CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«高橋重宏社会事業大学長逝く | Main | トルコ余震で亡くなった同僚への弔辞»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
松田トシ先生の若きころ [2011年12月12日(Mon)]


      







 私は松田とシ先生に8年ほど声楽を習いました。

 レッスンの前には政局談義がお好きで、
昔は、わが郷里と大学の大先輩・石田博英氏
(といっても若い読者はごぞんじないかも。)

労働大臣を何度かやり、
石橋内閣では官房長官でした。

 その石田先輩の招きで、選挙の応援演説にも
行かれたことがあるそうな。

 麻生内閣のころ、
「太郎も(小沢)一郎もだめね」と
嘆いておられたこともありました。

 通夜と葬儀では、先生の歌の入った
CDやテープが参列者に配られましたが、
それとともにこのブロマイドも
「ご会葬御礼」の封筒に入っておりました。

 1949年、満34歳にして
NHKはこの人を「おばさん」にしたのですから、
今ならセクハラものではないでしょうか。

 ご一緒した安西愛子さんは
もう1つ若いはずですから、
二人できっとご立腹だったのでしょうね。

「先生は96歳の最期までおきれいでした」とは
ある姉弟子の言。

 私は最晩年の最期の弟子ですが、
ご指導くださる時のお声の
ハリと美しさにいつもうっとりと聞き惚れていました。
                  合掌
コメントする
コメント