CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年04月 | Main | 2011年06月»
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
土筆(つくし)を知らない子供たち [2011年05月07日(Sat)]




  5月2日、山梨県北杜市大泉町で撮影。







駒沢公園のベンチでカメラをいじっていると
中学1年生くらいの子供たちが集まってきた。

画面にこの写真が出ると
とたんに怪訝な顔。

「つくしだよ、ツ・ク・シ」

中学生と思しき男の子が訊いてきた。

「食べられるの?」

「そうだよ」

「オジサン食べたことある?」

「あるよ」

「どうやって? ゆでてマヨネーズ?」

「そうじゃなかったな。昔から日本人は食べてたよ」

「じゃ、おしょうゆだよね、きっと」

「うん、そう思う。漢字でどう書くか知ってる」

「?」

「土筆」(と地面に書く)

「<どひつ>じゃん」

「地面から筆のように生えて来るから
こんな字をあてたんじゃないのかな、昔の人が」

「弘法大師かな?」

「? どうして?」

「うちのおじいちゃんが、昔のことはほとんどが
弘法大師が発明したっていってたもん」

「ふ〜ん、土筆って見たことある?」
「ない」「図鑑で見た」・・・

「大きくなったらなにになる?」

「ボクはロケット工学というのを勉強する」

「違う違う、土筆のことだよ」

「蕗かな?」

「それはフキノトウ」

「じゃ。杉の木?」

「なるほどまっすぐだもんね。でも違う」

「?」

「パソコンで土筆って入れて見てごらん」

「面白いおじさんだね」

「またね」

久々に素直でいい子供たちに出逢ったのだった。

「街のおじさん」って、子供たちにこんな対応で
いいのかな?



[注]
スギナについて派生するので「付く子」、茎の途中のハカマが継ぎ足しているかのように見えるので、「継く子」となった有力なせつがある。土筆の字は形状によるこのと思われる。
この花な〜んだ [2011年05月07日(Sat)]









実はよく見るんですが、花を見たのは初めてでした。

山梨県下で、ふと入った喫茶店で咲いていました。

オーナーが「ほら、喫茶店にはつきものの○○の花ですよ」
と教えてくれました。

さて、何の花でしょう?
新緑 [2011年05月07日(Sat)]


 










































山梨県北杜市で5月2日撮影。
三浦半島で [2011年05月07日(Sat)]


















 小欄の読者の方が
ご一家で三浦半島を訪ねたとのことで、
季節を表すきれいな写真を2葉おおくりくださいました。

「連日のブログの花の写真につられました」
とありますが、
テントウムシが最高ですよね。

腕前の良さに敬服です。

ありがとうございます。
赤十字テーマにTVに出ます [2011年05月07日(Sat)]































 私が赤十字をテーマにしたテレビ番組に
出演します。ご覧ください。

 5月12日(木)
23:17から24:17まで
大阪の朝日放送をキー局に、
後で書くように、
主に西日本でオンエアされるものです。

番組名は「ビーバップ! ハイヒール」,
「関西風」「吉本流」「民放風」の
「夜の教養番組」です。

ビーバップは、Be-Bop,
ま、眼をさませ、くらいの意味と
受け取ってほしいと、ディレクター氏。

この番組はこれまで291回も放映され、
常に11〜15%もの視聴率だそうです。

一昨年は春と秋に、私が
「かしこブレーン」という、
メインゲストのような形で出演しましたが、
その時の視聴率は、13.6%と
14.0%だったそうですから、
「ありがとうございました」という
ことのようです。

で、今回のテーマは時節柄?「赤十字」。

 5月4日、大阪で収録してきました。

 今、私に赤十字についてホンネを語らせたら
大変なことに・・・と自分でも心配しながら、
「坊主(今の日赤としう組織)」憎けりゃ、
「袈裟」までとはならず、
まずは、
『赤十字とアンリ・デュナン』(中公新書)の
著者らしく、そして昨年は、宝塚公演の
「アンリ・デュナン」のプログラムに
解説を書いた人らしく、
きれいに世界と、日本の赤十字の誕生につき、
デュナンと佐野常民を伝記風に、
映像化しました。

担当の松本さんの尽力で、在阪外国人俳優を
かなりの数参加させて、19世紀中葉の
ソルフェリーの戦いや
赤十字のはじまりというべき、
ジュネーブの「5人委員会」などの場面を
演劇で再現しています。

日本の赤十字社が西南戦争の時、
博愛社の名前で誕生した時のことも同じです。

佐野常民、大給恒(おぎゅうゆずる)の
協力で出来たのですが、大給までは
描けなかったのは少々残念です。

作家の筒井康隆、漫画家の江川達也のおふたりが
「カシコ」として毎回出演し、
私は「カシコブレーン」という役割で、
いろいろお答えしたり、コメントしたり
させていただきました。

現在の日赤についても、病院、看護師養成、
そして血液事業については
大いに評価しましたが、
緊急救援については、収録日までに
1588億円もの義援金を寄せられていながら
医療班(合計約6000人。1日200人以下)を
派遣し、今、ようやく仮設住宅に
電気製品を配るくらいの活動しかせず、
あとは「配分委員会」に送金するだけという
組織だと明言しました。

要するに、有給職員6万人、奉仕団員600万人も
要るそうですが、1600億円も集めて、
何をしているのかということです。

自分の出身が赤十字であることからして、
また、特段に親しい畏友・近衞忠W氏が
社長であるからして、
親兄弟に唾する気持で、小欄でもこの番組でも
「諫言」ともいうべき、
「愛の鞭」ともいうべき発言を
してきました。

もっとも、番組の編集過程でどこまで
オンエアされるかは、
時間の関係もあり分かりませんが、
小欄の読者の方々には、
震災発生4日目から、日赤の活動を
心配してきたことは、ご理解いただけるかと
思います。

この番組は
視聴率からして4、500万人が
ご覧くださるようですが、
赤十字の理想と現実について、
幻想と神話に大勢順応していては
いけない、もっと自覚的市民になろうと
思う方が少しでも出てきてくださればと
願う次第です。

この番組、ハイヒール(リンゴと桃子)と
吉本興業の若いタレントさんによる、
「大阪丸出し」の強烈な番組のせいか、
東京では見ることができませんので、
ご覧になりたい方には、
いずれ頂戴するであろうDVDを
先着10名様に差し上げようと思います。

   =============

<第292回「ビーバップ! ハイヒール」オンエアの日時>
関西・四国・福井付近までは
  5月12日(木)  23:17〜24:17

そのほかの地域では1〜3週間遅れで、
以下の予定で放映されます。

宮城(東日本放送)  火  24:56
山形(山形テレビ)   土  12:00
愛知(名古屋テレビ) 木  24:20(岐阜、三重も)
岡山(瀬戸内海放送) 木  24:20(香川も)
高知(高知放送)   日   25:29
熊本(熊本朝日放送)水   25:30
沖縄(琉球朝日放送)土   10:00  
  





NHKの昭和前期研究番組 [2011年05月07日(Sat)]



          

      挿画は、石田良介画伯の特段のご厚意により
     掲載しているものです。禁無断転載。






以前、番組づくりに協力した関係から親しい
NHKのディレクターI氏からのメールです。

「震災も、津波も、原発事故とも、
全く無縁の下記番組を作りました」
というメお知らせです。

    ●○●○●○●○●○●○●

「さかのぼり日本史」
昭和 とめられなかった戦争

第1回 敗戦への道
   5月 3日(火)22:00〜22:24(教育テレビ)

第2回 日米開戦 決断と記憶
   5月10日(火)22:00〜22:24(教育テレビ)

第3回 日中戦争 長期化の誤算
 5月17日(火)22:00〜22:24(教育テレビ)

第4回 満州事変 暴走の原点
   5月24日(火)22:00〜22:24(教育テレビ)

http://www.nhk.or.jp/sakanobori/

全4回のシリーズです。

『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』の
加藤陽子さんが、激動の昭和を語ります。

意外と、
震災や津波や原発事故とシンクロする部分も
あるような気もします。

ご覧頂き、忌憚のないご意見、
ご感想を伺えれば幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

===============

 1回目は終わりましたが、
再放送もありそうな番組です。

 それにしても、「ふがいない政治家たち」
「大本営(官房長官と保安院)発表」
「頼りになるのは軍(自衛隊)」「頑張ろう、日本!」
そんな印象や連想をするのは私だけでしょうか。

 いや、違う。NGOという「民」の力が集中している、
メディアも(東京電力のCMや広告で
お世話になってきた分は差し引くとしても)、
往時とは全く違う報道である、
そして、「民」そのものの「市民」としての自覚が
確立されつつある・・・

う〜ん、どうなのかな?

番組を見てそんなことを考えましょうね。
| 次へ