CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«顧客の心の中を想像してみたら | Main | 管理と自由のバランス»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
営業の作法 [2015年10月19日(Mon)]
最近、よく会社に営業代行のDMファックスが届きます。

「御社に変わって、当社が保有する数十万件の顧客データベースから優良顧客を開拓します!」

みたいなキャッチコピーで・・・

確かに、営業スタイルも一昔前と大きく変わりましたね。

デパートなどでも、お店の人が近づいてくると、

離れてしまうことがありますが、

ゴリ押し、プッシュ型の営業はもはや通用しません。


顧客は目が肥え、賢くなりました。

口コミやメディアなどからたくさんの情報を持ち、

世代や性別に関係なく、

一人ひとりの個客としてのニーズが出てきたんですね。

売り手に、押しつけられるのは嫌だし、つきまとわれるのも嫌。

でも、

「買ってもいいかな。」

「買いたいな。」

と思う瞬間があります。

その瞬間というのは、

お客が自分で探し、

自分で選び、

自分で納得して、

買い物をしたいけれど、

ちょっと迷う瞬間


その瞬間に、

背中を押してもらいたい、

アドバイスをもらいたい、

話を聞いてもらいたい、

応援したいと思いたい。

そんな風にお客が思うタイミングがあると思います。


企業は、お客に商品やサービスを売ってやろう、

という態度や雰囲気を見せたら、

お客さんに気づかれます。

お客さんはとても敏感です。そして、とても優しい。


売ろうとすればするほど、お客は離れていくけど、

お客の声に真摯に耳を傾ければ、

自然とお客は近づいてくるんです。


営業代行というビジネスが成り立つのは、

特定の業種か、最初のアポイント取りくらいまでで、

実際に取引を成立させ、持続させるには

企業の強みや価値がないとダメなんだと思います。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント