CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«関心の連鎖 | Main | 営業の作法»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
顧客の心の中を想像してみたら [2015年10月16日(Fri)]
今日の日経MJに「アマゾンパントリーに勝機」という記事がありました。

年会費を払ったアマゾンプライム会員だけのサービスで、
指定の段ボール箱に日用品や食料品などをまとめて詰めて、

1箱から利用することができるというものです。

12kgまで詰められるようですが、
買い物途中で現在何kg分注文したのかも分かるようになっています。

コンビニや大手スーパーは自社PB商品の取り扱いを増やしていて、

昔から買っていたロングセラーのNB商品などが
手に入りににくくなっていますよね。

その面からも、アマゾンの新サービスは、
消費者の心をグッと掴むものだと思います。

インターネットとITの発達により、
商品やサービスを売る場所、買う場所が劇的に変わりました。

オムニチャネルがその典型です。


「いいモノを作れば売れる」

「いいサービスを提供すれば売れる」

という時代は終わりました。


単なる「商品」「サービス」単体でではなく、

プラスアルファとして、

「コンテンツ」、

「プラットフォーム」、

「アフターフォローサービス」、

「知的財産」

「顧客同士のつながり」、

「体験・創造する機会」、

「企業が目指す文化」、

「購買行動の多様さ」、

「鮮度と質の高い情報発信」


といったものを意識していかなければいけなくなりました。

これは、大企業だけでなく、中小企業、
そして個人にも通じるものです。

どこか窮屈な時代になってきました・・・
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント