CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«山季布枝のピアノトーク・コンサー | Main | 日露関係、あせりは禁物»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
難解な名前の読み [2009年05月30日(Sat)]












 某女子大学の学生名簿から。

 いやはやみなさま結構なお名前で、浅学非才の私には
読めやしません。これで、みなさん日本人なのですから、
親も「音」を中心に考えたようですね。

日本語の美しい発音の名前と、よくある外国人女性の名前に
漢字をあてたものが多いようです。

グローバリゼーションもついにここまで来たという感じがします。

彩乃
愛莉
愛奈
衿香
玲奈
紗綾
愛里沙
佳央里
十百香
絢香
言意
知佳
沙穂
沙由里
理央
紗也乃
初杏
麻衣菜
真波
英里
令奈
有里沙
園弥
千翔

 そうした中にまじって
ももこ
かおる
いずみ
めぐみ
あゆみ
アンナ

といった、仮名の名前があると、
ほっとします。

 全部、正確に読めたら、
「カップルでハワイへ」級の難問ではないでしょうか。

 しかし、近所の幼稚園の名簿には
こんな生易しい名前ではないのがずらり。
それはいずれ・・・

 あと10年か20年したら、日本でも、
マリーナ
ナターシャ
オードリ
エリザベス
マリリン・・・
といった名前がずらっと並ぶようになるのでしょうか。
コメントする
コメント