CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年05月 | Main | 2009年07月»
<< 2009年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
ズンダモチの故郷は? [2009年06月30日(Tue)]






 「ズンダモチ」。ウィキペディアより






どなたか、ズンダモチで
まちづくりをしているところを
ご存知ありませんか?
バラクラ英式庭園 [2009年06月30日(Tue)]




















































 バラクラ・イングリッシュ・ガーデンは40年前、ケイ山田さんが、
日本で初めての英国式庭園をと、蓼科高原に開設したもの。

 時たま拠らせていただくが、冬は除いていつ行っても
季節を表現するすばらしい花が迎えてくれる。

 何でも5千種類もの植物が栽培されているのだそうだ。

 私は6月のテーマ色は薄紫か。この透き通るような花もいい。

 この後が本格的薔薇の季節になるのかな。

 狙い目は夕方。3時を過ぎるとぐっと空き、
4時を回ると、もう私が庭の気分になれる。

 さまざまな企画も行なわれているので、HPをごらんになるといい。
 www.barakura.co.jp/
全日空のI元機長 [2009年06月30日(Tue)]




 飛行機の話をしながら散策したので、ついこんなポーズに。
イングリッシュ・ガーデンで。















































 日本航空の副操縦士が酒を飲みすぎ、ホノルルの公園で
立小便をして警察官に捕まり、
その影響で成田行きの便に欠航が出たという。

 お粗末極まりない。JALはとうとうここまで来たか
と嘆かわしくなる。

 わが友人で全日空を退任したばかりの元機長I氏は、
実に立派。搭乗48時間前から1滴も飲まない。

 最高の機長と最低の副操縦士を比べていうのはなんだが、
「来週末の福岡行きも再来週の千歳行きも
全日空に換えたくなった」というのがホンネ。

 そのI氏ご夫妻と、先日、茅野市(長野県)の
バラクラ・イングリッシュ・ガーデンにご一緒した。

 往復ともI元機長の抜群の腕前の運転に頼ったから
文句は言えないが、
80キロ制限の中央高速でしばしば140以上出すことには、
「多少」の疑問(私は80キロに規制することのほうに
より大きな疑問)を感じなくもない。実は、
私自身も時には140弱は出す。

 それはともかく、旅客機の操縦にあたっての
その責任感の凄さは、まるで職種の違う私とて
大いに見習うべきことと、いつも尊敬している。

 仕事柄とはいえ、よくぞ、いつも謹聴させられる話のような
人命に関わる責任の伴う職務を何十年も続けられたものだ。

 その間、政府専用機を操縦してピョンヤンにも行かれた。
そのときの空港上空での話など、何度聞いても興味深々。

 I氏、とうとう操縦悍を手放した。
いかなる場合でも、どんな人でも客を乗せる機長の定年は
65歳だという。

 最後のフライトには中学時代の同級生という奥様も同乗し、
ハワイまで飛んだ。

 お二人はどんな思いだったのだろう。

 今度は、そのあたりの感想をお二人からしっかり聞こう。
とげぬき地蔵でのライブ [2009年06月30日(Tue)]




  日本の抒情歌をのこし広めたいという荒牧さん。
  毎月、とげぬき地蔵で青空ライブを続け、
  まもなく6年になります。







荒牧信允さんは友人である。私より1つ若いということは
同じく前期高齢者。私以上に元気だ。

「宇都宮大学を出られ、ヤクルトに勤務し、その後、鍼灸師となり・・・」
という経歴は、そう感心したり、びっくりするほどのことではあるまい。

ところが、60歳になってから、
この人はすばらしいことをはじめたのだ。

つくば市のご自宅から上京し、
巣鴨の「とげぬき地蔵」の境内で、毎月、
青空ライブ「日本の抒情歌弾き語り」をするのだ。

「お年寄りの原宿」というだけあって、
境内にはひがな一日、ベンチに腰掛けている人もいれば、
車椅子、親子連れ、ご近所一緒にという高齢者が
大勢集まっている。

 そこに小型スピーカー、ギター、楽譜、
そして自ら製作した無料貸し出し用歌集などを
携えて、荒牧さんがやってくるのだ。

10時からと1時から、どちらも約90分。レパートリーは
誰でも知ってるような約100曲。

 先日、ようやく駆けつけることが出来た。

 2,3曲聴いているうちに、引っ張り出され、
「花」(瀧廉太郎)を歌わされた、もとい、歌わせていただく光栄に浴した。

一緒に行ったMXテレビの大森太郎さんは、横浜国大グリークラブのご出身、
荒牧さんと3人で、なんとなく二重唱(半)みたいな歌い方をした。

拍手をしてくれるから、人生の先輩とはありがたいもの。

 終わってから、3人で近くの喫茶店?のようなところで小憩をして別れた。

 その荒巻さんから、早速メールをいただいた。一部をご紹介したい。

    ☆☆☆  ★★★  ☆☆☆  ★★★

本日は本当にありがとうございました。

巣鴨での活動は丁度5年前の6月でした。行く度に数人の方は
喜びの言葉をかけてくれます。それがまた嬉しくて、
病みつきになるのです。

しかしながら、年配者の私が同じ年配者を喜ばせるだけでは、
日本抒情歌を後世に伝え残すことにはならないと思います。

本当は若い人たちにも聴いてもらいたいのです。

例えば、大学の学園祭に際して、
キャンパスで(ステージではなく)のライブができればいいなあ、
と思います。

先生の母校の早稲田や関係されている大学に
ちょっと声をかけていただくことはできませんでしょうか。

ときどき宇都宮の中心のオリオン通りというアーケード街でも
ライブを行ないます。

私の学生時代は大賑わいでしたが、今ではシャッター店舗も目立ちます。

さて、私の名刺に憲法9条云々との記述をしております。

実は九条の会つくばの賛同人としてちょっとした活動をしております。

もしかしたら吹浦先生の思想、ポリシーと異なるかもしれません。

私は、純粋に日本を愛し、日本抒情歌を愛し、
9条を愛するのです。イデオロギー的な思考は全くありません。

また、天皇家を愛し、今上陛下を深く尊敬しております。
私はこれまでに接したテレビや新聞などの報道から、
陛下は本当に平和主義者であり、
もしかしたら9条を大切にしたいと思われているのではないか、
とさえ勝手に推測しています。
勝手なことを申しましたが、お許し下さい。

今後もライブのお知らせはさせていただきますが、
一斉送信でワンクリックですから、そのための手間はかかりません。

どうか、気になさらず、相変わらず頑張っているな、くらいに思ってください。

重ねてありがとうございました。いつか先生のステージを聴きたいです。
お元気でお過ごしください。

荒牧信允
http://www5.ocn.ne.jp/~ara6hari/

    ☆☆☆  ★★★  ☆☆☆  ★★★

で、9条。
荒牧さんは、「憲法第9条を世界遺産に」という運動をしています。

 そこは私と意見が違います。でも、
「キミハキミ、ボクはボク。だが、仲良く」でいいじゃないですか。

私の意見は一昨日小欄に書きました。掲載順番が逆になってしまい
あるいはご迷惑をおかけしたかもしれません。あしからず。

 次回は7月9日(木)11:30からと13:30から、
やはりとげぬき地蔵で荒牧さんの青空ライブが行なわれます。

 どうぞお出かけください。




餅文化の調査にご協力を! [2009年06月30日(Tue)]





   天安市で昼食をともにしたときの洪ご夫妻










   ソウルで宮廷料理をご一緒したときの洪ご夫妻









 5月に、国際協力NGOについて調査するため、
韓国に数日参りました。

 そのときに特段のお世話になった洪 善基木浦(モッポ)大学研究教授から
問い合わせと協力の要請です。

洪先生は社会学の専門家。日本に留学した経験もあり、
日本語は堪能です。

奥ささまのゆかりさん(四国出身の日本人)は、
これまたすばらしい人柄で、
ソウルのいくつかの大学で日本語を教えています。

    ☆☆☆  ★★★  ☆☆☆  ★★★

こんにちは。
韓国へいらっしゃった時、お話しましたが、
私の研究室の仕事の関係で8月に日本を訪ねる予定です。

 餅、餅の地元産業、餅による街おこし、もちの祭リなど、
餅関係で優れた街を訪ねたいです。

勿論、工場や職人との会談もできればと願っています。

日にちはまた決まってはいませんが、
8月初(3日から9日の間)5日間を考えております。

人数は10人程度です。先生が教えて下さった所へいきたいです。
よろしくお願いします。

    ☆☆☆  ★★★  ☆☆☆  ★★★

 そこで、みなさまのアイディアをお寄せいただきたいのです。

 餅は米の収穫が終わってからのものでしょうから、
8月というのは、餅とは一番、縁の薄い時期ではあるでしょうが、
あるいは農閑期でいろいろお話を聞くこともできるのかなとも
思います。

 おおきな餅を持ち上げる、舞台などから撒く、遠くに投げる競争・・・
各地にいろんな行事がありそうです。

 どなたか、是非、知恵を貸してください。
憲法第9条について [2009年06月29日(Mon)]









