CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 日露関係・北方領土 | Main | 海外事情・国際関係»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
猪瀬さん、都知事を辞めたまえ [2013年05月01日(Wed)]

200px-Olympic_flag_svg.png

いまさら経過の説明を要しまい。

猪瀬さん、あなたは今回の失言を世界に詫びて、
即刻、東京都知事を辞すべきである。

あなたのジャーナリストとしての数々の業績を
私は多年支持してきたし、尊敬もしてきた。
しかし、心配していた通り、あまりに国際感覚がない。

今回の場合は、辞任を勧告するにこんな理由がある。

都民のレベルを世界にこの程度と思わせた責任、
日本の政治家のレベルをこの程度と思わせた責任、
次期オリンピック開催地を侮辱した責任、
IOCの倫理規定をないがしろにした無知と無恥・・・

速やかに職を辞さないと、
東京が次期開催地となってもイスラム諸国の理解を得ることは至難であり、
IOC委員全体の祝福を得ることは到底できない。

新しい知事はまるでイメージの違う、国際的に通用する人物でありたい。

それなら、たとえ東京が次期開催地に選ばれなくとも、
世界にバカにされる「程度」が削減される。

私は1964年の東京オリンピックに国旗担当専門職員として
組織委で働いた、当時の最年少職員である。
それだけに、2020年、私は馬齢を重ね傘寿に成っているが、
老骨に鞭打って協力しようと思っている。実際、札幌、長野の両五輪、
さらにはサッカーW杯の時も、
しかるべき立場で国旗の製作や使用に深くかかわってきた。

それだけにこの失言の酷さが憎い。
あとは、すみやかに辞任してくれてこそ、
「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」である。

日本は政治システムに欠陥があるのではないか [2012年11月15日(Thu)]


22-07-09_0855.jpg

野田さんが強気に出た。
しかし、バックアップが全然不足。
常任幹事会が解散に反対したまま解散とは、
見ようによっては独裁だ。

「民主主義が絶対にすばらしい政治システムだ」とおもうほど
ナイーブではないが、昨今の政治家は、民主政治は仲間づくりと
その結束の維持が何より大事なことをお忘れのようだ。
別に野合しろとはいわない。
しかし、結党の責任はおおきいものがあるはずだ。
それが日々、各党とも崩壊に向っている感を否めない。

民・自両党になかなかの人材がいるのに、
なにも政治が進まないという、これは日本の悲劇だ。
しかも、国民の政治への期待も低いし、参画意識も低調、
新聞は読まないし、政治を議論しない。

その結果、各政党とも、候補者難でとんでもない人たちが
公認されたり、都知事選に無所属で出たりする。

ここは一度、全党解散、
全員無所属で選挙をしたいと思うほどだが、
これは憲法が許さない。結社の自由は大事だが、
それぞれの結社には責任があるというものだ。
日本に尊敬される政治システムはできるのだろうか。
選挙制度をはじめ、国家のシステムを
大いに議論していいのではないだろうか。
熊と八との政局談義 [2012年09月30日(Sun)]
ishibashigeru.jpg


  
    12日、奈良の能楽堂で行われた北方領土返還要求奈良県民大会控室で、
    講師の吹浦忠正(右)と“前座”(本人の申し出口上)の石破茂総裁選候補者
    (自民党新幹事長)。



熊「おい、八、おまえウラジオストクに行ってたんだってな」

八「それがどうした?」

熊「土産はねえのか? 日本は大変だったんだぞ」

八「ああ、自民党の総裁選か?」

熊「うん、大逆転だったんだぞ」

八「だって、予想通りじゃないか」

熊「そういえばそうだが、それなりにはらはらしたよ」

八「?」

熊「間接的な次期総理選びじゃろが」

八「それは解る。でも、石原は非力で後ろに古賀、森、オヤジの“3老人”が控え、町村は人気ない上に選挙戦中に車椅子、とても戦える人じゃない。林はまずは衆院選挙で上がってこなくちゃ」

熊「八にしちゃ事態を理解しちょる」

八「ただ、元気になったとはいえ前回の安倍の辞め方にどれだけ国民ががっかりしたか・・・」

熊「そりゃほんとに病気だから仕方ないじゃないか」

八「健康も実力のうち。しっかり管理しなくちゃ」

熊「はいはい、よくお伝えしておきます。で、八先生、石破は?」

八「まずはスマイル、第二に経済に識見を、というところだな」

熊「政策以外の党務もしっかりこなさなくちゃね」

八「幹事長をどうこなすかだ」

熊「そのためには?」

八「内外の情報が集まるようにしなくちゃいかんね。それから」

熊「それから?」

八「人格識見ともに幅を広げることかな」

熊「これも、よくお伝えしような」

八「自民党内でも国会議員票で逆転されるくらいなんだから、党内にきめ細かく浸透しなくちゃね」

熊「名刺に一筆書いて配るとかか」

八「それもそうだが、ネアカになってほしいな」

熊「どうして党員票で勝てたのかな?」

八「まめに周っているよ、全国を。それと新鮮さ、さらには安倍もそうだけど、周辺諸国が国境付近で騒いでくれたことがこの二人を後押ししたね」

熊「確かにたしかに。で、民主党はどうなんだい?」

八「野田はそれなりに頑張ってはいるが、いかにも“政局が第一”を学びすぎている」

熊「12月にモスクワに行くんだろ?」

八「それだって年内解散を先延ばしする手段であることが見えみえじゃないか」

熊「プーチンになめられるし、足もとが見られてるね」

八「今のロシアには北方領土返す気はないと見て、“天の時”を待つしかないんだ」

熊「“天の時”?」

八「両国の政権の安定、盤石の日米関係、良好な米露関係、微妙な中露関係、順調な日本経済、原油価格の下落・・・」

熊「そんな旨いことってあるかね?」

八「ソ連崩壊からの10年近くがそうだったが、両国とも政権は弱かったね」

熊「だからまず、日本国内にしっかりとした政権基盤をつくる」

八「そしてその間に、さまざまなシミュレーションを行って、ロシアを説得できる材料を用意することだ」

熊「きょうの八はなかなか言うのう」

八「台風接近だが、平常心だからよ。ま、安倍・石破ペアに期待しようぜ」。
                      (文中・敬称略)
和田有一朗くん。、尖閣上陸、よくやってくれた [2012年08月20日(Mon)]


wada.jpg





昨日、尖閣諸島の魚釣島に上陸した5人のうちの一人が、同じ末次一郎門下の後輩・和田有一朗くん(47)。早稲田大学卒後、神戸市議を経て、兵庫県議(3期)。学生時代創設した「鵬志会」はいまや伝統の雄弁会をはるかにしのぐサークルとして活動している。

1995年1月17日の阪神淡路大震災の際には、これはもう朝日新聞の「天声人語」に出た話なので、内緒ではないのですが、OSCの大川功会長兼社長が、私を見込んで(?)10億円をポンと出してくれたとき、即刻、和田くんに連絡、彼は、バイクを駆って大活躍、見事に責任を果たしてくれました。

その後、政治家となり、同門の松原仁法務大臣ともども5月には私が主宰するユーラシア21研究所に来てくれ、6月には私が新神戸に訪ねて、いろいろ意見交換をしました。

きょうは早速、私から「よくやってくれました。私の周辺は大喜びです。大拍手!」と携帯メールをしたところ、即刻「すべての条件が運命的にそろい、誰かがやるべきことが出来ました。ありがとうございます」と返信が来ました。

国を憂い、主権を思う好漢は、地方議員であるより、永田町に迎えたいものです。神戸のみなさん、そう思いませんか?
松原国家公安委員長の靖国参拝に拍手 [2012年08月15日(Wed)]

matsubara.bmp



国務大臣・国家公安委員長も松原仁くんが、終戦記念日の15日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。民主党政権での閣僚の靖国参拝は初めて。

遅れて羽田雄一郎国土交通相も超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の一人として同じ午前中に参拝した。

同じ末次一郎門下生として全国の同志が松原くんを評価し、激励するメールを寄せて下さっている。

松原くんは学生時代から末次が主宰する政策研究集団新樹会のメンバーとして、末次事務所に出入りし、私も冷戦崩壊期のソ連・東欧を一緒に視察したこともある。クラシック音楽に精通していることには、早稲田出らしいいささか無骨な人柄に比して驚いたものだった。

先日もわがユーラシア21研究所での「一学会(末次一郎先生に学ぶ会)」に参加し、コンビニの弁当をついつきながら、同志や先輩・後輩と率直な意見交換をしていた。

末次先生が揮毫した「一処懸命」の四文字を今も、選挙ポスターや広報誌に必ず使っているのは、「初心忘するべからず」、立派な心がけである。大臣として担当している拉致問題への真剣な取り組みも話してくれたが、一国民としてさらなる努力を期待したい。

大臣になったからといってにわかに靖国神社に参拝したのではなく、15年ほど前から毎年、この日に参拝し続けているというのは、同門の15年先輩として、心から敬意を表したい。
輿石幹事長の暴論 [2012年08月09日(Thu)]
 

P8150769.JPG

永田町を離れると、今、日本はこんなに花も身もなる季節だというのに。
 おっと、ここは輿石幹事長の出身県だ。




産経新聞電子版によると、民主党の輿石東幹事長が9日の記者会見で、野田佳彦首相と谷垣禎一・自民党総裁、山口那津男・公明党代表による党首会談の合意に関し、9月の民主党代表選や自民党総裁選で党首が再選されなかった場合は無効になるとの認識を示したのだそうだ。

こういう感覚の人は信用できない。暴論というほかない。例えば、1945年2月のヤルタ会談、ルーズベルト、チャーチル、スターリンの三巨頭が話合って決めたこと、別に国会で批准したわけでもない。これは、3人がいなくなった今、無効なのか。

1993年10月の「東京宣言」、細川護煕首相とエリツィン大統領が政権を離れた瞬間に無意味になるのか。

それでは単なる野合ではないか。今回は、日本の2大政党と公明党の党首会談で一致した話ではないか。それは3人とも公党を代表してのことではないのか。

あまりに乱暴で、こういう人が政界の中心的な位置にいることは日本の恥であるというほかない。老害とだけいわれては、われら高齢者の立場がない。

民主党員にはこういう酷い、お粗末な幹事長に従順に従う人しかいないのか。
「国民の生活が第一」だって? [2012年07月15日(Sun)]
oyakotakano2.JPG



熊「小沢一郎がまたやったね」

八「さすがに支持率は低いね」

熊「10%だってね」

八「当然だろう。子どもの仲間割れだものね」

熊「党名が変わってるね」

八「新聞などは略して・・・」

熊「<生活>とするらしいよ」

八「でも、小沢に生活の匂いはしないね」

熊「まったく」

八「国民の生活が第一、といっても遊離してるね」

熊「ウソくさいよ」

八「<国会の政局が第一>だよね」

熊「もともとは<生活が第一>だったよね」

八「そう、それを、この新徒然草が揶揄して・・・」

熊「<政局が第一>といった時、
周りはずいぶん怒ってたね」

八「それで<国民の>と頭につけたけど」

熊「むしろ実態は<政局が第一>になった」

八「小沢って人は200人とか300人とかを
  率いることができない政治家だね」

熊「うん、せいゼい50人の」

八「軍隊で言うなら1小隊程度」

熊「鳩山由紀夫もまたまたうろうろだね」

八「落選中の生活の面倒までみた
文字通りの子飼いは鳩山にくっついてこれまた
うろうろするしかないね」

熊「ここは解散・総選挙しかないね」
休眠預金善用の笹川提案に拍手! [2012年02月09日(Thu)]









日本財団の笹川陽平会長が
2月6日の産経新聞正論欄に寄稿した
<「休眠預金」を社会的に活用せよ>を読んで、
「えっ!」と驚くとともに、
「私だけじゃないんだ」と
あらためて銀行口座で10万円を失った
私自身の失態を思い出しました。

 恥を忍んで申し上げましょう。

 まだ1970年代のことです。当時の
月給相当分のお金をS銀行に開いた新たな口座に
預金しました。

その後、急に海外に駐在することになって
そのまま放っておく結果になってしまったのです。

終生貧乏人のはずの私が、
なぜか帰国後それを思い出さず、
「ないものと思っていつか善用しよう」
と思いつつ、
1995年の阪神淡路大震災の際、
ふとしたことからあれを寄付しよう
と思い立って
S銀行A支店に行ったのですが、
もはやどうにもなりませんでした。

 長期間利用されないものは「休眠口座」と呼ばれ、
S銀行の雑収入か何かに
なってしまっていたのです。

しかし、世間には
私同様の粗忽者がほかにも大勢いるようで、
「笹川論文」によれば、その総額は
2002年まで認められていた仮名口座も含めると
優に100,000,000,000(1千億)円を超えると
推察されるそうです。

笹川会長は「これこそが新たな“埋蔵金”」である
と断じ、諸外国のように、
福祉事業支援などに幅広く活用できるよう、
わが国も早急に受け皿を整備するようにすべきです。

確かに放念していた私にも問題はあるでしょう。

その間に内外で転居し、
銀行への通知も怠っていましたから、
銀行からの通知も来ませんでした。

それにしても、まさか口座が
閉鎖されてしまうとは知りませんでした。

<わが国でも、NPO法人フローレンスの
駒崎弘樹代表が09年末、
いち早く国による休眠口座基金の設立を
提案した。11年1月には
衆院本会議で新党日本の田中康夫代表が
「休眠口座の預貯金を金融機関から
国に移譲できるよう法改正すべきだ」と質し、
菅直人前首相も「そうした活用はあってもいい」
「他党の皆さんにも検討していただきたい」と
答えてい>ます。
 これに対し、<金融界は
「本人の同意なく預貯金を金融機関の外部に
流出させるのは金融システムに対する
信頼を損なう」などとして
全国銀行協会など7団体連名で
反対意見書を提出している>のだそうです。

 これはあまりに酷いではないですか。
銀行に掠め取られた気分です。
金融界の不遜な態度の象徴です。

 銀行は数年前、公的資金を導入して、
いわば国民に助けられて生き延びたんじゃ
なかったでしょうか。
この不可解な「埋蔵金」こそ、

社会福祉や奨学金などにこそ
活用されるべきものであり、
金融機関の収益とするのはあまりにも
身勝手すぎませんか。

私自身の油断か不始末を棚にあげて
言うようですが、ならば、
そうした「収奪」をふだんから
徹底すべきではないでしょうか。

それよりも賢明な金融界の皆さんは、
その全容を発表されるほうが、
はるかに「荷」が軽いことをご存知なのでは
ないでしょうか。

「笹川提案」を、大きな輿論へと醸成し、
尊大な金融界への一撃としましょう。

これは「お国のため」であり、
私全体のための提案です。
富裕層の負担を増やすべし [2012年01月17日(Tue)]



           







国際派ジャーナリストのP氏から、
「素人の経済論議」と謙遜しつつ、
こんなメールが来ました。

私は正鵠を射ていると読みましたが、
みなさんはどうお考えですか?

  ☆★∴∵★☆∵∴☆★∴∵★☆

日本財団(グループ)の収入源である
競艇の売り上げが減っています。

調べてみると
競艇だけでなく競馬、競輪
パチンコなどが軒並み
売上が減っているようです。

日本の経済状況を俯瞰してみると
バブルの終焉が
やはり競艇、競馬、競輪などの売り上げ減少に
結びついている印象があります。

しかしバブル崩壊から
十年以上経っても売り上げ減少が続くのは
別の要因があるのではないか、と
思います。

●一般国民の懐が寒くなると
遊興費、趣味経費、文化関係費が真っ先先に減ると
言われます。

それでは一般国民が全体として
懐が寒くなった要因は何かと
考えていくと
@直接には
正規社員の割合が減少し、
収入の低い非正規や派遣労働者が増えていること。
その正規社員も給料が減少していること、
などが直ぐに目につきます。

A更に見ていくと
所得1000万円以下の世帯向けの
定率減税が廃止され
一世帯当たり年平均数万円の減収に、
また
配偶者控除が廃止され
これまで適用を受けていた世帯が
やはり年平均数万円減収になっていること
が判ります。

これだけで全国数千万世帯から
所得が政府に吸い上げられた、
つまり政府が税収として確保した、
となります。

 これで社会から何兆円もの資金が
政府に吸い上げられたことになります。

●それでは政府は何故、
巨額の負債を云々するのか?

