CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ひらめけー | Main | <旅>黒薙温泉〜黒部峡谷»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
<旅>五箇山 [2015年08月30日(Sun)]
遅めの夏休みをとって、今回は久しぶりの国内旅行です。

十何年ぶりに五箇山へ行ってきました。
五箇山は、平家の一門が住み着いたと言い伝えられ、
和紙、合掌造り、こきりこ節など、独特の歴史と文化を育んできた場所です。

白川郷ほど観光地化されておらず、
地元の人の生活の息づかいが感じられる落ち着く風景です。

新高岡から新しく出来た高速道路を走り、
昔の記憶を辿りながら走っていると、
おじさんが始めた蕎麦屋もまだあって感動しました。
お店だけでなく、水車小屋、蕎麦挽き小屋まで全て手作りですよ。

渓流荘.jpg
<渓流荘>

五箇山の親戚には行くことを伝えていなかったですが、
会いたかった人たちとほぼ全員、奇跡的に会えたことに感謝です。
何かのサインなのかもなぁ〜。

ただ、年月が過ぎ、世代が代わり、
私が見慣れた建物や人がいないところもありました。

私にも五箇山人のDNAが入っているのか、
何とも言えない感情が込み上げてきました。

単純に、「いいなぁ〜」「好き」「楽しい」という感情が。

年をとったらこういう場所に住みたい、とも思いました。

世界遺産の菅沼集落りと相倉集落にも初めて行きました。
それぞれ、地形や景観が異なり、
それぞれ違った顔を見せてくれました。

菅沼集落1.jpg
<菅沼集落>

相倉集落2.jpg
<相倉集落>

相倉には、皇太子様の歌碑もありました。

皇太子殿下御歌

五箇山をおとづれし日の
夕餉時 森に
響かふ
こきりこの唄
タグ:五箇山
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント