CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年02月 | Main | 2010年04月»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2010年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
<LOOB>フィリピンの家族 [2010年03月28日(Sun)]
フィリピンに第2の家族ができました。ナムコン村のホームステイ先でのお話です。

お父さんは漁師を監視する仕事、お母さんは専業主婦、長男は大学1年生で、高校生に通う2人の妹、という5人家族です。3人の従兄も近くに住んでいて、よく家に出入りしています。

まずは、生活環境の話。

<衣>
一年中気温が高いので、半そで(雨季は時には長袖)とジーンズ・パンツ、サンダルというシンプルな格好が一番多いです。

マニラやイロイロ市内の大型ショッピングモールにはブランドショップもあり、日本人に近い格好の人もいますが、ごく少数。

<食>
白米、魚、もう一品(いかの煮物や野菜のスープ)、果物というのが多いです。とにかくお米を良く食べます!

私のホームステイ先は、魚が多かったように思います。質素な食事ですが、お母さんが、「もっと食べなさい」と何度も言ってくれたり、普段はあまり買わないであろう、マンゴやメロンを買ってきたりしたその心遣いに、とても感謝しています。

<住>
間取りとしては、3LDKと言えなくもないですが、各部屋2畳くらいの部屋をカーテンで仕切っただけの造りです。薪の火で料理をしたり、土間があったりと、富山にある母親の田舎の家になんとなく似ていました。

いろいろな国や場所で生活し、環境適応力が結構あると自負している私は大丈夫でしたが、都内で生活している社会人にはカルチャーショックかもしれません宇宙人

当然、お風呂などなく、井戸から汲んできた水を桶に溜め水をかぶるのがシャワー変わりです。

家族の計らいでしょう、3つあるうちの部屋の1つを私用に用意してくれました。蚊帳を使って寝たのも人生初です〓

庭には犬や鶏が放し飼いで、いい感じでした。ハンモックでは何度も昼寝をしました笑い

<通信>
テレビはもちろんなく、ラジオから一日中音楽が流れています。アメリカのPOP, Mellowな曲が多かったです。とにかくフィリピン人は音楽とダンスが好きですね音符音符

携帯電話は一人一台持っていて、家族や友人との間えtext(簡易メッセージ)を多用していました。日本もかつて、ポケベル→PHS→インターネット接続携帯とどんどん進化してきましたが、フィリピンのこの村の人たちにもその近代化の波はゆっくりですが、確実に浸透していましたロケット


家族とは本当にいろいろな話をたくさんしました。メールや携帯電話を多用し、相手の顔を見て話をする機会が昔と比べて減ってしまった私にとっては、何か新鮮な時間でした。東京のように、一人で身を隠す場所がたくさんあるわけでもないですし、「村を歩けば人に当たる」状況なので、Face-to-faceのコミュニケーションが一番の娯楽なのかもしれません。

時々家族みんなで、海岸へ行きました。私たちを覆いかぶさるように夜空を埋め尽くした星たちは最高のエンターテイメントです。流れ星も見ました星

お父さんとお母さんに、「今、最も手に入れたいモノは何ですか?」という質問をしたら、

お父さん:「もっと給料の高い仕事」

お母さん:「家族の健康」


という返事が返ってきました。

お父さんは今の仕事では3人の子供を学校へ通わせ続けるのが困難なので、自分の持っている土地の一部を売ると言っていました。

日本人に今、同じ質問をしたらどんな答えが得られるでしょうか?



フィリピンの家族、また会いに行きます!


30歳後半の息子(筆者)と


IHクッキングヒーター


典型的な食事、質素だけどとても美味しかった


我が家に誕生した4匹のpuppyです