CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«福島ぽかぽかプロジェクト〜第3期スタート! | Main | LUSHジャパン「チャリティポット5周年イベント」に参加してきました。»
プロフィール

FoE Japanさんの画像
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/foejapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/foejapan/index2_0.xml
鎌倉で「ごみの出ないまちづくり」プロジェクト進行中 [2012年10月10日(Wed)]

こんにちは。7月から廃棄物・3Rチームでインターンに参加している伊達です。大学3年生です。

神奈川県鎌倉市では、行政、事業者、市民の3者が協働してごみ減量に取り組む「鎌倉のごみ減量をすすめる会」(略称:かまごみ)が今年3月発足し、活動を開始しました。

FoE Japan 廃棄物・3Rチームは、かまごみの「発生抑制チーム」の活動をサポートしながら、ごみの出ないまちづくりの先進事例づくりを進めています。

発生抑制チームがまず行ったのが、市内のスーパーのレジ袋削減をはじめとする発生抑制の取組み調査です。
レジ袋削減のために、有料化、値引きなどどんな方法を取っているのか?不要の場合の確認の方法は?そしてその効果は?他にもトレイなし販売などごみを出さない工夫はあるか?などなど…
市内のすべてのスーパーをリストアップし、手分けして8月末までにほぼ調査を終えました。
普段利用しているスーパーでも、調査してみて改めて認識することがたくさんありました。

西友レジ袋.JPG

<写真:西友大船店 7月からレジ袋有料化>

この調査結果は、ウェブサイトにも掲載する予定ですが、まずは10月14日(日)に開催される「鎌人いち場(かまんどいちば)」というイベントにブース出展する際に、パネルにして展示することになりました。

10月5日(金)に私も参加させてもらった発生抑制チームのミーティングでは、その展示内容の打ち合わせを行いました。集まった調査結果を、どのような形にしたら市民のみなさんに伝わるか、熱心な議論が交わされました。
市民の目で見た、市内スーパーの現状。行政に任せきりにするのではなく、市民が問題意識をもって行動する現場に同席させていただき、勉強になりました。

かまごみ発生抑制MTGP1030667.JPG

<写真 10/5のかまごみ発生抑制チームミーティング>

また、現在準備を進めているのは…「エコスポット登録」。
鎌倉市内で、ごみの発生抑制につながるお店を登録し、マップにして市民の皆さんに知ってもらう活動です。
レジ袋の有料化や辞退者への値引きをしている、飲料容器ごみを減らすためにマイボトルへの給水・給茶サービスを提供するなど、無駄な容器包装を減らす取組みをしているお店を募集しています。また、これをきっかけに、あらたにエコスポットの取組みを始めるお店も大歓迎です。
5日のミーティングでは、最初に登録する候補のお店の具体名がいくつか挙がりました。

高崎屋量り売りP1030702.JPG

<写真:酒屋の高崎屋さんは、焼酎などをオリジナルリユースびんで量り売り。>

お店の登録が完了次第、ウェブ上のマップに掲載していく予定です。
取組みの輪が広がって、世界遺産登録をめざす鎌倉が、「エコも誇れる」まちになっていくといいですね。

※鎌倉のごみ減量をすすめる会のHPはこちら
http://kamagomi.kcn-net.org/index.html

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/758327

コメントする
コメント