CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 教育 | Main | 領土問題»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
沖縄と本土 [2011年03月10日(Thu)]










 米国務省のケビン・メア日本部長が
「沖縄の人はごまかしとゆすりの名人」
といった発言は
米側の本音ではないか確める必要がある。

 私は沖縄の島々には随分、行ったし、
友人も多く、
“沖縄病“感染者の一人といわれるくらい
沖縄が大好きだが、
確かに公共投資の充実は破格である。

「核抜き、本土並み」といわれるが、
本土でも「核抜き、沖縄並み」の公共投資が
ほしいというところが
いくらでもあるように思う。

例えば、橋の数、道路の利用数を
厳格に調査するなら、
公平に見てムダというほかないものが
たくさんある。

逆に、沖縄の人に言わせれば、
「核抜き、本土並み」の
米軍基地数や面積にしてほしい
ということになろうが、本土も沖縄も、
双方でもう少し歩み寄れる部分を
現実的に模索していいのではないか。

これで、米国務省きっての日本通が
更迭される結果だけでいいのだろうか。
NHK海外放送の弱さ [2011年03月01日(Tue)]













     ハチヤ島のアーメド判事と筆者(30歳)。1971年11月。








 後にバングラデシュの首相となった
ジアウル・ラーマンがパキスタンの圧制に抗して
独立を叫んで地価にもぐってから
この26日で万40年になるというので、
NHK海外放送のインタビューを受けました。

 私がまだ東パキスタンと呼ばれていた
かの地に立って、40年にもなるんですね。

 当時にことをいろいろ質問されましたが、
老生には忘れていることも多く、
申し訳ない次第でした。

 帰国後に読売新聞から出版した
『血と泥と―バングラデシュ独立の悲劇』に
基づいて、渡辺ディレクターがいろいろ質問を
してくれました。

 放送は短波放送でしか聴けませんが、
PCですと、3月26日から1週間、
聴けますよと言っておられました。

 それはともかく、日本の海外放送、
今はわずか18言語で週63時間程度
なのだそうです。

 国連公用語(英、仏、西、露、中、アラビア)のほか、
韓、タイ、ビルマ、インドネシア、ベンガル、
ヒンディー、ウルドゥ、ペルシャ、スワヒリ、そして
日本語で放送しているのだそうです。

 これとて、主要国から比べるとあまりに少なく、
マレー語は3年前に停止、トルコ語もなしという。

 ドイツ語、イタリア語がないのも
いささか不思議である。

 発進力の弱い日本、近く
大きく踏み出す準備が出来たことを
発表します。ご期待ください。
青年の一群<上> [2011年02月14日(Mon)]







   石田良介画伯作。禁無断転載。





皇居での清掃奉仕について
、小欄がその発端の物語を買いましたが、
畏友・前田郷司氏(滋賀県安土町在住)から、
いわばその意義につてのお考えが寄せられました。

 大いに参考になるお話です。

  **************

  明治維新から日露戦争までは
「坂の上の雲」の時代でした。
日本人はひたすら欧米列強に
追いつこうと努力していました。

日露戦争から第二次世界大戦終了まで
日本人は、自分たちは偉い、強い、
と天狗になってしまいました。

そして、最後に、
こてんぱんに戦争に負けました。

日本は焼け野原になりました。そこが
皇居勤労奉仕発端の物語の舞台です。

日本人は、そこから立ち上がろうと、
努力しました。
そして復興を果たし、
「物作り」で世界一になりました。

日本人は再び、
自分たちは偉い、日本の物作りは強い、
と天狗になりました。

しかし、日本人が天狗になっている間に、
日本は「物作り」世界一から
転落しているのでありました。

それでもまだ「日本の物作りは強い」と
信じている人は少なくありません。

「東南アジア製は二流品だ、
日本製でなきゃダメだ。」

多くの日本人は、いまだに
そう信じています。

第二次世界大戦中は、
政府が都合の悪い情報を
遮蔽していましたが、
今は違います。

情報は巷にあふれかえっています。
が、都合の良い情報だけを取り上げて、
不都合な現実に目を閉ざしているのは
国民自らなのです。

ともあれ、
 「自分たちが劣勢に置かれている
という状況を正確に把握出来ていない」
という点では同じです。

もうすぐ こてんぱんに 負けるでしょう。

いや、戦争ほど
ハッキリと結末が出るわけではないので、
気が付いていないだけで、
すでに勝負は付いていると思った方が
良いかもしれません。

再び、焼け跡から再出発しなければならない時、
「青年の一群」は現れるのでしょうか?

  ●○●○●○●○●○●○●

 大いに考えさせられる文であり、ここまで
3回精読させられました。

 前田氏からの文章はさらに続きます。
尖閣諸島を買いませんか? [2010年10月20日(Wed)]







   民国9(1919)年に、当時の中国長崎総領事が出した公式の感謝状。
  「日本帝国沖縄県八重山郡尖閣列島」で31人を救助してくれたとある。





尖閣諸島の一部の私有地を国有化することについては
私は積極的ではありません。

 私有地を国有化するほうが
固有の領土を護ってくれるというほど、
国を信頼していないからです。

 私有地ならば、いざとなれば国を
訴えることだって出来るはずです。

 所有者の古賀さん、
なんなら私に売ってくれませんか?

 みんなで力を合わせて買い取りましょうよ。
韓国の仮想敵国は? [2010年10月20日(Wed)]









韓国は竹島の地面に大きく大極旗を描き、
「民間人」2所帯を住まわせ、海軍の
1個分隊を常駐させています。

韓国の士官学校の生徒は、入校後、
1週間目に軍艦で竹島付近に向います。

「貴国の仮想敵国は日本なの?」と
先年、国防大学院を訪問したときに
訊いてしまい、案内してくれた高級将校を
困らせてしまいました。

そうそう、その大学院には大きな
全韓地図という古い地図が掲げられていましたが、
詳細なものなのに竹島も独島も出ていませんでした。

ちなみに、防衛大学校の学生は
卒業時に航空機で硫黄島を視察します。

靖国神社には「自主的に」
横須賀から徒歩で向い、
全員が毎年、参拝するそうです。
                    (つづく)

尖閣問題の検討課題A [2010年10月20日(Wed)]







 今後、検討すべき課題としては、

@ 中国人観光客への入管・税関などでの厳格な対応。

A 尖閣諸島の一部にある私有地の国による買い上げ。

B 気象庁、海上保安庁、国土交通省などによる実態調査。

C 要人の上陸訪問。ヘリによるものでも可。

D 国家公務員または石垣市職員の常駐。

E ヘリポート、埠頭の新設。恒常的建造物の建設。

F 常時の国旗掲揚。

G 巡視艇の増派。

H 大量の中国漁船来島自体へのシミュレーション。

I 自衛隊の離島防衛演習の実施。

J 自衛隊員の常駐。

K 射爆場としての再活用。

L 日米豪同軍事演習の実施。

M 外国人特派員の訪問の支援。

N 陸上自衛隊の縮小を伴っても海上自衛隊の拡充。

O 中国とは「戦略的互恵関係」を見直す。

P 各国への広報・啓発活動の拡充。

Q レアアースや工場移転など、
  中国への依存度を減少させる。

R前伊藤忠商事会長である丹羽大使の交代

              (つづく)
尖閣諸島事件の教訓@ [2010年10月20日(Wed)]






   尖閣諸島




私は自分が主宰しているものはもちろんのこと、
10近い研究会に参加していますが、
昨今は、どこに言っても
尖閣諸島のことで持ちきりです。

そこで、この事件について、小欄でも
まとめておきたいと思います。

まず、事件の経緯です。

9月7日 - 中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突
9月8日 - 中国大使館職員が船長に面会。
9月9日 - 石垣海上保安部が公務執行妨害容疑で船長を、
那覇地検石垣支部に送検
9月10日 - 那覇地検石垣支部が船長の拘留延長を請求
9月13日 - 船長以外の船員を帰国させ、漁船を解放

この7日間のことについて、
こうすべきではなかったかという点については、
こんな意見があります。順不同。

@ 船長だけを逮捕したというのが不適当。操船に関わる
数人を逮捕し、個別に尋問して、身分、経緯、なぜ
衝突したかをしっかり抑えておくべきあった。

A 船長からは調書をとり、巡視船への損害賠償を誓約させて
おくべきであった。

B 船長の釈放に対するしかるべき代償
(フジタの4人を即刻釈放させるなど取り引きを
すべきだった。

C 「人」は返しても船は証拠物件として
抑えておくべきであった。

D 第3国の専門家に両船を公開するなど、公正に
  事件を究明する姿勢を見せるべきであった。

E 自動車の輸入などの物品の契約、観光客の訪日キャンセル
などには、キャンセル料を請求すべきであった。
                  (つづく)
欧州における日本の存在感 [2010年09月11日(Sat)]




挿画は石田良介画伯の特段のご厚意で掲載しております。






 国際派ジャーナリストのP氏からの
メールです。

 日本の存在感の急落は欧州でも、
顕著なものがあるようです。

 日本からの発信、そしてそれ以前の
日本の政治的な安定、経済力の回復、
文化の浸透、日本的生活・価値観・
情緒の啓発など、
私たちはもっと「外に出る」「外に出す」必要が
あるように思います。

 今、私は来年度に向けて
いろいろなことを企図しています。

お互いに私たち日本人は
このような状況を拱手傍観していてはいけません。

   ☆☆ ★ ☆ ★★ ☆ ★ ☆☆

ボン・ケルン、ベルリンの
どのホテルでも
NHK国際放送は見ることが出来ず
また、
地元の新聞、各国のテレビとも
日本の話題はほとんどありませんでした。

円、ドル、ユーロの為替レートや
ソニー、トヨタ、資生堂など日本企業の話題は
ビジネス欄に時折載る程度で
何とも日本の存在感の薄さが気になってたまりませんでした。

新聞が
統一20年でドイツの観光産業が着実に伸び続け
特に旧東欧からの旅行者が増えた事を挙げると共に

ロマンチック街道は相変わらず
日本人旅行者が引きも切らない、と結んでいたのが
御愛嬌でした。

この日本報道に対し
中国、インドの存在感が否応なく増してきているのを
ひたひたと感じました。

それにしても
どの国も色々な人間がおり、諸々雑多な問題がありますが
ベルリンを歩くと
思わぬ処にナチスの蛮行の記憶盤、犠牲者の祈念碑、
博物館があって
独、英両言語での記述があり、
ワイマール時代以来の現代ドイツ史が
自然に認識されるようになっています。

