CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人「吹矢de元気!協会」

合言葉は、「せぇ〜の ふぅ〜〜ッ!」
”笑み”と”ゆとり”ある人生を楽しもう!
老若男女が楽しめるユニバーサルな
「吹矢」を通じて、人の和を広げます。


NPOh法人吹矢de元気!協会誕生 [2005年04月27日(Wed)]
}
NPO法人として正式にスタート

平成17年4月27日(宮崎県知事認証)




兼ねてより任意団体として活動をしてきた吹矢de元気!協会、正式に特定非営利活動法人「吹矢de元気!協会」として新たなスタートを切った!

吹矢をひとたび吹いてみると、誰もが「あたったぁ〜!」
「やったぁ〜!」と思わず叫んでしまう。
その興奮というか爽快な気分はいったい何?

吹矢をどうしてはじめようと思い立ったかと言うと、スポーツ・レクリエーションにはいろいろな種類があるけれども、その中で呼吸を動力源にしたものは、吹矢以外にはなかったということなのです。

そして、ほかのスポーツ・レクリエーションであれば、どうしても参加する人に制限が付きまとうけれども、吹矢は生きている人であれば、寝たきりの人でも、障害を持った人でも、誰でもふっ〜と息を吹きさえすれば、矢が飛んでいって的に刺さる。そして平等に爽快感を味わうことが出来るニュースポーツだということなのです。

最初は「え〜!こんなに離れたところ(8m)から吹くの」「肺活量がないからうまく飛ぶだろうか」「入れ歯だ飛んでいくんじゃない?」などと不安が先に立つようですが、
吹いてみると思いのほか速いスピードで
・矢が飛び的に刺さる。
・途端に不安であった顔が笑顔に変わる。
・今度はもうちょっと真中を狙って見ようか!なんてね。
見事に心の動きが見て取れるとても不思議な力を持っていますよ。なによりも単純なのがいいのかもしれませんね。そして、子供から高齢者まで老若男女がハンディなしで3世代いっしょに楽しめる。
これが吹矢の魅力なんです!

NPO法人吹矢de元気!協会とは・・・・・

 ”笑み“と”ゆとり“ある人の創造が、当NPO法人吹矢de元気!協会に課せられたテーマと受け止め、「活動的に生きて元気になろう。やる気が大事。」をスローガンに、障害(知的・身体・精神)を持つ人、高齢者、健常な大人、子供など、すべてが同じスタンスで参加することができる、有酸素運動の原点である呼吸を用いた「吹矢」を中心に、こころと身体の健康・体力づくり、生きがいづくり等の、ユニバーサルな保健福祉事業活動を行い、健康で明るい人づくり・街づくりを目指します。
加えて障害福祉分野では、喘息・筋ジストロフィー、嚥下リハビリテーションなど特異疾患分野でも継続的な予防活動を広範囲にわたる展開しています。
また、重度心身障害児や喘息の子どもに普段経験することのできない「海」という大自然を直に感じながらリハビリテーションを行うことができるように、また支えとなる家族のレスパイトサービスの一環として「海」を最大限活用した事業計画も順次進めていくことを目的として活動を展開します。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。


プロフィール

さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/fukiya/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukiya/index2_0.xml