象事業等 下記「お知らせ」のとおり
H30絆補助金「お知らせ」.pdf

3 説明会開催日時及び場所
○平成30年4月9日(月)13:30〜15:30
宮城県石巻合同庁舎 201会議室

○平成30年4月10日(火)13:30〜15:00
宮城県行政庁舎1階 みやぎ広報室

※ 募集要項(様式含む)等につきましては,募集開始日(4月9日予定)から
下記 URL に掲載します。
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kyosha/kizunaryoku-shien.html
(宮城県環境生活部共同参画社会推進課ホームページ)
| 次へ