CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年03月 | Main | 2007年05月»
<< 2007年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日露戦争と捕虜 Q [2007年04月04日(Wed)]




 今朝、沖縄の宮古島で最高気温が20度と予報が出され、タクシーの運転手が「久々の大寒波だ」と笑っていましたが、東京も寒いですね。風邪など召されませぬように。
「早春賦」。挿画は、石田良介画伯のご厚意で掲載させていただいております。禁無断転載。





  日露戦争の時のロシア人捕虜についてつづける。

トラブル     
 人種の相違に基づく争いやつまらぬことから喧嘩沙汰になるようなことは各収容所であった。兵卒ばかりの浜寺では大小の喧嘩沙汰が日常茶飯事のように起こっていた。

 浜寺の収容所は最大だったのみならず、「露西亜(ロシア)、猶太(ユダヤ)、韃靼(タタール)、波蘭(ポーランド)、独逸(ドイツ)等の異人種よりなる」大集団であった。これらは松山や姫路など大きな収容所では同様で、いずれも対立抗争し、福知山では「犬猿ただならぬ間柄であれば、ややもすれば喧嘩闘争をなし、その甚しきものを福知山騒動となす」(小原正恒『回想録』、小原については後述)というほどであった。

 豊橋では帰国を目前にした1905年10月28日、豊橋俘虜収容所の管轄内にある高師原収容所で、捕虜の伍長が兵卒に筆記の邪魔になるから退けと言ったことから喧嘩になり、旅順での戦傷のため不覚を取った伍長が鉄棒を持ってきて突然兵卒を殴り、脳膜炎で11月4日死亡するという事件が起こった。
 
 捕虜と収容所側との処遇や言動をめぐるトラブルも各地で見られた。特に緊張したのはこの直後の11月13日、同じ収容所側の伍長の前で捕虜のバンコーフという兵がズック靴の質を問題にしてこれを叩きつけたことから始まった投石事件である。伍長は軍曹2名通訳を連れて引き返し、この捕虜を取り押さえたが、これを見た百名程度の捕虜が事務所を襲い、その兵卒を取り戻して喚声を挙げた。

 通報を受けた豊橋収容所本部では関口中尉以下1箇中退を急派、この間、現場では居合わせた憲兵や衛兵が抜刀・着剣して武威を示して収拾した。

 しかし、衛兵の一人が瓦石(かわらいし)の為め右後頭部に長さ1寸1分、深さ骨に達する裂傷(全治2週間)を負うという大怪我をした。その上、最初に騒ぎを起こしたバンコーフは混乱に乗じて遁走、翌朝、トイレに隠れているところをようやく発見される付録まで付いた。

  また、これよりさき、4月7日、佐倉の収容所では、捕虜に炊事を命じたところ、「露西亜の祭日なれば御免蒙りたし」と辞退し、衛兵が「そは左もあらんなれど今日捕虜の身にありながら身勝手な事を言ひ我命令に服せぬつもりか」と迫ると、多数の捕虜が押しかけ、抵抗しそうになったので、「衛兵は止むを得ず抜剣して其内の乱暴者3名に微傷を負はせ」た。これによって、「彼等は俄に恐入り遂に炊事に取りかヽ」ったということがあった。(千葉毎日新聞、同年4月16日付)

 浜寺では事故もあった。7月15日には、点燈前の無聊を慰めようと、裸体になって降雨の中に立ち出で、奇異な声を張り上げて躍り狂ったり、あるいは蚊帳の中で静かにしていたり、長卓を囲んで談話していた者、さらに、ショベルを持って廠舎内の雨水を汲み出す者などがいたが、そこに突然の落雷。海軍一等帰還兵G.エーチコップなど4人が即死するという痛ましい事故があった。

 久留米では、同年11月26日に捕虜の放火と見られる火事が発生し、バラック収容棟8棟、炊事場、物置などが焼失した。また、防火のため収容棟4棟を破壊した。福岡日日新聞に拠れば、損害は「二万四千八百円」。「数日前より俘虜の一部は待遇の不満を唱え居たれば、或は暴行を為すやも知れず」と事前に通訳から情報があり、警備を強化していたさなかであった。出火元は空き家となっていたバラックの軒。強風下のことで大きな火事になったようだ
最南端・最西端訪問記 [2007年04月04日(Wed)]
 


 日本最西端の与那国中学校に、4月2日、新しい教頭先生が転任してきた。先生は、与那国空港で、生徒や教職員に横断幕で出迎えられ、少し照れていたようにお見受けした。















 4泊5日の日程で、日本の有人最南端の島と最西端の島などに出かけてきました。今後、20回くらいにわけてその報告をすることになりそうです。

 まずは、日本の東西南北端を説明してからにしましょう。

 日本の北端は、北方領土は択捉島。北緯45度33分03秒。

 ところが、北海道稚内市宗谷岬には日本最北端の地という、なかなか美しいデザインの高さ4.53メートルの碑が建っています。北緯45度31分22秒です。

 10年余り前、当時の稚内市長に、
「これでは日本が北方領土を自国のものではないと言っているようなものではないですか」
と注意したところ、
「そういう注意をよく受けます。しかし、ウチにはこれしか売りがないものですから、勘弁してください」というのです。そこで、
「では、せめて日本が実効支配している最北端、と付け加えてください」
と重ねて申し上げました。

 人が住んでいない島でしたら、その宗谷岬の北北西にある弁天島というのが少し北に位置しますが、それでもカムイマッカ岬よりは南です。

 東の端は、東京都南鳥島。英語ではマーカス島といいます。詳しくは先日小欄で書きましたので、そちらをご覧ください。東経153度59分00秒に位置します。

 南端は、人が住んでいない島で言うなら、これまた先般書いた東京都沖の鳥島。北緯20度25分03秒です。この島についても先般、詳述しました。

 今回行ったのは、人が住んでいる最南端の島、波照間島、北緯24度02分25秒。そして最西端の与那国島、東経122度56分03秒です。

 それぞれに最西端や最南端の小学校や中学校がありました。  (つづく)
ラオスでの目の保養 A [2007年04月04日(Wed)]















 こういう花が、普通に道端で咲いているんです。ぜひ、ラオスをお訪ねください。
| 次へ