CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年03月 | Main | 2015年05月»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2015年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
Good News, Bad News [2015年04月30日(Thu)]
今日は、良い知らせと悪い知らせが同時にあった。

どちらも直接自分に関わることではないけれど、

とても気持ちが動かされることだった。



自分が想像もしない事が起きた時、

人は、

「どうしてそんな事が起きたのだろう?」

と原因や理由を探したがる。

そうすることで安心したいのだろう。


その原因や理由はいくら推測しても

決して答えが出ないことは分かっていても、

である。


あまりにも不条理な出来事で、

納得できないことであっても、

それが世の中の摂理というものなのか、

と理解するしかないのだろうか?


だからこそ、

「今日が人生最後の日だとしたら?」

と考えることには意味があるのかもしれない。


そんなことを考える一日だった。
圧倒的努力 [2015年04月24日(Fri)]
努力という言葉は、簡単に使えるけど、

その重みは人によって違う。

多くは努力をしている人の主観的な考えや思いが

努力の量と質を決める。


一昔前に、欧米に倣って、ビジネスの世界で

成果報酬主義というものが流行った時に、

「成果を出した人を陰で支える人の評価をどうするのか?」

とか、

「成果だけを見るのは人間関係をぎくしゃくさせる」

とか、いろんな反対意見があった。


役割と責任の所在を明確にしたがらない

日本人の傾向に関係があるのかもしれない。


「努力はしている。」

と言うのは簡単なこと。

そんな言葉を周りに言わなくても、

周りから、

「この人はどのくらいの努力をして

これほどの成果を出しているのだろう?」

と思わせるぐらいの”圧倒的努力”が必要なのかもしれない。


上手く出来なかった事に対する

自分への言い訳をしないくらいの、圧倒的努力が。
線路は続くよ、どこまでも [2015年04月22日(Wed)]
誰かに敷かれたレールを歩きたくない。

自分でレールを敷いて行き先を決めたい。


誰かが敷いたレールでも、分岐ポイントを作ることはできる。

お金や技術がなければ、自分でレールを敷くこともできない。


なかなか問題解決の着地点が見えない中、

気持ちも行ったり来たり。暗中模索。


でも、前に進む限り、足跡は残る。

レールを敷く素地はできる。
内は外、外は内 [2015年04月21日(Tue)]

「仕事は楽しいですか?」

と聞かれたら、どんな風に答えるでしょうか?

「環境に恵まれて、充実している。」

「尊敬できる上司がいなくて、将来のビジョンが見えない。」

などなど。


「働く動機づけは何ですか?」

と聞かれたら、どんな風に答えるでしょうか?

これもいろんな答えがあると思います。

【自分のためx内的キャリア】
「知識・経験が身につく。」
「成長を実感できる。」

【自分のためx外的キャリア】
「世間体がいい。」
「給料が高い。」
「勤務地が近い。」

【他人のためx内的キャリア】
「子供の病気を考えて引越した。」
「親の介護のために転職した。」
「奥さんの親の会社の跡継ぎをした。」

【他人のためx外的キャリア】
「お客さんを喜ばせたい。」
「地域の問題を解決したい。」
「子供に誇り、残したい。」

働く理由は人それぞれでしょう。

誰かのためにする仕事は長続きします。
それは、お客さまのためだけではなく、
家族のためでも、
将来の子供のためでもいいと思います。

誰かのために何かを行動するには、
自分をしっかり持たなければいけないし、
誰かに感謝されることで、
充実感や感動が増し、
さらに自分を強くしていきます。

アドラーが言う、

自己受容→他者信頼→他者貢献

の関係をふと思い出しました。

まずは、自己基盤を固め、周囲への働きかけを行い、
貢献感覚を持つことで、さらに自己が強くなるという
ことですね。
命の一粒 [2015年04月20日(Mon)]
昨日は、「第4回 新緑の奥武蔵もろやまトレイルラン」に
参加してきました。

トライアスロンとトレイルランニングの大会に出てみたいと
ずっと思っていたのですが、今回はトレランデビューです。

trail run1.jpg

10kmくらいまでは、結構いい位置につけていたのですが、
山道のアップダウンを繰り返したせいで、足が悲鳴をあげました。

足がつることは滅多にないのですが、12kmくらいでついにツったぁ〜。

あまりの痛さにしゃがみこんでしまい、
後続のランナーにどんどん抜かれ・・・

何人かの方からは、「大丈夫ですかぁ?」と声をかけられました。
そのうちの一人の男性が、「この飴は効きますので、どうぞ!」
と一粒の飴をもらいました。

まさに命の一粒です。飴をくれた方、ありがとうございます!黒ハート

ほんと、確かにまた少しずつ走り出すことが出来ました。

上り坂では歩いたりして、また足がツりそうになりながらも、
何回かストレッチをしながら、何とか完走することができました。

結果はちょうど真ん中くらいだったので、初めてのレースにしては上出来でしょう。

沿道の応援やエイドステーションでの果物やスイーツは
パワーをもらいましたいい気分(温泉)

週に1〜2回、5kmほど走っていたいましたが、山道を走るのは
想像以上の過酷さでした。

でも自然の中を走るのは、自分の感性が戻る感じで
とても気持ちよかったです。

今度はもう少しきちんとトレーニングして、参加してみようと思いますパンチ
いつかはいつかのまま [2015年04月18日(Sat)]
26日は市議会議員の選挙日ですが、一昨日くらいから
数名の候補者の方が駅前でチラシを配っていました。

来週1週間が勝負なのでしょうね。

ところで11日の日経に、”「河越抹茶」で街おこし”の
記事を見つけました。

川越市内のNPO法人や商店街の店舗の有志らが、
市周辺で生産される茶を使った商品のブランド化を
するようです。

手前味噌ではないですが、狭山茶の旨みとコクは
他の茶にないものだと自負しています。

ただ、狭山茶の生産地は入間市や所沢市のほうが多く、
狭山という名前がついているのに、狭山市が今一つ、
世間に知られていないのは残念でなりません。

「狭山出身です」と言うと、

「あ、西武園がある所ね!」

と今までに何十回言われたことか・・・

狭山茶というブランドの中で
いくつもの市がアピール合戦をしているので、
狭山市の存在もぼやけてしまうということなのかなー。


このブログでも街のブランド化が必要であることは
何度も書いています。

街も大きな会社と考えれば、強みを活かして、
その価値を内外に発信していくことは同じことなのは
言うまでもありませんよね。

富士見市のようにららぽーとのような
大型商業施設を誘致して、市外からもたくさんの集客を見込め、
雇用も増え、消費も増えるというのも一つの手ですが、
狭山市が同じことをするのは現実的ではないでしょう。

所沢のライオンズ球場と西武園遊園地、川越の小江戸街のような
大きな観光地もない中で、間に挟まれている狭山市の未来を案じています。

でも、狭山市にはポテンシャルもあると思っています。

入間川七夕祭りや入間基地航空祭といった
10万人規模のイベントがあるし、

自然災害が少なく、公園も多く、
都心に出やすい立地条件は、
子育て世代の若い方や外国人にアピールできるのではないかなー。

もちろん資産だけはなく、その上にのっかるコンテンツが
充実していないといけないのだろうけど。

入間川沿いにカフェやバーが出来て、賑やかになる日が来たら
それは感慨深いのですが・・・

あくまで、ひ・と・り・ご・と です。


今夜は、時間があれば
やばせ一郎さんの議員活動報告会に参加してみようと思っています。

GW期間中の営業時間のお知らせ(オネスタ) [2015年04月17日(Fri)]
平素はオネスタコンサルティングをご愛顧頂きまして
誠にありがとうございますexclamation

弊社のゴールデンウィーク中の休業期間は、
下記の通りとさせて頂きますいい気分(温泉)

4月25日(土)〜4月29日(水)

※上記の期間中のお問い合わせ等につきましては、
4月30日(木)以降に順次対応させていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいぴかぴか(新しい)
ぴかぴか(新しい)
リーダーと組織の関係 [2015年04月16日(Thu)]
企業の経営者や組織で部下を持つ者なら、
自分が目指すべきリーダー像というものを
考えてみてもよいだろう。

誰か尊敬したり、あこがれるリーダーがいれば
その人が何をしてそうなったのかを聞いたり、
自分なりに想像を巡らしても良いだろう。

モデルになるリーダーがいない人もいるかもしれない。

その場合は、
自分自身がどんなリーダーになりたいのかを考え、
日々、試行錯誤を繰り返しながらそのリーダー像に
近づけているのかをチェックするのもよいだろう。

事細かに指示を出すリーダーもいれば、
多くを語らず、
自分の背中でやるべきことを伝えるリーダーもいる。

人は、自分にないものを求める生き物なのかもしれない。

「どんなリーダーになりたいか?」

を考える時に、

「どんな組織をつくり、そこで何を実現したいのか?」

と問いなおしてみると、別の見方ができるかもしれない。

幸いというべきか、自分は非常に個性的なリーダーを
何人か知っている。その人たちと同じようにはなりたいと
思わないが、自分にない要素は、いい勉強になる。

リーダが変われば、組織も変わる。

組織が変われば、リーダーも変わる。
GW期間中の営業時間(智光山資源リサイクルセンター) [2015年04月15日(Wed)]
智光山資源リサイクルセンターのGW期間中の営業時間は、
下記の通りとさせて頂きます。

■一般持込のお客さま:
2015年 4月29日(水) 14:00まで営業
2015年 4月30日(木) 通常営業
2015年 5月 1日(金) 通常営業
2015年 5月 2日(土) 15:00まで営業
2015年 5月 3日(日) 正午まで営業
2015年 5月 4日(月) 15:00まで営業
2015年 5月 5日(火) 15:00まで営業
2015年 5月 6日(水) 15:00まで営業
2015年 5月 7日(木) 通常営業

■取引先各位:
各お取引先には、GW中の営業時間をお知らせしております。
ご不明な点がありましたらお電話にてお問い合わせください。

■ホームページ:
E-mailによるお問い合わせにつきましては、
4月24日(金)受信分までは連休前に返信するようにいたします。

但し、お問い合わせ内容によっては、5月7日(木)以降の回答
となる場合がありますことをご了承ください。

E-mail:info@okutomi.co.jp
コンサルは高給人材派遣業 [2015年04月14日(Tue)]
先週末にコンサル時代の友人と飲んだ。
彼と会うのは約一年ぶり。私が5年前に退職してから
毎年会うようになった。

彼とは同期入社で、事業会社からコンサル会社へ
転職してきたこともあって、どこか同じ匂いを感じている。

中途採用組として同期入社した人は30名ほどいたと思うが、
彼ら、彼女らのほとんどは会社を変えたらしい。

みんなどこで、何をしているだろう?

話戻って、その彼は現在、データを分析・活用する
事業会社に転職したらしい。

そんな彼がこんなことを言っていた。

「コンサルをやっていた時は、どうしてこんなことを
クライアントは頼むのだろうか?と思っていたことを
事業会社に転職してみて、いざコンサルを使おうとすると
その理由が分かる気がする。」

コンサルタントという職業を正確に知らない人は、
何か怪しい頭でっかちな集団と思うかもしれないが、
実際は泥臭く、体育会系のようなノリも必要だ。

若手コンサルタントは、議事録作成、資料作成代行、
会議補助、プロジェクト管理などの仕事に
多くの時間を割かれる。

「コンサルは、高給人材派遣業。」

という言葉もなかなかウィットに富んだ良い表現だ。

コンサルタントの仕事は大きく分けて、
「支援」と「代行」に分かれるが、
どちらをするにせよクライアントの目的が曖昧だと、
クライアントもコンサルタントも幸せになれない。


彼と飲むと、いつもいろんな話ができて、刺激になる。

お互い違う道を進んでいますけど、
何か通じるものがあると感じているので、
いつか何らかの形でいっしょに仕事ができるといい。
| 次へ