CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
私たちは、
花(植物)を通した社会参加への実践として、
東京都内の高齢者施設、子育て支援、生涯学習、イベント会場などで
「フラワーセラピー教室」を開催しています。
この教室は
「花でコミュニケーション」を目的としたアクションプログラムです。
「主役は花ではなく、人」という考えのもとフラワーセラピスト養成講座で
学んだ会員が、人と人との交流を大切にして活動を行っています。





« 【花情報】ライスフラワー | Main | 東京地区総会が開催されました。 »

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
【活動報告】あやめの苑[2015年04月27日(Mon)]
◆あやめの苑

20150422_112251(0)-1.jpg

活動日時:平成27年4月24日(金)13:45〜14:45
参加者数:17名
ボランティア:5名    
プログラム:春の窓辺
ねらい:春のとりどりの色、柔らかな感触を虫や花と楽しみ感じる。


教室の様子・感想

爽やかなお天気の中、今期から金曜日に振り分けられるようになって、たくさんの新しい方が参加されました。ワクワクドキドキの皆さんの視線が集まって身がひきしまりました。でもプログラムが紹介されると「ワァー、窓に飾りたいー」の声がかかり、スタートしました。春の虫や植物のとりどりの春色をいっぱい選んで頂きました。

紙粘土を丸めててんとう虫、蝶々にワイヤーを付けて飛んでいるように。小鳥、容器に盛り付けられたふわふわのポンポン、春の草花・・・四つの窓のどこに置きましょう。「センスがいるなー」「てんとう虫の点々はいくつ?」男性の方は点々もポンポンも大盛りです。花材の頭がつかえます。「くたびれたー」の声も・・・。

時間がいっぱいになってしまい、細かい作業が多かったかと反省。でも満面の笑みで、大事に大事に持ち帰り袋に作品を入れて下さった参加の皆さんから、あたたかな想いを頂きました。

担当リーダー:福井(西東京1期)

Posted by lily at 23:40 | 高齢者施設 | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)

この記事のURL

http://blog.canpan.info/ft-tokyo/archive/275

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
とても面白いアイディア!
ディスプレイのようで楽しいです(*^▽^*)

Posted by:  at 2015年04月29日(Wed) 05:53

検索
検索語句
最新コメント
フラワーセラピー研究会  東京地区                               
第五回フラワーセラピー展開催
2015.1.25-1.26

フラワーセラピー研究会・東京地区さんの画像
http://blog.canpan.info/ft-tokyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ft-tokyo/index2_0.xml
リンク集