CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«「20ミリシーベルト」撤回に向けて、国会議員を動かそう! | Main | 「森のプレゼント」事業視察 宮城県岩沼市@被害の模様»
プロフィール

FoE Japanさんの画像
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/foejapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/foejapan/index2_0.xml
政府交渉>20ミリシーベルト撤回に向けた政府交渉(報告) [2011年05月03日(Tue)]

5月2日、学校などの利用の際に暫定基準として文部科学省が示した「20ミリシーベルト」撤回に向け、厚生労働省、文部科学省、原子力安全委員会との交渉を行いました。
呼びかけ団体は、グリーン・アクション/フクロウの会/美浜の会/FoE Japanの4団体です。

交渉の背景については、下記をご覧ください。
http://www.foejapan.org/infomation/news/110428.html

当日は330人もの参加者が集まり、断固として20ミリシーベルトの撤回を求めました。また、世界61か国から集まった1,074団体および53,193人の撤回要請を手渡しました。
http://www.foejapan.org/infomation/news/110502.html

交渉の場では、政府側の混乱や無責任ぶりがますます明らかになってきました。文部科学省は依怙地にこれを撤回しようとはしません。福島の子供たちを守るためには、政治家の断固たる決断が求められています。上記の署名には20名の心ある国会議員からの連名をえることができました(20名の議員についはこちら)。しかし、交渉の場に、ついに文科省の政務三役が姿をあらわすことはありませんでした。

「20ミリシーベルト」撤回要請 第2弾はこちら

以下、4団体が出したプレスリリースと報告です。


誰がどう決めたか? 
迷走し始めた「子どもに年20ミリシーベルト」に必要とされる政治決断



厚生労働省:「放射性管理区域(0.6マイクロシーベルト/時以上)で子どもを遊ばせてはならない」しかし、放射性管理区域と同じレベルの環境で子どもを遊ばせることの是非は答えず。(実態:福島県の学校の75%以上が管理区域と同程度の汚染)

文部科学省:自治体の除染作業に「ブレーキはかけないが、やる必要はない」

原子力安全委員会:「20ミリシーベルトは基準としない。20ミリシーベルトを安全とする専門家はいない」


福島の原発事故を受け、文部科学省が19日に発表した学校等の校舎・校庭等の利用判断における放射線量の暫定的目安「20ミリシーベルト」は混迷を深めている。本日、この問題を憂慮するグリーン・アクション、福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)、国際環境NGO FoE Japanの呼びかけにより、政府交渉が開かれた。

交渉は、まず厚生労働省、次いで、文部科学省、原子力安全委員会と行われたが、下記のように「20ミリシーベルト」の認識や決定プロセスに関して、省庁側は明確な回答を行うことができなかったばかりでなく、原子力安全委員会は、「20ミリシーベルト」を基準としては認めていないと発言。この基準を、どの省庁がどのように決めたか、謎は深まるばかりだ。

・厚生労働省は、放射性管理区域(0.6マイクロシーベルト/時以上)で子どもを遊ばせてはならないと発言したものの、放射性管理区域と同じレベルの環境で子どもを遊ばせることの是非については回答しなかった。

・原子力安全委員会は、「20ミリシーベルト」は基準として認めていないと発言。また、安全委員会の委員全員および決定過程にかかわった専門家の中で、この20ミリシーベルトを安全とした専門家はいなかったと述べた。

・原子力安全委員会は、19日14時頃に助言要請を受け、16時に「20ミリシーベルト」を了解すると回答しているが、この間、正式な委員会は開催されなかったものの、4名の委員が参加する会議が開かれた。これをなぜ正式な委員会としなかったかについては、明確な回答はなかった。

・原子力安全委員会は、福島県放射線健康リスク管理アドバイザーが、「100ミリシーベルト以下であれば、安全」と繰り返していることに関して、「調査し、それが事実ならば対応する」と発言した。

・文部科学省は、屋外活動を許容する「毎時3.8マイクロシーベルト」という基準に関して内部被ばくを考慮していないことを認めた。理由として、ほこりなどの吸引は、全体の被ばく量の2%程度であり、軽微と判断したと説明。しかし、内部被ばくの評価の前提としたデータを示さなかった。

>市民側がまとめた会合の結果あきらかになった事実とそれに基づく要求はこちら(PDFファイル)。

市民グループ側は、「20ミリシーベルトという基準が、だれがどう決めたのか。原子力安全委員会の議論の過程で、20ミリシーベルトを安全だとした専門家、委員は一人もいない。すなわち、20ミリシーベルトを了解した決定そのものの根拠が崩れたということ。20ミリシーベルトによって、福島県の子どもたちがさらされているリスクをこれ以上放置するべきではない。政治的な決断が必要だ」として、20ミリシーベルト撤回をあくまで求めていく姿勢だ。


※緊急声明tと要請に連名をいただいた議員は下記のとおりです。ありがとうございました。

阿部 知子 衆議院議員
有田芳生 参議院議員 
石田三示 衆議院議員
いなみ哲男 衆議院議員 
今野 東 参議院議員
大島九州男 参議院議員
川田 龍平 参議院議員
服部 良一  衆議院議員
平山誠 参議院議員
福島 みずほ 参議院議員
森 ゆうこ 衆議院議員
森山浩行 衆議院議員 
山崎 誠 衆議院議員
吉田 忠智 参議院議員
初鹿明博 衆議院議員
櫛渕 万里 衆議院議員
大河原 雅子 参議院議員
姫井 由美子 参議院議員
馳 浩 衆議院議員
三宅 雪子 衆議院議員


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント