CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 成果物 | Main | 受賞者からのお知らせ »
プロフィール

公益財団法人社会貢献支援財団さんの画像
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
http://blog.canpan.info/fesco/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fesco/index2_0.xml
2018年09月12日(Wed)
受賞者の方から受賞と式典の感想が届きました
第50回社会貢献者表彰受賞者の「登校拒否を考える親と子の会・ブルースカイ」さんが、受賞に至るまでのことや式典に参加された感想が掲載された会報を送ってくださいました。

ブルースカイは、まだ「登校拒否」についてあまり知られていない頃の1990年に、我が子の現状と将来に不安でいっぱいのお母さんたち5名で始まりました。

代表の松田恵子さんと、一緒に参加してくださった中心メンバーの方々からも掲載の許可をいただきましたので、こちらでご紹介させていただきます。

bluesky.jpg


社会貢献者の表彰式典に行ってきました

7月5日、6目と受賞式典に出席するために東京帝国ホテルに行ってきました。
昨年の11月頃、突然「社会貢献支援財団」というところから電話が入りました。
昭和46年に設立したという財団は、社会に貢献する掴人や団体に表彰する事業を実施し、これまでに12,261件の方々を表彰させていただいたとのこと、今回ネットで私が載っている新聞記事を見たとの事で、ぜひブルースカイに取材に行かさせて頂きたいとのことでした。
早速、12月の親の会に来て頂きました。その後取材に来てくださった方から、「ぜひ推薦させて頂きたい」との連絡がありました。
私もまだまだその重さをあまり感じずに過ごしていました。
2月ごろ関係資料が送られて来るも、「選考委員会があるので、受賞するか分からない」と言われていましたので、日々の忙しさで忘れていました。
3月に入り「第50回社会貢献者表彰受賞決定」と通知が来て本当にびっくりしました。
関係資料を見ると「本当に」という驚きと共に、資料を出すまでに13日しかなくて喜んでいる暇もなく、フル回転で資料の原稿を考えたり、受賞式には誰が参加するかなどを決めなければならなくて、大変でした。
本当に今まで関わった人たち全員で受賞したい気分でしたが、そういうわけにはいかないので、今もなお中心メンバーで支えてくださっているメンバーで決めさせて頂きました。

5日の泊り組メンバーと1日早くホテル入りしました。
夕方からは受賞者の写真撮影があり、受賞者懇親会へと移っていきました。今回は人命救助の功績が11件、社会貢献の功績29件の合計40件の功績に受賞との事でした。
推薦が200件あり、その中から40件が受賞されたとのお話にびっくりすると同時にその中にブルースカイが入ったことにまたびっくり、胸が詰まる思いでした。
個人、団体ごとに自己紹介があり、それぞれの活動の写真が映し出されました。私の時は、写真が出るたびにブルースカイを発足させてから28年の、いろんな楽しい思い出、辛かった思い出が走馬灯のように思い浮かび、支えて下さった方々の顔が浮かび、受賞のご褒美を頂けた喜びと、感極まり声が詰まってぐずぐずの紹介になってしまいました(苦笑〉

受賞者の皆さんは本当にびっくりするような活動をなさっていて、お話をさせて頂いた方には、●ご自身も障がいをもちながらも代表や事務局をやりながら自立生活センターで障害者の活動をされている方。●刑務所から出所した方の雇用と精神的サポートをされている方。●さまざまな依存症の相談、回復支援、再発予防、雇用など総合的アプローチで活動している方。●ミャンマーで学校創りをして、その運営費や教員の給与のほとんどを沖縄でレストランをやりながら負担をしているというミャンマーの元学校の先生。●フィリッピンで貧困層の女性たちのための助産院を運営している女医さん。●カンボジアのゴミ集積所で危険を冒して働いている子どもたちに日本語、英語を教えて、親には安定した収入が得られるように、バナナの皮の繊維から紙を作る事を仕事に出来るようにした方。●インドでハンセン病の当事者組織として活動している方。●苦学生に修学資金の給付や学寮の無償提供、大学院の研究助成活動を代々続けて100年という方。など短い時間でしたのでまだまだお話したかった方もおりましたが、皆さん自分の生活を切り詰めたりしながら活動されていることに頭が下がりました。

