CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2018年06月20日(Wed) 東北の工芸品を熱き心で伝える<株式会社 金入 大河内英夫さんにお話を聞きました!>ぱれっと取材日誌


こんにちは。スタッフの水原です。
5月17日、ぱれっと7月号の特集の取材で、
勾当台公園市民広場に行ってきました。
2018年3月始まったLIVE+RALLY PARK(ライブラリーパーク)というプロジェクト。
東北各地の自治体の観光資源を仙台から発信しようという官民協働の取り組みです。

取材は2日間に分けて行い、5月17日は、パート2です。(前回のレポートはこちら

今回は、岩手県八戸市に本社を構える株式会社 金入(以下、金入)のディレクター大河内英夫さんへの取材レポートです。
取材はサポセンスタッフの水原です。

プロジェクトの拠点は、木材を基調とした店舗です。
実は建築には県産材を使っていて、店内にあるカフェでは、東北の食材を活用した食事が楽しめるなど、東北産のものにこだわっています。店内に並ぶ書籍や工芸品も東北のコトやモノばかりです。
大河内さんは、東北のものづくりを次世代に伝承するプロジェクト「東北STANDARD」のディレクターとて、ライブラリーパークに並ぶ工芸品のディレクションを一手に担います。

ookouchi2.jpg
▲自称、松川だるま大使の大河内さん

大河内さんは、Sendai Development Commission INC.(以下、SDC)の、本郷さんからの呼びかけで事業に参画しました。「ライブラリーパークは、公園という公共空間に店舗があるので、誰でも気軽に入ることが出来る。東北のものづくりを発信するうえで、大きな可能性を持っている」と大河内さん。ディレクションにおいて工夫したのは、津軽の刺繍「こぎん刺し」をあしらった名刺入れ、名取屋染工場が手がけたオリジナル手ぬぐいなど、普段の生活に取り入れやすい品々を揃えること。
中でも、「こぎん刺し」のブックカバーが売れているそう。「ペンギン文庫の書籍と一緒に並んでいる相乗効果です」と大河内さん。訪れた人たちが工芸品に触れ、その作り手の思いや技に出会うことができます。

ライブラリーパークで出会った人やコト、東北各地のものづくりの歴史から、その土地のファンが生まれたらいいなと思います!


今回の取材内容はぱれっと7月号の特集の記事になります。
ぱれっと7月号をお楽しみに!

ひらめきぱれっとバックナンバーはこちら→★★★
---------------------------------------------------------------
東北STANDARD
東北の物語を伝える祭りや工芸品、手仕事といった文化や風俗を記録し発信しています。
Mail info☆tohoku-standard.jp(☆→@に変えてください)
---------------------------------------------------------------

2018年06月19日(Tue) 「岩手・宮城内陸地震から10年がたちました」〜マチノワひろばにて資料を展示中〜


皆さん、こんにちは。
サポセンスタッフの水原です。
昨日の大阪北部地震、驚きました。
被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

さて現在、1階の「マチノワひろば」にて、2008年6月14日に発生した「岩手・宮城内陸地震」の資料を展示しております本
あの地震から10年がたちました。サポセンで保管している図書や新聞の切り抜きを展示しています。当時の新聞記事には、ボランティアや市民活動団体が活発に支援をしている様子が記録されています。
また、6月は宮城県沖地震が発生した月でもあります。皆さんと減災・防災の意識を新たに、当時の記録を振り返ってみたいと思います。

DSCF3039 (640x480).jpg
▲マチノワひろば、図書展示コーナー展示の様子

場所:仙台市市民活動サポートセンター 1階 マチノワひろば
日時:2018年6月6日(水)〜30日(土)
開館時間 9:00-22:00(月-土)/9:00-18:00(日・祝日)休館日: 第2・4水曜日
2018年06月18日(Mon) 大阪府北部における地震<支援情報>


6月18日午前7時58分ごろ、大阪府北部で震度6弱の地震を観測。
被害に遭われたみなさまに、 心よりお見舞い申し上げます。
被災地ではどのような支援が求められているのか、
救援・支援に関する情報を集めていきますので、お役立てください。
支援の際は、現地の最新情報をご確認の上、現地からの声を尊重していただきますようお願いします。

〜救援・支援情報〜(6/18更新)
<災害ボランティアセンター>
・全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
・社会福祉法人大阪ボランティア協会


2018年06月18日(Mon) 学生団体同士をつないで活動活性化!大木雄人さんにお話を聞きました〜ぱれっと取材日誌〜


こんにちは。スタッフの宮崎です。
5月2日、ぱれっと7月号の表紙、ワクワクビトの取材で、
青葉区にある東北大学川内南キャンパス内にある図書館に行ってきました!

今回は、東北大学農学部の2年生の大木雄人さんをご紹介します。
取材は、市民ライターの大林紅子さんが担当しました。

仙台には、社会的課題に取り組む学生団体が数多く存在します。
仙台で社会課題に取り組む学生団体を活性化させるため、団体同士の交流を生むイベントを企画しています。

今年4月には、新しく大学に入った新入生に、仙台の学生団体に興味をもってもらうためお花見イベントを開催。学生団体や新入生、役100人が参加し大盛況だったそうです。
現在は、そこでの出会いや繋がりを活かし、次なる企画にむけてアイデアを練っています。

DSC09111.JPG
▲学生団体を盛り上げるイベントについて語る大木さん(左)と取材を行う大林さん(右)

それぞれの団体の良さを、交流を通して共有し、団体同士を活性化することが大木さんのねらいです。
大木さんが活動を始めたきっかけ、めざしている社会象などなど、たくさんのお話を聞くことができました。
今回の取材内容はぱれっと7月号のワクワクビトの記事になります。
ぱれっと7月号をお楽しみに!

位置情報ぱれっとバックナンバーはこちら→☆★☆

2018年06月17日(Sun) 6/29開催<西公園ミーティング実行委員会×サポセン共催事業のご案内>


西公園ミーティング実行委員会とサポセンが共催し、「この街の協働のあり方について」をテーマに対話します。どなたでもお気軽に参加いただけます。

喫茶店--------------------------------------------------------
土曜日の公園で話そう・この街の協働のあり方について
----------------------------------------------------------かわいい
日 時:6月29日(金)18:00〜20:00
会 場:仙台市市民活動サポートセンター1Fマチノワひろば
参加費:無料
テーマ:「この街の協働のあり方について」
詩人で、西公園ミーティング実行委員会の武田こうじさんによる「土曜日の公園で話そう」という公開ミーティング。近年いろんなところで目にする「協働」という言葉。それをどのように捉えてい るのか、それぞれの立場から見えていることを対話を通して、考えていこうとい
う企画です。

登壇者:仙台市市民局市民協働推進課課長 上田正人氏
    特定非営利活動法人せ んだい・みやぎNPOセンター事務局長 青木ユカリ氏
    仙台市市民活動サポートセンターセンター長 太田貴


DSC_291920(800x436).jpg
▲2018年12月21日(木)「土曜日の公園で話そう・荒浜編」の様子

位置情報過去レポート
◯西公園4WEEKS「土曜日の公園で話そう」公開ミーティング
◯「土曜日の公園で話そう・荒浜編」公開ミーティング

電話問い合わせ先
西公園ミーティング実行委員会 
TEL 090-2954-7719
仙台市市民活動サポートセンター
TEL 022-212-3010
2018年06月17日(Sun) かりんとう屋から接着剤のお話を聞く「連坊×薬師堂 オモシロ街教室」に行ってきました!


こんにちは。スタッフの松田です。
6月10日(日)、「かりんとう屋がする接着剤のおはなし」を聞いてきました。
「かりんとう屋と接着剤?!」あまりのギャップに衝撃を受け訪れたのは、若林区の連坊商店街にある和菓子のお店、甜香堂(テンカドウ)。

5月15日〜6月15日まで開催されていた連坊×薬師堂オモシロ街教室という企画中のミニ講座です。
今年で2回目の開催となったこの企画は、連坊商興会と薬師堂商店街が協働で開催しているイベントです。期間中、お店の人が先生になり30種類の教室を開き、専門知識やオモシロネタを教えてくれるというもの。

DSCF3022 (640x480).jpg
▲様々な接着剤について熱弁する「甜菓堂」店主 大久覚司さん

「さて、ボンドとセメダインはどう違うのか知っていますか?」と大久覚司さん。接着剤の歴史から原理、種類と分類に至るまで、一通りの事を教えてくれました。

接着剤のおはなしの他にも、商店街の昔と今。地下鉄や道路の拡張に伴った商店街の変化。商店街が抱える問題。
はたまた、ご自身の職歴にちなんだレゴブロックやたまごっちの話など、あっという間の1時間でした。「店主の人となりをわかってもらい、多くの人に商店街に足を運んでもらいたい」と大久さんは思いを語ってくれました。

どうして「かりんとう屋が、接着剤のおはなし?!」なのか・・・それは教室に参加してみてからのお楽しみでするんるん

DSCF3021 (640x480).jpg
▲「甜菓堂」のかりんとう

ひらめき次回の「連坊×薬師堂オモシロ街教室」は、2018年10月15日〜11月15日に開催予定です。
お知らせはホームページから配信されます。お見逃しなく!→https://peraichi.com/landing_pages/view/remyakuomosiro



2018年06月17日(Sun) 募集期間7/6〜7/20<第20期ロッカー・レターケース利用団体募集>サポセンサービスを活用しよう!


市民活動サポートセンターでは、市民活動支援の一つとして団体向けのロッカー、レターケースを設置しています。サポセンの機能を活用して、活動をスムーズにしませんか?

募集期間:平成30年7月6日(金)から7月20日(金)<必着>
使用期間:平成30年9月1日から平成31年8月31日まで


◯ロッカー◯

DSC09687.JPG

ロッカーは、サポセン5F交流サロンにあります。
大・中・小のサイズがあり、お値段も異なります。
団体の活動に必要な書類、文具、印刷用紙などを収納するのにお使いいただけます。

ひらめき詳しくはサポセンホームページへ→第20期ロッカー利用団体募集のお知らせ


◯レターケース◯

DSC09677.JPG

レターケースは、サポセン1Fにあり、団体宛の郵便物・FAXの一時保管や、各団体同士の文書・チラシなどの連絡用ボックスとして便利に活用いただけます。
(注:小包・書留など、受領印の必要なものは受付できません。)

晴れ詳しくはサポセンホームページへ→第20期レターケース使用者募集のお知らせ






2018年06月16日(Sat) 募集期間7/1〜9/30<仙台のまちづくりに取り組む団体を応援したい!>仙台みどりと風の会 市民活動応援賞


任意団体としてリ・スタートした「仙台みどりと風の会」が、2018年から市民活動への助成金事業を始めることになりました。
以下、概要です。


======================================
     仙台みどりと風の会 市民活動応援賞
======================================

○趣旨
仙台みどりと風の会に寄せられた芳志をもとに、仙台のまちづくりを長きにわたって支え、先導してきた市民活動の成果をたたえ、今後のさらなる活動の活性化を願って「仙台みどりと風の会 市民活動応援賞」を設けることとなりました。

○応募資格・条件
仙台市内及びその近郊において、以下の特色を持った活動をおおむね3年以上継続しているグループもしくは団体
・仙台が抱える諸課題に対し、先駆的な解決策を探り実践しているもの
・地域活動において、若い世代と高齢世代の融合を図り、連携した活動を長期にわたり実践しているもの
・地域の諸団体が連携し、長期的に地域課題の解決に取り組んでいるもの

○賞金
各団体の活動に応じ、10万〜30万円(年間5団体程度を予定)

○応募方法
所定の様式に必要事項を記入の上、仙台みどりと風の会事務局あて、締切日までに送付する。(当日消印有効)

○募集期間
平成30年7月1日〜平成30年9月30日

○選考方法
第一次選考(書類選考)を通過した団体を対象に、第二次選考(プレゼンテーション及びヒアリング・公開)を行います
第一次選考予定日→平成30年10月23日(火)
第二次選考予定日→平成30年11月29日(木)
選考結果の発表→12月初旬

詳細・応募用紙のダウンロードはこちら
http://www.okuyama-emiko.net/project/

○応募・問合せ先
〒981-0901 仙台市青葉区北根黒松10-11 仙台みどりと風の会 事務局
TEL/FAX 022-233-4550

2018年06月15日(Fri) 都市をたたむ―人口減少時代をデザインする都市計画― 〜サポセンブックレビュー〜


こんにちは。スタッフの鈴木です。
サポセン図書コーナーからオススメの1冊をご紹介します。

館内リニューアルに伴い。スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。


--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん----------------

都市をたたむ―人口減少時代をデザインする都市計画―

book_8.png

人口増加に伴い拡大を続けてきた都市が、人口減少に転じたことで空家などの空洞が生じてきています。本書では小さな空洞を抱える都市をスポンジに例えています。都市をいかにたたんでいくかが未来の課題です。縮小する都市の“ポジティブな未来”を考察する新時代の都市論、サポセンで7月開催した「マチノワラボVOL.2」のゲストの著書です。参加できなかった方にもオススメの一冊です。

---------------------------------------
著 者:饗庭伸
発行者:平田勝
発 行:花伝社
発行日:2015年12月10日初版第1刷
    2017年 2月15日初版第 6刷
---------------------------------------


ひらめきサポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。お気軽にご利用ください。
2018年06月12日(Tue) 災害への備え<ウェブサイト「過去の教訓を未来につなぐ 災害カレンダー」>6月に宮城県であったこと


こんにちは。スタッフの松村です。

「過去の教訓を未来につなぐ 災害カレンダー」をご存知ですか?
700年以上の過去から現在までに起こった国内外の災害について カレンダーで見ることができるウェブサイトです。
東日本大震災後、ヤフー株式会社が河北新報社などと協力し作成しました。当時の写真や記事などあらゆる資料から当時を知ることができます。 2017年には、グッドデザイン賞も受賞しました。

Action_calender-660x495.jpg

カレンダーを見ると、6月12日は宮城県沖地震があった日です。今からちょうど40年前です。
さらに、2008年6月14日は、岩手・宮城内陸地震が発生。10年が経ちました。
資料から、当時の悲惨な状況を振り返り、災害は非日常ではないことを思い知らされます。
カレンダーをめくり、「備え」について改めて考えてみてはいかがでしょうか。



| 次へ