CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年02月 | Main | 2008年04月»
<< 2008年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
赤十字J [2008年03月31日(Mon)]






  今春、佐賀では佐野常民展が開催されている。
 佐賀空港の掲示より。





 1867年、これは大政奉還の行われた年ですが、この年にパリで万国博が開かれました。

その万国博で、この国際赤十字が小さなパビリオンをつくりました。

そして、馬で引く救急車とか、手術用具とか、その当時の様々な医療機械の最新のものを展示しました。

その万博を、この万博にパビリオンを出して参加した鍋島藩の佐野常民が見物したわけです。日本からはほかにも、幕府と薩摩藩が別途、参加しました。

 この赤十字のパビリオンが軍事・軍需会社クルップ商会のパビリオンと真向かいになっていたのです。

この当時のデュナンは、アルジェリアでの農業会社の失敗でスイスのジュネーブの裁判所で破産宣告を受ける寸前でした。

よほど気が荒れていたのでしょうか、そのクルップ商会のパビリオンと自分がつくった赤十字を向かい合わせにしているのは気に食わないというので、展示物を次々と倒すという奇行を行ったのです。蛮行というべきでしょうか。

これが彼の前半生の表舞台での最後と言っていいのではないでしょうか。

 このあとデュナンは破産をし、諸国を流れ流れて、第1回ノーベル平和賞を授与される直前に発見されます。

1896年(明治29年)10月10日付の「東京朝日新聞」には「赤十字創立者の窮境」との見出しで、「栄えある赤十字の創立者、清貧院にて呻吟」という記事が出ております。

これは直前にスイスの記者がデュナンを発見したという記事です。

この記事で言う清貧院というのは現在もスイス東北部の山村であるハイデンにある病院のことです。デュナンはこの高齢者用福祉病院で晩年の23年もを過ごしたのです。

1979年に、私はその病院を訪ねてみましたが、当時子どもだったというおばあさんが、デュナンを知っていました。病院の窓から紐でリンゴを吊るして、さあ、とってごらんと、子どもたちと遊んだというのです。

この「デュナン発見」の記事がいわば世界的なスクープになって、極東の日本にまで伝わり、センセーションを巻き起こしたのです。

このことが、20年後、すなわち1901年の第1回目のノーベル平和賞がデュナンに授与されるきっかけになりました。
南京事件・英文論文集刊行 [2008年03月31日(Mon)]










 いわゆる南京事件について、今般、JAPANECHO社から141頁の英文論文集が出版された。

 白石隆編集長のもと、秦郁彦、デイヴィッド・アスキュー、読売新聞社戦争責任検証委員会、北村稔、アーヴィン・クックス、ヨッシャ・フォーゲルという、このテーマで冷静な議論を展開している重厚な執筆者に混じって、なぜか?不肖・吹浦も「Closing the Japan-China Perception Gap」の題で、12頁を汚している。

この「事件」についてはは、ご承知のようなかまびすしい議論が盛んだが、日本側からの英語による発信はきわめて少ない。特に、こういう陣容で執筆するということの意義は、私はきわめて大きいと思う。

幸い、外務省が大量に買い上げて世界中に送付するらしいので、議論に確実な一石を投じることになろう。

私が言いたかったのは、
@ 人数に関係なく、日本軍が被戦闘員を死傷させたとすれば、それは戦争犯罪であり、日本側は衷心より詫びる必要がある、
A この問題については、将来に禍根を残さないよう、政治的意図を排除して事実究明の必要がある、
B 中国側にもようやく、「犠牲者30万人というのはあまりに政治的な数字であり、学者はその良心に従って科学的な数字を極める必要がある」といった声が出てきており、こうしたシグナルを見落としてはならない、
といった趣旨である。

 英文で恐縮だが、定価は1,200円。お問い合わせは、ジャパンエコー社、電話03−3519−3511.メールは、je@japanecho.co.jp
各地の桜 @ [2008年03月30日(Sun)]








 兵庫県を訪ねた方から、
こんな写真が送られてきました。

 関西もまもなく桜花爛漫となりそうですね。


夙川(しゅくがわ)で見た桜だそうです。

夙川は、兵庫県西宮市です。写真は阪急神戸線、
夙川駅で撮影したものだそうです。

 関西にはもちろん、
吉野や嵐山といった桜の名所がありますが、
私は京都府なら、
亀山、舞鶴でみた桜が印象的でした。

 みなさま、桜に限らず、各地の美しい花を愛で、
写真で公表しませんか。

 今週は、都内のほか、伊豆高原や栃木県下で
桜を見ることができそうです。

下の写真は、昨年、舞鶴市在住の
Wさんが送ってくださった、同市瑠璃寺の老木です。




ロシアの葬儀 [2008年03月30日(Sun)]













 故マルトゥイノフ世界経済国際関係研究所元所長。
 右は、同未亡人。














 ウラドレン・マルトゥイノフ氏(ロシア科学アカデミー世界経済国際関係研究所=IMEMO元所長)の葬儀が、
3月21日午前11時からモスクワの同アカデミー本部ホールで行なわれた。

 宗教色は全くない。淡々としたもので、涙を流す人もいない。お国柄か。

 式には、プリマコフ元首相(現ロシア商工会議所会頭)をはじめ、
約120人が参列、友人・知人などよく知った顔がたくさんいた。

 外国から参列したのは、私のほかには韓国大使のみであった。韓国からは前日贈られたという勲章も並んでいた。日本からは何もない。ずいぶん貢献したと思うのに。

 初めての葬儀出席だったので、日本大使館員や「日露専門家対話2008」のロシア側主催者たちに聞いたが、どうも要領を得ない。

 そこで、前々日に故アレクサンドル・ヤコブレフが創立した民主財団に折衝に行ったときに通訳を頼んだマルガリータさんに電話して、委細を把握した上での同行をお願いした。

「まず服装です。ダークスーツであれば黒服・黒ネクタイでなくて結構です。お香典などは要りません。ホテルの近くに花屋さんがありますから、そこに立ち寄ってから行きましょう。9時30分にタクシーでお迎えに行きます」。

 花屋さんでは女主人からこういわれた。

「花は赤が一番です。共産国家だったからと思うでしょう。別にそれとは関係ないと思います。ロシア語の赤はクラースナヤ。美しいという意味もありますよね。ご遺族を元気付ける色です。偶数がいいとされます。お立場もあるでしょうから・・・」

「いやいや、大した立場の者ではありませんので、弔慰を示すにふさわしい程度で常識に従います」

「では、赤いカーネーションを20本としましょう」。

 世界一の交通渋滞を誇る?モスクワだが、思いのほか早く着いて、弔問客第一号だった。

 ご遺族より早くご遺体が到着。おおっていた蓋はすぐ取り除かれ、柩は頭のほうを少し高くして、参列者から常に見えるように置かれた。

 ややあって令夫人はじめご遺族が着かれたので、弔問のご挨拶をし、ご遺体の足元にカーネーションを置いて、日本式に合掌した。ほどなく、科学アカデミー葬という感じで、幹部会ほかからの弔花もならんだ。

 プリマコフ氏が到着。私を見つけいきなり握手しに近づいて来た。

 2日前に会ってくれたことにお礼をいうと、「よくぞ、ここまで来てくれた。きょう帰国のはずだったね。帰りは車はあるのか」とまで、心遣いを示してくれた。この人らしい好意の示し方だ。

ディンキンIMEMO所長の司会で始まった。ロシア正教の聖職者などは誰もいない。ディンキン氏が業績を紹介する。

「故人は1957年、IMEMOに入所。爾来、常に問題の核心に迫る努力をする人であり、90年代の最も苦しい時期に研究所を守り抜き、発展させた業績は感謝とともに忘れられない。特に、IMEMOに経済理論部門を新設し、市場経済について研究するわが国では先端的な研究体制を築き上げた。韓国との関係強化にも大きな成果を挙げた・・・」。

 続いてプリマコフ氏。

「キミは私のあとを継いで、ロシアもIMEMOの困難な時代に本当に良くやってくれた。政治も経済も、そして社会も大転換し、学術の世界も日々、混迷の度合いを増す中で、新たな体制の発展のために尽くした。加えて、多くの優れた人材を社会に送り出し、その多くがここに駆けつけてくれているが、みなキミの死を悲しみ、悲嘆にくれている。ご遺族の悲しみはいかばかりのことであろう。闘病生活は見事なものであったと聞く。ガンの転移を省みず、最後まで学問と国家の発展のために尽力してくれた」。

 ジュールキン元欧州研究所長、アバルキン経済研究所長、シモーニア前IMEMO所長、ブイコフ、チュフリン同副所長、日本研究家であるザイツエェフ(元一橋大学客員教授)、クナーゼ(元外務次官、元駐韓大使)両同元主任研究員、キリューシン同学術交流部長・・・が納得しているといった表情で頷いている。

 以下、弔辞は指名された6人がまず行なった。あらかじめ書いたものを読むという人は誰もいないが、いずれも思いのたけを述べた迫真ものだった。

 そのあと、ディンキン氏は、「ほかにどなたかお話ししたい人はいますか?」と参列者を見渡した。女性一人を含む3人が、それぞれに業績を称え、感謝の気持ちを述べた。

「ではこれで葬儀を終ります」という、簡単な言葉の後、一同がご遺体に近づき、右回りで、柩の端を右手でちょっと触れて、周った。

 プリマコフ氏が
「また東京に行くよ。中曽根さんは元気か。5月27日に90歳だろう?」
という。

「はい、そうですが、どうして日付まで覚えていらっしゃるのですか?」と訊きながら、私も閃いたが、プ氏がいうのが早かった。

「5月27日はわが国の歴史的屈辱の日だよ」。

「そうでしょうね。日本海海戦でバルチック艦隊が壊滅した日でしたね。失礼しました」。

「中曽根さんに、ボクも元気にやってるよとよろしく伝えてくれ」。

 “弔問外交”の真似事をした。

 帰国したら中曽根元総理に早速伝えなくてはと思った。

                            合掌。

紅梅、蕗味噌、土筆、野蒜 [2008年03月30日(Sun)]

























 友人のO(オウ)さんから、紅梅をいただいた。

 おかげで、わがささやかな書斎は、優雅な香りに満ち、
おのずとご機嫌にもなる。

Sさんからは自家製の蕗味噌、
そして究極は、Eさんがお庭で摘まれた
土筆(つくし)と野蒜(のびる)。
こちらは酢味噌でいただいた。

 畏れ多くも、光明天皇の

 君がため 春の野に出でて 若菜摘む
  わがころも手に 雪は降りつつ

を思い出しながら。 

 この季節、都内は花見の客で名所も道も大混乱とか。

 紅梅がほのかに香るなら、自宅で読書とブログ書きにあたるのも、
21世紀の一興か。
ロシア人との「情」 [2008年03月30日(Sun)]








 まずは、合掌。

 ロシアには100回も行っているのだが、葬儀に出席したのは初めてだった。

 3月17日に亡くなったウラドレン・マルトゥイノフIMEMO(世界経済国際関係研究所)の2代前の所長の葬儀である。

 この研究所はソ連科学アカデミー時代、ニコライ・イノゼムツェフという、当時の改革派の経済学者兼共産党中央委員、科学アカデミー幹部会員が研究員約千人、職員も同数近くという大組織に仕立て上げ、同国最大のシンクタンクとなっていた。

 1976年に、この人の案内で私たち末次一郎主宰の安全保障問題研究会の一行はコスイギン首相(当時)と1時間10分会談した。猪木正道、佐伯喜一、岸田純之助、三好修、衞藤瀋吉、高坂正尭、矢野暢といった錚々たる先生方にくっついて行ったまでのことだった。

 私にとっては初めてクレムリンの奥に入った経験だった。東西冷戦のさなか、剣付き鉄砲が本当に怖かった。イノゼムツェフという人の実力を知ったのは、このときのコスイギンとの話しっぷりとクレムリン内での「勝手しったる」動きであった。

 その後、前任者急逝の後を受け、ブレジネフに13年間もカナダ大使に追いやられていたアレクサンドル・ヤコブレフが継ぎ、この人は党宣伝部長に転じ、のちのゴルバチョフ時代にはナンバー2として、ペレストロイカ、グラスノチを推進した。国家顧問という特別の地位を与えられて、ソ連の最後に大きな影響を与えた。

 次の所長は、エフゲニー・プリマコフ。ブレジネフ時代に頭角を現わして以来、ゴルバチョフ時代には最高会議議長、エリツィン時代には外相、首相、そして今なお、商工会議所会頭の任にある。今でも、来日のたびにわが師・末次一郎の墓を訪問するという人でもある。今回も私たちを丁寧に迎えてくれた。

 マルトゥイノフはその次の所長。政治力では前の3代とは比較すべくもないが、90年代の、研究所が一番苦しかった時代を20階建てのビルの半分以上をスイスの会社に貸したり、人員の削減などで何とか乗り切った。日本で、モスクワでなんどお目にかかったかわからないほどお会いしてきた。

 4年前、ガンを患っての闘病生活。スエーデンで手術をし、一時はとても回復していたが遂に力尽きたという。「亡くなる1ヶ月前にはシンポジウムの議長を務めた」とは、シモーニアを経て現在所長になっているディンキンの弁。

 1990年代の末に所長を退いたとき、末次はご夫妻でマルトゥイノフを日本に招いた。葬儀の場で、今では未亡人と呼ばれる立場になった令夫人が、そのことに触れて、末次の意を継いでいる(つもりの)私に丁重にお礼を述べてくれた。

 ここにあげた人たちはみな、日本的な「情」の通ずる一面を持っている。

 北方4島の返還を求める気持ちと意思の強さは負けないつもりだが、ロシア人と付き合っていて、この部分にはほろりとさせられる。

 この国の人たちの複雑な心情は、今、『カラマーゾフの兄弟』が日本でベストセラーになっているように、私たちにも共感を呼ぶものがあるように思える。
               合掌。


                          文中:敬称略
大久保利通の暗殺 [2008年03月29日(Sat)]









 松田トシ門下生による発表会が延期になった。

 4月20日に予定されていたため、私は前日の秋田での法事を切り上げてでも帰京せねばなどと心配していたが、諸兄姉弟子のご判断で「秋に」となれば、末弟子の私は「へへ〜っ」とかしこまるほかない。

 このため、先日のお稽古では窓外に清水谷(しみずだに)公園の満開の桜を見下ろしながら、あせらずに、じっくり、勉強できた。

 この公園は、大久保利通暗殺事件のあった場所。今は大きな記念碑が建っている。それを見ながら、罵声を張り上げて『初恋』だの、『からたちの花』だのという歌を歌うのは、いささか妙な気持ちがしないわけではないが、これは私のせいじゃない。

 しかし、日本近代史上、この暗殺事件は重大な意味がある。そこで、まずは手軽にと、ネットで探してみた。以下は、http://www.spacelan.ne.jp/~daiman/data/zatugaku06.htmから転載したもの。

 ☆―――――― ・・・ ―――――― ・・・

 明治11年(1878)5月14日朝、東京の紀尾井坂から赤坂御門に至る北白川宮邸と壬生邸にはさまれた、通行人のない閑静な路上で事件は起きました。

 薩摩出身の参議兼内務卿大久保利通は、午前8時10分、二頭立て馬車に乗り護衛もつけず、登庁のため、裏霞ヶ関の屋敷を出ました。馬車が紀尾井町1番地へとさしかかり、赤坂御門の前を過ぎ、壬生邸の横に至った時、旧加賀藩士の島田一良、長連豪(ちょう・つらひで)ら6名の刺客が襲いかかったのです。

 大久保は彼ら刺客に「待て」と言い、自らドアを開け路上に降りました。「無礼者っ!」と一喝を残し、前後から刃を受けて倒れ、ついに止めを刺されたのです。大久保利通、享年49歳でした。

 この紀尾井町の、明治新政府の中心人物大久保利通暗殺事件は当時の社会に大きな衝撃を与えたそうです。特に首謀者の多くが旧加賀藩士だったことから、石川県の近代史に特筆される事件となりました。

 この後、政治の主導権は伊藤博文たち長州閥に移ることになり、政府内の権力争いにも影響を与えました。

○ △■○△■○△■○△■○△■○△■○△■○△

  島田らが掲げた斬奸状には、@薩長藩閥の専制独裁打破、A法令の乱用による政府官吏の私利私欲を許さない、B国費の乱費を抑え、憂国の士の排斥を許さない旨の内容が書かれてあった。

 私は、もちろん、暗殺やテロには絶対反対である。先にも小欄で述べたように、私は少年期に浅沼稲次郎日本社会党委員長が暗殺さてらとき、日比谷公会堂観客席の最前列中央にいてこれをつぶさに見たこともあり、この考えは徹底している。

 しかし、大久保の暗殺事件のときは、一応の理由を掲げて糾弾するという「大義?名分」があった。

 それに対して、昨近、茨城や岡山で起こった無差別殺人事件は、なんたる酷い話。徹底的に真相を究明し、警備、教育、社会の風潮などなど、早急に対策が講じられねばならない。

  また、最近は精神鑑定医が被告には「責任分担能力」がなかったという鑑定を出す案件が目立つ。専門家の判断を尊重するにやぶさかではないが、われら庶民には、人を殺めたのであるから「責任分担能力」があるわけがないという素朴な疑問が残る。

  大久保暗殺事件の下手人たちだって、まさか、大根を切るような感覚でやったわけではあるまい。最後は、「責任分担能力」がなくなったからこそ、刃を向けることができたのではないか。

 そんなことを考えていたら、
「ほら、さっきと同じミスをしましたね」
松田先生から叱正が飛んできた。

 発表会は私にとってもやはり、秋のほうがよさそうだ。

 
チベットの国旗(続) [2008年03月29日(Sat)]






   ダライ・ラマ法王日本代表部事務所のHPから










1938年に、日本で発行された『萬國旗』による
チベット国旗







 小欄では、先日、チベット国旗をご紹介しました。

 多くの友人知人、見知らぬ人から
賛同、支持、激励のメールをいただきましたことに、
深甚なる謝意を表します。

 私が紹介した国旗の図は、
あえて
1938年に、日本で発行された『萬國旗』(吉川晴帆)から採り、
当時、日本がこの国をどう扱っていたかを知る
手がかりにしていただきました。

 今回は、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所のHPから
国旗の図と説明文を、転載します。

 中国政府によるチベット人に対する人権抑圧に、
重ねて、
抗議します。

  ☆―――――― ・・・ ―――――― ・・・

中央の白い三角形は雪山を表し、
「雪山に囲まれた地」として知られるチベットの国を
象徴している。

6つの赤い光線は、チベット民族の起源となった、
6つの氏族を象徴している。

赤と濃い青の光線が並んでいるのは、
チベットの2つの守護神の堅い決意により、
国の精神的、ならびに世俗的な伝統が
護られていることを象徴している。

ネチュン守護神は赤、シュリ・デビ守護神は黒で表される。

太陽は、チベットの民が自由を平等に享受し、
精神的、世俗的な繁栄を手にすることを象徴している。

1対のスノー・ライオンの勇ましい姿は、チベットの精神的、
および世俗的な方策が完全な勝利をおさめることを象徴している。

ライオンが支えている3つの輝く宝石は、
チベットの民にとって精神的な拠り所となる3つの源に対する
尊敬の念を象徴している。

この3つの源とは、具体的にはブッダ、
その教えである法(ダルマ)、そして僧侶たちを意味する。

ライオンが持つ、円形で2つの色が塗られているものは、
十善業法と十六浄人法による自律を象徴している。

黄色の縁取りは、仏教がすべての場所で
永遠に栄えることを象徴している。
家庭の庭先でも [2008年03月29日(Sat)]








































 
 八ケ岳南麓では、
それぞれの方の庭先でも、
春を告げるかわいらしくも、
美しい花がいっせいに咲き始めている。

 きょうあたり、本州以南では、
春を堪能しているのかなぁ。

 北海道のみなさんはまだかな。

 わが故郷・秋田の友人に電話してみたら、
秋田は雨が降り、気温は7度だとか。
それでもきょうは、
確実に手ごたえのある春を感じるという。

 ムリして言ってるのはないかと一瞬、勘ぐったが、
「千秋公園(桜の名所の城址公園)の桜は4月下旬だろう。
帰って来いよ」
とハリのある声。

 この歳、この季節、友の元気な声を聞くと、
妙にほっとする。

芽吹きの春 [2008年03月29日(Sat)]


































 小欄でおなじみの石田良介画伯の令孫誕生を祝い、
八ケ岳南麓で杯をあげる。

 母子ともに健やかとは何よりのこと。

 折から、都内は桜花爛漫。おかげで、
道も山麓もめったに人影がなく、静寂そのもの。

「信玄棒道」を思いっきり歩いてみた。

 海抜1,100mでも、もうタンポポ、クロッカス、ホットリップス、
サクラソウ、ヒヤシンスなどが咲き、とりのさえずりが聴こえる。

 すれ違う人に「ごくろうさま」と声をかけると、
「いい季節になりましたね」と返ってくる。

 手の届くように八ケ岳があり、北岳、甲斐駒ケ岳など南アルプス、
そして遠くに富士山がくっきりと見えた。

 水も空気もうまい。小川で雪解け水が激しく流れていた。

 芽吹きのとき。

 そうだ。石田先生の令孫のお名前にも「芽」という文字が入っていた。
 重ね重ねおめでたい。

 これは杯の数が増えそうだ。
| 次へ