CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« お問い合わせ | Main | ライフワーク»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
管理と自由のバランス [2015年10月20日(Tue)]
10月14日に(財)日本情報処理開発協会(JIPDEC)による
5回目の「プライバシーマーク」の更新審査を受けました。

審査員から指摘事項が出ましたが、無事終了したのでホッとしていますいい気分(温泉)

情報化社会の進展により、企業としては個人情報を含めた
情報管理をより厳しく行うことが求められるようになりました。

国の法律や制度においても、
個人情報法保護法、特定秘密保護法、マイナンバー制度など、
個人情報の管理というものを強く意識したものが出来ましたね時計

どんな情報が個人情報にあたるかを特定し、

それらのリスクを洗い出して、

対応策を実施する


というサイクルをどう社内で回していくか?

単に文書や帳票類で管理するのではなく、日々の業務の中で、
社員が個人情報の管理の重要性を意識していくための
環境と仕組みづくりを地道にやっていかなければいけない、
と今回の審査を通して改めて思いました。

人は、何かに管理されたい欲求が
多かれ少なかれあると思いますが、

管理の度合いが強すぎると、
誤魔化したり、
自分で何かをしたいという欲求が出てきます。

そして、自由には責任が伴います。
ユニセフへの寄付実績(2015年9月) [2015年10月01日(Thu)]
先月、当社へ個人で持ち込みして下さった件数は、把握できた数字として、

430人 でした演劇

ユニセフへの累計寄付金額は

16,680円 になりますぴかぴか(新しい)

皆様のご協力に感謝します黒ハート

古紙や古着を持ち込むたびに10円がユニセフへ寄付され、
世界の子どもたちのために役立てられることになります。

寄付金は、毎年12月末までの数字をまとめたものを翌年1月に送る予定です。

引き続き、よろしくお願いいたします。
ISO14001のサーベイランス審査が無事終了・・・ [2015年09月30日(Wed)]
昨日、ISO14001の第6回サーベイランス審査が実施され、不適合(M:重大・m:軽微)0件、改善の機会(O)4件、よい点(G)1件で、無事に登録継続を推薦されました。

当社では2004年にISO14001を、2007年にプライバシーマークを取得しました。

環境問題や個人情報に対する企業の責任は、ここ数年で大きく変わってきましたので、時代の流れ、社会ニーズを意識した体制作りを目指していかなければならないと改めて感じました。

ただ、ISOもプライバシーマークも、取得当時は許可をもらうことが入札取引の条件になっていたり、仕事が増えると思われていたりで、一種の社会的ブームのようなところもあったようです。

社内でも、

「もう組織に環境マネジメントや個人情報管理のPDCAサイクルが浸透してきている。」

「準備作業の負担が大きい割に、会社にメリットが感じられない。」

「規格の内容が難しすぎて、会社の実情に合っていない。」


といった理由から、

「ISOやプライバシーマークを取得する意味はもうないのではないか?」

といった声があがるようになりました。


審査員からは、「御社の身の丈に合ったシステムをつくっていけばよい。」と言われ、その通りだと思いました。

確かに、これらの規格は、文言や内容が難しすぎて、日常業務や社内の実情とかけ離れた部分もありますが、法規制や緊急時の対応、リスクと機会の把握、年次目標の策定と日々の活動への落とし込み、といった点を強制的にでもルール化することで、習慣化されていくことで、

 社員の意識向上
    ↓
 企業活動の付加価値の向上
    ↓
 顧客満足の向上


という流れになっていくのだと思います。

ISOやプライバシーマークなどの規格類は、取得・維持することが目的ではないのですが、ついつい、苦労して維持していることの見返りを求めようとしてしまうのですね。

会社の経営活動に関する情報やコミュニケーションが可視化され、強化するために、うまく利用してやろう、といった見方をすれば、また違う活用方法があるのかもしれません。

そういった視点でもやることがなくなれば、もう規格類を維持する意味はないでしょうから、
私の会社からも「卒業」してもらいたいです。でも、そうすぐには無理ですね・・・
ニュースレターができました(&安保法案の動き) [2015年09月17日(Thu)]
会社のニュースレターの最新号ができました!

newsletter_2015 autumn.jpg

オランダのロッテルダムでは、
100%リサイクルプラスチック素材で道路の舗装を検討しているそうです。

従来のアスファルト舗装よりも整備の手間がかからず、
-40℃から80℃までの温度に耐えることが可能で、
耐久性も約3倍あるとのことです。
日本にもお目見えする日が来るのでしょうか?


話変わって、

政府の安全保障関連法案の動きも目が離せません。

これは単なる集団的自衛権が認められるとか

そういうレベルの話ではなく、

国の主権は誰にあるのか、

民主主義とは何なのか、

日本の将来像はどのようになるのか

といった問いに対する答えに通じるものになりえます。


昨晩から国会前で徹夜で法案反対している人たちを見て、

国民の安全と平和が本当に脅かされているのだと痛感しました。
切粉用大型脱油機と紙管処理機を導入しました [2015年09月15日(Tue)]
切削油、部材の回収、特に真鍮やアルミ回収の歩留まりでお困りではありませんか?

この度、当社が導入した切粉用大型脱油機は、
高い脱油率を実現しています。

また、同時に紙管処理機も導入いたしました。
ロール紙やプラシートなどの紙管についている口金(鉄製の金具)を
一瞬で取り外し鉄と紙に分別することができます。

コスト削減と資源リサイクルの面からも非常に有効ですので、
ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
親子である前に自立した個人 [2015年09月07日(Mon)]
子どもは、

親のようになりたいと思うか、

親のようにはなりたくないと思うか、

2通りある。

もちろん、ある部分では、

そのどちらでもなかったり、

そのどちらでもあったりする事もあるかもしれない。

でも、人生をどう生きるか、という点において、

子供は親の道を追うか、全く別の道を進むか、別れると思う。


仕事で偉業を成し遂げた親を持つ子供が、

自分らしい人生をつくるために必要なことは何か?


親が子供に干渉し過ぎることなく、

1人の人間として対等にコミュニケーションをとること。

親が考えるルールを押しつけることなく、

子どもの意思を尊重する態度をとること。


今日は、

親子でビジネスを継続していくことの大切さと難しさを、

自分の置かれた状況と重ね合わせて考える1日でした。
ユニセフへの寄付実績(2015年8月) [2015年09月02日(Wed)]
先月の古紙・古布持込件数は、把握できた数字として、

429人 でした。

ユニセフへの累計寄付金額は

12,380円 になります。

皆様のご協力に感謝します。

古紙や古着を持ち込むたびに10円がユニセフへ寄付され、
世界の子どもたちのために役立てられることになります。

寄付金は、毎年12月末までの数字をまとめたものを翌年1月に送る予定です。

引き続き、よろしくお願いいたします。
小冊子「持ち去り古紙の行方」が完成しました [2015年08月16日(Sun)]
関東製紙原料直納商工組合が、小冊子「持ち去り古紙の行方」を作成しました。

興味のある方は、関東製紙原料直納商工組合のHPからご覧下さい。

集積所に出された資源ごみを、
市の委託業者以外の人が持ち去る行為は違法行為になります。

ニュースなどで古紙持ち去りの現場が報道されたこともあり、
行政、古紙回収業者、古紙問屋、製紙メーカー等の
古紙業界関係者が連携し、GPSの設置・追跡調査を行うなど、
古紙の持ち去り行為の問題解決の動きは全国的に広がっています。

市町村が委託する業者には、
車両に「○○市委託資源回収車」と書かれたステッカーを貼り、
当日の決められた時間以降に収集を開始します。

早朝から作業を始めることはありませんので、不審な車を見かけたら、
横取り場所、時間、車両の番号、色、車種などを
各市の担当課、または警察へ通報してください。

皆さんのご協力をよろしくお願いします。
ユニセフへの寄付実績 [2015年08月02日(Sun)]
先月の古紙・古布持込件数は、把握できた数字として、

488人 でした。

ユニセフへの累計寄付金額は

8,090円 になります。

皆様のご協力に感謝します。

古紙や古着を持ち込むたびに10円がユニセフへ寄付され、
世界の子どもたちのために役立てられることになります。

寄付金は、毎年12月末までの数字をまとめたものを翌年1月に送る予定です。

引き続き、よろしくお願いいたします。

古紙・古着を集めてユニセフへ寄付をしよう [2015年06月29日(Mon)]

この度、公益財団法人 日本ユニセフ協会より名義使用承諾を得て、

「古紙・古着を集めてユニセフへ寄付をしよう」

という取組みを開始することに致しましたぴかぴか(新しい)

一般の方が弊社へ古紙や古着を持ち込むたびに

10円がユニセフへ寄付され、

世界の子どもたちのために役立てられることになりますプレゼント

リサイクル活動の啓蒙と社会への貢献につながるような
地道に息の長い活動になればと思いますいい気分(温泉)

皆さまのご協力をよろしくお願いいたします揺れるハート
| 次へ