CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年04月 | Main | 2011年06月»
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日本がクック諸島を国家承認 [2011年05月08日(Sun)]





        クック諸島の国旗





クック諸島はニュージーランドの北東
約3,000キロメートル、
フィジーと仏領タヒチの
中間に位置する島嶼国。

面積は15の島を全部合わせても
237平方キロメートル、鹿児島県徳之島と
ほぼ同じ、北方領土の色丹島の半分程度であるが、
広大なEEZ(排他的経済水域)を保持している。

人口は22,600人(2009年、
クック諸島統計局発表)。

首都はラロトンガ島のアバルア。

 このクック諸島を日本は、
2011年3月25日、国家として承認し、
在ニュージーランド大使館がこの国を
兼轄している。

これによって日本は
192の国連加盟国以外に
バチカン、コソヴォ、クック諸島の
3カ国を承認し、
国連加盟国中、
北朝鮮を承認していないことになる。

クック諸島は、今秋の国連総会で
正式な加盟国となる可能性が高い。

国旗は1979年に制定されもので、
元英国の植民地であったことを
デザインが明確に示している。

すなわち、カントン(左上部)に
ユニオン・ジャック(フラッグ)を置く
ブルー・エンサインといわれる旗に
15個の星の輪を配したもの。

星はクック諸島を構成する15の島、
青地は太平洋を表す。

 国旗自体がブルーエンサインに
南十字星というNZ国旗に似ている。

クック諸島はユネスコはじめ
いくつかの国際機関では
正式な加盟国となっているが、
国防、財政面や貿易、経済協力等で
ニュージーランドへの依存度が高い。

 1773年頃、英国の探検家クックによって
探検されたことからこの名がある。

早くも、1973年のNZとの首相間
交換公文により、
NZとの「自由連合」が終了したことが
確認され、
2001年の「共同宣言」で、
クック諸島が主権を持った独立国として
諸外国との外交関係を樹立することが
表明された。

その後も、いくたびかの政局の変動を
繰り返したが、2010年11月に実施された
総選挙で、それまで野党だった
クック諸島党が勝利し、プナ党首が首相に就任した。

以上、クック諸島の状況と国旗について
概述した。
北方領土訪問に船がない?! [2011年05月08日(Sun)]




  択捉島紗那行政府前で。挿画は、
石田良介画伯の特段のご厚意により
掲載しているものです。禁無断転載。






  (このブログは、前回の「日本には船がない?!」と同じ内容です)



 

 
 北方領土との「ビザなし」交流で
使用する船舶がない?!

 従来の
「ロサルゴサ(はまなす)」号(480t)から
変更を余儀なくされることになった。

同号を所有する藤田商店(根室市)の
関連企業が、北海道斜里町で
税金を滞納したため差し押さえられ、
13日の今年度第1回目の訪問団に
使用できなくなった。

 主催する独立行政法人北方領土問題対策協会は
国家的事業であることから斜里町に
使用許可を求めてきたが、
4島側との調整の時間切れとなったため、
北海道の漁業取締船「北王丸」(499t)を
借用することになった。

 これにより、構造上の違いから
訪問団人数をこれまでの65人から48人に
減らさざるをえなくなった。

 ところで、この訪問団が使用する船、
1993年から始まった当初の
「コーラルホワイト(白珊瑚)」号以来、
ロシア人に見せても、
決して、海洋国家日本の客を運ぶ船とは
思えないシロモノだった。

 船としての居住性のみか安全性さえ、
しばしば指摘されてきた。

 このため、私たちは5年前、
「ビザなし交流」専用船の建造を
政策提言し、
これが実を結んで、昨年度の予算で
建造がはじまり、秋には進水式、
命名式となり、2012年度の交流には
約1,000tの新造船が
使用できることになっている。

 いわば「ロサルゴサ」使用の最後の年度に
なるわけで、斜里町の特段の配慮が望まれる。

 チャーター料を稼いでもらって、
納税してもらうという方向での
解決が期待される。

 ちなみに私は第1回の訪問以来、
18年間、「4島交流推進全国会議」の
委員や副会長の任にあり、今年度からは
ユーラシア21研究所の
吉岡明子常務理事に後継者になってもらっている。
日本には船がない?! [2011年05月08日(Sun)]





  択捉島紗那行政府前で。挿画は、
石田良介画伯の特段のご厚意により
掲載しているものです。禁無断転載。






 日本には船がない?!

 北方領土との「ビザなし」交流で
使用する船舶が従来の
「ロサルゴサ(はまなす)」号(480t)から
変更を余儀なくされることになった。

同号を所有する藤田商店(根室市)の
関連企業が、北海道斜里町で
税金を滞納したため差し押さえられ、
13日の今年度第1回目の訪問団に
使用できなくなった。

 主催する独立行政法人北方領土問題対策協会は
国家的事業であることから斜里町に
使用許可を求めてきたが、
4島側との調整の時間切れとなったため、
北海道の漁業取締船「北王丸」(499t)を
借用することになった。

 これにより、構造上の違いから
訪問団人数をこれまでの65人から48人に
減らさざるをえなくなった。

 ところで、この訪問団が使用する船、
1993年から始まった当初の
「コーラルホワイト」号以来、
ロシア人に見せても、
決して、海洋国家日本の客を運ぶ船とは
思えないシロモノだった。

 船としての居住性のみか安全性さえ、
しばしば指摘されてきた。

 このため、私たちは5年前、
「ビザなし交流」専用船の建造を
政策提言し、
これが実を結んで、昨年度の予算で
建造がはじまり、秋には進水式、
命名式となり、2012年度の交流には
約1,000tの新造船が
使用できることになっている。

 いわば「ロサルゴサ」使用の最後の年度に
なるわけで、斜里町の特段の配慮が望まれる。

 チャーター料を稼いでもらって、
納税してもらうという方向での
解決が期待される。

 ちなみに私は第1回の訪問以来、
18年間、「4島交流推進全国会議」の
委員や副会長の任にあり、今年度からは
ユーラシア21研究所の
吉岡明子常務理事に後継者になってもらっている。
土筆(つくし)の話A [2011年05月08日(Sun)]











  昨日、土筆(つくし)のことを書いたところ、
近くに住む親しい奥様が調理して
届けてくださったのです。

「わたしたち外国暮らしがながいでしょ。
でも、というか、だからこそでしょうか、
こういう古来、日本人が食べてきた季節のものが
大好きなんです」。

 酒の肴にはいいですよ。ワインにもあいますね。

 実は、半分以上つまんでから、そうだ、あの中学生たちも
ブログを読むと言ってたから、写真でだそうと
遅ればせながら思いついたのがこの写真です。

 あしからず。

 
| 次へ