CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«変えられないもの、変えることができるもの | Main | 「それぞれの針路」 佐藤 毎企子 さん (32) 〜アメリカで管理栄養士の国家資格を目指す〜»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
夢のカタチ [2010年05月14日(Fri)]
今日は、私が5年以上お世話になっている方に会いに行ってきました。

家族、友人、会社の同僚・先輩、フットサル仲間、飲み仲間など、私がつながっている人は、いろいろな種類いますが、今日お会いした方は、人生のアドバイザーのような方です。なかなかそういう方っていないので、とても貴重な存在ですカギ


私たちは、悩みや問題があるときに、自分が聞く相手によって、返ってくる答えも変わってきます。

なぐさめてほしいのか、

ただ聞いてほしいのか、

諭してほしいのか、

具体的な解決策を求めるのか、

いっしょに解決策を考えていってほしいのか


人は、自分が抱える悩みや問題を自覚し、適切な人に話をしたほうが、物事がスムーズに進むことが多いと思いますが、いつも同じ人に聞く人もいれば、適切な人が見つからない場合もあるのではないでしょうか。


最近は、その方と会うと私の結婚相談になってきているような気がしますがバラ、その方は今やっている事業を近々辞め、新しい事業を興すとのこと。

「5年前に今の仕事を始めたけど、無我夢中でやってきた。経営についてもあまり深く考えずに。今は、本当にやりたいことが見つかって、最後はそれをやりたいの。」

という言葉がとても印象的でした。

その方は、50歳近くですが、自分の夢・目標を目指す姿勢に、私は、何か、張りつめていたものが少しほぐれた気がしました幽霊

夢や目標は、自分がさまざまな経験を重ねるにつれ、少しずつ見え方や形を変えていくのだと思います。コアとなる本質的なものは変わらないのですが、それを見つけるのには時間がかかるので、途中であきらめたりする人もいるのでしょう。

でもその方は、必ず次の新しい夢を実現すると確信しています。なぜなら、人を引き寄せる魅力を備えているので。

私も、20年後くらいにはそうなれたらいいなと思いますキラキラ
コメントする
コメント