CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2018年07月19日(Thu) 「地域をよりよくするためにできること」〜ボランティアリーダーズカフェに参加してきました〜


こんにちは。スタッフの舞草です。
7月12日(木)、東北福祉大学ステーションキャンパスで開催された「ボランティアリーダーズカフェ」にスタッフの松田と舞草で参加してきました。

仙台市社会福祉協議会青葉区事務所が主催の「ボランティアリーダーズカフェ」は、ボランティア活動や地域福祉活動を推進している方々が集い、日頃の取り組みや課題について情報交換を行うことで「新たな仲間や団体とのつながり」を目的としています。

今回のテーマは「大学生のボランティア活動」。大学生ってどんなボランティアをしているの?という問いに、実際に活動する学生たちが答えてくれました。

会場となった東北福祉大学は通学全学生数5,923名に対し、ボランティア系の部活動・サークルは67団体あり、約3,700名の生徒がボランティア活動に携わっています。

そんな福祉大のボランティアサークルから、防犯や交通安全を目的に活動する<地域安全安心ボランティアTeamZERO>と地域の防災活動を行う<PASS>、また子供の貧困問題解決のために活動するNPO法人アスイクが、活動紹介をしてくれました。

目的意識をしっかり持ち活動に取り組む学生たちに感心しつつも、活動をする上での課題などが見えてきました。その課題を元に「地域をよりよくするために自分たちにできること」をテーマに意見交換会が行われました。地域福祉活動関係者や社会福祉施設職員、市民活動団体、それに学生を加えた話合いでは、地域活動の担い手として活躍する学生ボランティアを地域全体でサポートしていくことが、地域の活性化に結びつくのだなと改めて考えさせられました。

印象に残ったのは、東北福祉大学学生支援センターの佐藤さんからの「ボランティア活動をすることはボランティアの精神である「自発性」、「公共性」を育み、やがて自立した学生の育成、そして最終的に市民力の育成へ繋がる」という言葉。

地域のために自発的に活動する学生たちに刺激を受け、またサポートセンターとしての役割を見直す1日となりました。
2018年07月18日(Wed) ただいま募集中!<一般社団法人ReRootsサポーター会員になって復興を応援>りるサポ


スタッフの小林です。若林区の復興や団体の活動を知って、応援してみませんか!

東日本大震災で津波被害を受けた若林区。復興から地域おこしに取り組む一般社団法人ReRootsは、ReRootsファームで作った野菜や、若林区の農家が作った野菜を届け、活動を継続していくための支援金を集めています。支援金は団体の活動費に活用されます。

ReRootsサポーター会員制度、略称「りるサポ」という制度で支援を求めています。以下、団体ホームページより概要です。

--------------
満月「りるサポ」 の主な目的
1、活動を継続していくための支援金を広く集める。
2、若林区についての情報を発信して、知ってもらう。
3、地産地消・ReRoots版CSA制度を伝えて、消費者と農家をつなげる。

○ReRoots版CSA制度とは
一般的なCSA制度(消費者側が生産者側に働きかけをし、野菜を食べ、その感想を伝えるなど、生産者と消費者が直接的な関係を結んでいくもの)とは違い、 ReRoots版CSA制度はその間にReRootsが入って、生産者と消費者を繋げ、消費者側には野菜を送ることを通じて若林区の復興の様子を伝えること、生産者側には実際食べている人の声を伝えることが目的として作られた制度です。

満月活動内容
ReRootsに対して支援金を送ってくださった方に、ReRootsファームでつくった野菜や若林区の農家がつくった野菜をお送りしています。いただいた支援金は野菜の発送、ReRootsの活動維持のために使わせていただきます。

りるまぁと画像.png

満月りるサポには、コースが3つあります。
1通年コース  
 支援金は、年間で5,000円、夏と秋での年2回の野菜発送です。
2夏コース
 支援金は、年間で3,000円、夏のみの年1回の野菜発送です。
3冬コース
 支援金は、年間で3,000円、冬のみの年1回の野菜発送です。

満月今後の展望
サポーターを増やすことによって、若林区のことやそこで野菜づくりをしている農家さんの情報を発信していきます。 また、ReRootsを応援したいと思ってくださる方を増やすことが今後の目標となっています。
満月サポーター会員に登録したい!という方は、申し込みフォームから登録をお願いします。

