CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«仕事の中に潜る | Main | 楽しい食事と会話でリトリートしませんか?»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
デ・コード [2019年09月21日(Sat)]

パーティーに招待されたときに、

「ドレスコード」というものがありますよね。



「セミフォーマルね!」と言われて、

どんな服装だったらいいんだと悩んだことがあります。



そんな「コード」というのは、

規則、規定、ルールを意味しますが、

哲学の世界では、


「自分が当たり前に正しいと思っていること」

「自分の中の常識や思い込み」


のことをいいます。



そして、そのコードを突き破る、脱コードすることを、
「デコード」といいます。


つまりコードを乗り越えた考え方です。



どうして、私たちはデコードと向き合う必要があるのでしょうか?




生まれたばかりの赤ちゃんにとっては、

目の前に見える世界がただあるだけです。



それが、親、友人、組織、コミュニティーとの関わりの中で、

善悪、損得、比較のフィルターが増えていきます。



フィルターが増えれば増えるほど、自分が正しい、

自分がかわいいという防衛本能がますます働き、

思考することをあきらめさせます。



「私の業界は〜だから」
「私の会社は〜だから」
「私の経験では〜だから」


「みんな〜だから」
「いつも〜だから」


そんな風に物事を一般化し、甘ったるい安心感に浸りながら
誰かに自分の人生を引き渡す。


それが「コード」です。

自分にも人にも誠実に向き合わない「偽」にまみれた世界。



 単にお金を稼ぐだけならそれほど難しいことではありません。


 情報弱者を餌食にして「偽」の商品を売ればいい。

強固な「偽」構造を持つビジネスをすればいい。



でも、それってカッコ悪くないですか?
少なくとも私はそう思います。



デコードをすることは、

世の中の大義のために自分を置いて、ただただ生きること。


だから、デコードに向き合わないといけないのです。


偽にまみれるか、義を貫くか。

選択するのは他でもない自分自身ですよ〜。

タグ:デコード
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント