CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「かわいい」 B | Main | ロシア人読者への返信»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
民主党への不安と不信 [2009年07月29日(Wed)]





   各省庁の幹部だけではなく、電球だって並んでいれば電気も食うんですよ。エコ省庁で能率を上げるほうがいい  と思うのですが・・・。富良野プリンスホテルで撮影。









 民主党さん、
本当に政権を担うつもりなら、
外交・安保、財政・財源はもっとしっかり党内で詰めて、
はっきりとマニフェストに書いてくれないと、
怖くて私は支持できませんよ。

「日本外交の基盤として緊密で対等な同盟関係をつくる」ですってね。

 普天間基地の移転はどうするのですか?
 対等の同盟というからには
安保条約の片務性は手直しし、
米英関係のようにするという話じゃないでしょうかね。

「地位協定の改定」といったところで、
みんな目指してきた悲願ですよ。どうして急にできるんでしょう?

 インド洋での給油、つい先だっての採決のとき、
長島昭久衆院議員のみ議場から抜け出したほかは、
みなさん、給油停止の態度だったではないですか。
それが、いつ、どうして変ったのですか?

「国連を重視した世界平和の構築を目指す」。
大賛成です。しかし、そのために日本は
どこまで国連決議を履行するのですか?

 国連軍の中に加わることは出来るのですか?

「東アジア共同体の構築と北東アジア地域の非核化」だそうですが、
これまた、
いつまでに、どのようにして実行できるのでしょうか。

 具体性あってこそのマニフェストであり、
これでは絵に描いた餅ではないでしょうか。

たまたまさきほど来ていた客人は、
「ボクは高校生のとき、
絶対に美人と結婚すると思っていたんですがね」と笑っていた。
今もって独身ですから、
どうやらこれも具体策のない夢だったようです(失礼!)。

 北方領土や竹島はどうするんですか。

鳩山さんの従来の発言は、一言で言えば
「国益も矜持もなく、法と正義の基づかない怖い話」でした。

 内政では、政府の省庁に100人もの国会議員を
閣僚、副大臣、政務官、大臣補佐官などとして
送り込むのだそうですね。省議というのは、
素人の勉強会ではないんですよ。

あまりに多すぎます。そして、それには
秘書、執務室、事務機器、自動車が付いたりしてカネがかかり、
人手不足になったり、説明の回数が増えたり、
行政の手間隙がかかり、非効率化するだけではないでしょうか。

 今より政治任命の幹部を減らして、
大臣と副大臣だけで結構です。また、ポストによっては、
特に、外務大臣は2人制にして、
一人はいつでも海外を回れるようにすべきです。

 人材不足、にわか国会議員、みずぶくれの民主党が
政権を取り、それで単独過半数にならず、
国民新党はまだしも、
社民党という国家の基本を異にする、
有権者のほとんどが支持しない政党と連立して、
どうやって外交・安保が出来るのでしょうか。

 私は目下のところ、強い、民主党不信論者です。

 秋が不安です。
コメントする
コメント