暗く苦い歴史でも目をそむけないで正確に記憶し、
二度と過ちは犯さない、という
ドイツの安全保障上の決意、というものを
処々方々で感じました。

連れは
「アメリカも、イギリス、フランス、ロシア、中国、
そして日本・・・。どの国が
このように歴史の恥部を見つめて反省・克服し、
決然と新しい国造りに向かう姿勢を打ち出してきたのか。
この国は違う。ドイツについてアメリカではこんなことを
教えられてこなかった。アメリカの教育が浅くて軽薄だ」
などと唸っていました。
日光がNIPPON! [2009年01月22日(Thu)]








     



     日光のこの気迫と自信。宇都宮からの日光線の
    中刷り広告に感心した。英語主体での広告なのだ。






 きょう私は日光市に講演に行った。

 冬の日光と聞いただけで、
モスクワに向かうときほどの
重装備で出かけた。

 ところが、会場は旧・今市市のど真ん中、
その名も中央公民館。

 華厳の滝も、東照宮もはるか遠い、山のあなた。

 先入観で厚着して出かけた
自分に苦笑するほかなかった。

 この日光市、実は3年近く前、
行政的に大変革を遂げた自治体。

 旧日光市の人口は1.6万程度、
これと今市市6万1千余、足尾町、藤原町が合併し、
新しく日光市となったのだ。

 市域はこれで、高山(岐阜県)、浜松(静岡県)に次ぎ、
全国第3位。静岡市や仙台市が政令指定都市になるときに
驚異的な広さになったが、
それよりも広いのが日光市。

栃木県の22%を占める。

 あたらしい日光市の本庁舎は旧・今市市に、
つまり、今市が事実上、
1市2町を吸収合併したといってはいいすぎかもしれないが、
それに近いといっていいのではないか。

 関係者に聞いたところでは、
大小さまざまな問題があるようだ。

4つの元の行政単位が
あまりに質的、歴史的、財政的に違いすぎることが
その根本にあるようだ。

  日本最初の欧米人向けリゾートして開発され、
アルベルト・アインシュタイン、
ブルーノ・タウト、
チャールズ・リンドバーグ、
フランク・ロイド・ライト、
ヘレン・ケラーといった来日著名人が訪れ、
古くは二宮尊徳が亡くなったところであり、
井深大の出身地でもある。

 そうした由緒と世界遺産を持つ日光、これまた
世界遺産をめざす旧・足尾銅山といった異質な地域を、
今市という農業の集約地で多少工場もあるという
中心地域がどう、行政の折り合いをつけて行くのか、
あまりに著名な市であるだけに、今後も注視したい。

 講演会場の中央公民館の別室では、
何十人もの方が、「再就職相談」にやってきていた。

 折から、ニュースでは、
ソニーが2600億円の経常赤字で正社員の退職勧告、
三菱自動車水島工場は2月に7日間しか操業せず、
正社員のアルバイトを認める、
サンヨー電機も沖電気も大規模なリストラへ・・・

 ニッポン、がんばれ! もとい、
ここは、おたがいに歯を食いしばって
がんばろうではないか。
日本の国号 [2009年01月22日(Thu)]





















 以下は、昨日書いたものと同じものです。

 お読みいただいた尊敬する大先輩が、
「見出しが悪いので、
もう一度、この題で掲載しなさい」と
ご忠告くださいましたので、
そのようにさせていただきます。

 したがって、昨日、お読みくださった方は、
どうぞ、次に移ってください。

   =======================

 日本の国号は「にほん」か「にっぽん」か、
これは実に難問です。

 日本社会党は「にっぽん」社会党でしたが、
日本共産党は「にほん」共産党です。

 大日本帝国憲法は、だい「にっぽん」帝国憲法で、
日本国憲法は「にほん」国憲法。

お札には「Nippon」銀行と書き、
「にほん」大学では、「にほん」書紀の研究に、
「にほん」で一番、力を入れているかもしれないし、
「にほん」生命の掛け金は「にっぽん」銀行券で払うでしょうね。

 東京五輪のとき、私ども組織委式典課はもちろん、
関係者はみんな困ったのです。

 そのときに、選手団のトレーナーのデザインで、
真ん中で割れるものに決まり、
「NIP」「PON」となったのです。

 東京オリンピックメモリアルギャラリー(駒沢公園内)に
この写真の現物が展示されています。

 これってほんとの話ですよ。当時、
一部の新聞にも出ました。

 いや、
「にほん」経済新聞ではなかったような気がしますが・・・

 みなさまのお好みは?
| 次へ