CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年03月 | Main | 2007年05月»
<< 2007年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日露戦争と捕虜 (25) [2007年04月30日(Mon)]



 聖人に列せられたニコライ神父





 ロシア正教会アレクセイ総主教に、刊行したニコライ神父の日記を献呈する笹川陽平現日本財団会長。2004年9月、モスクワのクレムリン構内にあるウィスペンスキー大寺院で。













ロシア正教徒の苦衷
 
  ロシア人捕虜たちには、遠く本国から、また、日本各地からさまざまな慰問品が寄せられた。中でも、聖像21,922、十字架70,792、祭壇3の各個は、修道司祭(宣教師)ニコライ(俗名:イワン・ドミトリエヴィチ・カサートキン、1836〜1912)を中心とする、日本のロシア正教(日本ハリスト教会)の信者たちが贈られたものだ。

  開戦当時68歳のニコライは駐日ロシア公使ロマン・ローゼン男爵(1847〜1922)からの強い帰国要請をも断り、ただ一人のロシア人として、日露戦争下の日本に残った。

  ローゼンは帰国後、駐米公使となり、ポーツマスではセルゲイ・ウィッテ(1849〜1915、元蔵相。日露戦争に反対して左遷)とともに全権(副使)として小村寿(じゅ)太郎(1955〜1911、外相)、高平小五郎(1854〜1926、駐米公使)両全権と対座し、対日講和交渉にあたった。 
                 
  しかし、残留したニコライと、彼を師と仰ぐ「信者たちは苦しみに遭った。日本政府は日本正教徒を糾弾する方針はとらなかったが、周囲の日本人は、かれらを裏切り者扱いする態度であった」(中村健之助『宣教師ニコライの日記』)。

  反露機運が横溢(おういつ)する中で、ニコライ自身は聖堂から外に出ることはできなかったが、正教徒たちは懸命に捕虜を支援した。

  1898年の内務省による調査では、当時、日本のキリスト教徒はカトリックが最大で53,924名、ついでロシア正教徒25,231名、組合教会(プロテスタント)以下がそれに次いでいた。ロシア正教徒の相対的な勢力や影響力は今よりはるかに大きかったといえよう。

  ニコライは1861年、25歳の時、ロシア正教最初の宣教師として来日し、日露戦争までに3万人近い信者を獲得していたのである。

  この間、72年にはキリスト教禁制の高札撤去を前に、東京・神田駿河台(するがだい)(現・JR御茶ノ水駅聖(ひじり)橋口、日立製作所本社前)に神学校などを開設、91年には東京復活大聖堂(ニコライ堂)を建立した。

  ニコライ堂は、現在、国の重要文化財であるが、長らく東京の代表的名所、シンボル的存在であったし、流行歌の一節にもなった。ニコライは日露戦争中、この大聖堂にこもり、自ら育てた聖職者と信者たちを指揮して、ロシア人捕虜への慰問活動に献身した。

  日露戦争中のニコライの日記には、日本各地でロシア聖教徒が迫害されているということが詳述されている。ニコライには全国の教会や信徒から苦渋に満ちた報告や手紙が次々と寄せられていたのであった。

  ニコライは死後、亜聖徒に叙せられた。50年にも及ぶ日本滞在中に日記をつけていたが、最初の10年分は関東大震災の時に消失してしまった。北海道大学の中村健之介教授の尽力でその後他の部分がサンクトペテルブルクに保存されていることが判明し、このほど、残った約40年分(全5巻4、171頁)がロシア語で刊行された。

  日本財団(笹川陽平会長)の記念すべき文化事業の1つになった。

  2004年9月6日、モスクワのクレムリン内にある壮麗なウスペンスキー寺院で全巻がアレクセイ総主教に献本された。

  この模様はNHKテレビで全国放送されたのでご存知の向きもあろうが、縁あって私もこの席に連なり、荘厳な聖歌の続く中で、日ロ両国の友好と相互理解の推進に努力された先人の遺徳を偲ぶことができた。
ゴールデンウィーク [2007年04月30日(Mon)]













 一昨日は都内は夕方、一天にわかにかきくもり・・・であったがその後、全国的に絶好の行楽日和となった。私もまた、小欄でおなじみの石田良介画伯のご厚意で、山梨県下で過ごしている。

 同画伯の専門は剪画。カッターナイフ1本で、大小さまざま無限の世界を創造する。森繁久弥の朗読と石田画伯の剪画で、「霜夜狸」のDBVDが先月発売されたばかり。好評発売中。

 きょうは、河口湖をスケッチした同画伯の近作をご紹介して、以前行ったときを思い出すのもよし、またヴァーチャルな体験をするのもよしとしよう。


 
「背比べ」考 [2007年04月30日(Mon)]












「背くらべ」の「やっと羽織の紐の丈」について私には意味が解らないと書いたところ、多くの方からコメントを頂戴しました。感謝します。

 その中では、「伸びたとはいえ、兄も大きくなっているので、やっと兄の羽織の紐の位置になった」という解釈が一番適切なように思えてきました。

 でも、結局、結論はわからないのではないでしょうか。私は50年以上悩んだんですから、もう少し考えさせてください。

「やっと羽織の紐の丈」という歌詞は、それにしても解りにくいじゃありませんか。

 下記は、翻訳家の朝倉恵里子さんからのメールです。御参照ください。


 ☆―――――― ・・・ ☆―――――― ・・・


 羽織の紐の丈、先日、テレビで偶然に海野厚について観たところでしたので、私としては、二年間で伸びた身長が羽織の紐の長さというふうに風に理解したのですが、どうやら、別の解釈もあるみたいです。吹浦先生はどちらをおとりになりますか。

