CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年09月 | Main | 2015年11月»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
営業の作法 [2015年10月19日(Mon)]
最近、よく会社に営業代行のDMファックスが届きます。

「御社に変わって、当社が保有する数十万件の顧客データベースから優良顧客を開拓します!」

みたいなキャッチコピーで・・・

確かに、営業スタイルも一昔前と大きく変わりましたね。

デパートなどでも、お店の人が近づいてくると、

離れてしまうことがありますが、

ゴリ押し、プッシュ型の営業はもはや通用しません。


顧客は目が肥え、賢くなりました。

口コミやメディアなどからたくさんの情報を持ち、

世代や性別に関係なく、

一人ひとりの個客としてのニーズが出てきたんですね。

売り手に、押しつけられるのは嫌だし、つきまとわれるのも嫌。

でも、

「買ってもいいかな。」

「買いたいな。」

と思う瞬間があります。

その瞬間というのは、

お客が自分で探し、

自分で選び、

自分で納得して、

買い物をしたいけれど、

ちょっと迷う瞬間


その瞬間に、

背中を押してもらいたい、

アドバイスをもらいたい、

話を聞いてもらいたい、

応援したいと思いたい。

そんな風にお客が思うタイミングがあると思います。


企業は、お客に商品やサービスを売ってやろう、

という態度や雰囲気を見せたら、

お客さんに気づかれます。

お客さんはとても敏感です。そして、とても優しい。


売ろうとすればするほど、お客は離れていくけど、

お客の声に真摯に耳を傾ければ、

自然とお客は近づいてくるんです。


営業代行というビジネスが成り立つのは、

特定の業種か、最初のアポイント取りくらいまでで、

実際に取引を成立させ、持続させるには

企業の強みや価値がないとダメなんだと思います。
顧客の心の中を想像してみたら [2015年10月16日(Fri)]
今日の日経MJに「アマゾンパントリーに勝機」という記事がありました。

年会費を払ったアマゾンプライム会員だけのサービスで、
指定の段ボール箱に日用品や食料品などをまとめて詰めて、

1箱から利用することができるというものです。

12kgまで詰められるようですが、
買い物途中で現在何kg分注文したのかも分かるようになっています。

コンビニや大手スーパーは自社PB商品の取り扱いを増やしていて、

昔から買っていたロングセラーのNB商品などが
手に入りににくくなっていますよね。

その面からも、アマゾンの新サービスは、
消費者の心をグッと掴むものだと思います。

インターネットとITの発達により、
商品やサービスを売る場所、買う場所が劇的に変わりました。

オムニチャネルがその典型です。


「いいモノを作れば売れる」

「いいサービスを提供すれば売れる」

という時代は終わりました。


単なる「商品」「サービス」単体でではなく、

プラスアルファとして、

「コンテンツ」、

「プラットフォーム」、

「アフターフォローサービス」、

「知的財産」

「顧客同士のつながり」、

「体験・創造する機会」、

「企業が目指す文化」、

「購買行動の多様さ」、

「鮮度と質の高い情報発信」


といったものを意識していかなければいけなくなりました。

これは、大企業だけでなく、中小企業、
そして個人にも通じるものです。

どこか窮屈な時代になってきました・・・
関心の連鎖 [2015年10月15日(Thu)]
嫌いな相手、苦手な相手、いますよね?

相手に関心をもつことが難しい人。


自分よりすごい人には弱腰で、

自分より弱い人には強気な人。


人の話を聞かずに、

自分の意見を押し付ける人。


自分が嫌がることを他人に押し付け、

自分ができること、好きなことだけをする人。


その人自身を好きになろうとするのは、

いますぐは無理でも、

その人が関心を持っていることに

関心を持つことからはじめてみると

違う結果になるころがあるのかなと思うことがあります。

「関心の連鎖」ですね。


「へぇ〜、この人はサッカーが好きなんだ。」

「この人が料理を好きなのにはこんな理由があるんだ。」

「仕事では見られないこんな一面もあるんだなぁ。」

そんな風に、相手の関心に関心を持つことで、

いずれはその人自身に関心を持つこともあるのかも。
時間との付き合い方 [2015年10月13日(Tue)]
何をしても、

何をしなくても、

一日は過ぎていく。


誰と会っても、

誰とも会わなくても、

一日は過ぎていく。


好きなことをしても、

嫌いなことをしても、

一日は過ぎていく。


24時間をどのように使うか?

物事の優先順位を決めること。

24時間をどのように使うか?

物事に対する見方を変えること。


ジェットコースターに乗って、

刺激や興奮を得るもよし。

鈍行列車に乗って、

景色や匂いを楽しむもよし。


他人の生き方や、対話を通して、

自分の感覚を研ぎ澄ますもよし。
自己基盤とコーチングマインド [2015年10月12日(Mon)]
この週末は、コーチングの1日集中クラスを受講してきました。

11時間という長丁場なので、
最後の方は思考回路がほぼ停止になってしまいましたが、
講師とアシスタントの方も非常に優秀でユーモアがあって、
楽しく学ぶことができましたぴかぴか(新しい)

今回は、クライアントの気づきを広げるための「視点の移動」と
「セッションの戦略の立て方」を主に学びました。

演習を何度かして感じたのは、現状把握の質問はできているけど、
目標設定(ありたい姿)があまり聞けていないということ。

クライアントがやりたい、なりたい、ありたい姿を
ビジュアル化させ、その姿が鮮明になればなるほど、
ワクワク感やウキウキ感が高まり、
結果、行動への意欲も高まるんだということを実感しましたグッド(上向き矢印)

あとは、コーチングを実践していくうえで、コーチの自己基盤を
強くしていくことの重要性を学びました。

【自己基盤】

自己理解右矢印1自己承認右矢印1自己開示


のステップを自分なりに確認して、

【コーチングマインド】

・答えはクライアントの中にある。

・100%クライアントの味方になる。

・クライアントの可能性を信じる。


を強く意識して、私自身の”器”を大きくしていけたらいいなぁ。
えすいーおーたいさく [2015年10月09日(Fri)]
お客さまを増やしグッド(上向き矢印)

関係を強く黒ハートしていくための原則は変わらなくても、

その方法は時代とともに変えていかないとダメですよね。


今の時代は、インターネットは不可欠で、

ホームページやSNSも活用しないとダメですよね。


そんなんで、最近はSEO対策なるものを

地道にセッセとやっていますあせあせ(飛び散る汗)

業者は星の数ほどやりますけど、

独学で、できる範囲でやろうと思っています。

結構、手間暇かかりますが、

本来の目的を忘れたくないですから。


1. 良い中身をつくること

はもちろん、それを

2. 伝えたい相手に

3. きちんと届けること。

すべて意識して、対策を練らないとですね。

ほんと、時代は変わったーダッシュ(走り出すさま)
何が変わった? [2015年10月08日(Thu)]
今日ある人と話をしていて、

今と昔とでは子供の遊び方も随分変わったという話題になりました。

最近、家族や友人を簡単に刺すような事件がありますが、

このような事件が起きるのは、

家庭環境、教育体制、地域コミュニティーの変化など

いろいろな要因が考えられるとは思います。

でも、あえていくつか大切なことを挙げるとすれば、

一昔前と比べて足りなくなったことがあります。

自分自身の実感も込めて。


それは、

「自然に触れる」

「”違い”を感じる」

「深呼吸をする」


こと。

私が小さい頃は、

川や用水路でフナやナマズ、ザリガニなどを採ったり、

お店の空き箱などで秘密基地を作ったり、

市内を使ってケイドロ(またはドロケイ)をしたり、

そんなことをして遊んでいたのを覚えています。

空、川、山、星、動物、植物・・・

四季を通して、どれ一つとして同じものはありません。


また、学年は違うけど近くに住んでいる人たちと

野球をしたりもしていましたが、

年上の子、年下の子らといっしょに遊ぶことで、

上下関係のようなものもなんとなく感じることができました。

そういう”違い”を幼いうちから身につけることで、

自分とは異なる人や物事に対する耐性のようなものも

身につくんだと思います。

そして、最後に、深呼吸。

深呼吸を繰り返すと、気持ちにゆとりが出てきて、

自分だけに向いていた目線が、

他人や社会、自然と広がっていくんですよね。
D&Dで行こう! [2015年10月06日(Tue)]
考えが堂々巡りになったり、

誰かに背中を押してもらいたい時に、

話を聞いてもらう方がいます。


人生の大先輩であるその方は、

私の何倍もの経験をして、

何倍もの人たちと会ってきたので、

一つ一つの言葉に重みと温かみがあります。


先日も、あることで悩んでいて、

結論はだいたい同じようなものになるのですが、

そうすると、あとは

”もう一歩”を踏み出す”勇気”だけが必要になるんです。

そんな時、その方にビシっと愛のムチをもらうと、

また前に進めます。

師:「あなたは、元々変われる素養を持ってる。」

私:「はい。」

師:「そして、変わりたいと自覚している。」

私:「はい。」

師:「じゃ、変わればいいじゃない?」

私:「はい。でも・・・」



こんな問答が続きましたが、

結局、自分自身が

「失敗したくない」

「傷つきたくない


と思う気持ちがあったのかもしれません。


失敗をたくさんした人のほうが、

多くの学びと成長があるのですから。

経営のマネジメントサイクルで

PDCAやPDSがよく知られていますが、

Decide(決断して)、Do(行動する)

で大体のことがうまくいくんじゃないかなぁ〜。
今ある資源を活かして、挑戦 [2015年10月05日(Mon)]
週末は、高尾山に登ってきました。

中野に10年ほど住んでいた時は、
思い立ったらフラっといってサクッと登って、
自然を満喫してきたのを思い出します。

当時は、人もそれほど多くなかったですが、
ここ数年はミシュランに紹介されたり、
山ブームが重なったりで、たくさんの人がいました。

最近は、自然・歴史・文化資産と観光を組み合わせた
エコツーリズムも盛んで、
多くの自治体が街づくりに取り入れていますよね。

欧米では、国立公園をはじめ、
自然の中で休暇を過ごす人が多いですが、
ショッピングや娯楽などにお金をかけなくても、
楽しみや幸せを感じられる人が
増えてきてるのは、日本の社会全体が
成熟してきていると言えるのかもしれません。

私が住む町の近隣の飯能市では、2004年に環境省より、
エコツーリズム推進モデル地区に指定を受け、
住民の積極的な協力と参加により、
身近な自然や地域の人々の生活文化などを資源として、
エコツーリズムの推進に取り組んでいます。

また、アニメ「ヤマノススメ」などを活用して、
「聖地巡礼ツアー」と題したバスツアーを実施するなど、
観光客誘致にも取り組んでいます。

Hanno marketing1.JPG

バスには、

「星空の見えるまち」

「いっしょに 歩こう」

「 思い出に出会えるまち」


といったキャッチフレーズがありました。

人口や産業規模も狭山市より小さいですが、
独自の資源を活かして
特定のターゲットにアピールする取り組みは、
非常に参考になります。

多少とんがっていても、魅力を継続して発信していけば、
今はSNSやネットもあるので、
いろいろなところでゲリラ的に、
情報が拡散していく可能性があります。

各自治体も、「保身より挑戦」ですね。
ユニセフへの寄付実績(2015年9月) [2015年10月01日(Thu)]
先月、当社へ個人で持ち込みして下さった件数は、把握できた数字として、

430人 でした演劇

ユニセフへの累計寄付金額は

16,680円 になりますぴかぴか(新しい)

皆様のご協力に感謝します黒ハート

古紙や古着を持ち込むたびに10円がユニセフへ寄付され、
世界の子どもたちのために役立てられることになります。

寄付金は、毎年12月末までの数字をまとめたものを翌年1月に送る予定です。

引き続き、よろしくお願いいたします。