CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年06月 | Main | 2010年08月»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2010年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
父母の生き方 僕の最高峰 [2010年07月31日(Sat)]
「ありがとう」


全身をがんに侵され声も出せなくなった母が、息を引き取る直前に口の動きで僕に伝えくれた言葉が今の僕の出発点です。


札幌市内の病院で「もう治療法はない」と言われ、実家近くの病院も転院して三カ月後でした。母五十五歳、僕は十七歳。


僕は、廊下で夜が明けるまで泣き続け、母に誓いました。


「最後に『ありがとう』と言ってこの世から去れる人間になる」

「決して弱音は吐かない」


(中略)

父はぼくが小学五年生のとき「温泉のないこの町に温泉を掘ってじいさんばあさんい喜んでもらう」と宣言。

街を流れる川の河原に冬でも雪が解ける場所があり、そこから温泉が出るという伝説があったのですが、太いパイプを打ち込み始めたんです。

近所の人から「バカなことを」と冷笑されてもあきらめず、五年後、本当に掘り当てました。現在はそこに町立の温泉施設ができ、父はその隣でホテルを経営しています。


「生きるとは、夢を持ち、行動すること」


父の背中に教えられました。「なりたい自分」を持ち続けられる人が成功するんだと思うんです。


栗城史多さん(登山家)
東京新聞 2010年2月21日(日) 「家族のことを話そう」より抜粋




★何か恥ずかさや、気まずさがあるかもしれませんが、自分の家族のことを話してみるって、大事なことだと思いました。

気持ちを開放することで、自分に新しい“気付き”や”発見”があるのではないでしょうか。

栗城さんのことをもっと知りたい方は、こちらから
アメリカでヤツメウナギを研究する友達 [2010年07月30日(Fri)]
私の友人が新聞の一面に載りました!黒電話



ヤツメウナギのサイズを測る友人


とはいってもアメリカの地方新聞に、です。それでもすごいことだけど。

彼は、アメリカ留学時代に友達になりました。日本人とアメリカ人の血が流れていますが、言動は宇宙人レベルで、凡人には理解できません。でも、なぜか人を惹きつける魅力を持っています。何か、ホッとするんです。

魚や自然が大好きな少年がそのまま大きくなって、今に至るって感じです。好きなことを続けていて、いまだに学生。そういう生き方もあるんです。

オレゴンの大自然、懐かしいなぁ。今はなかなか時間が取れないけど、第3の故郷なので、ぜひまた行ってみたいです。
「中小の会計に新指針」 [2010年07月29日(Thu)]
と今日の日経にありました。

中小企業庁は中小企業の会計処理に関する新しい指針を策定するようで、将来支払う税金分を調整する手続き(税効果会計)や棚卸し資産の時価評価を原則として不要とするなど、小規模・零細企業の実務や慣行を反映するとのこと。

2005年に会計士協会や税理士協会などが作った指針が存在するが、経理担当者の人数が少ない中小・零細企業にとっては対応が難しく、会計事務所に丸投げとなっていると思われる。

もともと従業員が20人くらいまでの小さな会社では、社長が経理を統括することも多く、
でも社長は営業やサービスを先頭に立ってやったり、他にも現場の教育などやることが多く、経理に関しては、会計士の言うがままということが多いように思われる。

小さな会社の社長は、時間がないから出来ないのか、もともと苦手だから出来ないのかは何とも言えないが、

ビジネスを数字やデータを使って仮説検証する、論理的に緻密に考えるといったことが苦手な人が多いのかもしれない。

今までの勘や経験(いわゆるKKD)で突っ走ってきたので。


鋭い質問をして、会計事務所の担当者を慌てさせるようなにならないといけないキラキラ
コンサルタント論 [2010年07月28日(Wed)]
今日は、ISOに関する会議に参加してきました。
市内の企業いくつかの代表と市役所の担当者が、ISOに関して困っていることや、改善していきたいことなどを共有するという名目で、です。

この会議自体についても書きたいことはありますが、それは置いておいて、何人かの人から出てきたのは、

「ISOのコンサルタントの方って、評価の視点やアドバイスの質がバラバラですね。」

ということでした。うーん、Good point!


今や、”コンサルタント”という名乗る人は、いろいろな業種にいます。
一般の人は、コンサルタントって何?と思う人も多いかもしれません。建設会社の人?とか。

・経営コンサルタント
・人材開発コンサルタント
・転職コンサルタント
・結婚コンサルタント
・ライフデザインコンサルタント

挙げたらきりがないですね・・・

私が考える、コンサルティングとは、顧客からの依頼を受けて、自社だけでは解決できない”経営上の”課題を把握・分析し、そのための解決策を提案し、その提案の導入や定着化の「支援」を行うことです。

コンサルタントの大きな意味での役割は、

1. 相手の話を聴き、ニーズを引き出す
2. 問題を整理し、可視化する
3. 課題に対して、優先順位をつける
4. 取り組むべき施策を考える
5. 新しい取り組みを推進する

であり、

A. コンサルティング
B. カウンセリング
C. コーチング
D. ファシリテーション

のスキルを使い、経営者やクライアントの意思決定を「支援」し、主体的に会社が回る状態をつくることだと思います。「代行」ではなく。

この辺の話は、また改めて書いてみようと思います。
おばあちゃん [2010年07月27日(Tue)]
今日の日経に平均寿命の記事が載っていましたが、

私のおばあちゃんは100歳を突破し、あと数年で105歳になります。105歳メガホン

アラフォーの私には、全く想像できない世界ですが、明治、大正、昭和、平成と激動の時代を過ごしてきたわけで、人間としての生命力というか活力・パワーが半端ではありません力こぶ

世の中の流れとして、核家族、晩婚化、少子化など、「家族」の在り方そのものが変わってきてしまいましたが、おばあちゃんを含め、今まで家族全員がそろっていること自体、感謝するべきことなのかもしれませんクローバー

みんなマイペースで、喧嘩も日常茶飯事、ハチャメチャな感じもありますが、根底ではつながっていることをみんな分かっているそんな家族です。

おばあちゃんとはここ数年はゆっくり話す機会が減ってしまったけれど、近いうちに会いに行っておこう。


最近、ちょっとブームになっている植村花菜の「トイレの神様」、歌詞を読み返すと、何かが沁みてきます。




「〜でいること」「〜であること」「〜できること」にもう少しありがたみを感じなければいけない、そんなことを思いました。
今は踏ん張り時 [2010年07月26日(Mon)]
「理想」と「現実」の狭間でもがいているここ最近の私泳ぐ

父親の会社に入りもう少しで2ヶ月。B型人間の私は、一直線で突っ走ってきたが、ちょっとエネルギーが切れてきた状態。最初の踏ん張り時だな。

小さな改善の積み重ねで少しは効果が出てきたけど、まだまだ。


会社の現状と自分が目指したい状態にはかなり開きがある。

会社の現状は急には変えられないので、自分の目指したい状態を少し現実的なものに修正する必要があるかもしれないが、それがなかなか納得がいかない。

出来ない理由を探すよりも、実現するために足りないことを見つけていくしかない。

あとは、社員といっしょに走っていくために、「未来」を見据えながら、「今」できることに集中してみよう。



つぶやく [2010年07月25日(Sun)]
私は、世界のニュースを独特の視点で書いている「クーリエ・ジャポン」を時々、読んでいますが、8月号では、ツイッターが浸透した現代の人間関係について海外メディアの記事が書いてありました。クーリエ・ジャポンのブログにもそのことが書いてあります。

SNSの発達で、コミュニケーションの形は変わってきましたが、いきつく先はどうなるのでしょうか?会話がつながり、その過程が見えることには、それはそれとして意義のあることだと思います。

ただ、以前のブログにも書いた「定点不在」の現代社会、ツイッターの世界で、”つぶやく”、”突っ込む”ことで、誰かとつながり、自分の存在意義を確認するのかな、

そんなことをつぶやいてみました。。。
悔いのない人生 [2010年07月24日(Sat)]
幸せ指数っていう言い方、ありますよね。どう表わすのか、よくわかりませんけど、もしパーセントでいうのなら、僕は120くらいいっています。(100%を超えて)もうプラスアルファになっていると思うんですよ。

そのくせ、まだ足りないと言っているんですけど。まあ幸せな人生を送っていると思います。45年間で、いやってほど登っている、誰よりも登っているんです、僕は。

つまり、誰よりもいきているという充実感を味わっているんですよね

(中略)

過去はどうでもいい。それはもう自分の中で消化しちゃった。興味があるのはこれから登るものだけです。

ただ登りたい。単純に、もっと登りたい。功名心とか登山史に名を残すとかは関係なくて、ただ登りたいんです。家でじっとしているのは自分らしくない。登ってなければ生きていけないんですよね。

酸素と水と山。僕の心臓を動かすためには、それが必要なんですよ。


山野井 康史(登山家)
東京新聞 2010年7月3日(土)「この道」最終回から抜粋




★「世界最強」とうたわれた登山家の山野井さん。東京新聞で、5月6日から51回にわたって、いままでの人生の軌跡をつづってきました。

手足の指を失っても、なお前へ、上へのぼり続けるその姿勢に迷いはありません。
奥さんも世界的な登山家ですが、二人に共通しているのは、クライミング人生を誰よりも謳歌しているということ。

ここまで一つのことに熱中し、やり遂げることができるかは分かりませんが、私も自分のやることを思い切り楽しんで、悔いのないものにしていきたいです。
「変える」のではなく「変わる」 [2010年07月24日(Sat)]
最近は、少し「孤独」を感じることがある。

自営業、小さな会社を経営する立場にいる人は、少なからず同じような感覚を持つことがあるのかもしれない。

相手を「変える」ことに意識を集中するのではなく、自分が「変わる」ことを考える。そして、少しずついい流れが波及する。

そんなことを目指していきたいが、モチベーションの源泉炎となるものがまだまだ弱い。もっと強く、ぶれないようになるといい。そのためには、どんなものが助けになるか。

・自分への「ごほうび」を考える
・大きなビジョンをつくり、何度も練り直す
・自分には不足している視点・スキル・経験を持ち、尊敬することが出来る上司・仲間・友人を持つ
・何も考えない、リフレッシュ、リラックスする時間をつくる

意志と行動のバランスをうまくとれるといい。
JUST DO IT. [2010年07月21日(Wed)]
今日も暑い一日〓

<分析>
・市場環境と収益構造の把握
・業務と役割の整理
・組織を含めた問題の洗い出し

<戦略>
・自社の強みの再検討
・今後の方向性出し

<戦術>
・人脈形成構築の模索(青年会議所、地域組合、SMS、交流会など)
・会社案内パンフレットとリーフレットの作成
・個別施策に対応するチラシの作成


とこの2カ月弱で、コンサル時代にやっていたアプローチの圧縮版を自分でも自然に行っていた。

やっぱり、企業の規模や業態が変わろうが、本質・原則は不変的なものなのだろう。


さて、直近のTo Do Listで一番上に来ているのは、ウェブサイトのリニューアル。

現在のものは、2003年に私が、独学で素材作りから全て一人でやったもの。今、考えると結構すごい拍手

ホームページビルダーのような素人色はないが、コンテンツも変わってきたので、新しいものにしておかないと。

ウェブサイトをリニューアルし、協力企業・団体、ブログやtwitter、mixi、地域コミュニティーサイトなどとうまくつながっていけばいいなと思うクローバー

ウェブサイトができれば、他のツールも使いながら、お客さまが会社の”入り口まで”来て、社員が主体的に動く土台はとりあえず形になるのではないかと思う。

自転車が坂を転げ落ちるように。

Just do it.泳ぐ
| 次へ