@一方で富裕層への所得税率を
著しく引き下げてきています。

戦後は地方税、所得税を合わせ
最高で85%あった富裕層への税率が
バブル期の景気の良い時を
狙って引き下げられはじめ、
現在は40%程度だと思います。

また
相続税も引き下げられるなどしたことから、
現在、日本には資産数百億円以上の
富裕層がゴロゴロいると
言われます。

Aそれではこの富裕層は
国内で金を使って
景気に貢献しているかと考えると
国内で使う金はごくごく一部でしかなく、
相当の資金が海外に投資されている、と
金融専門家は指摘しています。

日本の富裕層による海外投資はリーマンショックで
数兆円の金が消えた、とも言われています。

これがバブル期以前のように
超富裕層を作らず、
貧富の格差を大きくしなかったら
国内でもっと使われ、資金が回って
今日まで景気が悪くならなかっただろう、
という専門家もいます。

●富裕層優遇税制だけでなく
法人税減税も徐々に進み、
バブルがはじけて景気停滞期にも
「国際競争力、、、」などの
経団連の主張に押されて

@法人税引き下げは続き
かつ
輸出還付金などの企業優遇策もあって
経団連加盟企業などの内部留保金は
250兆円に達している、
と言われます。

Aまた
派遣労働者、非正規雇用の従業員の所得が
減少しているのに、
逆に経団連参加企業の重役陣の報酬は
10年間で倍増し
こうした経営陣は富裕層の一角を
形成しています。

●こうして見ていくと
巨額の儲けがある産業界が
相変わらず「輸出環境、、、」とか
「国際競争力、、」と言って
非正規雇用や派遣労働を
拡大している事実を見ると
今や日本政府も
国民のための政府でなく、
「富裕層、大企業のための政府」に
なり下がった、と言われても
当然かも知れません。

@富裕層減税、法人税引き下げが
行われた翌年は
税収が数兆円規模で落ち込むなど、
見事な相関関係を見せています。

Aバブル期までの税制に戻せとは
言わないまでも
所得税への累進課税を改めて強化するとか
法人税引き下げは輸出企業でなく、
国内市場で活動する企業や
輸入企業に適用するとか
雇用を拡大した企業や
本社機能を地方都市、
小都市に置く企業にこそ
法人税の引き下げを実施する、など
課税政策を変えていくと
新しい経済効果が生まれ
かつ
政府負債は相当迅速に解消すると
経済の素人は推測してしまいます。

国内景気に貢献しない富裕層や
輸出大企業を優遇するのでなく
一般国民の懐を豊かにする税制に戻せば
景気も回復し
政府負債も解消する。
それによって
競艇、競輪、競馬、パチンコなどや
読書、音楽などの趣味、
旅行、娯楽経費を負担する国民が増え
日本財団などの収入源も回復するのではないか、と
夢想しています。
早稲田、東大、それとも [2012年01月13日(Fri)]












「娘が春から早大生」というおばさま(おじさま?)から、
小欄に
先生、今は早稲田にも、
おしゃれな「早稲田ラングドシャ(クッキー)」
とか、ゴディバばりのゴージャスな
「早稲田チョコレート」もありますよ。

でも、一番人気は一袋300円の
「早稲田の焼き甘栗」でしたか。

キャンパス内の学食のメニューもおしゃれでした。

私は娘とデミグラスソースのたっぷりかかった
オムライスと、
トッピングし放題のサラダブュッフエを戴いたのですが、
市価の半額以下の予算で満腹満足。

お土産よりも学食に惹かれ、学生を羨ましく思いました(笑)
学食も東大に負けてないんじゃないでしょうか?

  ✾  ✾  ✾  ✾  ✾

私からの居直った返信は
「何か東大に負けてるものが、ありますか?」
でした。

でも、それだけでは少々ずうずうしいと
「反省」し、書き足しました。

いやぁ、そりゃ、東大さんはご立派ですよ。
霞が関に行けばよくわかります。

しかし、今は「政治主導」の時代、
東大出身の総理って、宮沢? 鳩山? 菅?

早稲田が竹下、海部、小渕、森、福田、野田、
慶応が橋本、麻生、
成城が羽田、
明治が村山、
成蹊が安倍、
上智が細川・・・

日本の総理があまりに頻繁に変わりますので、
忘れたり、間違いたりしそうですが、
永田町では東大さんも大したことがないじゃないですか。

おっと、早稲田で心配なのは、
ほとんどの政権が短命なこと。

だからといって、野田政権に長くやってほしいとは、
正直あまり思いませんね。

そこがつらいところ。これでは外交、安全保障、
そして憲法には取り組めませんね。

以上、ご笑覧のほど。

| 次へ