CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年11月 | Main | 2011年01月»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
「それぞれの針路」 建宮 実和 さん (35) 〜「他者との対話」を地域医療と自分の生き方に織り込む〜 [2010年12月30日(Thu)]
前職の最後の勤務の日。みんなと。(前列左から2人目)
【過去〜現在】
■現在の仕事について:
100床程度のちいさな地域密着型の病院で、内科病棟の看護師をしています。単純に転職斡旋会社に紹介された病院ですが、国際医療ボランティアを行っているNPOシェアの本田徹医師が勤務しており、病院が山谷地区にあるため、高齢の生活保護者で独居の患者さん、40〜50代の路上生活者が多く見受けられます。NHKで放映している「無縁社会」の世界、日本の「貧困問題」を目の当たりにしています。


■現在の仕事に行き着いた経緯:
今年の春まで、東北大学病院のICUに勤務していました。看護師になって12年、うち8年、ERとCCU、ICUをいったりきたりしました。

大学は脳死移植医療、生体移植医療を行っていたので、移植待機している患者さんの意思決定のプロセスを一緒に過ごしたりしました。緊急性を要することもある現場で、いざという時に頼りにしてもらえる看護師でありたかったし、そのための技術や知識も得て、人脈もあって。仕事はそれなりに過酷でしたが充実していました。

だけど、その一方で、自然なかたちで死ぬことができない現実に疑問を抱くようにもなりました。大学病院に入院、ICUに入室、「できることをすべてして欲しい」と家族から頼まれた、ということは、こちらとしては可能な限り器械や管を着け、リスクが高くてもメスを入れて救命する、という解釈になります。

無論、それで助かればいいので、ずっとやってきたのですが、自分の家族のことなどを考えだすようになったら、どうすればいいのかわからなくなってしまいました。

どんなに器械に頼って薬剤をつかっても、必ずいつかは終わりがやってきます。死なないようにすればそれでいいのか、生きてるってどういうことなんだろ?何をしたらいいんだろ、とか、あらためて考えだすようになって、リスクの大きな手術もせざるを得ない、という状況に至る度、抱えているジレンマがどんどん大きくなり、このままずっとICUにはいられないと感じるようになりました。辛くて辞める人も多かったので、なかなか一般病棟に出してもらえなかったし、働けないほど無理な感じではなかったので、ただ自分が我慢弱いのかもと思いながら仕事はこなしてました。

そんなとき、春に秋田の友人の家に遊びにいったら、友人の家の隣に住んでいるおばあちゃんが、ニコニコして山菜を届けてくれました。

その笑顔がほんとうにキラキラ眩しくて。生きてるひとはこんなに美しいんだって。自分が毎日看ている患者さんとのギャップに、ハンマーで頭を殴られたようなショックを受けました。自分は他者に対して、毎日いったい何をしているんだろうと。

自分のやっていることがとてつもなく傲慢なことに見えて、すごく気持ちが揺らいで。以来、仕事が休みの日に、特に悲しくもないのに涙が止まらなくなったり、外に出られなくなったり、あまり自覚はなかったのですが、プチ鬱みたいな状態になってしまいました。

「死なせちゃいけない、なおさなくちゃいけない」のが正しい、どんなにリスクがあってもそうしなくちゃいけない、その「正しさ」を求められる現実に必死で、自分の気持ちやからだがおいてけぼりになっていたような気がします。でも、いつか必ず終わりが来るなら、その正しいやり方にどれくらいの意味があるのだろうと。

何にとって、誰にとって「正しい」のかしらと。

自分の気持ちやからだに嘘や無理がない、そんなやり方。
それは自分だけじゃなくて、患者さんにも無理をさせたりしないやり方につながるのではないかと考えるようになりました。

そんなとき、友人の西村佳哲さんが、ファシリテーターのためのワークショップに誘ってくれました。人と対話して、人の見方を捉えなおすことができ、とても豊かな時間を過ごしました。多様性を認めあいながら、共生する在り方を知った、というか。

矛盾や葛藤も悪くない、と、なんだかとてもほぐれた感じがしました。答えのわからないことはたくさんあるけれど、他者との対話を通して見えてくるものがあると思います。他職種間のチーム医療にも、ひとりの看護師として他者の生き方を支援するにも、ファシリテーションは役に立つんじゃないかと思って、もっと知りたくなって、周囲に説明して思いきって大学を辞め、上京しました。

Be Nature Schoolという場所で、中野民夫さんをはじめとする講師陣、諸先輩方に教えてもらって…というか、お互い世界は違うけど、ともに愉快に学んでいます。

現在は地域密着型の小さな病院で働きながら、地域医療のネットワークに参加して事例を共有しながら学ぶ会を立ち上げたり、東大の臨床倫理セミナー(誰もが参加できる、医療倫理や死生学について考える会)に通ったり、青学のワークショップデザイナープログラムに通ったりして、現場実践と理論を行ったり来たりして、いろんなチャンネルをのぞいています。どの世界も、答えはないけれど、対話を通して参加者各人のなかに何かが積み重なって満たされていく感じがしています。
何かってなんなんだろ。

いまは看護師人生の、いわば芋虫期→さなぎ期みたいなところにいるのかな。自分の内側におこる出来事をそのまま感じたり、出会うことをじっくり味わったりする時間をすごしています。

「様々な情報はあふれているけれど、要は誰に出会えたかが全て」と教えてくれた人がいますが、まさにその通り。いろんな葛藤があっても、たぶん、自分の内発性でドライブする生き方のほうが、いのちを含んでるし、生きてる、に近い。

こんな年になってからの、そんな勝手な決断を許し、応援してくれたり気にかけてくれる人たちがいることに、本当に感謝です。


■現在の仕事から得られたもの:
(苦労・悩み)誰も悪くないのに、現実は厳しくて哀しいし、はかなくて切ないこと。

(喜び・楽しさ)日々のちいさな幸せが嬉しいし、たのしいし,愛おしく思える。
人も自然もいまここでおこっていることすべて、偶然なのに必然で、奇跡的で豊穣。
それから、自分の感受性次第で,世界の見え方がかわることを興味深く思う。

【現在〜未来】
■私の目標・夢:
女に生まれたからにはやっぱり母になるのが夢。

生活するために仕事が必要であることは確かなのですが、仕事の対価として得たいものについてはいまだ考え中。感謝されたい訳でもなく,自己実現したい訳でもなく…。
他者と経験をシェアして関係性を育めあえる自分のデザインを、いろいろとトライ&エラーで模索中。


■座右の銘:
「すべては正しい時に、正しい場所で起こる」
「人生の悲劇は苦しいことにあるのではなく、なにを見落としたか、にある」
「矛盾と同居できる人は美しい」 
「弱さを絆に」

すべて、本を読んで印象に残ったフレーズです。


■印象に残った本:
ジュリアン・シュナーベル監督映画 「潜水服は蝶の夢を見る」 
ミヒャエル・ホフマン監督映画 「厨房で逢いましょう」
ミヒャエル・エンデ著 「モモ」 
サン・テグジュペリ著 「星の王子様」 
松浦弥太郎著 「今日もていねいに」 
西村佳哲著 「自分の仕事をつくる」 
川口有美子著 「逝かない身体」
向谷地生良著 「安心して絶望できる人生」「技法以前」
木村秋則著 「奇跡のリンゴ」


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
今年最後の「それぞれの針路」です。

美和さんとは、Be Nature Schoolというファシリテーションスクールでいっしょになったのがきっかけです。第一印象は物静かでシャイな女性でしたが、話をしていくうちに、それは大きな誤解であることが分かりました^^;

おそらく今までに多くの人と出会い、濃密な時間を過ごしてきたのでしょう。出てくる言葉は、とても思慮深く、洞察力に富んでいます。

私も性格的によく考え(時に考え過ぎ)、奥行きのある対話をすることが好きな人間ですので、美和さんの言葉一つ一つが妙に響きます。

しかも自分と向き合い、働き方や生き方に対して、「答えのない答え」を探究している姿は、現在、暗中模索している私と重なり、強く共感できます。多忙を極める中、アンケートに協力してくれてありがとう。

美和さんの言葉にあるように、「何を成し遂げたか」よりも、「誰と出会い、何を感じたか」に光を当てた生き方を目指したいです。


みんなでマイケルジャクソン追悼。。。のつもり。


ICUはこんな場所
暗闇 [2010年12月29日(Wed)]
自分が積み上げてきた「土台」や「志向」から相当外れている道を歩いている。
少なくとも、今はそう感じている。


ここ最近はあることに対して、また悩んで、もがいている状態。

私は変化を好むし、環境に順応するのは得意なほうだと思っていたが、今回は正直つらい。

悩みの根本的な原因もそれに対する解決策もおおよそ分かっている。

でも分かっているだけに、なかなか解決できそうにない。


過去にも同じようなテーマについて書いているが、それはオブラートに包んで表現している。
詳細はここでは書けないし、相談できる相手も近くにはいない。


今持っている自分の意識や価値観を変えるか、

自分の価値観や思いに近い状態になるように、現在置かれた状況を変えていくか、


どちらも難しい。でも、今はただ、暗闇を進むしかない。
「ありがとうございます」の重み [2010年12月28日(Tue)]
当社は、サービス業を営んでいるので、人と人とのコミュニケーションを介して、ビジネスが成り立っています。

そして最近感じているのは、「ありがとうございます」という言葉の重み。

「ありがとうございます」には、他人から言われる場合と自分が言う場合があります。


言われて嬉しいのは、他人からの「ありがとうございます」

これは、自分が提供したサービス価値や心配り等に対して、相手が感謝のしるしとして使うもの。

ある会社では、顧客満足度の評価指標(KPI)として、お客さまから言われた「ありがとうございます」の数を使っています。KPIについては、以前も書きました。

相手から言われる「ありがとうございます」にも、いろいろな場面があり、人それぞれ満足度が違うのではないでしょうか?

私は、以下の3つの視点が大切なポイントだと考えています。

1. 提供しているサービスの価値が「自分の基準の中で高いこと」
これは、一人ひとりが感じる、所属する会社の知名度や、提供するサービス価値の難易度と社会的影響度などあると思います。

2. 自分がサービスを提供している相手の「顔」が見えること
小さな企業やお店の販売員は、ユーザーと直接コミュニケーションがとれ、達成感をより実感できる場合があります。ありがとうを誰から言われるかもポイントでしょう。

3. ありがとうございますを言われる「タイミング」
実は、これがとても重要な気がします。



一方、自分から進んで、気持ちを込めて言う「ありがとうございます」。

相手より先に、素直な気持ちで、「ありがとうございます」というのはなかなか難しいことです。

最近、一度数えてみたら、私は1日に50回ほど、「ありがとうございました」と言っていました。

一つひとつの「ありがとうございます」には、それぞれのストーリーがあります。

顧客は当然として、従業員とその家族、ビジネスパートナー、地域社会など、さまざまなステイクホルダーに対して、気持ちを込めた「ありがとうございます」を1日に何回言ったか、数えてみると新たな気づきがあるかもしれません。
内向き志向な日本人大学生 [2010年12月24日(Fri)]
昨日の日経の一面に、「内向き志向くっきり 日本人留学生11%減」とあった。

海外の大学や大学院に留学する日本人が急減しているらしい。

4年連続で落ち込み、2008年の留学生数は66,833人と過去最大の落ち込み幅だった。

一方、日本に留学する外国人は過去最大の約140,000人。


あのハーバード大学でも、昨年の留学生666人のうち日本人はたったの5人。
韓国42人、中国36人、シンガポール22人、インド20人と比べても、その差は歴然だ。

米国の大学院の博士号取得者の出身大学別ランキング(2008年)では、日本の大学は425位に東京大(23人)が入るだけ。1位の清華大(472人)をはじめ中国の大学がベスト10の3つを占めている。


いったい、この数字は何を物語るのだろうか。


留学は、自分と世界の距離感をはかり、自分を見つめなおす貴重な体験となる。

私も留学をして人生観が大きく変わった。 「それぞれの針路」で、何人かの友人が留学から得られたものを書いている。


不況による企業側の事情や就職活動の早期化といった外的要因はあるにせよ、自分の殻を破るためにも留学や海外で学ぶことをおすすめしたい。
コンサルティング業界のはなし [2010年12月23日(Thu)]
昨日は、プライスウォーター時代の友人と会った。気心知れた数少ない人物だ。

話の中心は、「コンサルティング会社の価値」について。


以前のブログでも触れたが、時代の流れが変わり、企業がコンサルティング会社に求める価値もずいぶん変わってきた。


大企業は、法改正、規制緩和、グローバルスタンダードといった海外(特にアメリカ)からの圧力におされる形で、コンサルティング会社の指南のもと、業務や組織の枠組みを変えてきた。コンサル会社も、最終的にはシステムを導入まで支援することで高い人件費をカバーすることができた。

コンサル会社は、最新の市場動向や他社の成功・失敗事例、考え方の考え方といった”ソフトの部分”と、一時的にマンパワーが不足したときに、季節労働者的に雇いたいという”ハード”の部分を求められてきた。


一方、中小・小規模企業は、欧米仕込みの難しすぎる理論や考え方よりも、社長の相談相手や、現場をすぐに変えるための戦術的な要素が求められてきた。


こちらのブログには、経営コンサルティング業界の実態と今後について分かりやすく書かれており、私の考えにも近い。


コンサル会社自体も独自資源と強みを明確にし、自社の【顧客x価値】についてきちんと答えられることができないと、今後生き残ることは厳しいだろう。生き残るための方策の一つとして、すぐれた人材を長期間雇用できる仕組みが必要だと思う。
記念日 [2010年12月21日(Tue)]
今日は、あることの記念日で、家族の大切さを再認識した一日でした。

黒柳徹子さんの言葉を借りれば、


『家族が一緒にいること。

みんなが健康で、そこに温かい笑顔があること。

それこそが人間の本当の幸福ではないか。』




また、相田みつおさんの有名な詩も思い出しました。


花を支える枝

枝を支える幹

幹を支える根

根は見えねんだなあ
<LOOB> My Precious Thing [2010年12月20日(Mon)]
今日、フィリピンから郵便物が届いた。

フィリピンのNGO、LOOBが作成したカレンダーだ。




このカレンダーは、LOOBの教育支援を受けている子供たちにクリスマスプレゼントとして贈ることと、販売収益により教育支援を拡充するために作成されている。

届いたカレンダーの絵のテーマは、「My Precious Thing(私の大切なもの)」。

一つひとつの絵には、子供たちの夢や想いがたくさんつまっていて、とてもエネルギーを感じる。私がホームステイした家の女の子も載っていた。彼女の夢は、ジャーナリスト。
村から大学へ行くことがまずはその夢への第一歩らしい。陰ながら応援していこう。

LOOBのことはブログでも何度か書いているが、LOOBは、私が自分のライフワークのために必要な「何か」を探していたときに、たまたま見つけた。

そして、3月に実際に現地へ赴き、英語学校やホームステイ、ワークキャンプなどに参加し、
人々のあたたかさや、代表のビジョン・人柄に共感して、協力していきたいと思うようになった。

学生のときとは違い、自由な時間は少なくなってしまったが、その分、様々な経験から得られた考え方やネットワークを使い、自分のできる範囲で、自分のゴールを実現したい。LOOBとも自分のペースで関わっていければいい。

My Precious Thingは、今の日本に欠けているものなのかもしれない。

すでに自分の中で確固たるものを持っている人もいるだろうが、もやもやしている人が「私の大切なもの」を見つける方法の一つは、すでに持っている人と会話をし、想いや考え方を吸収していくことだ。
将棋のはなし [2010年12月16日(Thu)]
今日は、私の趣味のひとつである将棋の話題を2つ。

1つは、将棋界の最高位を争う竜王戦で、渡辺明竜王が挑戦者の羽生善治名人を4勝2敗で防衛し、竜王連覇記録を7に伸ばした。

7つのタイトルのうち、6つの永世称号を持つ羽生名人は、2期前に続き永世竜王の獲得で史上初の「永世七冠」を狙ったが、またもその夢が阻まれた。

プロの指し手は難解すぎて、私には分からないが、後になって「あっ、こういうことを考えていたのか!?」と分かることがあると興奮するものだ。また、プロ棋士は勝っても負けても、盤上の駒の配置、つまり「美学」までも考えている。


もう1つは、今日の東京新聞の「この人」で、将棋の教育的効果をまとめた本を出版した安次嶺隆幸さんの話。

最近は、全国各地で開かれる「将棋子ども大会」への参加者が急増しているらしい。将棋の及ぼす教育的効果が見直されてきたようで、それを安次嶺さんは地道に訴え続けてきたとのこと。

確かに、将棋では、

始めるのときの「お願いします」
投了したときの「負けました」
互いの健闘をたたえ合う「ありがとうございました」


この3つの礼と勝負の勝ち負けを通して、多くのことを教えてくれる。

安次嶺さんの本、将棋をやってる子供は、なぜ「伸びしろ」が大きいのか?を早速、Amazonで購入してみた。


将棋は、とても奥深い。相手と自分の局面を見ながら、異なる特徴を持つ駒を動かして、敵の王将を取るというプロセスがとても楽しい。相手から奪った駒を使えるのはチェスとも違う。

いくつもの指し手からその時々で最善手を選択するというのは、ビジネスでも人生でも大いに役立つ、と思う。礼儀に加え、想像力、思考力、決断力、忍耐力などが身につく。いっそのこと、小学校の授業に取り入れてもおもしろいのではないか。
成功者の共通項 [2010年12月15日(Wed)]
Lead Consultingの「ネット集客のルール」14日間集中プログラムを聞いてみた。


代表の小谷川さんが言っていることは、私自身もいくつか実践しているが、ネット集客というテーマを、体系的に整理し、誰にでも分かりやすい説明をしているのは素晴らしいことだと思う。


プログラムの最終日に、「成功者の共通項」ということで、

・簡単なことでも「やり続ける」

・自分で「完璧に」仕事をするか、できる人に任せる

・相談できる人を持つ


とあった。納得である。

今の自分には、強く実感を持つことが出来る。
どれもまだ自分の中で明確な答えは出ていないが。


ただ、「根拠のない自信」はある。
「エコライフDAY」に挑戦してみませんか? [2010年12月10日(Fri)]
埼玉県が2009年12月に策定した「埼玉県地球温暖化対策実行計画」では、2020年の県内での温室効果ガス排出量について、基準の2005年より25%減らす目標を掲げました。


温室効果ガスの削減というと、かなり大きなテーマで、取り組みへの貢献度がなかなか見えずらいと思います。むしろ、日々の生活での無駄をなくし、家計を節約する、気持ちにゆとりを持つことにつながればよいのではないでしょうか。


狭山市では、今日から来年の2月28日まで、「エコライフDAYさやま 2010冬」を実施しています。暖房などによりエネルギーの使用量が増える冬、チェックシート(1日環境家計簿)を用意し、二酸化炭素の削減量や節約を把握することができます。普段の生活でエコライフをどのくらい実践できているか確認してみませんか?


| 次へ