CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 持続可能な社会づくり | Main | インターン体験記»
<< 2014年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
3R政策セミナー「韓国の生産者責任と発生抑制の法制度」開催報告 [2014年03月17日(Mon)]

ボランティアの佐藤穂貴です。
3月13日、東京青山の環境パートナーシッププラザ(GEOC)で、FoE Japan主催の3R政策セミナー「韓国の生産者責任と発生抑制の法制度」で記録担当としてお手伝いしましたので、こちらのブログにも簡単にご報告します。

今回のセミナーは、これまでFoE Japanが10年以上にわたり、調査および現地との情報交流を続けてきた韓国の3R政索がテーマです。現在、日本で進められているリサイクル法見直しの参考になるところが多々あることから取り上げました。

会場全景.JPG
<会場全景>

最初に、韓国の生産者責任制度の理念と背景について、地方自治総合研究所の鄭智允さんに講演いただきました。鄭さんには、2006年、2013年の韓国現地調査をはじめ、これまでに多大な協力をいただいています。今回も最新の制度状況について、歴史的背景や政治制度の日本との相違点の解説も交えつつ、説明いただきました。

続いてFoE Japanの瀬口さんから、これまでの現地調査をふまえ、容器包装リサイクルおよび発生抑制の実施状況が報告されました。生産者とリサイクル業者が同じ組織に加盟して協力している点が注目される反面、自治体には生産者の支援はまわらず、また、これまで意欲的な取り組みだった使い捨て品への規制が近年緩和されてしまったこと等が報告されました。

全国牛乳パックの再利用を考える連絡会の平井成子さんからは、牛乳パックのリサイクルに関する日韓の取り組みについての報告がなされました。韓国では日本ほど清潔な紙パックのリサイクルが普及しておらず、直近の事業者組合の統合も相まって、今後の動きが懸念されるとのことです。

これらの講演後、環境省廃棄物・リサイクル対策部の豊島氏から、韓国の事例に学びつつ、日本の文化ともいえる市民の高い環境意識を活かし、法改正に取り組みたいとのコメントがなされました。そして残りの時間、会場との質疑・意見交換が行われました。

質疑応答.JPG
<質疑・意見交換>

今回のセミナーでは、韓国独特のスピーディな政策決定や柔軟な軌道修正が、同国の多様な制度の源になっているとわかりました。その姿勢にも学びつつ、日本での発生抑制に向けた提言を継続してまいりたいと思います。

▼セミナーの告知はこちら
http://www.foejapan.org/waste/event/140313.html
「水Do!でいこう!」奈良県生駒市で2Rセミナー開催 [2014年03月16日(Sun)]

スタッフの瀬口です。
3月8日(土)、奈良県生駒市で2R公開セミナーを開催しました。

生駒市は、現在の山下真市長が就任して以来、環境への取り組みを積極的に進め、折りしも先日、国の環境モデル都市に選定されたばかり。庁舎や市の施設の自販機設置をやめ、水飲み場を増設したり、会議のペットボトル飲料不使用などを進めてきた「水Do!先進自治体」でもあります。しかし、まだ、行政全体や市民の2R行動を喚起するまでには至っていません。

そこで、今回、生駒市の環境基本計画づくりから生まれた市民、事業者、行政のパートナー組織、「ECO-net生駒」の主催、呼びかけで、本セミナーが開催され、環境問題に関心を持つ市民が集いました。

講演.JPG
<熱心な参加者が集いました>

環境部の職員の方から、導入のお話をいただいた後、FoE Jpaanの瀬口から「ペットボトルから考えよう、地球1個分のくらし〜水DO!のすすめ」と題して講演を行いました。
ペットボトルは、リサイクルが進んでいるものの、その生産量が増え、トータルでの環境負荷を増大させている「大量生産、大量消費、大量リサイクル」の象徴ともいえる存在です。
講演では、クイズを交えながら、ペットボトル飲料水と水道水の環境負荷の比較、国内外の脱ペットボトルの動向などを紹介し、「水Do!」(水道水でいこう)を呼びかけました。

休憩時間には、FoE Japanが提供した「水DO!」関係のパネルと、生駒市水道局が用意した生駒市の水道水に関するパネルを、参加者が熱心に見ていました。

パネル.JPG
<熱心にパネルを見る参加者>

そして、後半は、「おいしい生駒の水を知ろう」ということで、利き水体験。
各自に、国産ミネラルウォーター、輸入ミネラルウォーター、生駒の水道水の3種類の水が入ったコップが用意されていました。
1)おいしいと思う順に1、2、3の番号をつける
2)どれが生駒の水かあてる(○をつける)
の2つの作業をします。

利き水1.JPG
<利き水体験 各自に用意された3種類の水とチェックシート>

利き水3.JPG
<利き水体験中>

正解率は3割ほどでしたが、中には、どれが生駒の水かを当てた上、それが一番おいしいと自信を持って答えた人も。
生駒市の水道水は地下水を30%以上含んでいるので、おいしいのです。
改めて、地元の水の味を認識し、見直す時間になりました。
最後に質疑や感想を交換して終了。

担当の職員さんが、とても理解と熱意があったこともあり、とても有意義なイベントになりました。今後、水DO!を各地に広げていく上でも参考になりそうです。

間もなくオープンする生駒市の新しい駅前広場にも、水飲み場が設置されます。
地域の資源である水を見直し、無駄な資源を使わない気持ちよいくらしを、生駒から進めていただけること
を期待したいと思います。

▼セミナーの告知はこちら
http://www.foejapan.org/waste/event/140308.html
水Do!@エコライフフェア2013 & 逗子環境フェスティバル [2013年06月17日(Mon)]

スタッフの瀬口です。

6月は環境月間ということで、各地で環境イベントが開催されています。
さらに、6月の1週目は水道週間ということで、各地で水道関係のイベントも展開されています。
FoE Japanの水Do!キャンペーンも、6月前半2つのイベントに参加しました。

6月1日(土)、2日(日)には、東京・代々木公園で開催された環境省主催の「エコライフフェア2013」にブース出展。パネルを見ながらのクイズに約150名が参加しました。
特に、ブースの手前に展示した「ペットボトル飲料水と水道水の環境負荷比較」のグラフには多くの来場者が、「え!こんなに差があるの!」と驚き、ペットボトル飲料に頼るライフスタイルを見直すきっかけにしていただきました。

P1040733★.JPG
エコライフフェア2013水Do!キャンペーンのブース

ブース運営には約20名のボランティアにお手伝いいただき、来場者への説明に活躍してくださいました。この場を借りて御礼申しあげます。

6月8日(土)には、神奈川県逗子市の環境フェスティバルにて講演とワークショップを行いました。前半で、ペットボトルの環境負荷増加状況や国内外の様々な取り組みについて情報提供した後、後半は、グループに分かれて、逗子でペットボトルを減らすためのアイデアを出し合いました。駅や駅前に水飲み場を設置してほしい、小中学校でペットボトルの環境負荷や水道水の利用について教育を行うべきなどの案が出ました。また、早速街の中に給水スポットを増やすためのリサーチツアーの計画も。今後の展開が楽しみです。

P1040764★.JPG
逗子環境フェスティバル ワークショップでグループごとの発表

逗子環境フェスティバルの会場の市役所ロビーには、FoE Japanが情報提供して市民が作成した「ペットボトル飲料水と水道水の環境負荷比較」のグラフの実物オブジェも展示中です。
P1040769★.JPG
逗子市役所ロビーに展示されたペットボトル環境負荷の実物グラフ

水の地産池消を進めることで、環境負荷を減らしながら快適なまちづくりを実現しましょう。


シンポジウムにて発生抑制のしくみづくりに向けた提言を発表 [2013年02月27日(Wed)]

スタッフの瀬口です。

2013年2月19日、東京国際フォーラム(有楽町)にて、3R政策シンポジウム「より少ない資源でより豊かなくらしを〜発生抑制のしくみづくりに向けた提言」を開催しました。
事業者、研究者、行政関係者、市民など約60名の参加がありました。

会場全景1.JPG

発生抑制(リデュース)は、3Rの中で最も優先されるべきとされているにも関わらず、実際には、リサイクルだけが進み、「大量生産・大量消費」型の社会は変わっていません。
FoE Japanは、これまで10年以上にわたり、「発生抑制」に重点を置いて、国内外の取り組み事例調査や地域と協働での実践活動、キャンペーンなどを行ってきました。
2012年6月より、これらの活動成果をベースに提言書作成のための検討会を開催し、学識者、事業者、市民団体などのメンバーと検討作業を行ってきました。
今回のシンポジウムは、発生抑制のしくみづくりに向けた国内外の最新動向の報告と、提言書の発表の場として企画しました。

●第1部 発生抑制のしくみづくり最新動向

◇基調講演「消費と経済のデカプリングの時代へ」
  倉阪秀史氏(千葉大学法経学部教授)

倉阪先生.JPG

無駄なモノを作らず、いったん作ったものは使い倒すことにより、環境負荷を下げながら、経済発展をめざすイメージと事例をお話いただきました。

◇「韓国の法律による一回用品および過剰包装規制」
   ジョン・ジ・ユン氏 (地方自治総合研究所特別研究員)
韓国では、過剰包装の規制や使い捨て品の使用規制が法律で定められており、一定の成果を挙げていることは、日本でも大変参考になります。

◇「エコを誇れるまち・鎌倉をめざして」
  宇治牧子氏(鎌倉のごみ減量をすすめる会発生抑制チーム)
FoE Japanとの協働で発生抑制の取り組みを開始した成果報告と今後の計画を発表しました。

◇発生抑制施策・取り組み事例調査報告 
  長谷川哲郎(FoE Japan)
過剰包装、レジ袋削減、ペットボトル削減に関する国内外の施策の整理・検証と、発生抑制の取り組みによる生き生きしたまちづくりの事例紹介を行いました。

●第2部 発生抑制のしくみがつくるサステナブルな日本

◇発生抑制のしくみづくりに向けた提言発表
  瀬口亮子(FoE Japan)

提言発表.jpg

今回の提言は、容器包装および使い捨て品を対象とし、制度的な提案と、事業者・地域による自主的取り組みを促進する提案の計13項目です。
提言の詳細については、こちらをご覧ください。
http://www.foejapan.org/waste/library/130219.html

◇パネルディスカッション「発生抑制のしくみづくり実現の鍵」
コーディネーター:山川肇氏(京都府立大学准教授)
パネリスト: 中谷隼氏(東京大学)、百瀬則子(ユニー環境社会貢献部長)、 大石美奈子(日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)、瀬口亮子(FoE Japan)

パネリスト.JPG

発生抑制の取り組を促進するには、環境負荷に関する情報の共有、消費者と事業者のコミュンケーションが不可欠であること、自主的取り組みに限界のあるところには、国や自治体が制度をつくる必要があること、また、主体間の連携を促進する枠組みが必要であることなどが、確認されました。

今回の提言内容を実現していくために、さらに力を入れて活動していきたいと思います。

※シンポジウム告知はこちら
http://www.foejapan.org/waste/event/130219.html
鎌倉で「ごみの出ないまちづくり」プロジェクト進行中 [2012年10月10日(Wed)]

こんにちは。7月から廃棄物・3Rチームでインターンに参加している伊達です。大学3年生です。

神奈川県鎌倉市では、行政、事業者、市民の3者が協働してごみ減量に取り組む「鎌倉のごみ減量をすすめる会」(略称:かまごみ)が今年3月発足し、活動を開始しました。

FoE Japan 廃棄物・3Rチームは、かまごみの「発生抑制チーム」の活動をサポートしながら、ごみの出ないまちづくりの先進事例づくりを進めています。

発生抑制チームがまず行ったのが、市内のスーパーのレジ袋削減をはじめとする発生抑制の取組み調査です。
レジ袋削減のために、有料化、値引きなどどんな方法を取っているのか?不要の場合の確認の方法は?そしてその効果は?他にもトレイなし販売などごみを出さない工夫はあるか?などなど…
市内のすべてのスーパーをリストアップし、手分けして8月末までにほぼ調査を終えました。
普段利用しているスーパーでも、調査してみて改めて認識することがたくさんありました。

西友レジ袋.JPG

<写真:西友大船店 7月からレジ袋有料化>

この調査結果は、ウェブサイトにも掲載する予定ですが、まずは10月14日(日)に開催される「鎌人いち場(かまんどいちば)」というイベントにブース出展する際に、パネルにして展示することになりました。

10月5日(金)に私も参加させてもらった発生抑制チームのミーティングでは、その展示内容の打ち合わせを行いました。集まった調査結果を、どのような形にしたら市民のみなさんに伝わるか、熱心な議論が交わされました。
市民の目で見た、市内スーパーの現状。行政に任せきりにするのではなく、市民が問題意識をもって行動する現場に同席させていただき、勉強になりました。

かまごみ発生抑制MTGP1030667.JPG

<写真 10/5のかまごみ発生抑制チームミーティング>

また、現在準備を進めているのは…「エコスポット登録」。
鎌倉市内で、ごみの発生抑制につながるお店を登録し、マップにして市民の皆さんに知ってもらう活動です。
レジ袋の有料化や辞退者への値引きをしている、飲料容器ごみを減らすためにマイボトルへの給水・給茶サービスを提供するなど、無駄な容器包装を減らす取組みをしているお店を募集しています。また、これをきっかけに、あらたにエコスポットの取組みを始めるお店も大歓迎です。
5日のミーティングでは、最初に登録する候補のお店の具体名がいくつか挙がりました。

高崎屋量り売りP1030702.JPG

<写真:酒屋の高崎屋さんは、焼酎などをオリジナルリユースびんで量り売り。>

お店の登録が完了次第、ウェブ上のマップに掲載していく予定です。
取組みの輪が広がって、世界遺産登録をめざす鎌倉が、「エコも誇れる」まちになっていくといいですね。

※鎌倉のごみ減量をすすめる会のHPはこちら
http://kamagomi.kcn-net.org/index.html

「水Do!@キャンパス」キックオフミーティングをしました [2012年07月23日(Mon)]

こんにちは、インターンの新堂です。

7月12日に水Do!キャンペーンの一環である、「水Do!@キャンパス」のキックオフミーティングを行いました。水Do!とは、ペットボトルなどの容器入り飲料ではなく水道水を選ぶことでCO2、ごみ、社会的コストを減らそうというキャンペーンで、学生自身によるキャンパスでの活動を呼びかけています。この日は、学生自身がそれぞれのキャンパスでできる活動を考える目的で、初の学生による学生のためのミーティングを開催しました。集まったのは千葉大学、青山学院大学、早稲田大学、国際基督教大学の学生です。
P1030402.JPG

まず、水Do!の趣旨や海外の大学の事例をFoE側から説明しました。アメリカの大学での、学生主体の水道水推進キャンペーンや、キャンパス内でのペットボトル販売禁止などが紹介されました(詳しくはこちらhttp://sui-do.jp/action_campus)。

そのあとは、ワークショップ形式で、自分の大学の飲料利用に関する長所、短所を
(1)学生の意識
(2)キャンパスの環境
(3)環境サークル、協力的な教員の存在等の条件
という3つの観点で挙げていき、その現状を踏まえて私たちにできる取り組みを考えました。
P1030403.JPG

このミーティングでは違うバックグラウンドを持つ学生が集まっていたため、今まで考えつかなかったような新しい観点で水Do!を考えることができました。興味深い提案が次々と出てきて面白かったです。また、それぞれの大学にあった広め方があるんだということを実感しました。

最後にこれらに取り組むためにどうアクションを起こすか、特に自分ひとりからでも始められるようにStep1、Step2…と順を追って考えていきました。
DSCN2349.JPG

今後は、各大学でマイボトルやインフラが学生自身の手によって改善していけるよう、具体的に考えていきたいと思います。今回は第一回目でしたが、アットホームな雰囲気の中様々な意見が飛び交い、とても充実した時間となりました。これからも第2回、3回と学生同士が意見交換していける場を作っていきたいと思っていますので、これを見た学生の方!次回是非参加してみてください。
詳細はhttp://sui-do.jp/に掲載していきます。
企画展示「しくみを作ればごみは減る!」青山で開催中! [2012年07月19日(Thu)]

はじめまして。
5月から、廃棄物・3R担当でインターンをしている、長谷川哲郎と申します。

7月10日(火)から、東京・青山の地球環境パートナーシッププラザ(GEOC) 多目的スペースで、企画展示「しくみを作ればごみは減る!‐脱・使い捨て社会をめざして」を開催しています。

来場者P1030410.JPG

私たちは、現状のような大量生産、大量消費型の社会構造を見直し、地球から取り出す資源と環境負荷を最小限に抑えられるような「脱・使い捨て社会」へ移行する必要がある、といった内容です。
また、現在、FoE Japanが力を入れている「水Do!キャンペーン」についても、国内外の最新事情などいろいろな展示をしています。

パネルP1030388.JPG

中でも今回の展示の見どころは、ペットボトル飲料水と水道水の飲用利用のライフサイクル全体でのCO2排出量の比較を「実物グラフ」で表現したオブジェです。水道水を飲むのに比べて、ペットボトル入りの水を選んだ場合、CO2排出量が数十倍にもなってしまいます。それをペットボトルの量、高さで表現しています。
しかし、ペットボトルのタワーは、あまりの高さと重さで、まっすぐ立てることが難しく、設営に非常に苦労しました。多少ゆがんでいますが、それだけ地球にかかる負荷が大きいということを感じていただけるかと思います。ちなみに比較対象の水筒はメーカーさんからのご提供、小さな冷水機は紙粘土で作りました。

ペットグラフ2P1030433.JPG

14日(土)には、環境ボランティア見本市が開催されたこともあってたくさんの方がご来場くださいました。実物グラフを見た方から「これ見たら、絶対ペットボトル飲料を買おうなんて思わなくなりますね」と言われて、作った甲斐があったと思いました。

それでは最後に、美しい地球を守り、後世へ受け継いでいくためには、一人一人の行動、賢い選択の積み重ねが必要です。この夏、脱・使い捨て社会を目指して、できることからはじめてみませんか?

※会場案内など詳細はこちら
http://www.foejapan.org/waste/event/120710.html
水Do!キャンペーンが「アースデイ東京2012」に出展 [2012年04月25日(Wed)]

インターンのウチヤマです。
4月21日(土)22日(日)に、代々木公園で行われた「アースデイ東京2012」に、水Do!キャンペーンで出展しましt。2日とも曇りで寒いくらいのお天気でしたが、本当にたくさんの人が代々木公園に集まっていました。

ブース2.JPG

ステージからすぐ近くのFoEブースでは、来場者にペットボトル飲料の環境負荷や水道水見直しについて解説したパネルをご覧いただきながらクイズに挑戦していただきました。
また、学生の来場者には、キャンパスでの飲料利用についてのアンケート に協力していただきいました。
そして、マイボトルを持参した方には 無農薬栽培の抹茶(とってもおいしいんですよ!)を水道水でシャカシャカつくる体験をしていただきました。

ブース1.JPG

そしてなんと2日目には、ミス・アース・ジャパン2011の前田智子さんが応援にかけつけて下
さいました!!
同じ人種とは思えない美しさ‥ボランティアさんも私も、しばらく見とれてしまうほどでした。
前田さんはシャカシャカ抹茶のデモンストレーションを おこなったり、みずから来場者に水Do!キャンペーンについて説明してくださいました。

ミス・アース ブース 小.JPG

さすがアースデイとだけあって、ブースには、意識の高い来場者がたくさん訪れました。社会人の方をはじめ、学生さん、ほかのNGOに参加 している方、はたまた大学の先生などなど、多種多様な人たちと意見交換をできて、私にとっても、とても有意義な2日間となりました。

ちなみに、ブースの運営には、両日あわせて、約30人ものボランティアが参加してくださした。参加して下さった方々、本当にありがとうございました!
これからも水Do!キャンペーンではさまざまな活動を行っていく予定ですので、応援よろしくお願いします。

集合写真 小.JPG