CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年07月 | Main | 2010年09月»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
<キャリア・生き方>木を植えた人 [2010年08月31日(Tue)]


本書は、30分もあれば読めるとても短い本ですが、読み終わったあとに、自省、励まし、ビジョンと情熱、見返りを求めない、などいろいろな感情がじわじわとこみ上げてきました。40年前に書かれた本とは思えないほど、現代の私たちにも共感できるものがあります。


本の話を、主人公の羊飼いが荒れ果てた土地に、木を一本一本ただ植え続ける、愚直に自分の仕事を続けることが大切なこと、と片付けられるものではありません。

きっと読者によっていろんな見方ができるのではないかと思います。

「木を植えた人」には主人公のほかに、森林保護官が登場します。何十年も羊飼いの主人公がせっせと木を植え続けたおかげで、辺り一面、緑でいっぱいになるのだが、その森林保護官は、その羊飼いのもとをおとずれて、この”自然林”の成長を守るために薪を禁止する、と通達を渡したくだりがあります。

これは、今まで外の世界とは隔離して、平和に暮らしていた村に、いきなり先進国の輩がやってきて、私利私欲や都合の良い正義感をふりかざして、労働力や自然資源やを独占しようとする構図に似ています。その後、その村はどうなっていくのでしょうか。


あとがきの一節から、

ほんとうに世の中を変えるのは、権力や富ではなく、また数と力を頼む行動や声高な主張でもなく、静かな持続する意志に支えられた、力まず、目立たず、おのれを頼まず、即効を求めず、粘り強く、無私な行為です。

その通りと思うが、これが本当に難しいです。ある時点でそう思っても、時間が経つにつれ、また、その意志や想い、エネルギーが弱くなっていってしまいます。ぶれない生き方はいつになったらできることやら。

そして、本の帯には、

「質素。粗食。ぜいたくや華美の反対。規則正しく穏やかな仕事。人に知られぬところでの、力まぬ日常・・・。忘れているものを思い出す。」

とありますクローバー


本書とあわせ、木を植えること、森が存在することは、人間そして地球にとってどんな意味があるのかを改めて知るのに、「森は生きている」をいっしょに読んでもよいと思います。


ISO [2010年08月31日(Tue)]
今日は、ISOについて、全体の概要やポイントになりそうなところはどこなのかを確認していました。

もうじき会社でISOの更新審査があるのですが、関連文書が膨大でどこから手をつけていいか分かりません。

今年は、私は特に何かをやるわけではありませんが、ISOについていろいろ学んでいくと、会社の経営方針や業務ルールなどとも関係してくる部分があることが分かり、とても有益であることが分かりました。

こういった認証資格などは、会社がどのような意図を持って行うのか、社員に何を浸透させることができるか、といった問いの答えによって、その効果もずいぶん変わるのだろうなと感じました。

経理、営業&マーケティング、総務などいろいろやることがありますが、ISOやプライバシーマークについても自社の中での流れを理解すれば、今後、他の使い道があると思っていますので、スピード感を持って学んでいきたいと思います走る
会社のロゴができました [2010年08月30日(Mon)]
現在、ウェブサイトのリニューアル作業中ですが、それに合わせて会社のロゴを作成しました。



外側のラインはOKUTOMIの頭文字の「O」を、中心の丸いラインは、緑いっぱいの地球をモチーフにデザインしたロゴマークです。

リサイクル活動を通して、まちや人を優しく包み込み、人も自然も豊かになっていく・・・ そんな想いをロゴマークに込めました。


ロゴ一つ作るのも、とても大変な作業ですが、社内でのディスカッションや外注先とのやりとりを通して、会社の特長を考える良い機会となりました。

今後、このロゴが会社に関係する人々にとって親近感を持ってもらえるよう、日々仕事に取り組んでいきたいと思いますキラキラ
<キャリア・生き方>自分の仕事をつくる [2010年08月29日(Sun)]



自分らしく「生きる」ことと「働く」こと。これは、私の人生のテーマですが、この本は、「いい仕事」をすることが「いい人生」につながることを、ものづくりの現場で働く人たちの生きざま、仕事へのスタンスのインタビューを通して伝えています。

多くの人は、自分の仕事の今の現状に不満を持っていたり、将来に不安を持っていると思います。

そして、自分なりにいろいろもがいたが、何か「外」のせいにし、結局、自分で道を閉ざし、妥協する、でも不満は持ち続けるといういことも多いのではないでしょうか?


