CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年03月 | Main | 2011年05月»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
市制に新しい「風」を〜 [2011年04月19日(Tue)]
24日(日)は、狭山市の市議会議員選挙が行われます。

今回の選挙は、今後の狭山市の方向性を決めていく上で重要な位置づけにあるものだと思います。私自身も昨年5月に15年ぶりに狭山へ戻り、はじめての選挙であり、以前とは違い、関心度もかなり高いものになっています。

選挙運動も過熱する中、数人の候補者は青年会議所の会合で会ったりしたことはありますが、その他の方は名前は知っている程度の人ばかり。そんな中、やばせ一郎さん という方のビラがポストに入っていました。


やばせさんの経歴を見て、驚きました。

大学卒業後に警備会社に入り、トップセールスとして民間企業の感覚を身につけ、その後、外交官を経て、昨年5月に狭山に戻り市制にチャレンジするとのこと。

私と同年代で、企業の経営管理と市外・海外での経験を経て、昨年5月に狭山へ戻ってきたことは、ただの偶然と片付けられない気持ちがあります。妙に親近感があります。

都内で働いていたとき、

「狭山?あ、知ってる、知ってる!スキー場があるとこでしょ。」 

と今までに100回は言われたことがありますが、やばせさんも同じようなことを言っています。

狭山は、自然があって住むにはいいところ、でも特にこれといった特徴がない。

と思っているのは私だけではないと思います。


やばせさんの政策を聞いてみました

「1.安心と安全」
「2.狭山らしさの確立と発信」
「3.子供にツケをまわさない行財政・議会」


の3本柱ですが、

特に、「2.狭山らしさの確立と発信」は、私の関心事とも大きく関わってくるので、将来的に何かつながることが出来ればと思います。


狭山市のことを市外、国外にアピールするには、「木を見て森を見ず」ではないですが、一度外に出た人でないと難しい部分もあると感じています。そういう意味では、やばせさんのチャレンジには大いに期待したいと思います。

狭山に戻り感じているのは、どこか保守的な人が多い、言葉を換えれば、リスクをとってまで新しいことにチャレンジしようとする人が少ない感覚があります。それは、”誰かに”守られてきたことを意味します。あくまで、私見ですが。

やばせさんが、今の議会にどこまで入り込めるかは分かりませんが、個人的にはぜひ頑張ってもらいたいと思います。
この世は巡礼である [2011年04月19日(Tue)]
苦しみつつ、なお働け、安住を求めるな、この世は巡礼である。

Johan August Strindberg(作家)


★思いがけいない時に、思いがけない場所で、この言葉を見つけた。
あの人からの、無言の、人生訓だと思う。
心に深く留めておこう。
| 次へ