 ところで、憲法第9条について。

 私は公式には(大枠において)
1962年に当時の憲法調査会(高柳賢三会長)中央公聴会で
公述したころと特に変わっておりません。

 つまり、自衛権は固有のもので為政者はあらゆる場合において
国民を守る義務があると考えます。

 したがって、日本がいっさいの武力を放棄することは
政府として無責任になると思います。

 また、国際的にもことによっては不要のトラブルを
誘発することにもなりかねないのではないでしょうか。

 加えて、日本の周辺には大変不安定な国々があり、核を保有し、
ミサイル実験を日常的に行なっています。

 ですから、9条の精神は尊重しますが、これを妄信して
何もしない、何の対抗手段も持たないとしたら、
これは政府の怠慢ないし無責任というべき事態に
なるのではないでしょうか。

 
ひきわり納豆物語 [2009年06月29日(Mon)]









































茨城県土浦市在住のエネルギー学者のS先生から
突然、メールをいただきました。

「ひきわり納豆って秋田が起源ですかな?」。

 土浦というのがちょっと気になります。

 納豆と言えば、水戸じゃないですか。
 そして、「秋田音頭」では、県北の桧山町。

「桧山納豆、能代春慶、大館曲げ輪っぱ アーコリャコリャ」
となるのです。

 秋田藩の佐竹家は常陸60余万石でありながらも、
関ヶ原の戦いでは、上杉ともども戦場にはせ参じず、
徳川連合軍の西行きをけん制しました。

 終戦後、禄高は3分の1にされ、辺境の地・秋田に
追いやられ、石垣も天守閣も許されないまま、
今の秋田市を建設したのです。

 明治維新になり、奥羽越32列藩同盟から
秋田は「一抜けた」。このため、周辺諸藩から城下まで攻め込まれ、
海路来援した薩摩藩とともに「九死に一生」を得たのでした。

 それでも、新政府下で、佐竹家だけが
東日本唯一の侯爵に抜擢されました。それは
こういう経過によるものです。

 話が進みすぎました。納豆です。

 以下は私の「根拠なき」推測ですが、
常陸から追われるように秋田に向かったとき、
「美人ばかりを引き連れてきたから秋田には美人が多い」
というのは俗説。「秋田は小野小町以来の美人国」。

 常陸から水戸納豆を持ってきたというのはどうでしょうか?

 桧山町出身の佐良土(さろうど)佳子さんという
元NHK秋田放送局の「美女アナ」とは親しいのですが、
佐竹家の支配下にあった栃木県東部には佐良土(さらど)という
地名が、今もあります。

 読み方の誤差は山形県に吹浦(ふくら)町があって、
秋田の我が家は「ふきうら」というが如し。

 もしかして、この佐良土家が常陸から桧山に納豆を伝播
させたのかも。すっかりご無沙汰してしまいましたが、
今度、訊いてみなくては・・・。

 ここ数日、松本清張の『球形の荒野』に夢中になって
電車を乗り過ごそうになるほどなので、少々、
素人の自己流推理が走ったかもしれません。

 どなたか、納豆伝播の経緯について、
ご教示いただけませんか。

 また、「ひきわり納豆」の秋田起源説は、ネットで見る限り
有力なようです。私など、「神童と言われ」(なかっ)た頃から、
毎朝、これを食していました。

 これもさらに詳しい方がおられましたら、
お教えください。
天満、亜星、清張、山崎・・・ [2009年06月29日(Mon)]












昨6月28日、とうとう小欄の更新が途絶えました。
PCが立ち上がらなかったからです。

 今朝、ユーラシア21研究所に来てみると、
ありがたいことに友人・知人はもとより、
見知らぬ方からも、メールが着いていました。

「どうした?」
「どこかに行っているのか?」
「体調不良?」

 ありがたいことです。

 とりあえず、小欄復活のご挨拶です。

 土曜日は天満敦子さんのヴァイオリンを紀尾井に聞きに行きました。

 天満さんのデビュー30周年と小林亜星さんの喜寿を記念した
コンサート「ロマンティックをもう一度」。

 4500円の“大枚”をはたいて、小林さんの作品を中心にした
天満さんのCDを手に入れ、
「過ぎ去りし日々」にはまってしまいました。

 これを訊きながら、松本清張の『球形の荒野』を読了し、
推理小説の結末に涙するほど、これまたはまりました。

 でも、この作品の解説を描いている半藤一利さんも
同じ思いで最後のページに泣かされたと書いています。

 そのあと、山崎豊子の『運命の人』を読み始めましたが、
沖縄返還交渉前後については、
私にもいろいろ思いや経験がありますので、
こちらもまた、ウィスキーを傾けながら、のんびりというわけには
行きそうにありません。

PCが立ち上がらない週末も、また楽しからずやでした。
国連人口基金に人あり [2009年06月27日(Sat)]







  左は、池上さんの邦楽のお師匠さん。
このあと連弾をしたが、お師匠さんに失礼なので、そこは
撮影できなかった。











 4月、池上さんの誕生日に池上邸で。
 右は、同じ日が誕生日の郷農彬子さん
 (バイリンガルグループ社長)。
 二人とも、私とはわが師・橋本祐子(さちこ)先生の
 弟子仲間。












 池上清子さんとは数十年来の友人だ。

 今、国連人口基金(UNFPA)東京事務所長という
在京国連機関のトップの地位にある。

UNFPAは在京国連機関の中で、
私は断トツの活動をしていると確信する。はっきり言って
国連大学、UNHCRが“世間離れ”し、
“唯我独尊”で、“雲の上”にましましているのと比べ、
あまり有名な国連機関ではないが、
日本社会に実にきめ細かく浸透している。

それには、池上さんの人柄によるところが大きい。

率直に言って、早い話が
この人、「国際派日本人」&「普通のおばさん」である。

国際公務員としてのアドミニ能力、
リーダーシップ、語学力、湧き出すアイディア抜群なのは
この仕事のリーダーとしての必要条件、
その上、感心なのは、
話の中にむやみに外国語の単語が混じらないこと。

私のほうがよほど気をつけないとあぶない。昨日だけでも、
イノベーション、インテグレーション、
インセンティブ、アンビバレントなどという単語を、
夜の「NGO職員の待遇改善に関する研究会」(サントリー
文化財団助成事業)で平気に使ってしまった。

池上さんに関しては、
そういう場を心得ないような物言いはまずしない。

加えて、この人、長唄、三味線を趣味として、
以前、小欄でも写真付きで紹介したが、
なんと、な、なんと
(和装の)正装(あたりまえですが)に包まれ、
国立劇場で演奏したこともある、
そんじょそこらの今時の日本人とは
チトかけ離れた“芸当“をするのである。

この4月のウン回目の誕生日に、
ご自宅にお招きいただいた(我が家には
泊って行かれたこともある)。

そこでは著名なる師匠とともに二重奏、
いならぶ10余人(4カ国)の客を圧倒した。

その池上さんの企画で、UNFPA は、
6月22日から来年の7月11日の「世界人口デー」までの
約1年間、「お母さんの命を守るキャンペーン」を
日本国内各地で実施する。

昨日、そのご案内をいただいたが、
ささやかなクレームとともに
みなさまには大いにお勧めする気持ちで
ご紹介したい。

 このキャンペーンの一環として、
まず、世界人口デー記念特別展示
「アフガニスタンのお母さん」が以下により実施される。

日時:2009年6月29日(月)〜7月17日(金)
10:00〜17:30 (土日は非公開)

場所:国連大学ビル 1階、2階 UNUギャラリー
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 5-53-70

 ここで池上さんに、第1のクレーム。
 なんで、土日は開かないのか。
 これでは「われらサラリーマン」を排除し、
学生と専業主婦くらいしか見ることできないではないか。

「国連ビルが休みだから」というだろう。
 ならば最初から別の場所で開催すべし。

展示内容は以下の通り。
● 1階 ― 国連人口基金とパートナーNGOの活動紹介
 - 国連人口基金と
パートナーであるNGO(ジョイセフ、APDA、AUICK)
の活動を紹介したパネル
国連人口基金が、途上国の妊産婦の出産を支援するために
配布している「衛生出産キット」、また
2004年末に起きたインド洋大津波の被災地で配布した
「基礎衛生キット」

● 2階 ― 「アフガニスタンのお母さん」の絵画展示
 - アフガニスタンの子どもたちが、
日本から送られたクレヨンや色鉛筆で描いた
お母さんや家族の絵。子どもたちの描いた絵が、
お花畑に咲く大輪の花のように展示されている。

 - 子どもたちが絵を描いている様子を撮った写真
 - 日本からアフガニスタンへ送られた
クレヨン、色鉛筆、自転車やランドセル
 - 「お母さんの命を守るキャンペーン」サポーターでもある
松永真氏(グラフィックデザイナー)が、
アフガニスタンの子どもの絵をもとに、
特別にデザインしてくださったポスター

