CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年09月 | Main | 2015年11月»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
映画で「人格」を刺激する [2015年10月23日(Fri)]
最近は、DVDを借りてきて映画を観ることが増えましたカチンコ
週に1回は観れたらいいと思っています。

元々、映画は好きで、アメリカに留学している時は、
One Dollar Movie Nightといって
一ドルで映画を観れる日があったり、

近くのビデオレンタル店(当時はビデオ)やTargetなどのお店で
気に入ったビデオを買ったりして、たくさんの映画を観ました。

タイタニックは、映画館で3回観ましたが、
10回以上観たという友人もいました目


話が逸れましたが、最近映画を意識して観だしたのは、

以前田坂広志さんの本、『人は、誰もが「多重人格」 誰も語らなかった「才能開花の技法」』に、「人格」を育てる方法として、映画がオススメと書いてあったからです。

その本は、

「才能」の本質は、「人格」である。

と言っています。

そして、人は、いろいろな「人格」を持っていますが、

一流と呼ばれる人は、状況に応じて、
複数の「人格」を自然と使い分けることができると知り、

なるほどなぁ〜と思いました。


普段とは違う世界に身を置くことで、
隠れていた「人格」を育てることができると思いますが、

映画を観ると、登場人物に感情移入して、知らず知らずのうちに

今まで心の奥にしまっていた「人格」が現れるのかもしれませんねひらめき

本の中で紹介していた「ディア・ハンター」は古い映画ですが、
心を揺さぶられましたし、自分の中の未知の「人格」が
少し刺激されたかもしれません。

直感でいろいろ借りていますが、なかなか「これはっ!」

という映画には出会えません。

今まで観た中では、

・THIS IS IT (2009年、アメリカ)
・グラン・トリノ (2008年、アメリカ)
・ラブストーリー (2003年、韓国)
・きみに読む物語 (2004年、アメリカ)
・もののけ姫(1997年、日本)

なんかは素敵でしたねぴかぴか(新しい)

どなたかお勧めの映画があれば教えてください黒ハート
ジャンルは問いませんのであせあせ(飛び散る汗)
| 次へ