CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«大人に求められるスキル | Main | 自分の仕事の価値って?»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
防災講演会 [2015年01月28日(Wed)]
今日は、狭山市防火安全協会主催の「防災講演会」に出席してきました。
講師は、陸上自衛隊化学学校副校長の岩熊真司様でした。

岩熊さんは、陸上自衛隊の対NBC兵器専門の化学科部隊である、中央特殊武器防護隊の隊長を務め、東日本大震災では、福島原発事故現場に赴き、最前線で指揮活動にあたった方です。

3号機水素爆発事故から約4ヶ月後、岩熊さんのもとへ故吉田昌郎福島第一原子力発電所所長から感謝の手紙を頂いたそうです。

そんな岩熊さんの命がけの活動の話を、たくさんの写真を交えながら聞き、いろいろ考えさせられました。放射能漏洩、化学テロ、生物テロなどが日本で起きたときの対応などについても、興味深い話を聞くことができました。

どんな危険があるか分からない中で、部下全員の命を守ることと、業務上やるべきことをやったと言えるレベルのオペレーションをすることの葛藤も聞きました。

私には想像しかできませんが、命がけの現場で仕事をするとはどんなものなのだろう?


福島原発事故だけでなく、フランスの新聞社でのテロ事件や、イスラム国による日本人ジャーナリストの拘束問題など、遠くで起こっている厳しい現実と、自分の周りの日常の現実とをどう重ねていくのかが、問われてきているのでしょうか?
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント