CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
西都市にある宮崎県立西都原考古博物館の運営支援業務事務局を受託している、NPO法人iさいとのスタッフとして働いています。
「学芸員と行く調査研究体験ツアー<地中レーダー探査編>」[2014年03月16日(Sun)]
平成25年度 博物館友の会会員限定企画

「学芸員と行く調査研究体験ツアー

  <地中レーダー探査編>」開催しました!

その2 地中レーダー探査体験編

概要説明の後、休憩をはさんで屋外(博物館の中庭)で実際に使用する機器を使って地中レーダーの探査体験を行いました。大変に高価な機器で、以前は1000万以上もしたそうですが、いまはかなり安くなってきたそうです。それでもこれだけで高級車が買えるそうです。余談ですが、以前耐震偽装問題があったとき、これと類似の機器が建物の鉄骨のチェックをするのに活躍したそうです。

DSC00619.JPG

レーダー本体とアンテナをつないでセッティングをおこなっています。このケーブルだけでも数十万円するそうです。

DSC00622.JPG

実際にアンテナを引っぱってみましたが、皆さんレーダーの映像に興味津々の様子でした。ちなみに、副主幹が首からレーダーを下げるのに使用しているのはギター・ストラップです。さすがギタリストですね?!

DSC00624.JPG


申し送れましたが、アンテナを引っぱっていただいているのは学芸の藤木主査です。ありがとうございました。

DSC00626.JPG


ここで参加者の方にレーダーを持っていただいて体験を行いました。この方は、鹿児島県出水市からわざわざご参加いただきました。副主幹自らアンテナを引っぱっていただいております。

DSC00628.JPG

対象物の見え方や、見方について解説をしていただいています。

DSC00629.JPG

これがレーダー本体です。以前に比べるとかなりコンパクトになったそうです。

DSC00632.JPG

レーダー本体と、奥に見えるのがアンテナです。

DSC00633.JPG

今回はいろいろと不手際があり、参加者の方々や学芸の方にもご迷惑をおかけしてしまい反省しております。それでも、参加者の方が大変に喜んでいただけたようで安心いたしました。
また、こういった企画を行っていきたいと思っておりますので、博物館友の会へのご入会よろしくお願いいたします。
お問合せは、運営支援事務局までお気軽にどうぞ。(電話:0983-43-5116)

参加者の皆さん、東さん、藤木さん、ありがとうございました。お疲れ様でした。

「学芸員と行く調査研究体験ツアー<地中レーダー探査編>」[2014年03月16日(Sun)]
平成25年度 博物館友の会会員限定企画

「学芸員と行く調査研究体験ツアー

  <地中レーダー探査編>」開催しました!

その1 概要説明編


案内チラシ.jpg

3月15日(土)、午後1時より平成25年度博物館友の会会員限定企画「学芸員と行く調査研究体験ツアー<地中レーダー探査編>」を開催いたしました。当初、10名ほど参加予定だったのですが、急用他で当日は4名と少ない参加者となってしまいました。そこで予定を変更してまずは博物館セミナー室での概要説明、その後に中庭で実際にレーダーを使った探査体験を行う事となりました。参加者の皆さんには、当日の変更でご迷惑をおかけしてしまいました。申し訳ありませんでした。

今回の講師は、考古博物館学芸普及担当の東副主幹です。過去の調査データを使って、「地中レーダー探査とは?」という事をお話しいただきました。

DSC00597.JPG


データを解析する事によって、古墳を立体的に視る事ができるんですね。

DSC00599.JPG

以前に行った調査によって、「男狭穂塚」は前方後円墳が壊されたものではなく、帆立貝型古墳である事が明らかになったということです。分かりますか?しかも全長はどちらも176m。不思議な一致です。何か意味があったんでしょうか?

DSC00600.JPG


こちらは、国宝「金銅製馬具」が出土したと言われる「百塚原古墳」です。こちらもレーダー探査を行ったそうです。

DSC00603.JPG

これは、レーダー探査の画像を浅い所から徐々に深いところにむけてスライスしたイメージです。面白いですね。

DSC00604.JPG

一番下の大きい円が「百塚原古墳」です。上に3本見える赤いラインは、農家の方が以前に掘った畑の溝だそうです。その他に、今は削られてなくなってしまった円墳が4基ほど見えますね。地表をみるだけでは分からないことも、地中レーダーで見るとよく分かる(?)そうです。私のような素人は言われてはじめて「そうかなぁ・・・・」と思うばかりです。

DSC00609.JPG


これは、「地下マップ」と呼ばれる画像を深さに応じて重ねたものです。これによって、地中の様子が立体的に分かりやすくなるそうです。

DSC00611.JPG

これは、実際に古墳のレーダー探査作業を行っているところです。1回の調査で重たい探査機器を使って5Km以上歩くそうです。高低差もあるので、かなりの重労働ですね。夏場の調査では、熱射病や熱中症で倒れる方もいるそうです。大変なお仕事です。

DSC00612.JPG


これは、レーダー探査で解析した地中の断面です。波打ったように見えるところには何かある可能性があるそうです。といっても、素人にはよくわかりませんが。

DSC00616.JPG

東副主幹が紹介してくれた面白い(?)画像です。前方後円墳の上と左に、規則正しく並んだ点線のように見えるもの、何かわかりますか?調査の時、先生方もよく分からなくて地主さんに尋ねたところ、これは以前植えてあったミカンの木の跡だそうです。地上から見ると分かりませんが、地中レーダーでこんな事も分かるんですね。

DSC00618.JPG


この後は、いよいよ中庭で実際に器械を使ってレーダー探査体験を行います。

<その2へ続きます>
宮崎の玉「勾玉に魅せられた人々」[2014年02月22日(Sat)]
企画展関連講座 
宮崎の玉「勾玉に魅了された人々」

P2220183.JPG

今回の講演会は、学芸員主査 藤木聡氏によって行われました。玉の種類、原材料、縄文時代の牙玉、弥生・古墳時代の勾玉、宮崎における玉の特徴などの 内容でした。また、2014年1月11日明治大学駿河台キャンパスで行われた木下尚子氏の講演会の内容も一部紹介されました。

P2220184.JPG

―縄文時代の牙玉―
 クマ、オオカミ、イヌなどの牙の根元に穴をあけた製品で孔の端部には、紐ずれの痕跡が見つかっています。また、歯根部の孔近くに紐掛けの刻みも発見されています。
 牙の湾曲した形状と結縛する行為によって命を守る呪具であったと見ることができます。

P2220187.JPG
P2220192.JPG
 
宮崎の縄文勾玉は、九州の他地域と比べヒスイ製玉が多く、東日本(北陸・東海)の影響を九州で最も敏感に反映しています。

−弥生時代の勾玉−
 北部九州の平野部を皮切りに、経済基盤や技術体系が次々と刷新されていくなかでも人々は伝統的な呪具に固執しました。
 球状の頭部、筒状の胴部・先細りの尾部を持ち、屈曲の明らかな豊満な勾玉に定型化してきました。また、孔を中心に3〜4状の細い線を放射線状に刻む縄文勾玉の結縛行為がデザイン化された丁子頭勾玉が出土しています。また、丁子勾玉はヒスイを使用しています。身分表示の装身具としても用いられました。

P2220194.JPG

P2220196.JPG

宮崎の弥生勾玉は土製品が多く、石製の勾玉は僅少で、1cm以内の小さなものになります。また、緑系の石を使われているもののヒスイ製はありません。

P2220198.JPG

P2220200.JPG


P2220208.JPG

−西都原4号地下式横穴墓に勾玉はあったのか−

P2220209.JPG

 南側を頭に、割竹状の屍床南側に22本の歯(壮年)が発見されました。頭部付近にはヒスイ製勾玉1点(L=2.4cm)、碧玉製管玉16点(L=2.2-0.7センチ)、また、腰から足付近からは紺色ガラス製丸玉115点、淡青色ガラス製小玉64点、緑色凝灰岩製管玉11点が発見されています。

P2220213.JPG

P2220211.JPG



観光ボランティアガイド育成支援事業・意見集約会[2014年01月29日(Wed)]

平成25年度

「観光ボランティアガイド育成支援事業」

           意見集約会を開催しました!

        平成26年1月28日(火)

        みやざきNPOハウス101号室


昨日、当団体が宮崎県からの委託事業として行っている「観光ボランティアガイド育成支援事業」の講座が4回まで終了した事をうけて、これまで講師を務めていただいた3氏にお集まりいただいて、意見集約会を行いました。担当スタッフも同席して、いろいろなご意見をいただきました。

DSC09615.JPG

第1回の「映画監督が撮影を通じて感じた観光とボランティア」を担当していただいた、宮崎出身の映画監督、花堂純次氏です。映画というたくさんの人が関わることで作品を作り上げるという監督ならではの、人との接し方やおもてなしについてお話をしていただきました。

DSC09619.JPG


第3回「日向神話をどのように語り継ぐのか」というテーマでお話ししていただいた、宮崎県教育庁文化財課専門主幹の北郷泰道氏です。考古学と神話という視点からのお話をいただきました。

DSC09622.JPG


そして、第2回講座「民俗学から見た宮崎の観光資源」ということで、ご専門の民俗学の視点から観光についてのお話をしていただいた、宮崎公立大学教授の永松敦氏です。

DSC09623.JPG


この日は、以上のお三方にお集まりいただき、これまでの講座をうけての反省や今後の方向性等について、率直なご意見をうかがいました。今後は、ボランティアガイド団体のみならず、行政や自治体の協力が不可欠である事。そしてコーディネートする団体の必要性。また、それぞれの地域での講座の開催などとても有意義な意見集約の場となりました。
参加したスタッフもとても参考になりました。

DSC09629.JPG


今回の集約会を受けて、今後どういったふうに進めていくべきか、また新たな課題と方向が見えてきたような気がしています。次のステップとなる事業が必要となりそうです。
お忙しい中、お集まりいただいた講師の皆様ほんとうにありがとうございました。

<おまけ>
会議中もずっと大事そうに焼酎に手をかけていらっしゃいました。

DSC09635.JPG

「平成25年度 NPO企画力向上研修 〜実践 自治体編」[2014年01月26日(Sun)]

平成25年度

NPO企画力向上研修

  〜実践 自治体編〜

   平成25年1月25日(土)13:30〜16:30

    みやざき県民協働支援センター

昨日、宮崎市の”みやざき県民協働支援センター”において、「NPO企画力向上研修」の「実践 自治体編」が開催されました。

自分達のミッションを地元自治体との協働で実現させたい!
では、自治体が公募する事業に対してどのように応募するのか?
採択されやすい企画とは? 自分の企画のアピール方法は?
自治体が望む企画の作成には自治体の考え方を知る事が必要です。
講師は地元自治体の担当者!!徹底的な現場主義研修会です。

「自治体公募事業」に積極的に応募しましょう!! そのために、今回は
自治体公募のイロハを知り、実際の審査員経験者から企画書のツボを伝授!

公募する側、審査する側、応募するNPOが一同に会しての研修で、ある意味”掟破り”とも言える素晴らしい企画です。

この日は、県内各地から多数の団体の方が参加されました。
まずは、センター長から挨拶とこの研修の趣旨や心構えについてお話がありました。

DSC09584.JPG

いよいよ研修が始まりました。まずは、県の生活・協働・男女参画課の方から、県が公募する事業についてのポイントについてお話がありました。
「孫子の兵法」からの引用で、「彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず」という言葉にあるように、相手(公募する側)が何を求めているのか?そして、自分達は何が出来るのか?(強み)を知ることが重要だという事でした。

DSC09585.JPG

続いては、宮崎市の担当者の方から、ニーズに基づいた自己満足にならない企画が大切だという事などのお話がありました。

DSC09586.JPG

最後は、日向市の担当者の方です。日向市では公募事業の審査会に市民も参加しているということで、市民の目線に立った、市民の生活に密着したテーマでという事でした。参考になります。

DSC09587.JPG

休憩をはさんで、多くの事業の審査員を務められている宮崎大学の根岸先生も加わって、「審査のポイント」と題して、先ほどの担当者の方も交えてパネルディスカッションが行われました。実際に公募の採択に関わっていらっしゃる方々の赤裸々な告白(?)の連続で、とても参考になる発言ばかりでした。改善点や反省点も多く気づくことができました。

DSC09588.JPG

今回の研修の成果を、今後の活動に活かしていきたいと思っています。参加者の皆さんも、それぞれいろんな気づきがあった事と思います。
講師の方々、参加された皆さん、お疲れ様でした。
テント組立ててみました。[2014年01月24日(Fri)]

テント組立てました!

 古代生活体験館中庭 2014年1月24日

2月1日に開催する「銀鏡神楽」で控室として使うテントの事前チェックを行いました。宮崎から3人のスタッフが来て組立ておよび会場等の確認と打合せを行いました。

DSC09574.JPG

夢中になって組立ていたので?、完成時の写真を忘れてしまいました。
まぁ、問題なく使用出来そうなので一安心です。

片付けの模様をお楽しみ(?)ください。

DSC09575.JPG

DSC09576.JPG

準備は着々と進んでいます。
「第5回ドラッカー講座」[2014年01月24日(Fri)]

『第5回 ドラッカー講座』

  〜非営利組織におけるリーダーシップ〜

  2014年1月23日 19時から

  会場:宮崎県NPO活動支援センター

 昨夜、宮崎市の宮崎県NPO活動支援センター(NPOハウス)で19時より、「第5回ドラッカー講座が開催されました。今回のテーマは、「非営利組織におけるリーダーシップ」でした。非営利組織において、どのようなリーダーが求められるのか?そして、そうしたリーダーとなるには何が必要なのかを学びました。

こちらがテキストの「非営利組織の経営」です。

DSC09557.JPG

まず、講師をしていただく、宮崎大学の根岸准教授から概説がありました。

DSC09562.JPG

この後は、3グループに分かれて、”@理想のリーダー像とは?”、”A理想とされるリーダーとなるには?”
の2点についてグループディスカッションを行いました。それぞれの立場や考えが異なり、いろんな意見が出されました。

DSC09564.JPG

話し合いの後は、各グループの代表がその結果を発表しました。視点の異なる意見が多く、とても参考になります。

DSC09566.JPG

最後は、根岸先生とセンター長のお二人で総括をしていただきました。
次回は最終回、「第6回 非営利組織における自己啓発」で、2月19日に開催予定です。興味のある方はぜひご参加ください。

DSC09570.JPG


根岸先生、センター長ありがとうございました。参加者の皆さん、お疲れ様でした。
”まりこふんさん”が来たっ! その2[2014年01月23日(Thu)]
”まりこふんさん”が来たっ!

        2014.1.22 その2

 せっかくなので、先日から開催中の企画展U「勾玉の魅力」も見ていただきました。宮崎県内各地から出土した、勾玉、管玉やガラス玉が多数展示されています。

 ここで、まりこふんさんのテンションMAX!大コーフンの連続でした。「大きいっ!カワイイ!キレイ!」

DSC09540.JPG

 展示方法も素晴らしくて、まりこふんさん曰く、「まるで、ジュエリー・ショップみたい!」だそうです。ま、ある意味宝石ですからね。

DSC09541.JPG

 カメラを手にたくさん撮っていらっしゃいました。なかなかケースの前を離れようとしませんでした。

DSC09544.JPG

 展示室から3階の展望ラウンジへ。ここで、古墳群を眺めながら全体の説明をしました。規模の大きさに、あらためて驚かれていました。

DSC09546.JPG

 1階受付の横で、記念スタンプをペタリ!さすがアーティスト、押し方にもこだわっていらっしゃいました。

DSC09547.JPG

 当法人が運営している「ミュージアムショップ 舗」で、たくさんお買物もしていただきました。

DSC09549.JPG

 最後は、ショップの前で記念撮影.「ハイ、チーズ!」

DSC09550.JPG

 この後、古墳群にご案内いたしました。
まりこふんさん、ご来館いただき誠にありがとうございました。どんな形で紹介していただけるかとっても楽しみです。さっそく、まりこふんさんのブログやfacebookで紹介していただいていました。そちらもぜひご覧ください。
”まりこふんさん”が、博物館に来たっ![2014年01月23日(Thu)]
”まりこふんさん”が来たっ!

        2014.1.22 その1


 昨日(1/22)、西都原考古博物館に素敵なお客様がお見えになりました。お客様の名前は、”まりこふん”さんです。昨年から秘かなブームとなって「日経MJ」やTV等でも紹介されている「古墳ガール」の仕掛人ともいえる方です。「古墳にコーフン協会」の会長さんとして活動されるとともに、自らはミュージシャンとしての活動もされており、「古墳ブルース」という歌をを歌われています。
 今回は、今年出版する「古墳」の書籍の取材として来館いただきました。実際にお会いしてみると、とってもチャーミングで可愛らしい女性でした。この日は、午前中に博物館展示室、午後からは古墳群の見学・取材をされました。

 この日は、当法人のI代表理事にガイドを務めていただきました。まずはご挨拶と概要の説明を行っています。同行されているのは、出版社(扶桑社)の担当者さんです。

DSC09463.JPG

 まず、まりこふんさんが歓声を上げたのは、展示室に向かうスロープの壁にある箸墓古墳等のレリーフです。西都原の古墳と畿内の古墳が同じ設計に基づいているという説明に驚かれていました。

DSC09467.JPG

 次に驚かれたのは、当館の特色である”ハンズオン展示”。これは、展示品それもレプリカではなく出土した本物に手で触れることができるという事です。つまり、展示品はほどんど破損した、つまりバラバラの状態で出土しています。だから、壊れたらまた修復すればいい。という考え方に基づいています。
 まりこふんさんも、はじめは恐る恐るでしたが実際に手を触れたり、持ち上げたりされていました。

DSC09478.JPG

 これは、西都原古墳群”170号墳”から出土した「子持家形埴輪」で、重要文化財に指定されています。残念ながら展示品は複製品で、実物は東京の国立博物館に所蔵されています。全体の30%という出土物から修復した修復担当の方の想像力に驚かされます。

DSC09502.JPG

 これは、スクリーンの前に展示されている「男狭舗塚」、「女狭舗塚」の立体模型です。まりこふんさんが「欲しいぃ〜っ!販売すればいいのに・・・」とおっしゃっていましたが、「売れるかも!」と思ってしまいました。相談してみようかと思います。(笑)

DSC09511.JPG


 これは、宮崎県唯一(たしか)の国宝である「金銅馬具」で、百塚腹古墳群から出土しました。これも、残念ながら複製品で、実物は五島美術館の所蔵です。しかし、嬉しいことに本館が今年、開館10周年を迎えるということで、特別展において”里帰り展示”される予定になっています。必見です!とっても楽しみです。

DSC09513.JPG

 大スクリーンに「男狭舗塚」、「女狭舗塚」の映像が映し出されています。まりこふんさんが食い入るように見入っていました。なかなかの迫力です。

DSC09515.JPG

 これも、地下式横穴墓の模型に立体映像が映し出されています。こちらでも、まりこふんさん大コーフン!でした。

DSC09518.JPG

 これは、軽石でできた石棺です。手に持って重さを実感していただきました。これも当館の特色です。

DSC09520.JPG

 たまたま、他のお客様の相手をされていた学芸のH副主幹からも解説をしていただきました。こういった繋がりも当館の特色です。

DSC09526.JPG

 これは、地下式横穴墓から出土した古代の剣のサビを落としたものです。南九州独特の湿度の高い環境のおかげだそうです。それにしても見事な輝きですね。

DSC09531.JPG

 この兜を見たまりこふんさん、「この帽子カワイイ〜ッ!欲しい〜っ。」まりこふんさんの視点、やっぱり違います。

DSC09532.JPG

※その2へ続きます。
第7回九州観光ボランティアガイド大会in長崎[2014年01月22日(Wed)]
第7回九州観光ボランティアガイド大会in長崎
1月20・21日に行われました。600人を超えるボランティアの参加で大盛況でした。
朝7時に西都原考古博物館へ集合。19名の参加者でした。

P1200183.JPG

5時間におよぶバスの移動中 昼食でした。中華料理でした。

P1200187.JPG

やっと会場に到着。おもてなしの出迎えでした。

P1200190.JPG

ゆるキャラ君もお出迎え。

P1200191.JPG



−1日目−

P1200197.JPG

P1200206.JPG

基調講演 「つづける つながる ひろがる」〜観光ボランティアガイドにできること
講師:鷲尾裕子氏(松蔭大学 観光メディア文化学部 準教授)
内容:注目される観光まちづくり、ガイドわくわく、あなたのまちのわくわく探し、なぜ地産地消が注目されるのか、伊勢神宮式年遷宮に学ぶ子どもや孫の世代に街をつなぐ、「あまちゃん」に学ぶ、チームになる、理念の共有と確認
分科会  ガイドが地域で果たす役割、ガイド体験から学ぶ、お客様を楽しませるガイド
方法と心づかい、これからのガイド(団体)のあり方

事例発表 @「ガイドが地域で果たす役割」 長崎県 
壱岐島おこし応援隊「チーム防人」代表 中山忠治氏
     A「持続可能なガイド団体のあり方」 大分県 
大分県ふるさとガイド連絡協議会 会長 平野芳弘氏
     B「お客様を楽しませるガイド方法と心づかい」 熊本県 
玉草宝島案内人の会 会長西岡義清氏
     C「運営は組織的、運用は個性尊重」 宮崎県 
宮崎市神話・観光ガイドボランティア協議会 副会長 湯川英男氏

4名の方の事例発表でしたが、まちおこしとガイド案内がバランスよく行われているのかを聞きました。添乗した事務局(NPO)のスタッフとして学ぶべき点が多くありました。

情報交換会 
ガイドボランティアの方々が立食パーティーのなか、それぞれに情報交換をしていました。今回は各県より98団体 のボランティアの方々でした。今回は7回目で、九州を1周したと言う事もあり、和気あいあいという雰囲気での情報交換会でした。ボランティアの方に博物館、西都原(西都市)のパンフレットを配って頂きました。

P1200242.JPG

宿泊   
今回は大会会場と宿泊場所が同じと言う事もあり、時間的に余裕もあり安眠できたと言う事でした。部屋もきれいで快適でした。

P1200314.JPG

−2日目−パネルディスカッション
1日目に行われた、分科会のパネルディスカッションが行われました。
    
その後閉会式を行い、現地視察をされる方、そのまま帰路につかれる方もいらっしゃいました。私たちの団体は、諫早湾干拓堤防と普賢岳災害記念館を見学しました。

P1210321.JPG

P1210322.JPG

P1210326.JPG

海の色の違い分かりますか?現在裁判では福岡県と長崎県では、違う見解があり、争点が違ってきている為に余計に色々とややこしくなってきているみたいですが、そうこうしているうちに自然は壊されていっています。

P1210332.JPG

P1210334.JPG

昼食をとりました。みずなし本陣ふかえで頂きました。出汁がしっかり聞いた料理を頂き皆さん大満足の様子でした。このみずなし本陣は、当時の普賢岳の様子をそのまま保存しています。頭では理解していたつもりでも実際の災害の状態を目の当たりにすると、ショックは隠せません。

普賢岳災害記念館も見学しました。

P1210338.JPG

P1210339.JPG

P1210374.JPG

P1210374.JPG

P1210380.JPG

自然の恐ろしさと人間の欲の為に壊されていく自然を目の前にし、ボランティアの方々は、それぞれに考える事があるように感じました。

帰りはフェリーに乗り帰ってきました。皆さん体調不良者も出ず、元気に戻り事が出来ました。添乗した事務局スタッフも楽しい2日間を過ごすことが出来ました。
| 次へ
プロフィール

ふらっとさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/flat/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/flat/index2_0.xml