CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«御柱祭―石田良介画伯B | Main | 「御柱祭り」石田良介画伯C»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
オリンピックと国家意識 [2010年02月28日(Sun)]
    


            


      


  カナダはよく頑張りましたよね。運営面でも競技でも。韓国は舞い上がり、
ロシアは落胆しています。





 バンクーバー冬季五輪をテレビ観戦して、
健全なナショナリズムの表出による
さわやかさと気持ちよさを感じた。

 五輪憲章には「オリンピック競技大会は
個人種目または団体種目での選手間の競争であり
国家間の競争ではない」と規定されているが、
その一方で、浅田真央に声援を送り、
高橋大輔の男子初の銅メダルを喜び、
讃えるのは、日本人としての普通の感覚ではないか。

どの国の選手も競技終了後は自国の旗を
背中に掛けたり、振って観衆の声援にこたえる。

観衆もまた、頬やおでこに自国の国旗を描いたり、
国旗のシールを貼ったり、
中には顔全体にカナダのカエデを描いたり、
鼻のてっぺんに「日の丸」を描いたりしている人もいた。

 朝日新聞のベテラン・スポーツ記者である
西村欣也編集委員は24日付の夕刊で、
<しかし、過去の五輪を取材してきて、
「日の丸」の重圧に押しつぶされて、
最後に実力が発揮できなかった選手を多くみてきた。
今回の五輪は少し様子が違う。「国家」を
あまり意識しない大会になっているのだ」と書いている。

 そんなことはない。どの選手も
自国の国旗を掲げることの栄誉を夢見て
競技していることに変わりはない。

 ただ、21世紀になって「移住の時代」になった
ということを感じさせるものがあった
ということではないか。

父が米国人、母が日本人の
キャシー・リード、クリス・リード姉弟は
アイスダンスで日本代表として出場した。

いささか「外国人受け」する?ことを狙った感じの類いの
着物や扇子だったが、そんな小道具にも会場が沸いた。

フィギュアスケート・ペアの川口悠子は昨年、
ロシア国籍を取得して、ロシア代表として出場した。
 また、16歳の長洲未来は米国代表として出場した。
両親ともに日本人だが、米国に住み、
米国人として出場した。それでも
「私は日本式のルールで育てられた。
日本のファンにも応援してほしい」と
完全な英語とすべからくアメリカ人らしい雰囲気で
感想を述べていた。

 スポーツのこうした傾向は名誉と技量の向上、
それに出場の機会を求めてさらに進むに違いない。

しかし、これはボーダーレス化ではなく、
スポーツ界に、出場のための
厳しい国(地域)別ルールがあり、
各選手がその中でどうするのが
自分に優位かを悩みぬいて出した結論にすぎない。

 西村記者は
「五輪で国は深い意味合いを持たない。
浅田、安藤、鈴木はその重圧とは無縁のまま
フリーまでの演技を終えてほしい」と
記事を締めくくっているが、
声援という祖国からのほどよい圧力と
自国国民の国を挙げての支援という
強大なバックアップあってこそ、
あのハイレベルでの演技ができ、
勝負ができるのではないか。

われわれは真央ちゃんの悔しさに共感し、感動しても、
キム・ヨナのあの世界最高点には、
いささか覚めた気持ちで大きな拍手を送るだけである。

朝日新聞自身も、連日、日本選手の活躍だけ特段に
大きく報道してきた。

<薄らぐ「日の丸」意識>という見出しは、
少々、実態とずれがあるのではあるまいか。
コメントする
コメント