CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

公益財団法人社会貢献支援財団さんの画像
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
http://blog.canpan.info/fesco/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fesco/index2_0.xml
「聴かせてください。心が熱くなるその人のことを。」

公益財団法人 社会貢献支援財団は、社会の各分野において著しい貢献をされながら、功績が広く知られていない方たちを表彰しています。

2017年06月14日(Wed)
NHKラジオ深夜便「明日へのことば」
NHKラジオ第1放送で深夜に放送している「ラジオ深夜便」という番組をご存知でしょうか。
365日休まず、約6時間の生放送をしている番組で、(ウィキペディアによると)放送開始のきっかけは、1988年に昭和天皇が重体になって以降、容態を速報するにあたり、深夜は静かな音楽を放送していたことで、その後リスナーからの要望で深夜番組として放送されることになったそうです。

そのラジオ深夜便の番組内の「明日へのことば」というインタビューコーナーで、先月(2017年5月)、社会貢献者表彰の過去の受賞者の方がおふたり紹介されました。

おひとりは、平成15年度の受賞者、横堀三千代さん。

横堀さんは群馬県で、養護施設と里親の機能を併せもつ「横堀ホーム」という施設を続けてこられています。
番組ではこれまでに生活を共にしてきた子供たち「130人の"お母ちゃん"」として紹介され、インタビューの様子が放送されました。

winner_h15_10_2.jpg

横堀ホーム(受賞者紹介ページより)


もうひとりは、平成27年度の受賞者の日立理科クラブの佐藤一男さん。

「ぼくら“ 理科室のおじさん”」 として紹介され、佐藤さんのインタビューが放送されました。

佐藤さんが代表理事を務める日立理科クラブは、日立製作所のOBを中心としたボランティアで、日立市内の小学校で実験教室をしたり、中学生に理科や数学の発展的な特別授業を開いたり、「理科が楽しい」と思えるような子どもたちの科学への好奇心を育てる活動をしています。

02.jpg

工作教室の様子(受賞者紹介ページより)
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 15:06 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年06月08日(Thu)
VR技術を長期入院の子供たちのために
第47回の受賞者である、NPO法人ポケットサポート(三好祐也代表理事)の取り組みが、毎日新聞に取り上げられていましたのでご紹介します。

VR長期入院の子に「日常」体験を 岡山のNPO
(毎日新聞:限定ですが無料で見られます)


長期入院している子供たちに「よりリアルな体験をさせたい」と、VR(バーチャルリアリティ)の活用を決め、クラウドファンディングで資金を集めて機器を購入。
病院のベットから離れられない子どもたちに、クリスマス会やジェットコースターをVRで体験してもらったりしているそうです。
代表理事の三好さんの「ベッドの上にいると、『病気の自分』しか想像できなくなる。本来の『日常』を提供することで、治療に向かう力を持ってもらえれば」という言葉が印象的です。


三好さんは、5歳のころから病気で入院し、義務教育のほとんどを病院の院内学級で過ごした経験から、病気を理由に入院、または自宅で療養している子どもたちに学習支援や学校へ戻るための支援、当事者同士のコミュニティ作りなどを岡山県で行っています。

02_s.jpg
(ベッドサイドでの学習支援)
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 09:45 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年05月24日(Wed)
今年度の社会貢献者表彰の推薦受付は終了いたしました
今年度の社会貢献者表彰の候補者推薦の受付は4月末日をもって終了いたしました。

たくさんのご推薦をいただきありがとうございました。

今後の流れとしましては、選考委員会においてご推薦いただいた候補者の選考、事務局による調査を経て、9月下旬〜10月上旬に受賞者が決定(受賞者の方へ通知)、11月27日に都内ホテルにて表彰式典が執り行われる予定です。

なお、今年度の締め切り後にいただいた推薦につきましては、次年度に繰り越しとさせていただきます。

117.jpg

[写真] 第47回社会貢献者表彰式典より(平成28年11月28日)
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 14:12 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年04月19日(Wed)
今年度の「社会貢献者表彰」推薦受付は4月30日まで
「社会貢献者表彰」は、国の内外を問わず、社会と人間の安寧と幸福のために貢献し、顕著な功績を挙げられながら、社会的に報われることの少なかった方々を表彰させて頂き、そのご功績に報い感謝することを通じてよりよい社会づくりに資することを目的としています。

今年度の「社会貢献者表彰」推薦受付は4月30日までとなっております(郵送の場合消印有効)。
みなさまからのご推薦をお待ちしております。


banner_recommend.jpg


これまでの受賞者一覧はこちらから。
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 14:20 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年03月22日(Wed)
第46回受賞者紹介・手記ページを公開しました
第46回社会貢献者表彰(2016年7月表彰式典開催)の受賞者紹介・手記ページを公開致しました。

第46回は、人命救助の功績が9件、社会貢献の功績(海外での功績)11件を表彰させていただきました。
受賞者の皆様の功績と受賞にあたっての手記を、写真とあわせてホームページでご紹介しています。

→ 第46回受賞者一覧

写真は、第46回受賞者「認定NPO法人 テラ・ルネッサンス」のページより
「カンボジアに建設した幼稚園で学ぶ子供たち」
認定NPO法人 テラ・ルネッサンス


第46回社会貢献者の記録また「第46回 社会貢献者の記録」も刷り上がってきましたので、4月以降、各都道府県立図書館等でご覧いただけるようになります。



近日中に第47回社会貢献者表彰受賞者ページも公開予定です。


【推薦募集】
ただいま社会貢献者表彰の候補者推薦募集中です。
あなたのまわりで人びとや社会のために力を尽くされた方はいらっしゃいませんか?
締め切りは平成29年4月30日です。
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 14:23 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年03月02日(Thu)
第47回受賞者の矢満田篤二さんがゲストのセミナー
第47回受賞者の矢満田篤二(やまんた とくじ)さんがゲストスピーカーとして参加するセミナーのご案内をいただきました。

「愛着障害の理解とそのケア」
日時:2017年3月25日(土)10:00〜17:00
会場:東京助産師会館 5F 講堂


矢満田さんは愛知県児童相談所の児童福祉司だった方で、当時から「養子縁組」に力を入れられてきた方です。



詳しくは、下記PDFファイルをご覧ください。

セミナーチラシ_愛着障がいとそのケア.pdf



【推薦募集】
ただいま社会貢献者表彰の候補者推薦募集中です。
あなたのまわりで人びとや社会のために力を尽くされた方はいらっしゃいませんか?
締め切りは平成29年4月30日です。


【不審なメールにご注意ください】
先般、「支援財団会長 大野恵」と名乗り、「10億円の支援を手にすることができる」などと金融機関への送金を誘導するメールが送られている事例が発生していると被害者の方から報告がありました。
当財団は、このような行為は一切行っておらず、一切関係ありませんので、十分ご注意下さいますようお願い申し上げます。
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 10:48 | 受賞者近況 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年02月27日(Mon)
日本聴導犬推進協会が紹介されています
先週に引き続き、全国の小中学校に掲出される「産経子どもニュース」(2月23日発行)で、街角の偉人として第47回の社会貢献者表彰受賞者が紹介されています。
今回は「一般社団法人 日本聴導犬推進協会」。

日本聴導犬推進協会は、聴導犬の存在を多くの人に知ってもらうため、年間120件以上のイベントを行うなどの普及活動をしています。

子どもたちにも聴導犬の存在やその役割の大切さが伝わればと思います。

sankei_kodomo_news2.jpg


ウェブ版はこちら→



【推薦募集】
ただいま社会貢献者表彰の候補者推薦募集中です。
あなたのまわりで人びとや社会のために力を尽くされた方はいらっしゃいませんか?
締め切りは平成29年4月30日です。


【不審なメールにご注意ください】
先般、「支援財団会長 大野恵」と名乗り、「10億円の支援を手にすることができる」などと金融機関への送金を誘導するメールが送られている事例が発生していると被害者の方から報告がありました。
当財団は、このような行為は一切行っておらず、一切関係ありませんので、十分ご注意下さいますようお願い申し上げます。
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 12:51 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年02月15日(Wed)
第47回受賞者「どうぶつ基金」が小中学校で紹介されています
全国の小中学校に掲出される「産経子どもニュース」(2月16日号)に、街角の偉人として、第47回の受賞者である「公益財団法人どうぶつ基金」が紹介されています。
どうぶつ基金では、見捨てられた犬や 猫の保護と里親探しを行い、猫の不妊手術(さくらねこ TNR)を全国各地で行っています。
子どもたちに、このようにいろいろな形の社会貢献があるということが伝わるといいですね。
ウェブ版はこちら

sankei_kodomo_news.jpg


【推薦募集】
ただいま社会貢献者表彰の候補者推薦募集中です。
あなたのまわりで人びとや社会のために力を尽くされた方はいらっしゃいませんか?
締め切りは平成29年4月30日です。


【不審なメールにご注意ください】
ホームページにもご案内しておりますが、先般、「支援財団会長 大野恵」と名乗り、「10億円の支援を手にすることができる」などと金融機関への送金を誘導するメールが送られている事例が発生していると被害者の方から報告がありました。
当財団は、このような行為は一切行っておらず、一切関係ありませんので、十分ご注意下さいますようお願い申し上げます。
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 14:58 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年01月18日(Wed)
阪神淡路大震災から22年・・・
memorial_park.jpg
1995年1月17日、東京に住む私たちが目にしたニュース映像は衝撃的でした。

居ても立ってもいられずに現地へ向かった人もいましたし、何もできない自分をもどかしく感じた人もいました。

阪神淡路大震災をきっかけに、ボランティアとは何か、災害援助・被災者支援とは何かを考える機会が多くなり、そういった活動を始めた方々もたくさんいらっしゃいます。

あれから22年・・・。

社会貢献者表彰は、国の内外を問わず、社会と人間の安寧と幸福のために貢献し、顕著な功績を挙げられながら、社会的に報われることの少なかった方々を表彰させて頂き、そのご功績に報い感謝することを通じてよりよい社会づくりに資することを目的としています。

(これまでの受賞者については 受賞者紹介のページをご覧ください。)

今年度の社会貢献者表彰は、2月1日より推薦の受け付けを開始いたします。
災害復興・被災者支援のみならず、長年にわたり社会のために活動をされている方がいらっしゃいましたらご推薦をお願い致します。


あらためて、阪神淡路大震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 14:36 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年12月07日(Wed)
式典関連の新聞記事
おかげさまで第47回社会貢献者表彰式典は、およそ600名の方々にご列席いただき、無事に開催することができました。ありがとうございました。
→式典開催報告ページはこちら

式典の様子と地元の方の受賞を知らせる記事が掲載された地方新聞の紙面をいくつかご紹介します。

●矢満田さんら表彰 - 中部経済新聞
(矢満田 篤二さん)
chubu_keizai.jpg


●道内から2法人受賞 - 苫小牧民報
(更生保護法人 函館創生会、NPO法人 札幌チャレンジド)
tomakomai.jpg


●被災地活動で社会貢献者表彰 - 上毛新聞
(塗魂ペインターズ)
jomo.jpg


Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 14:17 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