CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年03月 | Main | 2012年05月»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
左サイドミラーが・・・ [2012年04月10日(Tue)]

今日、会社からの帰宅途中、歩行者と自転車専用の道路があるにもかかわらず、
後方から車道を走ってくる自転車がいました。

車とガードレールの隙間を時にゆらゆらしながら結構飛ばしています。

だんだん私の車に近づいてきたので、左のサイドミラーをチラチラ見ていました。

「なんでこんな細いところを通ろうとするのだろう」

と思いながらも、その自転車は車とガードレールの間隔が狭いところは、
時にスピードを緩め、またスピードを出しています。

結構、細い隙間を抜けてきたその自転車がついに私の車の横を通りぬけようとした時、

「ドン!」と軽い衝撃音がして、私の車の左のサイドミラーを逆方向に曲げてしまいました。


彼は、止まるどころか平然とした顔で走り去ろうとしました。


「待てー!」

と大声で叫びましたが、彼は知らんぷりか、止まらず、車は信号待ちで進みません。


信号が青になり、彼のあとを追いかけ、数百メートル走ったところで、やっと彼に追いつきました。


「なんで逃げたの?ミラーにぶつかったことには気づいていたでしょ?」

「申し訳ありません。」

「なんで、あんな細いところを走るの?車に巻き込まれたりするかもしれないし、危ないですよ。」

「申し訳ありません。」


そんなやりとりが続き、彼は反省しているのかしていないのか、分かりませんが、
とりあえず、ミラーもひとまず動いているので、よかったです。


自転車は車道を走るべきとか、専用道路をつくるべきとか、いろいろ意見は出ていますが、
大切なことは、最低限のマナー、モラル、目配り、気配り、思いやりなんですよね。
安全運転、思いやり運転で行きましょう。