6日の受賞式当日は、ブルスカ代表で受賞する私は8時集合で、集合写真をとったり、式典のリハーサルをやったりでバタバタしました。式典に駆けつけてくれたブルースカイ名付けの親である息子や昔、子どもだった若者たち、代表メンバーとして来てくれたお母さんたちに見守られながら表彰状を受け取ってまいりました。
この受賞をいままで支えて下さった皆さんと喜びたいと思っています。
ただ中心的に動いている今のメンバーも高齢化して敏速には動けません(笑)
今年中には無理と思うので(笑)、来年に向けてささやかな祝賀会を行いたいと考えています。
その時はぜひお祝いの会に駆けつけてくださいませ。楽しみにお待ち申しています。


表彰式に参加したメンバーの感想です

相談に見える親御さんや、お子さんに真剣に向き合うことをもう30年近く続けている松田さんには頭が下がる思いでした。この姿勢に何かごほうびはないものかとつねづね思っておりました。
松田さんは表彰式の前夜祭で、多くの人たちに支えられて今日があると、声を詰まらせましたね。
その涙にどれ程の想いが込められていたか…。
ブルスカバンザイ
一日も長くブルースカイが続くことを願います。
樋ロ



30年近い、とてつもなく長い年月、様々な思い出や思いが一気に押し寄せてきて、常に前を歩く松田さんに尊敬の念でいっぱいです。               
牛越



社会貢献者の功績には、「困難な状況の中で黙々と努力し、社会と人間の安寧、幸福の為に尽くされた功績」、「先駆性、独自性、模範性などを備えた活動により、社会に尽くされた功績」と書かれていました。
まさにブルースカイにピッタリ!これまでの松田さんの苦労に下さったもので、これからも体調管理しつつ、頑張ってほしいです。
和田



表彰式にはブルースカイの名付けの親である松田さんのご長男、俊介君も駆けつけてくれました。10代の頃から東京でいろんなバイトを経験され、今や整体院を開業されて13年とか。初めで会ったとき「読書と出会いが大事だよ」と教えてくれた。当時の面影はあるものの落ち着く頼もしい。
母は母で親の会をやり続けてもうじき30年。ブルースカイのモットーは「出会いは宝」です、と。
それぞれ大変な苦労をしている(ように私には見える)のに、いつもポジティブ。
そして小さい時からブルスカに来てくれていた、今や立派な女性!と、ずーと会報に関わってくれた青年、みんな神様のような存在。が一緒のテーブルで晴れやかな乾杯の日が来るなんて、ほんとに思いもよりませんでした。そして様々な活動をされている日本人ばかりか各国の方たちに交じって、なんか別世界に紛れ込んだような感覚になりました。
長野駅に迎えに来てくれた旦那様の笑顔と、ほっとしたような松田さんの笑顔。よかったね!
よかったです。
草深


* * * *


ただいま社会貢献者表彰の推薦を募集しています。
(2018年11月30日締め切り)
詳しくは、推薦要領のページをご覧ください。

社会貢献者表彰 推薦募集
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 14:25 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年06月13日(Wed)
受賞者の方の本のご紹介です
第50回社会貢献者表彰の受賞者が発表されました。
→ニュースリリース

今回の受賞者の中で、1985年から33年に渡り、17人の子供たちを里親として育ててきた坂本洋子さんの本をご紹介します、

坂本洋子「ぶどうの木」幻冬舎文庫(2003年)
10人の”わが子”とすごした、里親18年の記録
IMG_3105.jpg


初めて里子を迎えた時から、里親として子どもたちとどう接しどう育ててきたか、そして、里親里子に対しての社会の無理解や差別にどのように対峙してきたか…。
いろいろと問題を抱える里子たちを育てていくのは想像を絶するものがあります。
親と子、家族、そして里親制度そのものについてもいろいろ考えさせられる内容です。
そして、子供に限らず、人にとって安らげる場所・家族があることの大切さにもあらためて気づかされます。

もしご興味があれば、ご一読いただければと思います。

★ ★ ★


第50回社会貢献者表彰の表彰式典は、7月6日(金)に執り行われます。
これまでの表彰式典の様子はこちら→
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 14:15 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年04月18日(Wed)
受賞者関連の書籍のご案内
社会貢献者表彰受賞者の方々に関する書籍をご紹介いたします。

books.jpg


上側3冊は、平成27年度受賞者の「ばっちゃん」こと中本忠子さんの本、
下側は、第47回受賞者の一般社団法人 日本聴導犬推進協会 が取材協力している本です。

左)中本忠子「ちゃんと食べとる?」小鳥書房
 「うちらは信じるところから始まっとる」ばっちゃんが綴る料理詩集。
 ばっちゃんが作る料理のレシピとともに、ばっちゃんが料理を通じて子どもたちに伝えてきた言葉を集めた詩集になっています。

中)伊集院要「ばっちゃん 〜子どもたちの居場所。広島のマザー・テレサ〜」扶桑社
NHKスペシャルで放送され反響が大きかったばっちゃんの特集。その番組ディレクターさんが、中本さんと行き場を失いばっちゃんの元へご飯を食べに来る子どもたちついて、取材を通じて見てきたこと感じたことが書かれた本です。

右)中本忠子「あんた、ご飯食うたん?」子どもの心を開く大人の向き合い方 (株)カンゼン
子どもたちを助けたい、力になりたいという方のために、そして子育てや親子関係に悩む方に、ばっちゃん流の子どもとの接し方が語られています。


下)野中圭一郎「聴導犬のなみだ」良きパートナーとの感動物語 プレジデント社
耳が聴こえない人のお手伝いをする聴導犬の想い。「犬」「訓練士」「ユーザー」、この三者の深い絆についての物語。「必ず泣けます!」の帯のことば通り、必ず泣けます。


ぜひお近くの本屋さんで。


★☆☆☆☆★

皆さんのお近くで、人びとや社会のために力を尽くされた方はいらっしゃいませんか?

ただいま社会貢献者表彰の候補者の推薦を受付中です。
詳しくは、推薦要領のページをご覧ください。

締め切りは5月1日(必着)となっております。
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 15:03 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年03月07日(Wed)
安倍会長が更生保護施設を訪問
公益財団法人社会貢献支援財団(当財団)では、社会貢献者表彰受賞者の方の活動現場に直接訪問し、活動の様子を拝見したり、一緒に活動に参加させていただいたりしています。

これは、受賞者の方々の活動を目の当たりにすることで、受賞者ご本人の情熱やご苦労を感じることばかりでなく、その活動によって支えられている皆さんについても理解を深め、交流を持つことを目的としています。

この2月には、安倍昭恵会長が第49回社会貢献者表彰受賞者である「特定非営利活動法人TFG(田川ふれ愛義塾)」の更生保護施設(福岡県田川市)を訪問しました。
→NPO法人 TFG

TFGは、少年院を出所しても引き取り手がない(親の引き受けが困難等)子どもたちを、これまでに150人以上、共同生活をしながら生活指導・カウンセリング・学業や就職のサポートなどしてきました。

TFGで引き受けるのは、単なる非行少年・少女というより、成長過程で家庭に大きな問題があるなどして社会生活に適応できずに犯罪を犯す子どもたち。出所後に信頼できる大人に出会い、生き直しの道筋を示すことが、再犯を防ぐ上で重要かつ有効であるとして受け入れています。

この日は、ここで生活する入所者のみなさん(ここでは「塾生」と呼んでいます)と安倍会長が一緒になって料理を作り、食卓を囲みながら会話を楽しみました。
塾生たちには安倍会長の訪問を内緒にしていたこともあり、みんな驚いた様子でこの交流を楽しんでいました。

現在、TFGの工藤良理事長は、全国にこのような少年の立ち直り支援施設のネットワークを作る活動(ブルークロスムーブメント)に取り組んでいます。

IMG_1389.jpg
安倍会長と一緒に料理を作る塾生たち


IMG_1395.jpg
塾生たちと食卓を囲んで


IMG_1407.JPG
安倍会長(中央)と工藤理事長(右端)

Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 15:35 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年10月18日(Wed)
アジアで社会貢献する3人の日本人
日本の政治、経済、社会および文化について、広く海外の読者に情報発信を行う「nippon.com」にて、「アジアで社会貢献する3人の日本人」として社会貢献者表彰受賞者3名の方の記事が掲載・紹介されました。

今回は、第48回の受賞者のうち、アジアで活動されている、
・「認定特定非営利活動法人 ジャパンハート」の吉岡春菜さん
・「イースタービレッジ・ミンダナオを支える会」の祐川郁生さん
・平野喜幸さん(NPO法人「れんげ国際ボランティア会」ヤンゴン事務所代表)
の3名の方々のインタビュー記事と動画が公開されています。

ぜひリンク先の記事をご覧になってください。
→ 「アジアで社会貢献する3人の日本人」 - nippon.com

インタビュー動画は以下でも見られます。

認定特定非営利活動法人 ジャパンハート


イースタービレッジ・ミンダナオ


平野喜幸さん

Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 14:27 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年06月14日(Wed)
NHKラジオ深夜便「明日へのことば」
NHKラジオ第1放送で深夜に放送している「ラジオ深夜便」という番組をご存知でしょうか。
365日休まず、約6時間の生放送をしている番組で、(ウィキペディアによると)放送開始のきっかけは、1988年に昭和天皇が重体になって以降、容態を速報するにあたり、深夜は静かな音楽を放送していたことで、その後リスナーからの要望で深夜番組として放送されることになったそうです。

そのラジオ深夜便の番組内の「明日へのことば」というインタビューコーナーで、先月(2017年5月)、社会貢献者表彰の過去の受賞者の方がおふたり紹介されました。

おひとりは、平成15年度の受賞者、横堀三千代さん。

横堀さんは群馬県で、養護施設と里親の機能を併せもつ「横堀ホーム」という施設を続けてこられています。
番組ではこれまでに生活を共にしてきた子供たち「130人の"お母ちゃん"」として紹介され、インタビューの様子が放送されました。

winner_h15_10_2.jpg

横堀ホーム(受賞者紹介ページより)


もうひとりは、平成27年度の受賞者の日立理科クラブの佐藤一男さん。

「ぼくら“ 理科室のおじさん”」 として紹介され、佐藤さんのインタビューが放送されました。

佐藤さんが代表理事を務める日立理科クラブは、日立製作所のOBを中心としたボランティアで、日立市内の小学校で実験教室をしたり、中学生に理科や数学の発展的な特別授業を開いたり、「理科が楽しい」と思えるような子どもたちの科学への好奇心を育てる活動をしています。

02.jpg

工作教室の様子(受賞者紹介ページより)
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 15:06 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年06月08日(Thu)
VR技術を長期入院の子供たちのために
第47回の受賞者である、NPO法人ポケットサポート(三好祐也代表理事)の取り組みが、毎日新聞に取り上げられていましたのでご紹介します。

VR長期入院の子に「日常」体験を 岡山のNPO
(毎日新聞:限定ですが無料で見られます)


長期入院している子供たちに「よりリアルな体験をさせたい」と、VR(バーチャルリアリティ)の活用を決め、クラウドファンディングで資金を集めて機器を購入。
病院のベットから離れられない子どもたちに、クリスマス会やジェットコースターをVRで体験してもらったりしているそうです。
代表理事の三好さんの「ベッドの上にいると、『病気の自分』しか想像できなくなる。本来の『日常』を提供することで、治療に向かう力を持ってもらえれば」という言葉が印象的です。


三好さんは、5歳のころから病気で入院し、義務教育のほとんどを病院の院内学級で過ごした経験から、病気を理由に入院、または自宅で療養している子どもたちに学習支援や学校へ戻るための支援、当事者同士のコミュニティ作りなどを岡山県で行っています。

02_s.jpg
(ベッドサイドでの学習支援)
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 09:45 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年03月02日(Thu)
第47回受賞者の矢満田篤二さんがゲストのセミナー
第47回受賞者の矢満田篤二(やまんた とくじ)さんがゲストスピーカーとして参加するセミナーのご案内をいただきました。

「愛着障害の理解とそのケア」
日時:2017年3月25日(土)10:00〜17:00
会場:東京助産師会館 5F 講堂


矢満田さんは愛知県児童相談所の児童福祉司だった方で、当時から「養子縁組」に力を入れられてきた方です。



詳しくは、下記PDFファイルをご覧ください。

セミナーチラシ_愛着障がいとそのケア.pdf



【推薦募集】
ただいま社会貢献者表彰の候補者推薦募集中です。
あなたのまわりで人びとや社会のために力を尽くされた方はいらっしゃいませんか?
締め切りは平成29年4月30日です。


【不審なメールにご注意ください】
先般、「支援財団会長 大野恵」と名乗り、「10億円の支援を手にすることができる」などと金融機関への送金を誘導するメールが送られている事例が発生していると被害者の方から報告がありました。
当財団は、このような行為は一切行っておらず、一切関係ありませんので、十分ご注意下さいますようお願い申し上げます。
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 10:48 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年10月12日(Wed)
受賞者関連の新聞記事
平成26年度受賞者の方々が新聞で取り上げられていましたのでご紹介いたします。

毎日新聞に取り上げられていたのは、熊本の「慈恵病院」の元看護部長だった田尻さん。
田尻さんは、かつて「こうのとりのゆりかご」(いわゆる「赤ちゃんポスト」)のスタッフでしたが、現在は慈恵病院を定年退職し、熊本市にある生涯学習支援事業事務所で妊娠相談に応じています。

jikei.jpg



次に、北九州市でホームレス支援活動をしている「NPO法人抱樸」。
この西日本新聞の記事は、理事長で牧師の奥田知志さんの下関駅放火事件の累犯障害者男性への支援について書かれています。

houboku.jpg



そして、東京新聞の記事は、宮城県山元町の臨時災害放送局「りんごラジオ」の高橋厚さんのインタビュー。
震災10日後にりんごラジオを立ち上げ、以来「いい町には声がある」を信念に地元町民のための放送を続けています。

ringo.jpg

Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 14:15 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年05月18日(Wed)
熊本地震の被害にもあった「こうのとりのゆりかご」の慈恵病院の記事
熊本市にある「聖粒会 慈恵病院」(平成26年度受賞者)は育てられない子どもを匿名で預かる「こうのとりのゆりかご」を設置していることで知られています。

このたびの熊本地震でも、建物に亀裂が入るなどの被害を受けたそうですが、「大きな被害ではない」ということで倒壊した近隣の病院から妊婦を受け入れているとのこと。

その慈恵病院の「こうのとりのゆりかご」と蓮田理事長の記事が東京新聞に掲載されました。

「望まぬ妊娠・・・虐待・遺棄 後絶たず」
「各地にあれば救える命は多い(蓮田理事長)」


1605_tokyo-np.jpg


聖粒会 慈恵病院(社会貢献者表彰受賞者紹介)
慈恵病院ホームページ
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 14:16 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