CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ブログ文化人類学 | Main | 謹賀新年»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日の丸の大きさ・解答 [2007年12月31日(Mon)]




  東京都旗商工協同組合のHPから。円の直径が縦の半分になっています。
      これでは小さすぎで「日の丸」が国旗として貧弱に見えます。







        1999年8月9日に成立し、13日に施行された「国旗国歌法」に
        基づく「日の丸」。円の直径は縦の5分の3です。明治3年以来の
        数値です







        永井一正氏ほか2名が共同提案した「日の丸」のデザイン。
        雪と氷の長野五輪で使用された。円の大きさは縦の3分の2。
        私はこのデザインが一番美しいと思う









         円をさらに大きく縦の10分の7にしたもの。デザインが少しずうずうしくないだろうか。
コメントする
コメント
 国旗について、このようにいろいろな視点からお書きになっていることに、ただただ感心しています。
 1つお伺いしたいのですが、日の丸については、沖縄県民には、ぬぐいがたい拒絶感や忌避する気持ちが根強く続いていると聞いたことがあります。
 また、教職員組合の人たちにもそうした傾向が強いのではないでしょうか。
 これについて、どのようにお考えなのか、貴ブログにてお書きくださいませんでしょうか。
Posted by: 高橋+アルファ  at 2008年01月12日(Sat) 17:55