〇詳細はホームページをご覧ください!
http://reroots.nomaki.jp/reroots_supporter.html

<お問合せ・お申込み先> 一般社団法人ReRoots 
住所:〒984-0033 宮城県仙台市若林区荒浜字今泉59-3
電話:022-762-8211
メール:reroots311sup☆gmail.com(☆を@に変えて送信) 
2018年07月17日(Tue) 9月21日〆切<かめのり賞>募集開始のご案内


公益財団法人かめのり財団より助成金情報が届きました。      
以下、概要です。

----------------------------------
第12回かめのり賞
----------------------------------

◯募集対象事業
日本とアジア・オセアニアの若い世代を中心とした相互理解・相互共有の促進や人材育成等懸け橋となる活動

◯助成対象
@NPO(非営利団体)、ボランティアグループ、個人であること
A過去、かめのり賞の顕彰を受けていないこと

◯助成金額
 かめのり大賞、かめのりさきがけ賞:各100万円
 最終選考まで進み、受賞できなかった団体/個人には30万円

◯申請期限:2018年9月21日(金)

◯提出・問合せ先
 応募書類は下記の方法でご提出ください。
 郵送:公共財団法人かめのり財団「かめのり賞」係
 〒102-0083 東京都千代田区麹町5-5ベルヴュー麹町1F
 Tel:03-3234-1694 Fax:03-3234-1603
 Mail:info★kamenori.jp【★を@に変えて送信)

○応募方法、申請書のダウンロードは、こちらのページよりご確認ください。
http://www.kamenori.jp/kamenorishou.html
2018年07月16日(Mon) 市民活動団体の一助となる原稿を目指して<4日目・確かめる>市民ライター講座2018


こんにちは。スタッフの松村です。
連続講座、市民ライター講座4回目のご報告です。
今回は、「確かめる」と題した合評会です。

はじめての取材を終え、書いた原稿が出揃いました。
今回を含めて残り2回の講座では、「伝わる原稿」を目指し、座学で学んだことを確かめ、磨きあいます手(グー)

合評会では、互いの原稿にアドバイスし合ます。
3グループに分かれ、自分の原稿を音読。その後、グループの一人ひとりから、
「ここの文章がよく分からなかった」「この表現いいですね」などと意見を出し合い磨き合います。もちろん、講師であるプロの記者からもコメントを受けます。

互いに評価し合うので、自分の原稿だけでなく、実は同じグループ5人分の添削を学べるオイシイ会なのです!


desk_blog.jpg

合評会から、河北新報社生活文化部記者の三浦康伸さん(写真右)と、夕刊編集部記者の矢嶋哲也さん(写真中)も参戦です。事前に一人ひとりの原稿に目を通し、どうすればもっと伝わりやすい原稿になるのか添削し、準備万端です!

yajima_blog.jpg
▲原稿の「流れ」について強調する矢嶋さん

合評会のポイントを「自分の不出来は棚に上げること」と伝えた大泉さん。
受講生たちが「それだったらできそう!」と笑います。

「一生懸命書いたのが分かるから、同じ団体を取材したからなんとなく分かるし。そう思ってする指摘は誰の成長にも繋がりません。相手への指摘は自分への指摘でもあるんですよ」。
会場の雰囲気は一気に高まったように感じましたぴかぴか(新しい)

miura_blog.jpg

はじめての取材で戸惑ったこと、迷ったこと、聞くのをためらったこと、
聞いたけど、実は理解できなかったこと、すべてが提出された原稿に映し出されていました。
「こんなときはどうしていますか?!」と、原稿のことも取材のことも、たくさんの質問と意見交換が繰り広げられました。

memo.jpg

合評会でのコメントをふまえ、受講生は原稿をイチから、いえ、ゼロから書き直して再提出。
次回は汗と涙(?)の最終回の様子をお伝えします。

ひらめきこれまでの様子はこちら→市民ライター講座・取材体験レポート

2018年07月15日(Sun) 記者から学ぶ!取材後の記事のまとめ方講座<まいぷろかべしんぶん部>


こんにちは。スタッフの舞草です。
宮城野区中央市民センターの若者社会参画型学習推進事業「まいぷろかべしんぶん部」では、壁新聞づくりを通じて若者が地域の活動やまちづくりに主体的に関わる機会を作っています。
昨年に引き続き、サポセンでは事業企画や講師コーディネートなどでお手伝いさせていただきます。

6月から始動したかべしんぶん部の活動はいよいよ本格化!
第2回目6月23日はまち歩きをしました。
八幡商店街グループと原町商店街グループの二手に分かれ、商店街をぶらぶら。
実際に足を運ぶことで、商店街の魅力や課題を発見することができました。

第3回目7月7日は商店街に取材に行きました。
取材先は、食べ物屋さんから骨董品店、仏壇・仏具店などなど。
お店のルーツや働く方の想いを知ることで、「かべしんぶんを通して伝えたい商店街のこんなところ!」が見えてきました。

そして次回からは、取材で得た情報を元に記事作成がスタートします!
そんなかべしんぶん部のために、7月7日は特別講師による「取材後の記事のまとめ方」講座が開かれました。

講師は、昨年に引き続き「お!宮町地域情報編集局」の記者、水沼幸三さんです。水沼さんは、仙台市宮町で地域の歴史を掘り起こし新たな魅力を発信するフリーペーパー「038PRESS(おみやプレス)の発行に携わっています。

写真@.JPG
▲自身の記者の経験から、「取材メモを早く確実に取るコツ」や「原稿を上手くまとめるコツ」を部員にレクチャー中の水沼さん。

「取材に行く前には下調べを必ずしよう」、「日頃から活字に触れ、ボキャブラリーを増やす意識付けをしよう!」など、記者としての心掛けも教えてくださいました。

写真A.JPG
▲記事を書くにあたって、水沼さんは「視点の積み重ね」が大切だとおっしゃっていました。
1つのテーマに対して幾重にも層を重ねていくことで、より奥深い文章を書くことができるのです。

現場経験者だからこその、リアリティ溢れる水沼さんの講座は取材や執筆の場面をイメージしやすく、かべしんぶん部の記事作成に向けて実りのある時間になりました。

日頃からボキャブラリーを増やすために活字に触れる、インターネットに頼りすぎず本を読む、など私自身もなるほどなぁと思うことばかりで、一緒になって聞き入ってしまいました。

今回の講座で格段にレベルアップしたかべしんぶん部の活動に、今後も注目してください!

位置情報これまでの様子はこちらから→☆★☆
2018年07月13日(Fri) ブラインドサッカーを通して実現する障がいの相互理解。鈴木里佳さんにお話を聞きました 〜ぱれっと取材日誌〜


こんにちは。スタッフの宮崎です。
6月17日、ぱれっと8月号ワクワクビトの取材で、宮城県障害者総合体育センターの体育館勾当台公園に行ってきました。

今回は、ブラインドサッカーチーム「コルジャ仙台」の選手で、女子日本代表選手でもある鈴木里佳さんを紹介します。
取材は市民ライターの鈴木はるみさんが担当しました。

里佳さんは、目隠しを付けボールから出る音や仲間の声を頼りに競技を行うブラインドサッカーに励んでいます。
仙台には、ブラインドサッカーチーム「コルジャ仙台」があります。
里佳さんはコルジャ仙台でディフェンダーとして活躍しています。

ブラインドサッカーは、まだ認知度が低い競技ですが、パラリンピックの種目に選定されるなど、近年盛り上がりを増しているスポーツの一つです。
目隠しをつけるルールがある事で、視覚に障がいがある人もない人も同じ条件でプレーが出来ます。
国際大会に出場できるのは視覚障がいのある人だけですが、国内や地域の大会では誰もが同じピッチで競技を楽しんでいます。

DSC09770.JPG
▲ブラインドサッカーの魅力を語る里佳さん(右)と取材を行うはるみさん。

生まれつき弱視の里佳さんは、大学生の時先輩に誘われたことをきっかけにブラインドサッカーに出会います。
それまで、弱視である事から運動や日常生活に消極的だったそうですが、「ブラインドサッカーを通して世界が広がった」と話します。
現在は、自分を変えてくれたブラインドサッカーを多くの人に知ってもらうと同時に、視覚障がいに対する理解向上のため、競技の普及にも力を入れています。

里佳さんの今後の活躍も楽しみになる取材でした。

今回の取材内容は、ぱれっと8月号のワクワクビトの記事になります。
はるみさんはどんな記事を書くのでしょうか!?
ぱれっと8月号をお楽しみに!

ぱれっとバックナンバーはこちら→★★★


2018年07月12日(Thu) 7/28開催 本楽カフェ主催<架空読書会>


こんにちは、スタッフの舞草です。
本好きな人も、そうじゃない人も誰でも参加OK!
7月28日に架空読書会が開催されます!

本楽カフェが企画した架空読書会は、誰もが気軽に参加できる読書会がテーマ!
特定の本を読んだ人のみの参加ではなく、事前に読んでいなくても参加することが
できる面白い企画となっています。サポセンで5月に開催した講座「はじめてのミニイベント」に参加した方が、イベントを行います。

また、本楽カフェは今年の8月25日にサポセンで開催される「マチノワ縁日」でもイベント出展予定です。架空読書会、なんだかわくわくするイベントですよね!

以下、概要です。

--------------------------------------------------------------------
架空読書会 開催!

架空読書会って・・?
1.実際には存在しない、架空の本をでっちあげる
2.全員その本をあたかも読んできたかのように、自由に語り合う
3.ある程度の時間で一冊語り終わったら次の本へ

という、「事前に本を読まずに参加できる」読書会です。


日時:7月28日(土)15:00-17:00
場所:カフェ ド ギャルソン
(宮城県仙台市青葉区国分町3-2-2おいかわビル2F)
参加費:おひとり様1オーダーお願いします
定員:8名
お申し込み方法:コチラの申込フォームからお願いします
https://goo.gl/forms/aUTVIREi3BCrbLqD3
お問い合わせ:
E-mail:honraku.sendai☆gmail.com(☆を@に変換)
Twitter:@honraku_sendai
主催:本楽カフェ
------------------------------------------------------------------
2018年07月09日(Mon) 7/21・22日開催<スポーツ映画が一同集結!せんだいスポーツ映画祭2018>


こんにちは、スタッフの舞草です。
ワールドカップの興奮さめやらぬ皆さまへ、ますます熱くなるイベントのお知らせです。

フィギュアスケートや卓球など、数々のオリンピックメダリストを輩出し、野球・サッカー・バスケの3大プロチームがある仙台。
そんな「スポーツのまち」として注目されつつある我がまちで、映画を通してもっともっとスポーツの楽しさと感動を伝えたい!と始まったのが「せんだいスポーツ映画祭」です。スポーツ好きな方、映画好きな方、そうじゃない方も、ぜひ足を運んでみてください。

以下、概要です。
----サッカー-------------------------------スキー------------------------バスケットボール------
仙台スポーツ映画祭2018
〜「熱狂と興奮。」スポーツ映画が一同集結、スクリーンで体感!〜
--スキー---------------------ゴルフ---------------------------野球------------映画

sendaispo.jpg

日時:2018年7月21日(土)〜22日(日)
場所:せんだいメディアテーク1階「オープンスクエア」
              7階「シアターホール」
   地下鉄国際センター駅 2階「青葉の風テラス」

会費:<1dayフリーパス(60枚限定)>3,800円
   金曜日のレセプションと1日すべての作品・トークショーを鑑賞可能。
   オリジナルチケットホルダー付き(別途販売有り)
   
   <作品券>1,200円〜1,500円
   作品毎に価格が違います。引き換え不要でそのまま入場可能となります。
   
   ※全席自由/各回入替制/税込み ※小中学生料金500円(作品券のみ)
   ※せんだいメディアテーク1階「オープンスクエア」は入場無料

チケット:前売り券・当日券共に7月22日(日)までローソンチケットにて販売
     詳しい情報、上映作品、スケジュールについてはホームページをご確認ください。
     http://sendai-sff.com/
主催:仙台スポーツ映画祭実行委員会 
問い合わせ:TEL 080−9632−0110

共催:仙台市
後援:仙台市スポーツ振興事業団、スポーツコミッションせんだい、仙台プロスポーツネット、市民スポーツボランティアSV2004、(株)ベガルタ仙台、(株)楽天野球団、(株)仙台89ERS、河北新報社、エフエム仙台、仙台放送、東北放送、東日本放送、宮城テレビ、クリスロード商店街
2018年07月08日(Sun) 2018年7月豪雨<支援情報>


豪雨によって、西日本に大きな被害が出てしまいました。
被害に遭われたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

厳しい暑さとなっています。被災された方、支援活動にあたっている方は、体調にも充分お気をつけください。

「力になりたい」とお考えの方も多いと思います。
支援の際は、現地の最新情報をご確認の上、現地からの声を尊重していただきますようお願いします。
(情報は随時更新していきます。)


■各種情報まとめ
・日本財団CANPAN
2018年7月大雨・水害に関する参考情報・Webサイト集【日本財団CANPAN】
【平成30年7月豪雨】避難生活で必要となる参考情報やWebサイト集
【平成30年7月豪雨】NPOによる救援活動・ボランティア活動に関する情報


■募金・寄付など
募金には、大きく分けると
被災者の方々へ届けられる「義援金」と、
支援活動(ボランティア活動)を運営するために使われる「支援金」
の2種類があります。
募金の使用用途を確認して、ご自分の想いに合ったところを選びましょう。
(日本財団のWEBサイトに分かりやすい図解がありますので、ご参考まで→日本財団WEBサイト「支援金と義援金の違い」

次項有義援金:被災者の方々へ、お悔やみや応援の気持ちを込めて贈るお金。

日本赤十字社
平成30年7月豪雨災害義援金

仙台市
「平成30年7月豪雨」の被害に対する災害義援金を募集します

宮城県
平成30年7月豪雨災害義援金の受付について

仙台市社会福祉協議会
平成30年7月豪雨災害義援金の受付(募金箱設置)について

・ふるさとチョイス災害支援
平成30年7月豪雨

・河北新報社
西日本豪雨義援金受付のお知らせ

※コンビニエンスストアなどの店頭でも募金箱が設置されています
セブンイレブン ファミリーマート ローソン


次項有支援金:あなたが応援したい団体、関心がある分野の団体を自分で選んで寄付し、被災地の支援に役立ててもらうお金。

赤い羽根共同募金
平成30年7月豪雨「災害ボランティア・NPOサポート募金」受付中

公益財団法人みんなでつくる財団おかやま
岡山県内における平成30年台風第7号及び前線に伴う大雨による災害に対する支援寄付基金
「ももたろう基金」


公益財団法人京都地域創造基金
災害ボランティア支援基金〜被災者支援のボランティア活動を応援〜

公益財団法人ひょうごコミュニティ財団
2018年7月 豪雨水害・緊急募金(兵庫)〜被災者支援を行うNPO・ボランティア活動を支援します〜

公益財団法人コミュニティ未来創造基金ひろしま
平成30年西日本豪雨災害支援基金

京都府災害ボランティアセンター
平成30年7月京都府北部地域を中心とする災害ボランティア活動サポート募金について

・yahoo!ネット募金
平成30年7月梅雨前線等による大雨被害緊急災害支援募金

・CAMPFIRE
【2018年7月豪雨被害】緊急災害支援金

Civic Force
【大雨洪水支援】寄付受付開始のお知らせ

一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)
2018年 西日本豪雨災害 緊急支援募金

NPO法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク
西日本を中心とした豪雨災害への対応について

NPO法人難民を助ける会
西日本大雨被害 岡山県の自治体に支援物資を提供します

NPO法人ピースウィンズ・ジャパン
【西日本豪雨】2018/7/8 真備町での救助の状況


■災害ボランティアセンター
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
平成30年7月豪雨(第6報)


■現地情報
岐阜新聞
京都新聞
神戸新聞
岡山・山陽新聞 
広島・中国新聞 
愛媛新聞 
高知新聞
福岡・西日本新聞 
佐賀新聞 
鹿児島・南日本新聞西日本豪雨 義援金・各地方紙の情報

2018年07月07日(Sat) 7月31日〆切<2018年度国際交流基金地球市民賞>募集開始のご案内

独立行政法人国際交流基金より、助成金情報が届きました。      
以下、概要です。

---------------------------------------------------
2018年度 国際交流基金地球市民賞応募
---------------------------------------------------

◯募集対象事業
@文化・芸術による地域づくりの推進(日本と海外をつなぐ文化・芸術の交流を通じて、豊かで活気のある地域やコミュニティをつくる活動など)
A多様な文化の強制の推進(外国人の多様な文化を理解、尊重し、共に豊かで活気のある地域コミュニティを築いていこうとする活動など)
B市民連携・国際相互理解の促進(共通の関心や問題意識を通じ、日本と海外の市民同士の連携や相互理解を深める活動など)

◯助成対象
公益性の高い国際文化交流活動を行っている日本国内の団体。
※団体の法人格は問わないが、地方自治体は対象にならない。

◯助成金額
1件200万円 (正賞・副賞、合計3件)

◯申請期限
 2018年7月31日(火)

◯提出先
 応募書類は下記の方法でご提出ください。
 国際交流基金コミュニケーションセンター地球市民賞事務局宛

郵送:〒160-0004 東京都新宿区四ツ谷
メール:chikyushimin★jpf.go.jp(★を@に変換)
FAX:03-5369-6044
応募方法、申請書のダウンロードは、こちらのページよりご確認ください。
http://www.jpf.go.jp/j/about/citizen/guideline/


○問合せ先
国際交流基金コミュニケーションセンター地球市民賞事務局宛
TEL:03-5369-6075
| 次へ