 秋篠宮妃殿下は開始にさきがけて、
いち早く展示をご覧いただく予定となっているとのこと。

ここで、第2のクレーム。
皇族のご来臨をこんなに早く公表していいのか。
私など難民を助ける会の行事に、
大変な方にいらしていただく内示をいただくことが
多い。それでも、自らの高鳴る胸を押さえ、
準備怠りなくとも、
公式発表・解禁日までは誰にも一言も言わない。

また、この展示に関連して、
7月4日(土)に特別イベント
「アフガニスタン・レインボープロジェクト
Rainbow Project for Afghanistan
〜Speaking about Mums and Kids」が実施しされる。

日時:2009年7月4日(土) 17:00-20:30
場所:国連大学ビル 前庭

このイベントでは、
● トークショー
 石川みのる氏(東京FM パーソナリティー)、
後藤健二氏(ジャーナリスト)、
スルタニ・トロペカイ氏
(アフガニスタン女性の教育支援NGO代表)をお招きし、
アフガニスタンの今と日本の関わりについてお話いただく。

● キャンドル・ワークショップ
 「アフガニスタンの子どもたちに光を送ろう」をテーマに、
廃油からろうそくを制作してもらう体験ワークショップ。
作ったろうそくは、来場者に持参してもらった
ろうそくとともに、アフガニスタ ンに送られる。

● キャンドル・ライブ
キャンドルでライトアップされたステージで行う
アコースティック・ライブ。地球環境にも配慮し、
ステージで使用する電気はすべてバイオディーゼル燃料を使用。

● エスニック屋台村
アフガニスタン料理をはじめとして、
エスニック料理の屋台が並ぶ。
食べ物を通した文化 交流。

ここで、第3のクレーム。
梅雨空の暑いさなかに屋外でやらなくとも、
工夫の余地がなかったの?と聞きたい。

 繰り返すが、これでも在京国連機関の中で、
こんなに日本社会に溶け込もうと
しっかりした努力をして、成果をあげているところは
寡聞にして知らない。

「参加費は無料ですので、是非お気軽にご参加を」と池上さん。

 いろいろクレームつけたが、
国連機関への「イジワルじいさん」はこれでも応援しているつもり。

開発国に関心を持ついい機会だと思い、
小欄で詳細にご紹介した次第。

晴天で、涼しいことを祈念する。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

問い合わせはは、国連人口基金東京事務所(山本・上野)
E-Mail: tokyo.office@unfpa.or.jp
TEL: 03-5467-4684
FAX: 03-5467-8556
http://www.unfpa.or.jp
ロシア国旗が日の丸を抑えて [2009年06月26日(Fri)]








 今週の月曜日(6月22日)午後、帝国ホテルでの
「ロシア文化祭 in Ginza」開会式に出席したことは
先日、紹介しました。鳩山由紀夫日本側(日ロ協会会長)、
ナルィシキン露側(大統領府長官)の両組織委員長、両国大使など
賑々しく集まり、すばらしい幕開けとなりました。

 私もその晩、早速、銀座での
「ロシア民族音楽の夕べ」コンサートにご招待いただき、
大いに堪能させていただきました。大小のバラライカが
かくも音楽性の高い、表現力を発揮できるものかと、
いまさらながら感心しました。

 それはいいんですが、どうにも気になるのが、
そのロゴマーク、日の丸の一部が
ロシア国旗に隠れているのです。

 いや、考えすぎかもしれません。

 隠れている部分、覆われている部分が
北方4島なんですよね、などと思うのは。

 取り越し苦労ですよね。

 ロシア側が「日本人はこのロゴマークを不快に思わなかった」
「北方領土だって、
現状に文句を言う日本人なんてめったにいないよね」
などと、ロシアの誰かが言うかもしれないなんて思うのは。

 こういう友好と相互理解を進めようという文化行事での国旗は
同じ大きさ、並列がいいと思うんですが・・・

 ところで、この文化祭、全費用をロシア側が持っているのです。

 日本からもことしは文楽が行きました。しかし、「祭り」とまでは
いけない小規模なものです。

 昨日、外務省の担当局長のお招きで昼食をともにしましたが、
席上、「日本が行なう大規模な文化祭の見通しは?」と尋ねたところ、
「予算がない。当分、見通しも発たない」との返事。

 ロシア全体の日本理解の促進なくて、北方領土問題の解決も
両国関係の抜本的な改善は、到底覚束ないはずです。

 鳩山さんに「国家の尊厳」意識が不足だという印象を持つのは、
こんなことからも来るというのは、これまたいい過ぎでしょうか。

 もし、逆のことをモスクワで日本がやったらどうなるでしょうね。


| 次へ