CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 一語一会 | Main | 経営コンサルティング»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
<旅>黒薙温泉〜黒部峡谷 [2015年08月30日(Sun)]
2日目の宿は黒薙温泉へ。

黒薙旅館2.jpg
<黒薙温泉旅館>

黒部峡谷鉄道(トロッコ列車)でしか行くことができず、
黒薙駅から徒歩20分ほど歩いた渓谷にあるまさに秘湯。
携帯電話も使えず、車やヘリコプターも届かないので、
まさに山小屋のような旅館です。

黒部峡谷1.jpg
<黒部峡谷>

黒部峡谷2.jpg
<黒部峡谷トロッコ列車>

館主からは、「朝になるまでは誰も助けに来れない」と聞かされ、
一瞬、恐怖も感じました(笑)。

川の水量が一番低い時期らしいですが、それでも川の流れる音は、
かなり轟いていて、慣れない人だと眠れないかもしれません。

館主は、

「自然と一体になるということは、
川の音に人の心臓の鼓動を合わせることです。
そうしないと、ただの騒音に聞こえてしまいます。」


という言葉が印象的でした。

黒薙温泉の開湯は1868年と歴史があり、
ふもとにある宇奈月温泉郷のお湯を
全てまかなっているほど
豊富な湯量があります。

秘境にある旅館の維持・管理にはかなりのお金がかかり、
宿泊料金だけでは当然まかなえきれないそうで、
宇奈月へ温泉を送ることで収益を上げている、
という館主の話には納得でした。

あるのは、深緑の峡谷と川の音だけで何もないのが贅沢と思える大人の宿。

宿泊客は老夫婦と自分の二組だけ。
全国の山を夫婦で歩くなんて素敵だなぁ〜と思いました。
温泉ほぼも独占状態でした。露天風呂も内湯もどれも素晴らしく、
今まででトップ3に入るほど。
やわらかく、でも強いお湯でした。

来る途中の本屋で直感で選んだ、
普段読まないような本も一気読みするほど静かで、
落ち着く時間を過ごしました。
今度は連れてきたいです。

読んだ本.jpg
<旅>五箇山 [2015年08月30日(Sun)]
遅めの夏休みをとって、今回は久しぶりの国内旅行です。

十何年ぶりに五箇山へ行ってきました。
五箇山は、平家の一門が住み着いたと言い伝えられ、
和紙、合掌造り、こきりこ節など、独特の歴史と文化を育んできた場所です。

白川郷ほど観光地化されておらず、
地元の人の生活の息づかいが感じられる落ち着く風景です。

新高岡から新しく出来た高速道路を走り、
昔の記憶を辿りながら走っていると、
おじさんが始めた蕎麦屋もまだあって感動しました。
お店だけでなく、水車小屋、蕎麦挽き小屋まで全て手作りですよ。

渓流荘.jpg
<渓流荘>

五箇山の親戚には行くことを伝えていなかったですが、
会いたかった人たちとほぼ全員、奇跡的に会えたことに感謝です。
何かのサインなのかもなぁ〜。

ただ、年月が過ぎ、世代が代わり、
私が見慣れた建物や人がいないところもありました。

私にも五箇山人のDNAが入っているのか、
何とも言えない感情が込み上げてきました。

単純に、「いいなぁ〜」「好き」「楽しい」という感情が。

年をとったらこういう場所に住みたい、とも思いました。

世界遺産の菅沼集落りと相倉集落にも初めて行きました。
それぞれ、地形や景観が異なり、
それぞれ違った顔を見せてくれました。

菅沼集落1.jpg
<菅沼集落>

相倉集落2.jpg
<相倉集落>

相倉には、皇太子様の歌碑もありました。

皇太子殿下御歌

五箇山をおとづれし日の
夕餉時 森に
響かふ
こきりこの唄
ひらめけー [2015年08月25日(Tue)]
昔、「あばれはっちゃく」というTV番組で、

主人公の少年(名前を忘れた)が、逆立ちをして、

「ひらめけーひらめけー (カキーン) ひらめいた!」

というセリフがあったのを思い出しました。

ひらめきの量と質を上げるのに、何をしたら良いのでしょうか?

まずは、同時並行でいろんなことに取り組むこと。

ある問題に対して、正面からにらめっこしても、

なかなかいいアイデアは浮かんできません。


仕事でも、3つ4つの仕事を同時にやっていると、

「あ、これもやってみよう!」

というアイデアがパッと浮かぶことがあります。

でもどれも中途半端に取り組むと、注意散漫になるので、

気をつけたほうがいいと思います。


考える要素を「分解」したり「統合」して、

別の次元の要素にするのもいいのかも。

例えば、

「自分らしく働くにはどうしたらよいか?」

ということを考えた時に、

「自分らしいとはどういうことか?」

「自分にとって働くことはどんな意味があるのか?」

と大きな問題を小さな問題に分解してみると、

気づくことがあるかもしれません。


あとは、やっぱり「無の時間」を作ることでしょうか。

大前研一さんが、

「考えても良いアイデアが浮かばないがどうしたらよいか?」

という質問に対して、

「考え事をするのは風呂かトイレがいい。」

とおっしゃっていたのを聞いて、

妙に納得しました。


机の上で考えても、

それは堂々巡りになっていることが多いのかもしれません。



明日から遅めの夏休み。

秘湯へ行ってきますいい気分(温泉)
「できる事」と「できない事」 [2015年08月18日(Tue)]

「できる事」と「できない事」を判断する基準は何だろう?

先入観、経験値、単なる好き嫌い、などなどだろうか?


自分が今からオリンピックに出場することはできないだろう。

馬術やアーチェリーとかなら、ものすごいトレーニングをしたら、
10年後かそれより先かに叶うかもしれない。

「できる事」には「好きで、できる事」と
「好きでないけど、できる事」がある。


好きな人に想いを伝えるのはできる事だけど、
相手が自分の事を好きではないかもしれない。

自分のことを好きではない人に、好きになってもらうのは
「できる事」でもあり、「できない事」でもある。

世界の貧困問題をなくすことは「できない事」だろうか?

相手の協力があって、「できる事」もある。


「できる事」が「できない事」になったり、

「できない事」が「できる事」になる、

その「差」は何だろう?



目標、計画、努力、あきらめない気持ち、勇気、情熱などなどあるけど、

やっぱり、

行動すること

なのだろう。
いい感覚 [2015年08月15日(Sat)]
世間はお盆休みですが、私は今日もお仕事。

私の会社の敷地には林があり、

会社の前には田んぼが広がっています。

今日はトンボ、恐らくオニヤンマが

会社の敷地内を気持ちよさそうに飛んでいます。

蝉も相変わらずの大合唱です。


春になれば蝶が舞い、何種類かの鳥も巣づくりにやってきます。

目の前の田んぼでは、

枝豆、とうもろこし、里芋、大根、ほうれん草などを

育てていて、農家の方からおすそ分けしてもらうこともあります。

スーパーで売っている商品と違い、

採れたての野菜は、味の濃さと匂いが全く違います。


冬は、朝日が昇るのを見ることが出来るし、

一年中、空の色と雲の動きを観察することができます。

そんな風に自然の四季の移ろいを感じる、

味わうことができる時は、

気持ちのバランスも良いのだと思います。


人間だけでなく、他の生物といっしょに暮らしている、

という感覚。



何十階建てのビルの中で、

一年中、室温が保たれている中で仕事をしていた時、

こんな風に自然や四季の変化を気にしていただろうか?

仕事・自分・人間中心の生活になっていなかっただろうか?


人より抜きんでるために必要なこと [2015年08月13日(Thu)]
今日からお盆休みで、行楽地や海外へ旅行する人も
多いのではないでしょうか?

私はお仕事で、朝の道路はとても空いていました。
街も、心なしか静かな印象です。

経済的な理由や、
どこへ行っても混んでいるからということで、
家や近くでのんびりする人に分かれるのかもしれません。

私の知人から、大型スーパーやパチンコ店には
朝からお客がなだれ込んでいるという
話を聞きました。人それぞれですね。

そう考えると、混んでいる時期に、
混んでいる場所へ行くというのは、
面白いなぁと思います。

私自身は、人混みや行列が好きではないですが、
相手が望めばディズニーランドや行列のできるお店に
並ぶことはあります。


レストランを選ぶ際にも、誰かが口コミサイトに
投稿したものの中から評価が高いものを選ぶのと、
自分がたまたま立ち寄って、選ぶのとでは、
お店に対する思い入れも変わってくるでしょう。

もちろん、自分の足で探すほうが時間や労力もかかるし、
失敗する確率も高くなるかもしれません。

でも、効率を重視し、失敗を恐れ、
無難な選択ばかりしていると、
自分で考えて、選択して、行動する、学ぶ、
という経験値が増えずに、
自分目線の驚きや感動も増えないかもしれません。

仕事もいっしょ。

同僚や他社より抜きんでるために必要なことは、

人がやっていない時にやる。

人がやらない事をやる。



これを継続すれば、必ず結果はついてきます。
それが難しいんですよね、きっと。
いたちごっこ [2015年08月11日(Tue)]
仕事や恋愛の人間関係において、

追うと、逃げられる。

逃げられると、追いたくなる。

追われると、逃げたくなる。

そんなことはないだろうか?


自分が追う側になるか、

追われる側になるか、

はたまた、

そのどちらでもないか、

を選ぶのが問題だ。
<映画>セバスチャン・サルガド〜地球へのラブレター [2015年08月10日(Mon)]
昨日は、渋谷のBunkamuraシネマで

「セバスチャン・サルガド〜地球へのラブレター」を観てきました。

サルガドのことは全く知りませんでしたが、
世界的な報道写真家・環境活動家であることを知りました。

映画は、彼と彼の家族の半生を辿ったドキュメンタリーです。

彼は世界中をまわり、
死、戦争、破壊、労働、人口の移動などといったテーマを扱いながら
写真を通して、人間の本性・闇を露わにしてきたことが分かりました。

そうして、最後にたどりついたのは、「自然への敬意」でした。

「GENESIS(ジェネシス)」は、
ありのままの地球の姿をカメラに収めていて、
”人類が自然をいまだに支配しようとしていることへの警笛”
というメッセージともとれました。


写真は、静止画だから、構図や光の陰影によって、
見る側の受け取り方も変わってきます。

映画の冒頭で、写真(photograph)の語源が、
photo(光)+ graph(画く)と説明していたのも納得でした。

止まっている画ものだからこそ、いろいろ考える時間を与えてくれます。

家族への愛も裏テーマとしてあった気がします。

普段はこのような映画を観る機会がなかったので、
誘ってくれた相手に感謝です。
あっという間の時間 [2015年08月04日(Tue)]
ここ数日は猛暑日が続き、

私の周りでも熱中症にかかる人が何人かいます。


今年も8月に入りました。月日が経つのは早いものです。

子供のころでも、大人になっても、

時間が経つのはあっという間、

という感覚になることがありますが、

遊びや勉強に夢中になって

気づいたら時間が過ぎていた、

というのと、

何かに追われて、誰かに振り回されて、

ルーチンワークをやっていて

気づいたら時間が過ぎていた、

というのでは「同じあっという間の時間」でも、

その意味合いは違います。

時間を調理するか、時間を消費するか?

時間の長さは同じでも、心に残る感動や驚きの強さは、

大人になると弱くなるのかもしれません。

いろんな人に会い、

いろんな言葉や情報に触れ、

ともすれば物事に対する感度が弱くなってしまうのかも。


どうしたら大人が子供の頃のように

純粋に仕事や遊びや勉強を楽しめるか?


やっぱり今までとは違う環境へ飛び込む行動力と、

肯定的な言葉や態度を意識していくことが大切なのかな。
狭山市入間川七夕祭りが開催されます!(8/1, 8/2) [2015年07月31日(Fri)]
明日と明後日は、「狭山市入間川七夕祭り」が開催されます。

「狭山市入間川七夕まつり」は、
千葉県茂原市、神奈川県平塚市と共に、
関東三大七夕祭りに数えられており、
江戸時代中期から続きます。

今年は、狭山青年会議所が高さ約20メートルの
「日本一巨大な竹飾り」を展示するほか、
市民が作った竹飾りのコンクールや阿波踊り、
花火大会などたくさんのイベントがあります。

私の友人がライブイベントに参加するので、
去年と同様行ってみようと思います。

小さい頃は、毎年のように行き、あんず飴や、射的などを
するのが本当に楽しみでした。お化け屋敷もありました。

好きな娘が浴衣を着ていた姿にドキドキしたり、
神輿をかついで、気持ちが高ぶったことを思い出しました。

時の流れと共に、商店街のお店はほとんど
なくなってしまいましたが、それでも駅前が再開発され、
七夕祭りも新しい形に変化してきているように思います。

祭りのあの高揚感、熱気、独特の雰囲気はいくつになってもいいものですね。