まえがきには、

こんなもんでしょ」という、人を軽くあしらっらメッセージを体現している仕事
・安売り家具屋の店頭に並ぶカラーボックス
・広告ページの多い雑誌


丁寧に時間と心がかけられた仕事、「こんなもんで」という力の出し惜しみはない仕事
・素材のうまみを引き出そうと、手間を惜しまずつくられる料理
・表には見えない細部にまで手の入った工芸品
・一流のスポーツ選手による素晴らしいプレー


と2つのタイプの「仕事」を比較し、結果としての仕事に働き方の内実が含まれるのなら、「働き方」が変わることから、世界が変わる可能性もあるのではないかと、説いています。


素晴らしい仕事も作品も、ある意味で、人々の「働き方」の結果に過ぎず、いいモノをつくっている人はそれぞれの仕事を「自分の仕事」にするのは簡単なことではありません。

多くの人が「自分の仕事」にできていない理由も、本書から改めて気付かされるかもしれません。
企業の存在価値 [2010年08月26日(Thu)]
当社の事業のひとつである古紙のリサイクルについて、ちょっと考えてみる。

事業の中身を簡単に言えば、古紙の発生源から古紙を回収し、再生紙としてリサイクルできるように、加工したのち、製紙会社へ出荷したり、海外へ輸出をしている。

何かモノを作っているわけではないので、当社の価値は、「集約」「選別」といった機能に存在する。

ここで重要になるのが、古紙の「量」と「品質」の担保である。

古紙を資源として扱うためには、

1.需要に備えられる一定と量を回収し、確保する

2.そして、まとめられた古紙の品質が一定である

3.そのまとめられた古紙を再生紙として、継続的に排出できる


といったことが求められる。

「量」の需要と供給のバランス、「質」の一定レベルの維持を実現するために、微力ではあるが、循環型システムの中で、当社もその一部を担っている。

当社は、家庭や企業などから発生する資源ゴミを回収し、選別する「場」を持っており、シンプルだが地域にはかかせない事業を行っているのだと最近になって、少しずつではあるが理解してきた。企業は何のために存在するのか、という大きなテーマにも関係してくる。

ただし、市場環境も大きく変わってきており、今後、新しい価値を付加していく必要も感じているので、何をすべきか真剣に考えていかなければならないキラキラ
最近の悩み [2010年08月25日(Wed)]
最近は、新しい仕事と新しい生活について、また少し悩む時期。

いろいろ小さな改善に取り組んでいるものの、まだまだと思ってしまう。
ちょっと考えてみると、今自分が求めているのは、「自由度」「一体感」「変化・スピード感」であるように思う。


1.自由度
これは、仕事というよりは、新しい土地への適応の問題だと思う。

地元に戻る前から想像はしていたが、こちらでの生活は、行動範囲が狭まり、気持ちを落ち着かせる“場所”が限定されている。

以前は、仕事場でも大きなオフィス空間、電車での移動、たくさんのカフェと、犬がマーキングするのと同じように、自分の存在を意思表示し、他人との接点を増やす機会がたくさんあった。

東京にいたときは、働く仲間も勉強会に参加した人たちも、ある種自分と同じ”匂い”を持っていたが、今はそうはいかない。自分の”定点不在”である。

■解決へのアプローチ:
これはもう自分から新しいお店、居心地のいい空間や仲間を探していくしかない。
物理的な行動範囲に限りがあるなら、SNSやインターネットを利用して、半バーチャルな”つながり”を見つけるのも一案かもしれない。


2.一体感
外資コンサル時代も、クライアントトップと現場、プロジェクト担当者とコンサルとの間などで、”前提”、つまり最初からお互い「こうだろう」と思っていることがずれていることはよくあった。ボタンの掛け違いである。

ただ、今までは、相手の言い分が自分のそれと違っても、何となく納得できる部分もあった。それは、「こうだろう」と自分が思っていたことの、逆の延長線上に相手の言い分があったりして、ある意味、同じ土俵で話ができていたからだ。

ただ、今回はそうではない。これは組織風土や働く人たちの物の考え方の問題であり、ブログで多くを語ることはしないが、非常に繊細で複雑な問題であることは確かである。

今までの”常識”がまかり通っている中で、私が入り、気になる点が出てくる。それを全て相手に言うことは出来ないし、言うべきではない。ただ、客観的に見て、このままではまずいのではないかと思うこともあるし、危機感も持っている。それが単なる思いすごしや考えすぎならいいが、
いっしょに働いている都合上、そのまま見過ごすわけにもいかない。

そういうわけで、自分なりに、自分の想いや姿勢を伝えようとはしている。それがどれだけ相手に響くか分からないし、自分も相手の目線で、話を聞く必要もある。自分と相手の気持ちをつなぐもの、それは「一体感」だと思う炎

その「一体感」を高めるために、小さなさざ波を立てているが、今は、すぐに消えてしまっている感覚である。それが、少しでも高く、ずっと立つ波になっていけばいいなと思う。

■解決へのアプローチ:
これも、近道や正解はない。共通目標の設定や、相手への投げかけ、双方にとって有益になると思う情報の共有など、思考錯誤で、いろいろな方法で相手とコミュニケーションをとっていこう。それしかない。


3.変化・スピード感
私は、超がつくほどのB型人間で笑顔、性格的にどんどん新しいこと(大きなものである必要はない)にチャレンジしたい人間だし、”安定”であることにとても不安を感じる幽霊
コンサル時代は1日1日が変化の連続で、スピード感も普通の企業では味わえないものがあった新幹線

しかし、今は、自分で考え、自分で行動し、周りを巻き込んで何かを変えようとしている。
でもそれには、相当のエネルギーが必要になる。

大きな組織で働いていたときは、時には上司が、時には同僚がサポートしてくれたり、助言してくれたが、今は皆無である。家族であると、建設的な議論はなかなかできずに、出たとこ勝負の連続である。

全てを自分でやり抜くしかない。今まで良しとしていたことを、変えることもあるので、抵抗もある。自分一人でやる分、どうしてもスピード感も落ちてしまう。それに、本当に自分がやっていることが正しいのかという判断もできない。

本来なら、家族以外で同じ目線で議論できる人がいると心強いのだが、そこは小さな企業、オーナー企業であるが故、仕方がないところでもある。

■解決へのアプローチ:
新しい取り組みを全て自分で抱え込むのではなく、周りの人を上手く活かすことが出来るように、環境を整えることになるべくエネルギーを注いでみよう。相談相手は、今後、パートナーやネットワークを少しずつ広げ、自分では不足している知識・経験を補うことが出来るように周りに働きかけてみようドキドキ大



結局、どれも時間がかかることである。組織と人が最終的には絡んでくるので、当たり前といえば当たり前である。長い道のりだろうが、今自分がたどっている道は、あとで必ず役に立つと思う。根拠のない確信がある。

子供を富士山に登らせようと思って、いきなり連れて行っても、登頂させるのは難しいだろう。
まずは小さな山を、子供のペースで、いっしょに歩いて登ってみる。そのときに、子供がありのままに感じたことに目と耳を傾けてみる。

そして、その成功体験をもとに、次はもう少し高い山をいっしょに登ってみる、その繰り返しであるのだから。
「みんながやってる感」 [2010年08月23日(Mon)]
trendwatching.comが毎年発表している、旬のサービスやトレンドを見てみる。

選ぶ側の主観はあるにせよ、今、そして今後どんなサービスが広がる可能性があるのか、考えてみるのは面白い。


いくつかのテーマごとに"Innovation"を分類しているが、いくつか例を挙げると、

・ホテルが宿泊向けに夜に文化や歴史に関するnight schoolを開講
・レストランチェーンがお客さん(働くビジネスマンなど)に無料の英会話レッスンを提供
・発展途上国での雇用と生活の利便性の向上の一助として竹製の自転車を製造
・一回引き出すごとに自分の関心のあるNPOへ寄付できるオプションがついているATM
・街中のカフェで無料で水をマイボトルへrefillできるサービス
・自分が着ている服を洗ってすぐに寄付できる移動式トラック(Goodwillと提携)
・地域性がある商品の販売(例:KitKatが日本で19種類の味を販売)
・香水やお肉の自動販売機
・赤ちゃんの手形、足形のオリジナルスタンプ
・地中で自然分解する段ボール  などなど。


私たち最終ユーザーは、商品・サービスを通して、その先にある“何か”(価値・便益・感情など)を手に入れたいのだが、

その”何か”は、企業側がしかけた「場」に私たちユーザーが出会ったときに、「これ、欲しいっ!」「これ、やりたいっ!」と思うわけである。

そのときに、”誰のために?”というのが一つのポイントになる。


昨今は、社会事業や環境貢献活動などと絡めたビジネスが広がりつつあるが、

自分のため、家族のため、大切な人のためから、地域のため、社会のためへと、

その範囲が広がれば広がるほど、落とすお金も少なくなっていきがちである。


そうすると、自分との“距離感”が遠い商品やサービスを買ってもらうには、「みんながやってる感」というのが必要になってくる。

自分が何かをやろうか迷っているときに、他にもその商品やサービスを使っている人がいる、つまり“同志”がいることが、自分が次の一歩を踏み出す動機になることは多い。

その「みんがやってる感」を体感するには、やっぱり「場≒プラットフォーム≒インフラ」が必要なのだと思う。

規模の大小はあるにせよ、「場」に参加する人が情報や時間を共有できる環境を作り、「みんながやってる感」を醸成していく。結果的に、人が人を呼び、さらに「場」が広がっていく。

企業からすれば収益源をどうするか、ビジネスモデルをどうするかといったことを考えなければいけないが、まずは、その商品やサービスがユーザーにとって本当に必要不可欠なものなのかということを考えるところから出発しないと、失敗する可能性は高い。そういう光景を今までも見てきた。

立ち止り、振り返る [2010年08月18日(Wed)]
うだるような暑さ、異常気象が各地で続いていますが、早いもので、もう8月も後半にさしかかってきましたロケット

どんなに忙しくても、毎日ただ同じように過ごすのではなく、ちょっと立ち止まり、振り返る時間も必要ですメガホン


昨年の今頃って、みなさん何をしていたか思い出せますか?その時、自分が1年後にどんなことをしているか想像していましたか?

私は去年の今頃は、前職で、海外のプロジェクトに参画し、ヒーヒー言っていました。でも海外での生活、クライアントとの人間関係、プロジェクトの方向性もだいぶ落ち着いてきていて、忙しい中にも、とても充実感のある日々を過ごしてたのを覚えています。

あの土地で、あの人たちと時間を共有したのが、たった一年前。でもさらに、この一年間でも、ものすごい変化が自分のまわりでありました。


一年前に、今の自分を、とてもじゃないですが、想像することはできませんでした。


来年は、どんなことをしているのか、さらに想像がつきません。


でも、想像できないからこそ、ワクワク感もありますドキドキ大
Hello from Oregon! [2010年08月17日(Tue)]
今日、海外から1通のメールが届きましたメール

私が約10年前に勉強していたアメリカのオレゴンにある大学のAlumni Relationsの代表からでしたドキドキ大

実は、昨年ひょんなことから担当者から連絡があり、将来大学へ入学したい人のための世話人のようなことをしてみないか、というメールが来ていたのです。自分のやりたいことに一部関係があるので、すぐに返信をしたがその後いっこうに連絡なし汗
今年にはいりリマインダーで2回ほどメールをしたが、音沙汰なし汗

さすがアメリカ・・・と半ばあきらめていた(というか忘れていたら)、先方から連絡がきたんです。彼女は、メールを今まで受け取っていなかったと言っていましたが。ハハ。


自分は、こんなことを考えていて、こんなことをしたらおもしろいのではと投げかけていたが、彼女も興味がある模様。大学の学部長と話を進めてみるとのことなので、気長に待ってみよう。

私がかつて留学した愛着のある大学のために、少しでも何か役に立てるのはとても嬉しいこと。


実は、このことも私が昨年暮れに苦労して作成した、自己実現のための「全体構想」に入っていました。やはり目標は、大きく、そして、目に見えるように具現化しておくことが大切なんですね。


いまのところは、牛歩のごとく、なかなか自分の思うペースで物事が進みませんが、不思議なことに、一つ一つ形になっていることは確か。

自分がやっていることを信じて、ひたすら突き進んでみようと思います走る
会社とまちの活性化 [2010年08月16日(Mon)]
今日は、会社を担当する会計士の方とお話する機会があった。

その方は、長年、地域で会計事務所の立場で中小企業をサポートしてきているが、小さな企業の現状の厳しさを憂いていた。

私は、約15年ほど、地元を離れ、東京や海外で暮らしてきたが、ときどき戻ってくると、かつては活気があった商店街もシャッター街になりつつあって、何か悲しい気持ちになっていた。


市場環境の変化や後継者問題はあるにせよ、昔の”個人商店”スタイルの経営は成り立たなくなっている。

その状況に気づいていないのか、

気づいていても頑なに何もしないのか、

はたまた、気づいていても何をしたらいいのか分からないのか、

それぞれの企業の内情までは分からないが、昭和世代の経営者が平成世代の消費者のトレンドや物事に対する考え方を理解しないでいると、置き去りにされている今の世の中。

でも、そんな世の中でも、企業が知恵を振り絞り、利益先行ではなく、

・お客さまにたくさん来てもらう、喜んでもらうめに何をすべきか真剣に考える。
・自社だけではなく、パートナー企業とともに地域や社会に“価値”を還元する。
・社員が自社で働くことに何らかのやりがいを感じてもらえるような環境を整える。


といったことに目を向けている会社は、結果的に業績も良いように思う。


一企業の努力ではたかが知れているが、それが何社も集まれば、大きなパワーを生み出すことができる土壌は今の情報社会には、ある。


まずは、一企業の体質改善に少しでも貢献できればと思うが、将来的には、会社の活性化とまちの活性化を、同じ”目線”で見ることができるような立場に自分を置きたい。
| 次へ