CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「養殖の生簀」と「大海」のどちらで生き残るか | Main | Bag to the Future»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
桜 → 菊池桃子 [2010年04月01日(Thu)]




これ、私の近所の中野通りの桜です。綺麗ですね〜。
淡いピンクの花びらがヒラヒラ舞っていて、思わず激写してしまいましたカメラ

約10年、この桜を見てきましたが、来年はもう見ることはないでしょう。
この10年間、いろいろありました。いろんな感情を持ちながら、毎年、この桜を見ていました。
そんなセンチな想いに浸っていると、いくつかの卒業ソングを思い出しました。

世代別の定番の卒業ソングは、こんな結果が出ています。

レミオロメンやいきものがかりの曲は、よく聴いていました。

ただ、30代後半の私としては、

Charleneの 「I've Never Been To Me」(愛はかげろうのように)


菊池桃子の「卒業」


は外せないですね!Charleneの曲はソニーのハンディカムのCMでも流れていましたし、
斉藤由貴の「卒業」を好きなクラスメイトも多かったですが、私は桃子派でした。
コメントする
コメント