CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«1,735,188のアクセスに感謝 | Main | 目黒・世田谷の春@»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
自分で判断・実行しない日赤 [2011年04月24日(Sun)]




日本赤十字社は抜本的に改革さるべき組織です。
現状は、単なる「日赤銀行」です。







 日本赤十字社にはこのままいくと
1千億円以上の寄付が寄せられることかと
おもいます。

 この不況下にあって、
国民一人ひとりの善意がかくも積極的な
行動になったことは嬉しいことです。

 しかし、日本赤十字社はそれを
役所やメディアに寄せられたものと全部合体して
配分委員会なるところで、
ただ配分するのです。

 そこには何ら独自の判断のない
単なる金融機関としての役目しかありません。

「日赤銀行」であってほしいなんて、
だれが期待したでしょう。

これなら最初から、銀行、郵便局など
金融機関が実施すればいいのです。

 金融機関のほうが自己資金を
いつ、どこに、どのように貸し付けするかについて
はるかに研究・調査し、
時には大胆に運用しているのです。

配分委員会に送って、あとは被災された
人の数で均等割りするような、
小学生でもできることをしていては
国民の期待を裏切ることになるのです。

 日本赤十字社としての主体性は
どこにあるのでしょう。

 ですから「赤十字にだけは寄付したくない」
という声が、今回ほど澎湃として
湧き上がっているときはないではないでしょうか。

 私には日赤の怠慢が許せないし、
解せないのです。

 赤十字に長らく関わってきた者として
残念でならないのです。

 来週はテレビでも赤十字について
話す機会がありますので、
いいことはいい、悪い点は悪いと
はっきり言おうかと思っています。

 こうした批判は私利私欲とは
全く関係ありません。

 赤十字のためをおもって諫言して
いるつもりです。

 救援物資の収集や配布、
避難所の食事の改善、お風呂・・・
やるべきことを、日赤は
ほとんど何もしていません。

93もある赤十字病院から
医療班を交代で出すことをしていますが、
この程度は当然です。

 募金のしかた、寄付の寄せ方を
日赤も寄付する側も
根本的に考え直すべきです。



コメントする
コメント
我が国には、初等教育はあっても、英米流の高等教育はない。
だから、日本人は、「下士官兵は優秀、下級将校は普通、上級幹部は愚劣」の状態になっている。

日本人には意思がない。
だから、意思決定ができない。
神の意思による災害は天災、人の意思によるものは人災。
意思という概念がなければ、天災と人災の区別も定かではない。
人の行動を納得できるものに改めることも容易ではない。

指導力は、指導者の社会意思の決定力である。
意思そのものがなければ、社会問題は指導者による解決を見ない。
「首相はオーケストラの指揮者だが、誰も指揮者を見ていない」ということは、一個人の意思に構成員が意識を集中できないことを意味している。
問題を解決する能力のない人たちが、事態を台無しにする力だけを持っている。だから、世の中は難しい。
問題を解決しようとしても、先送りと積み残しに終始する。なりゆき任せになる。
「そのうち、何とかなるだろう」ということか。

未来の内容が定かに考えられないと、起こる事態は想定外のことばかり。
目の前に事態が現われてからでは、その対策は後手後手に回る。
未来のことは、未来時制の構文の中で述べられる。
日本語には、時制がなく、未来時制もない。
だから、その計画も場当たり的というか、行き当たりばったりになる。主体性がない。

日本人は、拙速主義である。場当たり的なトントン葺きの家づくりが得意である。
大ブタさんのわらの家をつくる。災害に強い小ブタさんの煉瓦の家は作らない。
作る暇などないからである。
日本人は、過去と未来に挟まれたごく狭い時空の中にあくせくと生活している。
精神を集中すると、その刹那も永遠に見えてくる。
前後の見定めのない自分の話が永遠の真理を話しているような気持ちになるところが不思議なところである。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812





Posted by: noga  at 2011年05月05日(Thu) 14:39

 貴君に限りない拍手を送ります。

 日赤が変わらなくては日本の寄付文化は変わりません。

 若い人が赤十字離れをするのは本来残念ですが、一度、こういう試練に立つべきなのが日赤です。
Posted by: 吹浦忠正  at 2011年04月26日(Tue) 00:48

よくぞ言ってくれました!

日ごろから、市町村の役場に無法に下請け業務をさせる、儀式・皇族大好き、金と血は集めるが汗をかき体の汚れる仕事はしない、、、そんな日赤を度し難い組織だと思っていました。

私のような庶民がそれを言ってもしょうがないのですが、世の中に何らかの影響力がある方はそれをどんどん言ってください。 もっと言ってください。

自分は5月初旬から岩手県の被災地に長期ボランティアに入ります。

こうと思ったら、汗をかくのも体が汚れるのも厭わず、それをやり遂げようとする庶民の意地を見せようと思っています。
Posted by: K!!!  at 2011年04月26日(Tue) 00:22