CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年08月 | Main | 2015年10月»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2015年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
ISO14001のサーベイランス審査が無事終了・・・ [2015年09月30日(Wed)]
昨日、ISO14001の第6回サーベイランス審査が実施され、不適合(M:重大・m:軽微)0件、改善の機会(O)4件、よい点(G)1件で、無事に登録継続を推薦されました。

当社では2004年にISO14001を、2007年にプライバシーマークを取得しました。

環境問題や個人情報に対する企業の責任は、ここ数年で大きく変わってきましたので、時代の流れ、社会ニーズを意識した体制作りを目指していかなければならないと改めて感じました。

ただ、ISOもプライバシーマークも、取得当時は許可をもらうことが入札取引の条件になっていたり、仕事が増えると思われていたりで、一種の社会的ブームのようなところもあったようです。

社内でも、

「もう組織に環境マネジメントや個人情報管理のPDCAサイクルが浸透してきている。」

「準備作業の負担が大きい割に、会社にメリットが感じられない。」

「規格の内容が難しすぎて、会社の実情に合っていない。」


といった理由から、

「ISOやプライバシーマークを取得する意味はもうないのではないか?」

といった声があがるようになりました。


審査員からは、「御社の身の丈に合ったシステムをつくっていけばよい。」と言われ、その通りだと思いました。

確かに、これらの規格は、文言や内容が難しすぎて、日常業務や社内の実情とかけ離れた部分もありますが、法規制や緊急時の対応、リスクと機会の把握、年次目標の策定と日々の活動への落とし込み、といった点を強制的にでもルール化することで、習慣化されていくことで、

 社員の意識向上
    ↓
 企業活動の付加価値の向上
    ↓
 顧客満足の向上


という流れになっていくのだと思います。

ISOやプライバシーマークなどの規格類は、取得・維持することが目的ではないのですが、ついつい、苦労して維持していることの見返りを求めようとしてしまうのですね。

会社の経営活動に関する情報やコミュニケーションが可視化され、強化するために、うまく利用してやろう、といった見方をすれば、また違う活用方法があるのかもしれません。

そういった視点でもやることがなくなれば、もう規格類を維持する意味はないでしょうから、
私の会社からも「卒業」してもらいたいです。でも、そうすぐには無理ですね・・・
マーケティング成熟度調査(2) [2015年09月29日(Tue)]

マーケティング成熟度調査の最初のステップとして、
あなたの会社のマーケティング活動の現状把握をするために2
種類の事前アンケートをさせて頂きますが今回は2種類目です。

マーケティング成熟度調査2.jpg
重要度x満足度調査(一部)

このアンケートでは、中小企業が抱える主要な経営課題に対して、

あなたの会社が、

「重要だと思っている」

「満足している」

かを評価していただきますペン

1種類目のアンケートの回答結果と、
今回のアンケートの回答結果を
見ていくことで、あなたの会社の経営課題と、
その優先度を知ることができると思います。

大切なことは、忙しさにかまけて、
見て見ぬふりをしてきた経営課題と向き合い、
次なる一手につなげることですよね。

行動することで、新しい「何か」が必ず生まれますひらめき

それは、組織にも経営者自身にもぴかぴか(新しい)
マーケティング成熟度調査(1) [2015年09月28日(Mon)]

「マーケティング成熟度調査」では、まずはじめにあなたの会社のマーケティング活動の現状把握をするために2種類の事前アンケートをさせて頂きます。

今日は1種類目のアンケートの説明をさせて頂きますね演劇

オネスタでは、中小企業経営者が自社の企業活動の構成要素を包括的に見るためのフレームワークとして、「成長の木」というものを取り入れています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

そして、「成長の木」の視点に沿って、代表的な質問をいくつかさせて頂きます。

例えば・・・

• 「あなたの会社を取り巻く外部環境において、特にチャンスあるいは脅威と捉える事象はありますか?」

• 「一年後、五年後、十年後、あなたの会社はどうありたいですか?」

• 「製品力、技術力など競合他社と比較して、あなたの会社が特に秀でている点は何ですか?」

• 「評価の評価・基準・方法は会社の目標達成と社員のモチベーションアップにつながったものになっていますか?」

• 「従業員のトレーニング内容やトレーニング方法は、社内できちんと確立していますか?」


もちろん、お客さまとのキャッチボールを通して、質問の幅や深さは変わっていきます。
次回は、もう1種類のアンケートについて説明しますねexclamation×2

マーケティング成熟度調査1.jpg
アンケート(一部)
あなたの会社のマーケティングレベルは? [2015年09月25日(Fri)]
中小企業の経営者はとにかく忙しいですあせあせ(飛び散る汗)

小さな会社の経営者は、経理、営業、人事、現場作業など、多くのことをこなす必要があると思いますが、一度、御社が抱える経営課題を整理してみてはいかがでしょうか?

「今までのやり方では突破口が見いだせない「一人で考えるには限界がある」

と思われている方は多いと思います。

マーケティング成熟度調査では、様々な経営課題について、「なぜ必要なのか?」「何が必要なのか?」「どのようにすればよいのか?」「実際に出来ているのか?」という問いに対する答えをいっしょに考えていきます。そうすることで、御社と経営者の皆さまにとって新たな気づきが得られるはずです。

マーケティング調査の概要は以下の通りです。

マーケティング成熟度調査の対象:
経営課題と今後やるべきことを明確にしたい経営者の皆さま

ゴール:
• 現状のマーケティングレベルを評価する
• 重点的に取り組むべき課題を選定する
• マーケティング戦略の方向性を明らかにする

調査の対象範囲:
• 主として、マーケティング(営業・サービス分野)分野の現状評価を行います。

お願い事項:
• 中期事業計画書、会社案内、アニュアルレポートなど、経営方針や企業ミッションに関する資料
• 貸借対照表、損益計算書(過去2年分)などの財務データ(※提供できる範囲で結構です)

調査の流れ:
• 事前調査の実施
• 経営者向けヒアリング
• 店舗・工場のモニタリング(必要な場合)
• 調査結果のご報告
• 次のアクションのご提案

興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい電話
コイン [2015年09月22日(Tue)]
自分にないものを

欲しがる。

自分ができないことをしている人を

欲しがる。


願望と嫉妬は、

コインの表裏のようなもの。


気を付けないと、

なにも手に入らない。


本当に欲しいものは、

「何」なのか、

そろそろ気づいたらいいんじゃないか?

欲しいのは「コイン」なのか?
<スキル>人は、誰もが「多重人格」 誰も語らなかった「才能開花の技法」 [2015年09月21日(Mon)]


田坂広志さんは、

「才能」の本質は、「人格」である。

と言っています演劇

この言葉を聞いて、最初は「んっ?」と思いました。

「才能」の大部分が、

「人格」や「性格」によって支えられるということが、

何となく分かるようで、腹落ちしない感覚でした。

でも、確かに、天賦の「才能」を与えられる人は別として、

会社員でも芸能人でも、スポーツ選手でも、

才能あるプロフェッショナルと呼ばれる人は、

努力、情熱、厳しい体験、発想の転換などを通して、

「人格」を育て、「才能」を育てているのだと思います。

そして、仕事を成し遂げるには、

何か一つの「才能」ではなく、複数の「才能」が求められるので、

複数の「人格」の切り替えが必要になるという説明も納得できます。


その「人格」の切り替えが、状況に応じて自然発生的にできれば、

その人は「器が大きい」、「成熟した」人として、

見られるようになるのでしょう。


「表層意識の中にある人格」が”硬い”人は、

「深層意識の中にある隠れた人格」が表に出るのを抑圧してしまう

という話も、自分の人生を振り返ると思い当たる節があります。


「自分が苦手だと思う仕事」

「自分の性格に向いていない仕事」をすることで、

「隠れた人格」が開花するというのも、その通りですね。

そういう意味では、私も今置かれた状況は、

新しい「人格」と「才能」が出てくる良い機会なのかもしれません。


平野啓一郎さんの著書、『私とは何か―「個人」から「分人」へ 』でも、

一人の人間の本質を「個人」という言葉や、

大きな一つの価値観で規定しようする限界に対する解決のヒントが書いてあります。

自分の中には、いろんな「人格」があることを自覚して、

それらと上手に向き合い、使い分けることで、

自己受容や他者貢献につながっていくのかもしれませんねぴかぴか(新しい)
<山>飯能アルプス [2015年09月21日(Mon)]
昨日は、吾野〜前坂〜板屋の頭〜スルギ〜子の権現〜西吾野と、
いわゆる「飯能アルプス」を縦走してきましたぴかぴか(新しい)

子の権現1.jpg

高齢者の方にはきつい上り坂や危ない場所などがあるせいか、
すれ違う人も数組と静かな山を堪能することができました。

しばらく、山を歩いていなかったので、足慣らしには最適でしたexclamation


山を歩くと、自分一人でいろいろ考えなければいけないので、
五感が研ぎ澄まされます。

普段、見落としてしまう景色に気付くこともあるし、
何でも自分で判断しなければいけないので。

今回のコースも分岐点が分かりづらい道があって、
途中迷って引き返したこともありました。

例えば、小道が2つに別れていて、どちらに行くか迷った時に、
クモの巣がたくさん張っている方は、
人が通っていない道だろうと判断しました。

そんな判断力を養えるのも、山歩きの醍醐味ですねexclamation×2

小学生の時以来ですが、子の権現にも寄りました。
ここは、日本一大きい鉄製のわらじがあるんです。

子の権現2.jpg

通常は11kmのコースを5時間弱で歩くコースを、
3時間で歩いて無理をしたせいか、
今朝起きたらお尻とふくらはぎが筋肉痛だったのは言うまでもありませんあせあせ(飛び散る汗)

山歩きも車の運転と同じで、その人の性格が出るものです(笑)。
ニュースレターができました(&安保法案の動き) [2015年09月17日(Thu)]
会社のニュースレターの最新号ができました!

newsletter_2015 autumn.jpg

オランダのロッテルダムでは、
100%リサイクルプラスチック素材で道路の舗装を検討しているそうです。

従来のアスファルト舗装よりも整備の手間がかからず、
-40℃から80℃までの温度に耐えることが可能で、
耐久性も約3倍あるとのことです。
日本にもお目見えする日が来るのでしょうか?


話変わって、

政府の安全保障関連法案の動きも目が離せません。

これは単なる集団的自衛権が認められるとか

そういうレベルの話ではなく、

国の主権は誰にあるのか、

民主主義とは何なのか、

日本の将来像はどのようになるのか

といった問いに対する答えに通じるものになりえます。


昨晩から国会前で徹夜で法案反対している人たちを見て、

国民の安全と平和が本当に脅かされているのだと痛感しました。
<文庫>高熱隧道 [2015年09月16日(Wed)]


先月、夏休みで富山県の黒薙温泉へ行ったときに、いっしょに宿泊した年配夫婦のご主人が、
とても気さくな人でいろいろな話をしてくれました。

その夫婦は全国の山を歩いているらしく、黒部周辺の山々のことも熱心に話していました。

私が、黒部峡谷の自然に感動したと話をしたら、

「黒部峡谷のことを知りたいなら、高熱隧道という本を読んだほうがいい。黒部の太陽なんかよりもよっぽどいいよ。」

と言われたのがずっと気になっていたので、先週買ってみました。

完全なノンフィクションではないですが、黒部第三発電所工事の過程などは、かなり正確に綴っていることもあり、あたかも現実に起こったかのような作品でした。

筆者の熱心な準備作業が想像できます。

私が、黒部峡谷鉄道に乗った時に、よくこんな場所につくれたものだとつくづく思いました。

現在のように近代的なトンネルドリルがあったわけでもなく、ダイナマイトで発破して、削岩機で岩を削り、運び出すという作業を気が遠くなるほどの回数繰り返していました。

それだけでなく、隧道の岩盤は温泉脈が近くにあり、100度を超える中で作業をしていたということを知り、とても普通の人間がいられる状況ではなかったことも。。

全工区で300名以上の犠牲を出したにも関わらず、工事が中止にならなかったのは、この発電所建設が戦時下の日本にとって重要な国家プロジェクトだったからです。

この作品の中では、命を落としかねない劣悪な労働環境の中で、通常の何倍もの日当だけが目当てで、人夫(最近は使われない言葉)たちは、トンネル貫通という目的のためにただただ黙々と働く姿が描かれています。

彼らは犠牲者が増える中、恐怖を覚え、感情を押し殺します。

ただ、彼らの心の中に、生きるために、「何か別の感情」が芽生え始め、それがこの作品の核になっています。

もう一つ、「人間と自然との闘い」が大きなテーマです。

筆者、本来、人間が足を踏み入れては行けない場所に、人工的な建造物をつくるという行為が、
どんな結末を引き起こすのかということを描きたかったのだと思います。

「泡雪崩」というものがあるのを初めて知りました。

本の中では、

『宿舎は泡雪崩の直撃を受け、3〜4階の木造部分が吹き飛ばされた。

発見現場まで瓦礫が落ちてないことから、宿舎は形を保ったまま、北東方向に600m空中を飛行し、奥鐘山の岩壁に激突したとされる。

進行方向にあった標高75mの尾根をも飛び越えた。』といった記述があります。

想像を絶するパワーです。


この本を読んで、東日本大震災と原発事故&再稼働、東京五輪に向けた新国立競技場建設の国家と国民との関係性がなぜかオーバーラップします。

人間は歴史から学ぶことはできないものなのでしょうか?
切粉用大型脱油機と紙管処理機を導入しました [2015年09月15日(Tue)]
切削油、部材の回収、特に真鍮やアルミ回収の歩留まりでお困りではありませんか?

この度、当社が導入した切粉用大型脱油機は、
高い脱油率を実現しています。

また、同時に紙管処理機も導入いたしました。
ロール紙やプラシートなどの紙管についている口金(鉄製の金具)を
一瞬で取り外し鉄と紙に分別することができます。

コスト削減と資源リサイクルの面からも非常に有効ですので、
ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
| 次へ