CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年10月 | Main | 2012年12月»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
オーラソーマ 「道こそがゴール」 [2012年11月23日(Fri)]
aura-soma_bottles.jpg

知人がオーラソーマに夢中になっていて、紹介してくれました。ご存じの方もいると思いますが、上下2層に分かれた4本のボトルを直感的に選ぶことで自分自身の本質、潜在的可能性、才能と人生のテーマなどが分かるとのこと。最近は、女性だけでなく、男性でも利用している人が増えているようです。なるほどねー。

選んだ4本のボトルの順番と色にそれぞれ意味があります。
<1本目> 魂のボトル    人生の目的や使命を表す。
<2本目> ギフトのボトル  魂が取り組む準備ができた課題。学びはギフトとなり才能へと開花する。
<3本目> 今ここのボトル  人生において今現在どのような地点にいるかを表す。
<4本目> 未来のボトル   未来の可能性。今すぐ手にすることができるエネルギー

いくつかのサイトで無料で自己診断できます。
私の結果は、こんな感じでした。

【1本目のボトル】
■メイン テーマ: 困難な感情の状況に明晰さをもたらす
■アファメーション: 道こそがゴール
■ボトルのメッセージ:
ハッピーで、元気で、優しい人。人生の意味を見つけたいと思っているのと同じくらいに調和とバランスをもたらしたいと思っている人です。トラブルを起こす ことになっても、真実を話します。偏見から自由なので、他の人にたっぷりと暖かさを与えることができます。人生の特効薬は愛だと信じています。失敗から学びすべてのことに、特に時間に対して寛容です。人や自分のパーソナルな感情につながり、調和を保ちます。


【2本目のボトル】
■メイン テーマ: 私たちの存在のフィーリング側をグラウンディングさせます。ハートの展開のプロセス。
■アファメーション: 私はあらゆる自分のフィーリングに対して開いています。これらのフィーリングは、私が内なる微かな声を聞くのを助けてくれます。
■ボトルのメッセージ:
羨望や嫉妬の強烈な感情を抱えているかもしれません。自分自身のハートからの直感を、信頼できない面があるでしょう。自分自身のハートが本当は何を感じているのかを表現することや、感情面を表現することがむずかしいと思っているかもしれません。創造性を表現すること対して、苦手意識をもっている場合もあります。


【3本目のボトル】
■メイン テーマ: 新しい方法による自由への一歩
■アファメーション: 私はレットゴーして、あるがままを受け容れます。
■ボトルのメッセージ:
内なる地球(the Earth Star)とのつながりの中で、大いなる理解がわき起こります。幸福と平和と愛が、地上にそして途上に姿を現し始めます。


【4本目のボトルのメッセージ】
■メイン テーマ: 人生の目的を理解することを学ぶ
■アファメーション: 私は、正しい場所で、正しい時に、正しい事を行っています。
■ボトルのメッセージ:
恐怖症、特に閉所恐怖症と広場恐怖症を手放せるように勇気を与えます。何ごとにつけても与えすぎてしまう人にバランスをもたらします。


なるほどなー。結構納得できる部分もあります。
閉所恐怖症も、実はそうかもと思いました^^


オーラソーマに限らず、自分自身の内面に気付き、意識的に人生を生きていく方法を見つけていくことは大切だと思います。
まさに、「インサイド・アウト」。
自分【鏡】他人 [2012年11月21日(Wed)]
仕事でもプライベートでも、毎日いろんな悩みにぶつかります。
みなさんは、そんな悩み、問題にどういう風に対処していますか?

気持ちが平穏でなく、視野が狭く、気持ちにゆとりがないと、

なぜ、(自分が)こんなことをしているのか?

なぜ、(自分が)こんなことをしなければいけないのか?


といったアプローチで物事を考えてしまいます。


そういう時は、

なぜ、(自分が)こんなことをする必要があるのか?

なぜ、(自分が)こんなことをする機会を与えられているのか?

と気持ちの向きを変えたり、ニュートラルに修正したりすることを試みます。


さらに、ちょっと無理だと分かっていても、

なぜ、(自分が)こんなことをすることができるのだろうか?

なぜ、(自分が)こんなことをさせてもらえるのだろうか?


と考えてみます。


さらにさらに、(自分が)の部分を、自分でなく代わりにやってくれる人がいたら、
(その人の名前)を入れてみます。
そうすると、ちょっと違った発見につながることがあります。
ささやかな抵抗の前に [2012年11月18日(Sun)]
衆院解散、総選挙となりました。

何だかなーという感じです。

誰もが現状のままではいけないという共通認識を持っているとは思うのですが、それが、「近いうちに」を数カ月ずっと引きずったまま、こういう結末になってしまったということに、何かモヤモヤした感覚が残っているのは、私だけではないのではないでしょうか。

今回の衆院選の争点は、原発・エネルギー政策、消費税増税、経済成長戦略、TPP・外交政策あたりが、盛んに取り沙汰されていますが、税と社会保障制度、選挙制度改革なども遅かれ早かれ変える必要がありますね。

でも、前々回の「郵政改革選挙」、前回の「マニフェスト選挙」のように目玉の政策にメディアが飛びつき、結果、国民も煽られ、踊らされるのはもう御免です。

東日本大震災を経験し、日本の今後の姿を見つめ直さなければいけないこの時期に、
アメリカやアジア各国との関係も再構築しなければいけないこの時期に、
どんな政党を選ぶべきかよくよく考えたいところです。今回の選挙では、理念や価値観、政治制度、政策などいろんな次元の要素を見ないといけないですしね。


一つの視点は、「政権の持続性」だと思うのですが、長期的に持続できる政権の枠組みを見極めるのは、簡単なことではありません。

本来なら、各政党の理念や価値観、長期的な目指すべき姿などをじっくり聞きたいところですが、理念があっても集まっている議員が寄せ集めである政党か、理念は脆弱だけどベテラン議員が多くいる政党を選択することしかできないところが悩ましいところです。若い人たちに支持される政党は出てくるのでしょうか?でも、それが民主主義と言えばそうかもしれない。

投票というささやかな抵抗の前に、いろいろ考えてみたいと思います。
セーフコミュニティー認証 [2012年11月17日(Sat)]
市内で同年代で活躍しているやばせ一郎議員。
今までの経歴が私に似ているところがあったり、市のブランディングやセールスの必要性を説いたりするなど、考え方にも共感できるところがあり、陰ながら応援させて頂いている方の一人です。

先日、やばせさんからニュースレターを頂きました。
今回は、市の治安の良さを、例えば世界保健機関(WHO)の「セーフコミュニティ認証」を取得するなどして、客観的な国際基準で地域の安全性をアピールしてはどうかということを取り上げていました。

例えば豊島区の場合だと、以下の重点テーマをもとに、セーフコミュニティーへの実現を目指しているようです。

★一人暮らし高齢者の安全
★障害者の安全
★子どものけが・事故予防
★児童虐待の防止
★学校の安全
★自殺・うつ病の予防
★自転車利用の安全
★繁華街の安全
★地震災害の防止
★DVの防止

「安全」にもいろんな見方があるんですね。
それと「安全」と「安心」の関係性も忘れてはいけない点です。「安全」だけど「安心」できないことってたまにあります。安全は安心のために必須ですが、それだけでは不十分で、その足りない要素が「信頼」です。安全は技術(ハード)に対して、安心は信頼(ハート)に対して定義されるということですかね。

話が脱線しましたが、「地域ぐるみで、安全・安心な街づくりに取り組んでいる」ことを市の強みとしていこうという視点は、B級グルメや祭りで町おこしといった単発的な取り組みとは違うものであり、面白いなぁと思いました。認証取得は市としてのイメージアップや地域コミュニティーの強化にもつながるでしょうし。

私が住んでいる狭山市は、都心に近い利便性を持ちながら、自然災害も比較的少ない地理的特性もあるので、「City of Safety & Security」と銘打って、対外的にPRするのもいいかも。
企業のデータセンターを誘致するのも一案かな。香川県はやりましたよね。
と、妄想はどんどん膨らんでいきます・・・


こう考えると、市の「強み」を考えるときに忘れてはいけない質問は、

「その強みは誰のためのものですか?」

になりますね、ハイ。
上級者を目指す英語スクール 〜ICC Academy@恵比寿 [2012年11月09日(Fri)]
私の親友が”上級者を目指す英語スクール”として、ICC Academyの運営に参画することになりました。

彼は、英語をマスターする事によりグローバルに活躍する日本人を育てたいとの思いから、2003年に大人の英語教育と留学をトータルサポートする「Apprez」(アプレ)を中野坂上に、2010年には子供の英語学校「Apprez Academy」を中目黒に設立。

2012年、真の英語力と高いコミュニケーションスキルを兼ね備えたグローバル人材を養成する教育機関を創設する、という長年のプラン実現の為、今回ICC Academyの設立に参画しました。カリキュラムの策定、講師の選抜・教育などソフト面のプロデュースを担当しています。彼の情熱と行動力にはいつも感心させられ、勇気づけられますパンチ

出張前の準備やTOEIC向けなどクラス内容も充実していますので、英語に自信のない方、さらに自信をつけたい方は、問い合わせてみて下さい電話

私も行かないとダメだなー^^
<キャラリアポート>ニュースやお知らせはこちらのブログでご確認下さい。 [2012年11月04日(Sun)]
【留学や就職・転職相談をご希望の方へ】

キャラリアポートでのお知らせやニュースは、こちらのブログに一本化することにしましたので、今後はブログをご覧ください。複数のホームページ、ブログ、ツイッターと管理が大変になってきましたので^^;
よろしくお願い致します。