CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« <TOPICS>お知らせ | Main | <TOPICS>アキナイプロジェクト»
『新世界祭り』開催のお知らせ [2016年09月15日(Thu)]

『新世界祭り』開催!!

昭和の面影を残す西裏地区の中でも、一際雰囲気のある小さな路地「新世界乾杯通り」。長年使われていなかった物件の改修を行ない、今年は新たな仲間も加わっての開催となります。かつての賑わいを取り戻すべく、老若男女が楽しめるお祭りとしてイベントを演出します。今年は、中村会館会場では子供から大人まで楽しめるステージを中心に、新世界乾杯通りでは飲食を中心に時間帯に合わせて会場を演出できるよう工夫をこらします。


日時_2016年 10月22日(土)16:00〜24:00

場所_中村会館会場    16:00〜19:00 
   新世界乾杯通り会場 16:00〜24:00

詳細は随時更新しますので要チェック!!
第1回「ふじよしだ未来キャンプ」開催のお知らせ [2015年08月25日(Tue)]

新世界通り復活祭の余韻が醒めやらぬなか、またまた情報解禁です。

第1回「ふじよしだ未来キャンプ」8月30日開催!
毎日の暮らしや、その先の未来のことをみんなでいっしょに考える。
といっても机の前でうんうん言っているだけではなく、手を動かしながら、楽しみながら、ピザ釜をつくりながら(!)、思いをめぐらせてみよう!というイベントです。

th_000021486996.jpg


全6回のワークショップ、豪華ゲストには今をときめくあの人も?!
いつもギリギリの告知ですが、皆様どうぞふるってご参加下さい!


----- イベント詳細 -----

第1回 8月30日(日) 午前9時〜午後3時
「日干し煉瓦(れんが)作りと、かまどづくり」
講師:ソイルデザイン代表 四井真治氏 http://soildesign.jp/
開催場所■ふじさん牧場
参加資格■富士吉田市へ在住、在学、在勤の方(高校生以上/子連れも可)
*全ての回への参加が望ましいですが、1回だけの参加も可能です。
定 員■30人
参加料■無料(昼食代は自己負担あり)
※開催内容の詳細は申し込み後に再度ご連絡させていただきます。
※Facebookイベントページ ⇒ https://www.facebook.com/events/482969671884650/


>> 二回目以降の予定

第2回 9月22日(火・祝)午前9時〜午後3時
「日干し煉瓦(れんが)によるピザ釜づくり」
講師:ソイルデザイン代表 四井真治氏 http://soildesign.jp/ 
   リバースプロジェクト 伊勢谷友介 http://www.rebirth-project.org/about.html
開催場所■ふじさん牧場

第3回 11月7日(土)午前9時〜午後3時
「ピザ釜を利用したピザづくり」
講師:リバースプロジェクト 新納平太氏
開催場所■ふじさん牧場

第4〜6回 「詳細未定」


申込み・問合せ■富士吉田みんなの貯金箱財団
電話1(プッシュホン)0555-73-9438  mail:info@fpbf.jp  HP:http://fpbf.jp/

文化芸術振興費補助金 世界文化遺産活性化事業
主催:富士吉田みんなの貯金箱財団 協力:一般社団法人リバースプロジェクト
『新世界通り復活祭』大盛況でした! [2015年08月22日(Sat)]


shinsekai3.jpg


新世界通り復活祭、無事盛況のうちに終了致しました。

まず、お越しくださいました皆様、ありがとうございます!
何より準備を手伝ってくださった皆様、本当にありがとうございます!

月並みな感想になりますが、いろんな所でお越しいただいた方や出店してくださった皆様から、楽しかった!と言っていただけたのが何よりも嬉しかったです。ありがとうございました。
また、来れなかった方にも、新世界の熱気が写真を通じてでも伝わればと思います。

https://www.facebook.com/events/1631548240455910/

shinsekai1.jpg

shinsekai4.jpg

shinsekai2.jpg

新世界通り復活祭 開催のお知らせ [2015年08月11日(Tue)]

「新世界通り復活プロジェクト」第二弾イベントを開催します。

th_DSC06681.jpg


−−かつて栄華を誇った西裏の路地「新世界通り」。長年使われていなかった物件が並ぶエリアですが、昭和の面影を残す魅力的な雰囲気を感じられます。
「この地域がこのまま放っておかれるのは勿体ない!」そんな思いからプロジェクトがスタートし、第1回のお掃除イベントを経て、この夏ついに改修作業が始まりました。
22日の土曜日には、そんな新世界通りをみんなで楽しい場所にしようと、地域の美味しい・たのしい・個性的なお店が集まります。まちの賑わいを感じる”1日限りの屋台村”で今宵は遊んでみませんか?

日時■ 8月22日(土)16:00〜21:00

出店■ 串焼き、バーベキュー、ステーキ、コロッケ、チヂミ、アイス、地元商店のお惣菜、生ビール、地酒、特製カクテル、子ども屋台、射的、占い、ゾンビメイクブース 他

催事■ 中村会館特設ステージにて開催
音楽ライブ、早食い大会、チンドン屋など
*詳細は追って更新!!!

会場■ 新世界通り/中村会館駐車場(下吉田3-12-9)

交通■ 駐車場は近隣の市営駐車場をご利用下さい。台数に限りがあるためなるべく乗り合わせ・公共交通機関でお越し下さい。(下吉田駅、月江寺駅より徒歩8分)

主催■ 富士吉田みんなの貯金箱財団
協力■ 富士吉田商工会議所青年部/富士五湖青年会議所/富士吉田市/富士吉田市地域おこし協力隊/地域の商店・お住まいの皆様

問合せ先■ 富士吉田みんなの貯金箱財団 info@fpbf.jp/0555-73-9438
新世界通り大掃除を行ないました! [2015年06月15日(Mon)]

0606新世界チラシ吉田3.jpg


【御礼/新世界通りお掃除大会】

6月6日(土)、新世界通り復活プロジェクト第一弾と銘打ち、大掃除を行ないました。
舞台は下吉田、本町通りから西裏通りを縫うように走る路地「新世界通り」。
地域内外から30名以上の皆さんにご参加いただき、長年使われていない物件の片付けに取りかかりました。

th_DSC06748.jpg

th_DSC06777.jpg


予想を遥かに超えるゴミの量に驚きながらも、みんなのパワーで着々ときれいになっていく建物たち。
ひばりが丘高校うどん部の皆さんによる吉田うどんの振る舞いや、地域の方からの差し入れが疲れた身体に染み渡ります。。

th_DSC06831.jpg


まだまだ始まったばかりの新世界通り復活プロジェクトですが、今回のお掃除を皮切りに、賑わいある場所を目指して取組をすすめていきたいと思います。
ご参加、ご声援をいただいた皆様、本当にありがとうございました!
イベント『RED』開催のお知らせ [2015年04月14日(Tue)]

スクリーンショット 2015-04-14 16.29.46.png


貯金箱財団では、5月にアート/ライブイベント【RED】を開催します!

昨年夏、たくさんの方にお越し頂いた富士吉田芸術倉びらき。
まだ見ぬ色、音、情景、感動を、皆さんと共有したく
今年も富士製氷と下吉田駅前倉庫を舞台に、AIRY様/富士急行様ご協力のもと、素敵なアーティストをお迎えします。

ゴールデンウィークはぜひ下吉田へ!
最新情報はHPまたはFacebookイベントページをご覧下さい。
>> http://cinolab.com
>> https://www.facebook.com/events/1422511841388235/


--- イベント詳細情報 ---

この展示はボブ・ニカスが1986年にニューヨークで行ったRED展の続編である。

当時のRED展では、Red(赤色)というテーマはきっかけに過ぎず、キュレーターの意向に影響されない独自の存在感を持つ作品が集められた。
そのオマージュとして、西洋のモノクローム絵画を集めた企画展が新たなRED展として近年ベトナムや中国等で行われており、そして今回は山梨県富士吉田市で開催される運びとなった。
東洋美術史では重視されなかったモノクロームが、日常的に赤という色が使われるアジア圏の伝統的な文化の中で、どのようなインパクトを与えられるかという実験的な展示になる。

本展覧会では、作家の名前さえも明かさない、極端な展示法をとる。ぜひ多くの人に足を運んでいただき、その目で確かめてもらいたい。


<< EXHIBITION >>

[期間]:5月1日(金)〜5月31日(日)
[会場]:旧富士製氷(富士吉田市下吉田5263)
[参加作家]:ヘンリー・コダックス
     ボン・チュ・ラム
     オリビエ・モセ
[キュレーション]:フレデリック・サンチェス


<< MUSIC LIVE >>

[日時]:5月2日(土)17:00
 ライブ -Pika x Sakamoto Hiromichi x liquibiupil
 光と音の展示 -COMPOSIT
[会場]:下吉田倉庫(下吉田駅前)
[入場料]:\2,000

⇒予約フォーム https://customform.jp/info/5441/


<< WORKSHOP >>

人と故郷との関係に焦点をあてたワークショップです。富士吉田の魅力を探したり、実験的に絵を描いたりして身近なものや自分たちの街についてもう一度考えてみたいと思います。
[日時]:5月3日(日) 10:00-15:00
    5月9日(日) 10:00-15:00
[会場]:下吉田倉庫(下吉田駅前)
[講師]:Anna Gonzalez Noguchi
[参加費]:\500
[対象]:8歳から15歳まで


<< RESIDENCE MOVIE >>

ドキュメンタリー映画「residence」
(監督:タンザワユウキ)
レジデンスという場での出会いと別れ、そして制作活動といった日常風景をヒューマンなタッチで描いた約1時置換の感動作品です。
[上映]:
 5月3日(日)〜5月6日(水) 18:00-19:00
[監督による座談会]:
 5月4日(月) 19:30
[会場]:下吉田倉庫(下吉田駅前)
[料金]:\500


<< OPEN STUDIO >>

[期間]:5月2日(土)〜5月23日(土)
[場所]:ハモニカ横丁本館(富士吉田市下吉田3-6-62)
[作家]:Anna Gonzalez Noguchi
期間中、作家が滞在制作を行ないます。見学等ご自由にお越し下さい。

---

主催:富士吉田みんなの貯金箱財団 / cinolab
協力:富士急行株式会社 / AIRY

お問合せ:富士吉田みんなの貯金箱財団事務局
[TEL] 0555-73-9438  [Mail] info@fpbf.jp
 
ハタオリ体験教室を開催しました! [2015年02月27日(Fri)]

富士吉田の代表的な産業と言えば、織物を思い浮かべる方が多いと思います。
しかし最近ではその技術や生産過程に触れる機会は少なくなっているのではないでしょうか。

「吉田の子供たちに、街の文化でもある機織りのことを知って、楽しんでほしい!」
そんな思いから、ハタヤさんや織り手の皆さんと「機織り体験教室」を第四保育園にて開催しました。

th_DSC06178.jpg


th_DSC05866.jpg


長年手機織りをしてきたお母さんたちにご指導いただきながら、カラフルな布をみんなで少しずつ織り上げていきます。
はじめはちょっとどきどきしていた子供たちも、
自分たちの手でつくりあげられていく様子をみつめながら
とても真剣に、そして楽しそうに織っていた姿が印象的でした。

th_DSC05898.jpg


th_DSC05904.jpg


th_DSC06219.jpg


今後もこういった教室などの企画を通じて、織物をはじめとする街の文化や仕事を身近に感じるきっかけをつくっていければと思います。
ご協力いただいた皆さん、第四保育園の皆さん、ありがとうございました!

th_DSC06231.jpg
ふじよしだフォーラム2014 [2014年09月27日(Sat)]

9/27(土)に開催された「ふじよしだフォーラム2014」に、当財団の代表理事・齊藤智彦が講師として参加しました。

フォーラム.JPG
<財団の活動紹介>


フォーラム2.JPG
<市民参加型ワークショップ>
第一弾スタディツアーを開催しました! [2014年01月29日(Wed)]

th_DSC_2096.jpg
<富士山と鹿の防護策を見ながら解説>

th_DSC_2236.jpg
<鹿肉の燻製作りを体験>

th_DSC_2268.jpg
<食害対策について意見を出し合います>


去る1月25日、富士山麓の環境を考えるスタディツアーを開催しました。
ツアーは、代金の一部が財団を通じてまちへの寄付が出来る仕組みとして
貯金箱財団が中心となり、東京の旅行会社「リディラバ」と富士吉田市の「粟井英朗環境財団」のご協力のもと企画しています。

タイトルは「鹿肉を食べながら?!環境保全について考えるツアー」
>詳細はこちら(travel the problem ホームページ)

冬の富士山麓を歩きながら、山と森の生態系の問題、特に「増えすぎた鹿による食害問題」について学びます。
お昼には鹿肉カレーを食べ、燻製体験をして、参加者全員でワークショップを行ないました。

今回の参加者はリディラバや市の広報で知ったという方々を中心とした14名。
皆さん、雪中ウォークや燻製作りを楽しんだり、粟井財団のガイド尾又さんのお話を興味深く聞いたり、意見交換したりしながら
富士山麓の自然、富士吉田の環境についてより身近に感じられるようになったのではないかと思います。

今後もこういった、富士山や富士吉田の環境・生活・産業などを学び考えるツアーを企画していきます。ぜひ御注目下さい。
国文祭/うまいもの祭りin下吉田にてブースを出展しました [2013年10月20日(Sun)]

国文祭3.JPG
<ヘルメイト増殖中?!>

国文祭2.JPG
<新倉柿と南蛮味噌販売中>

国文祭1.JPG
<活動紹介パネルも>


 10月20日に下吉田で行われた、国民文化祭事業の一つである「うまいもの祭り」にて、財団のブースを出展しました。
 ブースではまちプロの紹介と寄付の呼びかけ、寄付商品の販売を行いました。
紹介したのは「アキナイプロジェクト」と「英語でメニュープロジェクト」の二つ。
寄付商品としては、
・財団のロゴが入ったオリジナルヘルメット(売り上げのうち1,000円をアキナイプロジェクトに寄付)
・吉田ごはんの南蛮味噌(売り上げのうち200円を英語メニュープロジェクトに寄付)
・新倉柿の焼酎漬け(売り上げのうち200円を英語でメニュープロジェクトに寄付)
の三つを用意しました。
 当日はあいにくの雨でしたが、たくさんの方に訪れていただき、お話をすることが出来ました。なかでも、オリジナルヘルメットは完売し、予約注文をいただくほどご好評をいただきました。
 寄付商品については、今後も富士吉田の様々な場所・場面で販売していく予定です。
| 次へ