海野厚について。弟との関係、弟のインタビューなど。
  ↓
http://www32.ocn.ne.jp/~ginzanokaze/Nao/unno.htm

羽織の紐の丈の解釈(めだかの学校の次にあります)
  ↓
http://www.ne.jp/asahi/sayuri/home/doyobook/doyostudy.htm

季節の変わり目 C [2007年04月30日(Mon)]

 君 手抜きブログといふなかれ
 これでもあまたなる写真から選びしものよ

 君 此花の美しさをしり給へしか
 君を除けば世界一麗はしからざらんや 






















    写真はいずれも4月22日、ひたち海浜公園にて。吹浦撮影
季節の変わり目 B [2007年04月30日(Mon)]





















 4月22日、今度はひたち海浜公園に行く機会がありました。

 場所は、水戸市のすぐ北、1972年までは米軍の水戸射爆場のあったところが、国営の公園に変わったのです。

 東京近郊でしたらどんなに混んでいたかと言うところですが、そこは・・・。海も見え、花はふんだんにあるところです。

 チューリップのさまざまな種類を見ることが出来ます。黒部(富山県)とは数において比較になりませんが、それはそれで、なかなか風情のあるものでした。

季節の変わり目 A [2007年04月29日(Sun)]


 これは同じく宇都宮大学の構内とその周辺で4月14日に撮影しました。

















季節の変わり目 [2007年04月29日(Sun)]


 紅梅の候、桜花爛漫の候、新緑の候、若葉の候・・・季節の挨拶の言葉がドンドン変わっていく。そしてまもなく「風薫る五月」、薫風の候となる。

 以下の4枚は4月14日、宇都宮大学の構内で撮影したもの。季節の変わり目です。




















僕の恋人は男? [2007年04月29日(Sun)]




 河口湖畔の久保田一竹美術館前で、2006年11月撮影。





春を愛する人は 心清き人
  スミレの花のような 僕のともだち

夏を愛する人は 心強き人
  岩を砕く波のような 僕の父親

秋を愛する人は 心深き人
  愛を語るハイネのような 僕の恋人

冬を愛する人は 心広き人
  根雪を溶かす大地のような 僕の母親


 荒木とよひさ作詞作曲のこの歌、1972年に発表され、芹洋子さんや島田祐子さんの歌声で、たちまちにして広まった。

 私はこの3番の歌詞の意味がずうっと解らなかった。

 ハイネはいうまでもなく男性です。「僕」も男なのにどうして、その恋人が男なのか。

 当時は純真だったから(?)理解できなかったのではありません。もう、お解かりですよね。

 いや、ホモの話ではありませんよ。念のため。

 詳しくは、拙著『歌い継ぐ日本の心―愛唱歌とっておきの話』(海竜社)をご参照ください。
 
「背くらべ」の不思議 [2007年04月29日(Sun)]




     品川区御殿山のさるお邸のこいのぼり。4月29日撮影。





♪♪〜〜♪〜〜♪♪♪〜〜♪♪〜♪♪〜〜♪〜〜♪♪♪

    柱のきずは おととしの 五月五日の 背比べ
      ちまき食べ食べ 兄さんが 測ってくれた背の丈
        きのう比べりゃ 何のこと やっと羽織の 紐の丈 

♪♪〜〜♪〜〜♪♪♪〜〜♪♪〜♪♪〜〜♪〜〜♪♪♪


  この季節になると毎年聞かされる歌。私は小学生のときに教わって以来、
今日まで、歌詞の意味を正確に理解できないでいる。

  2年間で、身長がものすごく伸びたことを歌っているくらいのことは、愚鈍な私にも解る。

  しかし、では、2年前は今日の羽織の紐の位置までの高さしかなかったのか。

  それとも、羽織を結ぶあのせいぜい2本で30センチかそこらの長さだったのか。そんなことはあるまい。

  前者にしたところで、まさか2年間で上半身分も成長するとは思えない。

 「やっと着物の帯の丈」というならまだ解る。

  懸命なる読者の皆様、半世紀以上悩み続けてきたこのあわれなる老人の蒙を晴らしてほしい。
さあ、散歩に行こう! [2007年04月29日(Sun)]




 挿画「風薫る」は、石田良介画伯のご厚意で掲載させていただいております。禁無断転載。





   昨日の関東は、「一天にわかにかき曇り」の大嵐。私は、六本木ヒルズの52階でお茶をしながら「堪能」した。何しろここは東京タワーの最上級展望室よりも高いくらいの場所。雷がしきりに落ちるのが真正面に見えた。

   お気の毒に釣り客が一人、亡くなったとのこと。堪能ばかりしていられなかったと、反省。

   何をしに六本木ヒルズへ? ちょっと企画していることがあって会場の下見にゆき、ついでに森美術館での、「日本の笑い」展を見たのだった。結局、大嵐で何かこの中で時間を潰そうと考え、映画「ツォツィ」を見た。話の筋がわかっているけど最後まで興味津々と言うのは出演者、演出、南アという場所、格差・・・いろいろな複合要素があってのことだろう。

  これもまた時間つぶしに見るような安易な映画ではない。お勧めしたい。

  午前中は、駒沢公園2周の「強歩」散歩。この季節最高ですね。ハナミズキがイッパイ。

  さて、いまからは品川区、目黒区、つまりご近所周りの散歩。少し汗をかきにいってきます。こいのぼりがいくつ見られるかな?


 
 
| 次へ