CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«<LOOB>Filipinos 8 Distinctive Traits | Main | <LOOB>フィリピンの家族»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
<LOOB>スモーキーマウンテン [2010年03月27日(Sat)]
LOOBの国際協力プログラムにゴミ投棄場(スモーキーマウンテン)の地域住民支援があります。

フィリピンでは、ダイオキシンをはじめとした有害物質を吐き出すためか、ゴミ焼却場禁止法を世界で初めて制定しました。

ゴミの処分問題については、各国も頭を悩ませていて、例えばニューヨークでのゴミの処分方法の歴史を見ると、

窓から通りへ投棄→海洋・河川へ投棄→回収・埋め立て→海洋投棄を再開→埋め立て地へ投棄→焼却処分→「衛生的」埋め立て場

と手を変え品を変えてきています。お分かりのように、ゴミの処分問題というのは、一部の国では、一部の政治家や大手ゴミ処分企業関係者による汚職が存在していて、コネや金がものをいう世界なのですメガホン

政策レベルでは、ゴミの分別やゴミの堆肥化、再利用などは基本ですが、
私たち消費者にとっては、いかにゴミを出さないかを一人ひとりが考え、
実行することが重要なのは言うまでもありません。


さて、フィリピンの話に戻りますが、私が訪問したCalajunanゴミ投棄場は、イロイロ市民40万人のゴミを処分しています。

その処分場には、様々なゴミが持ち込まれ、積まれたゴミの山の内部で腐敗・ガスが発生、自然発火しており、いつも煙をくすぶり続けていることから「スモーキーマウンテン」と呼ばれています。

2001年には、マニラ・ケソン市パヤタスのスモーキーマウンテンで、積まれたゴミのなだれに巻き込まれて200人の尊い命が奪われました。スモーキーマウンテンは、貧困の象徴と世界のNGOからバッシングを受け、フィリピン政府は対策を講じました。

2008年からは、イロイロ市でも、身分証明書(ID)の発行を受けた220人のみを正式にゴミ拾いメンバー(ウェストピッカー)としました。ただ、事前通知が十分に行き渡っていなかったために、800人〜1000人が失業してしまう事態になるそうです。LOOBでは、地域住民に対して、子供たちへの教育や給食を支援や、ジュースパック製品の製造・販売を通して母親や青年たちの自立をサポートしています。

スモーキーマウンテンの地域住民はごみを拾い、ジャンクショップ(リサイクル業者)に売って生計を立ていますが、1日の平均日収は75〜100ペソ(150円〜200円、イロイロ市の最低賃金は250ペソ)。

高く売れるゴミは、銅線や鉄、プラスチック容器などで、これは日本と全く同じ状況なのは驚きました。

ウェストピッカーの人たちは、皮膚病や喘息などの身体的影響もありますが、
生活していくためには、働く場所を選ぶことはできないのです。
私たち日本人は、いろいろな条件を見て、働く場所を選んでいる節があると思いますが、
これは大きな違いですね。


ウェストピッカーの一家庭を訪問した際、お母さんは、「子供には学校を卒業して、どんな仕事でもいいのでついてほしい」と言っていたことが印象的でしたキラキラ


スモーキーマウンテン!


日本にもこういう風景が来るかもしれない・・・


ジュースパック製品を地域のお母さんが製造


スモーキーマウンテン地域の子供たち、目が輝いてます!


温かい食事、おいしそう!
コメントする
コメント