CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年09月 | Main | 2009年11月»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2009年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
<キャリア・生き方>U35世代-僕と仕事のビミョーな関係 [2009年10月29日(Thu)]


25歳から35歳までのサラリーマンたちに対してインタビューを行い、彼らの仕事に関する悩みや夢についてまとめた一冊です。彼らの気持ちを読み解くうちに、同世代の友人と語っているような気分になりました。

いわゆるハウツー本ではないので、何かを定義付けたり、結論付けたりすることなく、自分自身が今置かれている環境に照らし合わせて、仕事観について考えるきっかけを与えてくれます。本書を読み、自分の考えを咀嚼し、誰かに相談してみる、そんな使い方が良いと思います。

本書から抜粋した、仕事を好きになるためのヒントですカギ

・楽なこと、好きなことを逃げ場にしない

・仕事との距離、人との距離

・「やればできる自分」を担保にしない

・成長とは自分を超えること

・長い目で自分を見る

・「自分らしさ」にこだわらない
<ビジネス・スキル>商売の原点 [2009年10月29日(Thu)]



「品ぞろえ」、「鮮度管理」、「クリンリネス(清潔)」、「フレンドリーサービス」の基本4原則は、当たり前と思われるもので、セブンイレブンに限らず、中小企業であれ、個人事業主であれ、出来ることです。

ただ、基本原則を続け、社内に徹底することは、どの会社でも難しいことだと思います。

仕事と人格は同じではないという姿勢も素晴らしいです。
失敗をしでかしたときに訂正するべきはそのやり方、方法論であり、当事者の人格まで傷つけてはならない、というのも鈴木さんの経営姿勢が現れています。

20世紀が経済学の時代ならば21世紀は人間心理学の時代と評されるように、単なる数字の管理だけに終始していては、生き残れないという指摘もさすがです。

書いてあることは、とても平易で、自分でも出来そうだと思うかもしれませんが、それを人より先に始め、徹底しているからこそ、現在に結果につながっていることにうなづけました。

日本マクドナルドの原田社長著の「101の言葉」にも、同じようなことが書いてありました。
<ビジネス・スキル>戦略思考コンプリートブック [2009年10月20日(Tue)]


「ロジカル・シンキング」、「論理的思考」、「問題解決力」といった言葉を最近よく耳にしますね。この手の本はたくさんありますが、これからこのようなテーマについて勉強してみたいという方には、この本はオススメです。

私もコンサルタントの仕事を始める前に本書を買いましたが、コンサルタントになってからでも時々、読み返すことがあります。

フレームワーク(考え方の枠組み・ステップ)は知っておくの知らないのとでは大きな差があります。それは、自分の考えを組み立て、相手に理解してもらうためにも役立つからです。

ただし、会社の問題を無理やりフレームワークに当てはめたりするのは本末転倒です困った

基本的なフレームワークを頭に入れておきながらも、会社や学校で新しい問題に取り組むときには、フレームワークを使って何をしたいのかを考えなければいけません。既存のフレームワークを自社の状況に合わせて改良することもよくあります。

同じような内容の本を何冊も読まなくてもこの一冊で基本的なことはかなり分かります。
ドイツ最後の夜 [2009年10月07日(Wed)]
4月に初めてドイツの地を踏んでからはや半年、いよいよ今日がドイツで 最後の夜です。

僕は変化を好む人間だけど、その変化がある程度自分で見えていなかったり、その変化が自分の志向に近くないと、不安もどんどん増大してしまう。

でも、その”ある程度”や”自分の志向”というものは結局、自分の過去の経験から積み上げられたモノなので、自分がコントロールできたり、自分がある程度見えている変化というものは、本当の変化ではないんだと思う。ドイツに来て、改めて実感しました。

まったく新しい領域の仕事を、異国の地で、しかも準備期間もほとんどない中でやることに、最初はとても躊躇したが、立ち止まる余裕もなく、 走り続けるしかなかった走る

幸い、クライアントやメンバー、ドイツで知り合った人にも恵まれ、 一定の成果は出せたと思うので結果オーライでしょう。ここで出会った 人たちとは、この仕事がなかったらまず知り合うことはなかったわけで、 本当に人生って面白いと思う。

アパートのネット契約に2,3ヶ月かかったり、部屋の電気が全て止まりホテル暮らしをしたりとトラブルにも恵まれ、サバイバルスキルもついたと思う(笑)。

ここでの生活は非常にシンプルで、日曜日はお店がほとんどやってなく、 週末は、ドイツ人は家族や大切な人と公園でのんびりしたり、カフェで話し込んでます。少し不便だけど、どこか人間らしいライフスタイルは自分に合っている気がしたなー。

出張前半の3ヶ月は仕事ばかりしてたけど、後半はパリや念願のブンデスリーガを観に行った。しかも小野と長谷部が出場してこれまた感動!サッカー

次にいつここへ来るかは分からないけど、今となってはとてもいい経験ができた。

Danke schoen!

明日は日本へ帰国。台風は大丈夫かな??