CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 成果物 | Main | 受賞者からのお知らせ »
プロフィール

公益財団法人社会貢献支援財団さんの画像
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
http://blog.canpan.info/fesco/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fesco/index2_0.xml
2017年03月02日(Thu)
第47回受賞者の矢満田篤二さんがゲストのセミナー
第47回受賞者の矢満田篤二(やまんた とくじ)さんがゲストスピーカーとして参加するセミナーのご案内をいただきました。

「愛着障害の理解とそのケア」
日時:2017年3月25日(土)10:00〜17:00
会場:東京助産師会館 5F 講堂


矢満田さんは愛知県児童相談所の児童福祉司だった方で、当時から「養子縁組」に力を入れられてきた方です。



詳しくは、下記PDFファイルをご覧ください。

セミナーチラシ_愛着障がいとそのケア.pdf



【推薦募集】
ただいま社会貢献者表彰の候補者推薦募集中です。
あなたのまわりで人びとや社会のために力を尽くされた方はいらっしゃいませんか?
締め切りは平成29年4月30日です。


【不審なメールにご注意ください】
先般、「支援財団会長 大野恵」と名乗り、「10億円の支援を手にすることができる」などと金融機関への送金を誘導するメールが送られている事例が発生していると被害者の方から報告がありました。
当財団は、このような行為は一切行っておらず、一切関係ありませんので、十分ご注意下さいますようお願い申し上げます。
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 10:48 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年10月12日(Wed)
受賞者関連の新聞記事
平成26年度受賞者の方々が新聞で取り上げられていましたのでご紹介いたします。

毎日新聞に取り上げられていたのは、熊本の「慈恵病院」の元看護部長だった田尻さん。
田尻さんは、かつて「こうのとりのゆりかご」(いわゆる「赤ちゃんポスト」)のスタッフでしたが、現在は慈恵病院を定年退職し、熊本市にある生涯学習支援事業事務所で妊娠相談に応じています。

jikei.jpg



次に、北九州市でホームレス支援活動をしている「NPO法人抱樸」。
この西日本新聞の記事は、理事長で牧師の奥田知志さんの下関駅放火事件の累犯障害者男性への支援について書かれています。

houboku.jpg



そして、東京新聞の記事は、宮城県山元町の臨時災害放送局「りんごラジオ」の高橋厚さんのインタビュー。
震災10日後にりんごラジオを立ち上げ、以来「いい町には声がある」を信念に地元町民のための放送を続けています。

ringo.jpg

Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 14:15 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年05月18日(Wed)
熊本地震の被害にもあった「こうのとりのゆりかご」の慈恵病院の記事
熊本市にある「聖粒会 慈恵病院」(平成26年度受賞者)は育てられない子どもを匿名で預かる「こうのとりのゆりかご」を設置していることで知られています。

このたびの熊本地震でも、建物に亀裂が入るなどの被害を受けたそうですが、「大きな被害ではない」ということで倒壊した近隣の病院から妊婦を受け入れているとのこと。

その慈恵病院の「こうのとりのゆりかご」と蓮田理事長の記事が東京新聞に掲載されました。

「望まぬ妊娠・・・虐待・遺棄 後絶たず」
「各地にあれば救える命は多い(蓮田理事長)」


1605_tokyo-np.jpg


聖粒会 慈恵病院(社会貢献者表彰受賞者紹介)
慈恵病院ホームページ
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 14:16 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年01月21日(Wed)
小児病棟遊びサポート全国へ
平成22年度の受賞者坂上和子さんは、入院中の子どもたちの遊び相手となる活動を20年以上つづけています。
坂上さんが設立した「NPO法人病気の子供支援ネット遊びのボランティア」では登録ボランティアが増え、各県で活動に取り組むボランティアも増えています。

その活動が中國新聞(2014年12月30日付)で紹介されました。

20150121_sakaue.jpg
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 14:32 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年01月06日(Tue)
NPO法人黒潮実感センターがテレビ番組に
平成26年度受賞者「NPO法人黒潮実感センター」の活動が、下記のテレビ番組で紹介されることとなりました。

1/10(土)午後11:15〜11:45
番組名: 心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU
放送日時: 平成27年1月10日(土) 夜11時15分〜11時45分 (通常より15分遅れての放送となります)
放送媒体: 日本テレビ系列全国放送

NPO法人黒潮実感センターは、高知県西端部の柏島で島全体を海の博物館をとらえ、豊かな海を通して自然を実感し、活かした暮らしを守る取組をされています。

番組は、柏島の地元漁業者とダイビングショップとの対立がありましたが、お互い海を生業の場所とするもの同士、行政担当者や地元の有志のダイビングショップオーナー、漁業者らと共存を図り、解決に向けて取り組まれてきたトゥルーストーリーとのことです。

ぜひご覧ください。

NPO法人黒潮実感センター
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 12:04 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年09月19日(Fri)
「87歳の新人」新たな道に 須藤昭子さん
平成21年度受賞者須藤昭子さんは、長くハイチで結核患者の治療や貧困対策に取り組まれてこられました。
この度帰国され、新たな道を歩まれているそうです。

20140919_sudo.jpg
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 16:32 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年07月16日(Wed)
「亘理いちごっこ」の新施設がオープン
東日本大震災で崩壊したコミュニティを復活させるために活動を続けている、平成24年度の受賞者NPO法人亘理いちごっこの新しい施設が7月1日にオープンしました。

プレハブからトレーラーハウスに姿を変え、
・ヘルシーメニューをそろえた「いちごっこキッチン 散歩道」
・全国からのボランティアにもゲストルームとしても開放するサロン
・学習指導などを行う子育て支援拠点「子どもサポートセンター」
など、被災者支援とともに、被災地と全国の支援者をつなぐ場として、新しいスタートを切りました。

いよいよオープン!」:亘理いちごっこ

20140716_ichigokko.jpg
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 14:09 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年02月12日(Wed)
安倍首相令夫人、平成25年度受賞者 井上勝江さんが活動する関東医療少年院を訪問
2月6日、当財団平成25年度「社会貢献者表彰」受賞者の井上勝江さんが活動される関東医療少年院に、安倍晋三首相令夫人・安倍昭恵さんが訪問されました。

昨年11月25日の受賞祝賀会で安倍令夫人は、多くの受賞者に声を掛けて下さいました。
そしてその際に井上さんに訪問を約束して下さったこと、早速実行して下さいました。

井上さんや活動を支えている方々の大きな励みになったことと思います。本当にありがとうございました。

関東医療少年院の建物の前で、スタッフの方々と写された集合写真を掲載しました。

inoue_abe.jpg

Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 11:26 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年02月12日(Wed)
「北九州再発見」ミャンマー学校支援 ミャンマーに中学校建設
平成25年度の受賞者である、「北九州再発見」ミャンマー学校支援(代表:民谷喜美子さん)が、ミャンマーのメイッティーラ市に中学校を建設。2月3日に開校しました。

民谷さんはこれまでにミャンマーに小学校5校を建設。今回の中学校も、その建設費約270万円はすべて寄付でまかなわれたとのことです。

当財団にもお礼状をいただきました。

暖かい御好意に対しまして、心から御礼申し上げます。
 お陰さまによりまして賜りました募金は、ミャンマー国の将来を担う子供たちの心強い御支援となることができました。
 今後とも、「ミャンマー学校支援」に御支援後協力を賜りますようにお願い申し上げます。
「北九州再発見」ミャンマー学校支援 民谷喜美子



20140212_tamiya.jpg
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 10:14 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年02月12日(Wed)
平成25年度受賞者青木孝文さん第63回河北文化賞受賞
平成25年度受賞者の青木孝文さんが、第63回河北文化賞受賞を受賞されました。

青木さんは、高精度画像認識の技術を応用し、東日本大震災で遺体の歯科所見をデータ化し、身元特定を迅速化するシステムを開発・無償提供し、またご自身も長期にわたって宮城県警で照合作業に尽力されました。

20140212_aoki.jpg
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 09:06 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