CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年04月 | Main | 2011年06月»
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
AKB48と赤十字 [2011年05月30日(Mon)]










 小欄にはめったにでない美女軍団、
いわずと知れた今をときめくAKB48。

 これが日本赤十字社発行の月刊広報紙「赤十字NEW」の
1面トップなのです。

 半月ほど前の全国紙の広告にも
私が真っ青になるようなイケメン男子と
わが美女仲間がぶったおれそうになる美女たちが
赤十字の作業着、もとい救援活動衣を着用し、
ご丁寧にも医師だ、看護師だという名札までつけ、
登場していました。

 まるで、赤十字に入るには「せめて私ぐらいの」
自称ハンサムボーイやわが仲間くらいの美女でなくては
いけないといった感じの広告でした。

 浄財でやっている団体ちして、
高い広告料を払って、どういうことでしょうね。

 これでは私以外はボランティアにはなれませんね、ハイ。

 こういう救護班ならすぐに来てほしい、とは思ってみても、
実際には、
日赤は義捐金やこのたびの寄付で、
ほとんどそれに見合う、
または国民が期待している規模と迅速性ある
救援活動はしていないのです。

ちなみに、NGOが広告を出す場合でも、
「社内報」に掲載する場合でも、
活動の写真は全部、ホンモノの要員が
ヤラセではない写真で広報しています。

 カネがないこともあろうが、「真実」をPR
したいからです。

 以前はもっとひどかったことがありました。
NHKと日赤が組んで毎年行う、
「海外助け合い」募金、映像は
私どもの難民を助ける会その他
日赤以外のNGOのものを流して、
募金は全額日赤に行くシステムでした。

 これってまるで○○じゃないですか。

 今回の場合、少なくとも、
ジュネーブ条約で保護されている
赤十字のマークを着用しては
重大な疑念ないし、差し控える、
いけないのではないでしょうか。


市議、国会議員の歳費と定数 [2011年05月30日(Mon)]










 昨日の茨城県水戸市長選挙で
自民党推薦候補が4人中、次点候補に
ダブルスコアのような差をつけて、快勝しました。

同県選出の藤田幸久参議院議員は
難民を助ける会結成以来の仲間であり、
社会福祉法人さぽうと21の役員にも
なってもらっています。

また、水戸市とその周辺選出の
福島伸享衆議院議員は数年前、
私の部下でした。

ともに民主党所属ですから、
二人は大変なショックかも知れませんが、
現下の状況にあって
民主党のこの体たらくと
菅さんの無能ぶりからして、
水戸市民ははっきりと態度を
表明したということでしょう。

 北陸のある市でも、
またも選挙になりました。

選挙期間中かもしれませんので、
詳しく書けないのが残念です。

 前回の県議選で
対抗馬として出馬した女性(落選)が
この市の市議だったので、
当然、空席が一つできており、
それだけでは補欠選挙にならないのに、
現職の市議が(民主党)
あろうことか酔っ払い運転で
ひき逃げをやり、二人目の欠員が
出たのです。

 任期はあと1年9ヶ月あり、
選挙法上、やむを得ぬ仕儀と
なったのです。

 人選がなかなか進まないのと、
市議になっても食って行けない、
という事情もあります。

 数年前、講演に行った長野県のある市の場合、
市議の歳費は額面23万円、
手取り17万円と聞きました。

これでは、政務に専念出来るわけがありません。

その結果、市会議員の平均年齢が、
どんどん高くなってしまったというのです。

「湖畔の宿」「赤城の子守唄」「清水の次郎長」
「リンゴ追分」・・・いっしょにカラオケに行って、
みなさんの歌う歌の古さにこの老生が驚き、
ついてゆけませんでした。

年金と市議の歳費でようやく暮らせるというのは、
いかがなものでしょう。

「議員歳費を削れの大合唱ですが、
市議になったものとて家族があり、
生活が出来なくては市民のために働け
というのは無理でしょう?

だから、若い人が育たないのです。だから私は、
議員歳費を削るのは反対なんです」と
今度の選挙にも精通している
地元の有力者は言ってます。

私は
「市議の歳費を上げて、
市議の数を減らせ」という考え方です。

東京の区議会なぞ、3分の1でいいのではないでしょうか。
15人で十分でしょう。

もちろん、国会議員の数においておや。

一院制でも十分だし、
少なくとも参議院は100人で十分。

アメリカの乗員の倍以上というのは、
政治家自らの無能を表徴しているようなものです。

国会議員一人当たりの税金負担については
気分が悪くなるのでここでは触れません。

いかがでしょう?
| 次へ