CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«日本の持つ対北朝鮮カード | Main | 論点:ロシアとどう向き合う»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
皇后陛下、被災地支援天満敦子リサイタルへ [2013年04月18日(Thu)]
Temma_flyer_1203_ページ_1.jpg

『皇后さまは3月29日夜、東京都中央区のホールで、バイオリニストの天満敦子さんによる東日本大震災被災地復興支援チャリティコンサート「明日に繋ぐ祈り」を鑑賞された。

 コンサートは「難民を助ける会」の主催。東北地方での公演報告の映像を会場に流した後、天満さんはピアノの演奏に合わせて「ジュピター」や、皇后さまが作詞された「ねむの木の子守歌」などを熱演。主催者側によると、終了後に皇后さまは天満さんと懇談し、「感動的でした」などと話されたという。』


 以上は30日の産経新聞の記事から。
私は共催した社会福祉法人さぽうと21の理事長として、皇后様の御成りから御発まで、ご案内役をさせていただきました。昨年9月にサントリーホールで開催したチャリティコンサート以来、半年に4回もお話させていただく機会を賜り、光栄に思います。

 天満さんは3月末に、東日本大震災による被災地・岩手、宮城、福島の3市町のホールや障害者施設など6ヶ所で連日で無料招待コンサートを行い、いずれも満員の聴衆を感涙に浸らしめるほどの熱演でした。

 記事になった朝日新聞浜離宮ホールでの演奏は、被災地での無料招待ツアーの総決算として行われたもので、東京でのみ、有料のチャリテイーコンサートとなったものです。
 
 この一連のツアーは日本ロレックスの協賛で実現することができましたが、すでに来春の「再会コンサート」も企画され、今から約束しておりますので、今年チケットが取れなかったという方には、期待して戴ければと思います。
 
 来春、再びの感動を皆様と共にできますことを楽しみに、私も様々、一層精進して参ります。
諸事情によりブログの更新は激減しておりますが(ご容赦を!)どうか変わらぬご支援とご鞭撻、様々な支援活動へのご理解とご協力を、心優しい皆さまにお願い申し上げます。

コメントする
コメント
http://ja8119.iza.ne.jp/images/user/20130421/2135280.jpg
http://ja8119.iza.ne.jp/images/user/20130421/2135281.jpg
http://ja8119.iza.ne.jp/images/user/20130421/2135293.jpg
http://ja8119.iza.ne.jp/images/user/20130421/2135282.jpg
http://ja8119.iza.ne.jp/images/user/20130421/2135292.jpg
http://ja8119.iza.ne.jp/images/user/20130421/2135283.jpg
↑運輸省航空事故調査委員会JA8119号機JAL123便報告書より。
この報告書には米国の意向により「異常外力」が原因であることが明記されている。
JAL123便に「異常外力」をもたらした(JAL123便を攻撃破壊した)機体は、ソ連Tu95ベアと中曽根自衛隊(イスラムイラン→日本の調査別室)ミサイルである。生存者虐殺の自衛隊部隊は小沢一郎公安警察(中国軍中国公安部習近平)であった。
米軍は、終始、救援・救助につとめたが、救助部隊や警視庁、及び、米軍最強のSR-71ブラックバードまでもが自衛隊に撃墜されてしまう事態となった。
Posted by: 報告書には米国の意向により「異常外力」が原因であることが明記されている。  at 2013年04月22日(Mon) 09:42